職種研究

【病院の面接での質問】対策ポイントと回答例文をご紹介

病院の面接はどんな質問をされるのか?

看護職や検査技師、医療事務などの仕事を志望していて、病院の面接を受ける方もいるでしょう。一般的な企業の面接とは少し異なり、聞かれる質問も、病院の面接ならではのものになります。

企業の面接と同じように、事前によく聞かれる質問を確認して、対策をおこなうことが大切です。面接は、履歴書やエントリーシートだけでは分からない、応募者の考えや人柄を確認するためにおこなわれます。ここで働きたいという熱意や志望度の高さを、面接で効果的にアピールできるように心がけましょう。

ここでは、病院の面接でどんな質問がよくされるのか、質問の例や回答のポイント、回答の例文などを紹介していきます。就職活動で病院の面接を受ける際に、ぜひ参考にしてみてください。

病院の面接の質問対策には事前準備が重要

採用試験では、必ず面接がおこなわれます。これは、企業でも病院でも同じです。病院も患者さんを相手に経営をおこなっていくため、その他の企業と同じように、職場で活躍してくれる人材を求めています。

ここで働いて欲しい、活躍してくそうな人材だ、と感じられるように、面接でアピールすることが重要です。面接では色々な質問がされ、病院によってもその内容は異なります。面接でどんな質問がされるのか確認し、事前に準備して対策をおこなっていきましょう。面接の練習は何度も繰り返しシミュレーションしておくと、スムーズに答えられるようになります。

病院についてしっかり調べる

就職活動を進めていく際には、企業研究がとても重要です。病院に就職を希望している場合にも、病院についてしっかりと調べて、理解しておきましょう。病院の経営理念や、事業の内容、どんな職種を募集しているのか、などを確認しておく必要があります。

病院によって様々な特徴があり、力を入れている部分が違います。志望する病院がどのような事業を中心におこなっているか、ホームページや採用情報などを見て掘り下げてみましょう。

研究を進めていけば、どのような人材が求められているのか、病院が理想としている人物像が見えてくるはずです。面接の対策をおこなう際には、求める人材と合っている、という印象を与えるような答えを準備しましょう。

面接の練習は念入りにおこなう

面接は誰でも緊張してしまうものです。頭が真っ白になってしまったり、答えに詰まってしまい、うまく答えられないということもよくあります。本番になって焦ってしまわないように、念入りに面接の練習をおこないましょう。

実際の面接を想定して、入室から挨拶、着席、質問など、一通り練習します。友人や家族に面接官の役をしてもらうのもよい方法です。その際には、正直にどう思ったか意見を聞くようにします。

自分では気づかない点も、人から見るとよく分かります。アドバイスをもらったら、意識して改善していくとよいでしょう。面接の練習を動画で撮影して、自分でチェックするのもおすすめです。客観的に自分を見ることで、治すべきポイントが見つかります。

病院の面接でよく聞かれる質問

ここでは、実際の病院の面接でよく聞かれる質問を紹介していきます。面接で病院が知りたいのは、応募者の人柄やスキルなどです。また、その病院の考えと合っているかも重要なポイントとなります。

資格やスキルがあっても、仕事に対する考え方が異なっていれば、働き続けることはできません。採用後は、長く勤めて欲しいというのが病院の思いです。すでに働いている病院のスタッフと協力しながら業務を進めていけるかどうかも、チェックされています。質問される内容や質問の意図をしっかりと理解して、面接対策をおこないましょう。

自己紹介

自己紹介は、面接で一番最初に聞かれることの多い質問です。突然、「自己紹介をしてください」と言われると、何を話せばいいのか分からず、言葉に詰まってしまう人も多くいます。

まずは落ち着いて、学校名や学部、学年、自分の名前を答えます。その後に、自分の得意なことや、意気込みなどを付け加え、最後に「以上です。よろしくお願い致します。」と締めくくりましょう。

自己紹介は、第一印象を決める大切なポイントです。第一印象は、視覚からの情報にも左右されやすいため、笑顔で面接官の目を見て話すことも忘れないでください。細かな部分ですが、ハキハキと分かりやすい声で答えられるか、まっすぐとよい姿勢か、なども気を付けるようにしましょう。

志望動機

志望動機は、面接でよく聞かれる質問のひとつです。病院についてよく理解しているか、働く熱意があるか、志望度は高いか、などがチェックされています。志望動機の答えとして、給料や待遇などの条件をいうことは避けましょう。

仕事や病院の方針に惹かれたのではなく、条件面で志望したと感じられると、ほかの病院でもいいのではないか、と思われてしまいます。履歴書でも志望動機を書くことがありますが、面接ではより具体的なエピソードを付け加えると効果的です。

答える際には、まず初めに結論を述べ、その後に説明を続けるようにします。最初に一番伝えたいことを話すのは、面接官の興味を引くのにも有効です。分かりやすく、相手に伝わるように文章を構成していきましょう。

経験やスキル

病院の仕事は、一般企業と比較すると専門的な分野になるため、これまでの経験やスキルも重要視されます。新卒の場合、実際に業務をおこなってきた経験はあまり無いことが多いはずです。面接官もそのことを理解しているため、必ずしも病院に関するエピソードでなければならないわけではありません。

経験やスキルについて問われた際には、インターンシップや実習で病院の業務を体験したことや、仕事に活かせそうな資格やスキルなど、志望職種に関するエピソードを選んで伝えるようにしましょう。「学生時代にがんばったこと」などの質問であれば、サークル活動やアルバイトの経験について具体的に回答します。その時に感じたことや、経験から学んだことも合わせて話すようにすると、仕事への熱意が伝わります。

病院での面接の逆質問の答え方

面接の最後に、面接官から「何か質問はありますか?」と言われることがあります。この時に、何を質問すればいいのか迷ってしまう人も多いようです。面接での逆質問は、自分自身をアピールするチャンスです。

何も質問しないで面接を終わらせてしまうと、志望度がそれほど高くないと感じられてしまう可能性もあります。逆質問で何かを聞くことで、その病院で働きたいという熱意や、コミュニケーション能力、病院との相性などがチェックされているのです。

特にルールや決まりはありませんが、給与や休日に関すること、すでに説明を受けていること、病院のホームページなどを見ればすぐに分かるようなことは聞かないようにしましょう。調べればすぐに分かるような内容を聞くと、きちんと病院について研究していないという印象を与えてしまいます。事前に何を質問するのか、いくつか準備をしておきましょう。

逆質問をする理由と答え方のポイント

面接で逆質問をする理由としては、仕事に対する熱意、業務内容を理解しているか、コミュニケーションスキルはあるか、病院の考えと一致しているか、などが挙げられます。自由度がとても高く、応募者によって答えが大きく異なるのが逆質問の特徴です。

質問の内容は、人柄があらわれやすく、応募者がどんな人物であるかの判断材料となります。また、仕事に対する考え方や姿勢もよく分かります。病院の方針と大きくずれた質問をすれば、長く働き続けることは難しいと面接官は感じるでしょう。

自分の考えをまとめて、相手に分かりやすく伝わるように質問する必要があります。病院の仕事では、患者さんとやり取りする事も多いため、会話をスムーズにできるかどうかも重要なポイントです。コミュニケーション能力もチェックされていると心得て回答しましょう。

逆質問の回答例①

貴院では、どのような方々が活躍していますか?

すでに働いてるスタッフについての質問です。実際に、現場でどのような人が活躍しているかは、病院内の人にしか分かりません。活躍している人がどのような人なのか聞くことで、病院が求めている人物像が明確になります。

自分も活躍できるようになりたい、という前向きな姿勢がよく伝わる質問です。病院について詳しく知りたい、働いているスタッフがどのような人なのか具体的に知りたい、と伝えることで、志望度の高さが表れています。

面接官の答えを聞き、自分自身の強みや長所をアピールできると、さらに効果的です。働き始めてからも、目標に向かって努力を惜しまない姿がイメージできます。

逆質問の回答例②

現在、資格取得のために勉強中なのですが、そのほかに少しでも戦力になれるように、何かしておいた方がよいことはありますか?

働き始める前に、「何かできることはありますか?」と聞く場合は、質問の仕方にも注意が必要です。「何をすればいいのか分からないので、教えてください」という内容では、受け身の姿勢で熱意がないように感じられてしまいます。

自分自身で現在努力していることを合わせて伝えて、自ら考えて行動しているというアピールをするとよいでしょう。仕事をしていく上では、指示を待っているだけではなく、自分でできることをしていくことが大切になります。積極的に取り組んでいく人物だというアピールも、忘れずにおこないましょう。

病院の面接の質問と回答例

ここでは、病院でよく聞かれる質問と、その回答例を紹介していきます。注意したいのは、例文をそのまま使わないことです。面接官は、何人もの応募者を相手にしている面接のプロです。例文をそのまま答えると、不自然な点に気付くかもしれません。

例文を参考にして、自分自身の言葉でまとめて答えるようにしましょう。また、身だしなみや言葉遣いにも気をつけてください。意識していないところで普段のクセなどが出てしまうこともあるため、面接の時だけでなく、日ごろから言葉遣いなどに注意しておくとよいでしょう。

聞き取りやすい声で、ハキハキと答えることも大切です。緊張してしまいますが、なるべく落ち着いて答えられるよう心掛けましょう。

なぜこの病院を選んだのですか?

以前に貴院を見学した際、大規模な総合病院で多くの患者様がいるのにもかかわらず、ひとりひとりへの丁寧な対応が印象的でした。働いているスタッフの方々も、活き活きとしているように感じました。そんな姿を見て、ぜひ私も一緒に医療スタッフとして貢献したいと考え応募いたしました。

どの病院でも使えるような志望動機では、「ほかの病院でもいいのでは?」と思われてしまいます。その病院独自の魅力を伝えるようにしましょう。実際に自分が感じたことや、病院のよい点などを取り入れて、具体的に述べることが大切です。

上記の例文は、病院のどのような点に魅力を感じたのかがよく伝わる内容です。多くの患者様がいること、ひとりひとりに対して丁寧に対応していることなど、病院の特徴もよく理解していると分かります。

この病院で何をしたいですか?

医療事務の資格を活かし、貴院の医療事務員として働きたいです。患者様と直接お話をする機会も多いと感じていますので、貴院のモットーである笑顔で親切・丁寧な対応を意識したいと考えています。小さな疑問でも、気軽に聞くことができるような事務員を目標にして、貴院の顔となれるように努力していくつもりです。

「この病院で何をしたいですか?」は、志望動機にも通じる質問です。志望動機とセットで考えると、答えやすくなります。志望動機と矛盾しているような答えだと、一貫性がなくなってしまうため、合わせて考えてみましょう。スキルアップしたい、活躍したいなど前向きな内容だと好印象になります。

看護観をおしえてください

患者様ひとりひとりへ適切な処理をおこなうことが、何よりも大切だと考えております。それに加え、痛みや精神的な辛さに寄り添い、サポートしていくことも必要だと感じています。 患者様との日々のコミュニケーションを大切にして、何でも気軽に話せるような環境づくりをしていきたいです。どのような言葉をかけるべきか、ご家族に対してもできることがあるか、などを常に意識していきます。

「看護観」というと難しい言葉に感じますが、働く上での考えや患者さんに対してどのように接していくべきかなど、自分が大切に思うことを述べるようにしましょう。自分自身の考え方や意見だけでなく、応募先の病院の方針と共通している部分があると、さらに効果的です。

他の病院も受けていますか?

貴院以外にも応募していますが、貴院が第一志望です。働く機会を頂けましたら、他院は丁寧に辞退する予定です。

基本的には、「他は受けていません。貴院のみです。」と答えるようにしましょう。「応募しています。」と答えると、内定を出しても他の病院へ就職するために、辞退されるのではないかという不安を抱かせてしまいます。

もし、他の病院も受けている場合には、上記のように「この病院が第一志望である」と強調しましょう。この病院で働きたいという思いが伝わるように心がけます。

病院の面接での質問を知って対策をしよう

病院の面接は、企業の面接とは異なる質問もされることがあります。専門性の高い職種になるので、志望する職種や病院について、事前にしっかりと調べて、理解しておくことが重要です。

病院によっても、経営理念や方針は様々です。面接では、なぜこの病院でなければならないのか、病院で働くことになったらどんな風になりたいか、など志望度の高さが伝わるように面接でアピールしていきましょう。

よく聞かれる質問に対して自分なりの答えを準備しておくと、面接をスムーズに進めることができます。本番は、緊張してしまい言葉に詰まってしまうこともあるかもしれません。何度も練習を重ね、念入りに対策をこなって本番に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ