職種研究

大学職員になるには|仕事内容や必要な学歴などについてご紹介

大学職員になるには何が必要なのか

null

大学職員は人気の就職先ですが、実際になるには何をすべきなのか知らない人は多いでしょう。大学職員になるには、仕事内容の理解や選考を突破するコツを知ることが大切であり、そのためにはまずは基本的な理解を深めなければなりません。大学職員とはどのような仕事で、何が求められるのかを知ることが、就職する一番の近道と言えるでしょう。

職業への理解を深めることは、選考を有利に進めるだけではなく、就職後のミスマッチを防ぐためにも大切です。大学職員は人気の就職先ですが、すべての人に適しているとは限らず、中には不向きな人もいます。仕事はただやりたいだけではなく、自分に合っていることも大切なため、大学職員への理解を深めて自身との適性も測っておきましょう。

大学職員の仕事内容

大学職員になるには、まずは基本的な仕事内容を理解することが大切です。仕事内容を理解することがその職業を知る第一歩であり、これを理解できていないと就職しても失敗する可能性が高いです。大学職員=大学で働いている人とイメージされがちですが、同じ大学で働く教員とは別枠の仕事であることは理解しておきましょう。教授や助教授のように実際に授業をするわけではなく、別の側面から学生を支えるのが大学職員の仕事で、大きく2つの分野に分けられます。

学生のサポート

大学職員は学生のサポートをおこなうのが主な仕事であり、これは事務手続きからキャリアセンターでのサポートまで幅広くあります。単位を取得するには、まずは履修する授業を選択し、大学事務所に申請します。この申請を受理し、情報を登録するのが大学職員の仕事です。

もちろん、授業の登録だけではなく、授業や学内イベントに関する手続き、案内やレポートの受理など事務所の仕事だけも幅広くあります。これらに加えてキャリアセンターでの就職サポートなどもおこなうため、サポート業務だけでも多岐にわたると言えるでしょう。事務作業がメインですが、実際に学生に接することも多く、学生の成長やスムーズな学生生活を直接的に支える仕事とも言えます。

大学の運営・企画

大学の運営やイベントの企画も大学職員の仕事であり、大学事務所やキャリアセンターでの仕事に比べると、これらは裏方の仕事と言えます。学生と接する機会は少なく、大学の維持、成長に携わる業務が多いです。学生のサポートを現場での仕事とするなら、運営や企画は、大学経営に関わる仕事とも言えるでしょう。

学校経営が主な仕事のため、授業や大学の売り出しの方針の決定、集客のためのイベントなど、企業での仕事に違いものも多いです。大学の運営に関わるため、経済や経営の知識を求められることも多く、新卒でいきなり配属されることは少ないです。まずは学生サポートでキャリアを積んでから、運営に携わるという流れが一般的でしょう。

大学職員になるための条件

null

大学職員になるには条件があり、まずはこれを満たさなければなりません。条件を満たしていないと選考で不利になるどころか、そもそも選考を受けることすらできないため注意が必要です。大学職員は人気が高いため、就職の条件も厳しいのではないかと心配する人は多いでしょうが、実は条件のハードルはそれほど高くありません。新卒ならほとんどの人がクリアできる条件のため、難関というイメージに惑わされることなく、正しい条件を理解しておきましょう。

大卒以上が基本

大学職員になるには、大卒以上の学歴が必要です。高専卒では応募すらできないことがほとんどのため、注意しなければなりません。学歴については応募条件に記載されており、そもそも高専卒を対象とした求人が出ることはほとんどないため注意が必要です。また、大卒以上なら基本的な条件はクリアしているため、院卒である必要もありません。

院卒=有利というわけではなく、実際に評価されるのは学生時代の経験や志望度の高さです。院卒者と競合した場合でも、アピールの内容次第では大卒でも選考を突破することは可能です。大卒以上はあくまで選考を受けるための前提条件であり、学歴が優遇条件になることは少ないと考えましょう。

資格・経験は特に必要ない

大学職員は就職のハードルが高いと思われがちですが、実は必須の経験や資格などはありません。無資格未経験でも挑戦することは可能であり、大卒以上なら誰でも採用される可能性はあります。新卒採用の場合、重要なのは資格や経験ではなく、志望度の高さや就職後の成長意欲です。

仕事への熱意をしっかりアピールし、ポテンシャルの高さを提示できたなら、高評価を得ることは難しくありません。もちろん、経験や資格が評価されないわけではなく、仕事で活かせるものを身につけているなら評価される場合はあります。必須の経験や資格がないのは、あくまで応募条件としてであり、あって邪魔になるものではないことは理解しておきましょう。

母校以外でも就職できる

大学職員になるには、母校であることが必須条件と考える人は多いでしょうが、実はそうとは限りません。母校以外でも就職することは可能であり、母校=絶対に有利ではないことは理解しておきましょう。就職するには志望度のアピールが重要であり、いかに大学に愛着があるか、学校の方針、考えに共感したかを伝えることが大切です。

そのため、母校なら愛着をアピールしやすく、選考をスムーズに進めやすいことは確かです。しかし、母校という経歴そのものは特別に評価されるわけではなく、選考ではアピールの内容が重要視されています。母校以外だと志望度が難しいですが、大学との接点を示した上で上手にアピールできているなら、採用を勝ち取ることは可能です。

大学職員になる際の注意点

null

大学職員は労働条件のよさからも人気が高いですが、就職して必ず満足を得られるとは限りません。就職する際は注意点も理解している必要があり、把握していないと失敗する可能性が高いです。これは就職してから失敗を感じる場合だけではなく、そもそも就職自体に失敗し、採用されない場合もあります。大学職員になるための条件はそれほど難しくありませんが、実際に就職するには注意点も含めてハードルが高いことは理解しておきましょう。

国公立と私立の違い

大学は大きく国公立と私立に分けられ、同じ大学職員でもどちらの区分で就職するかによって環境は大きく変わります。基本的な仕事内容はおおむね同じですが、大学運営や学生サポートに対する考え方に違いがあることは理解しておきましょう。国公立の場合、国や市が定めた教育方針の則って大学を運営し、学生をサポートします。

いわば公的な考えのもと教育をおこなうとも言え、地域による若干の違いはあるものの、学校ごとの考えの違いはそれほど大きくはありません。対して私立の場合は、学校ごとの特色が強く、違いも非常に大きいです。どの大学に勤めるかで仕事への取り組み方や労働条件まで大きく異なることもあるため、私立を目指すなら学校ごとの違いに特に注目して選びましょう。

私立は異動の可能性もある

国公立と私立の違いとして、異動の有無も挙げられます。国公立は基本的に異動がありませんが、私立の場合は異動の可能性があることは理解しておきましょう。これは大学内での部署、職種の異動ではなく、大学そのものの異動です。私立の場合は姉妹校を持っていることも多く、それらに異動になる可能性もゼロではありません。

私立は学校ごとに経営しているわけではなく、姉妹校を含めて経営、運営をしています。企業で例えるなら大企業の子会社、出向先、同じ企業の支社とも言え、場合によっては県外や地方への異動を伴うこともあります。異動を視野に入れないなら、国公立あるいは姉妹校を持たない私立の大学への就職を目指したほうがいいでしょう。

倍率は非常に高い

大学職員は人気の就職先であるため、倍率は非常に高いです。倍率の高さは応募数が多いだけではなく、採用枠が小さいことも影響しています。大学職員は求人そのものが少なく、どの大学でも毎年募集されているとは限りません。そのため、新卒で志望する大学の求人に巡り合えない可能性もあるため注意が必要です。

大人数で狭い採用枠を争うことになるため、事前準備を徹底しておこなう必要があり、どこまで念入りな対策ができたかが、合否を分ける重要なポイントになるでしょう。準備不足はすぐに見抜かれてしまい、不採用に繋がるため注意しなければなりません。高倍率なだけに、大学職員だけに絞って就活をしていると、全落ちして失敗する可能性があることも頭に入れておきましょう。

大学職員になるために必要なこと

null

大学職員になるには、事前にやっておくこと、知っておくべきことが数多くあります。何の準備もなしに選考に臨んでしまうと、不採用になる可能性は高く、仮に就職できてもその後仕事が上手くいかない可能性もあるため、注意しなければなりません。スムーズに選考を突破し、かつ就職後も活躍するためには、選考前からしっかり準備をすることが大切です。大学職員になるためには何が必要なのかを知り、徹底した下準備で就職の成功を目指しましょう。

大学について知る

大学職員になるには、まずは志望する大学について知ることが大切です。就活では業界・企業研究を念入りにおこなう必要があります。選考を突破するには、いかに志望度が高いかをアピールする必要がありますが、これを提示するには大学への正しい理解が必要です。

大学について深く理解している=大学を知ることに多くの時間を費やし、志望度が高いと判断されます。また、他の大学との違いを明確にし、その大学だからこそ志望した理由を伝えることで、志望動機の差別化が図れ、さらに高評価が得られるでしょう。大学を知ることは、志望度のアピール、就職後のミスマッチを防ぐことの両方に必要なため、大学の歴史や方針、将来の戦略などを細かく把握しておきましょう。

就職後の展望

就活は就職して終わりではなく、仕事でいかに活躍し、成長できるか、長く続けられるかが重要です。せっかく就職してもすぐにやめてしまってはもったいないため、事前に就職後の展望まで考えておきましょう。大学職員になった後、どのような仕事がしたいのか、どのように活躍したいのかを考え、キャリアプランを明確に設定することが大切です。

このとき大学職員として何をしたいかではなく、その大学の職員として何をしたいか、すべきかという観点から考えましょう。一般的な大学職員のキャリアを考えるだけではなく、その大学だからこそのビジョンを持つことが大切です。将来の展望を考えるには、まずは大学への理解が欠かせないため、大学を知った上で、志望先に適したキャリアを考えておきましょう。

将来を見据えて大学職員を目指そう

null

大学職員は人気の就職先であり、高倍率で就職のハードルは非常に高いです。難関の選考を突破するには、志望度の高さをアピールすることが重要です。どれだけ就職したい気持ちが強いか、就職後どのように活躍したいかまで伝えなければなりません。

採用されるには、大学職員として活躍できる、大学に貢献できるとイメージさせることが大切です。将来的な活躍をイメージさせるには、明確なビジョンを提示し、活躍の方法を細かく説明することが大切です。将来まで見据えてやりたいことを考え、志望度の高さを上手にアピールしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ