志望動機

公務員を目指す場合の志望動機の書き方とポイント

公務員を目指して日々勉強に力を入れている学生はたくさんいらっしゃるでしょう。公務員試験を受ける場合は確かに学力も重要ですが、志望動機の内容も同じく重要であり、採用を左右する判断材料となるのです。では、公務員の志望動機はどのような書き方をすれば採用されやすくなるのでしょうか。今回は、公務員を目指す場合の志望動機の書き方について紹介します。

公務員の志望動機の書き方1.地域貢献したいという内容を含める

役所などの地方公務員は、その地域をエリアとして仕事をするケースがほとんどです。公務員の志望動機の書き方における一つ目のポイントは、その地域のために貢献したいといった内容を含める事です。

  • 地域の魅力や貢献したい内容を具体的に

地元に戻って公務員になるという方も多いと思いますが、その場合は生まれ育った地元が好きで、地元のために貢献したいといった書き方をすると良いでしょう。なるべく具体的な地域の魅力などについて触れた志望動機にした方が、より思いが伝わります。

地元ではない場合でも、その地域のどんなところが好きで、なぜその地で働こうとしているのか、といった具体的な内容の志望動機にしましょう。

  • 安定を志望動機にしない

公務員は安定職であり、よほどのことがなければ解雇されたりしません。そのため、そこに惹かれて公務員になりたいと思っている人も多くいるでしょう。採用担当者もそのくらいは分かっていますが、正直にそこだけを志望動機としてもまず、採用されることはないでしょう。公務員でなければできない地域貢献がありますので、そのために働きたいという内容を伝えるようにしてください。

公務員の志望動機の書き方2.政策内容について言及する

公務員の志望動機の書き方における二つ目のポイントは、政策内容について言及する事です。公務員といっても様々な業種がありますが、どのような地域にしたいのか、そのためにどんな政策に取り組んでいるかがホームページなどに記載されているのでチェックしましょう。

  • 特色を活かしている事柄を取り上げる

地域の為にしている様々な政策について同感を持っているため、自分もそこで職員として働きたいといった内容を伝えるといいでしょう。できればどこでも当たり前のように行っていることよりも、その地域や行政でしか実現することができない、特色を活かしたイベントなどについても言及しておけば、政策や事業をよく理解している人であると思われやすくなります。

事前によくホームページや庁舎などにあるパンフレットを見て事前調査し、政策や事業内容をしっかりと把握した上で志望動機を伝えましょう。

公務員の志望動機の書き方3.問題点と改善したい思いを伝える

公務員の志望動機の書き方における三つ目のポイントは、問題点と改善したい思いを伝える事です。地域の問題点を提起し、公務員になって改善をしたいと志望動機で伝えると好印象になります。

  • 貢献する姿勢や理解力をアピールする

採用前にもかかわらず、地域についてよく理解して先を見据えるビジョンを持っていると、問題解決のために貢献してくれそうなイメージを与えられるでしょう。少子高齢化が進んでいる地域であったり、交通事情だったりと、どこにでも何らかの問題は必ずあります。そうした具体的な問題を数点挙げることによって理解力をアピールできます。

  • ただし不快にさせる内容はNG

ただし、現在取り組んでいる解消方法を批判したり、それではダメだから私がやるといったような自惚れや、採用担当者が不快になるような内容は避けましょう。あくまでも問題を解決し、住みよい地域にするために努力したいのだということが重点的に伝わるような志望動機としてください。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

公務員の志望動機は地域貢献をメインにした書き方をしましょう

今回は、公務員を目指す場合の志望動機の書き方とポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?公務員になるための志望動機としては、地域貢献をメインの理由とするのがベストでしょう。できるだけ現在行っている政策や事業内容などにも触れ、賛同できた点や問題点などについても言及すると十分理解をしていると思われ、採用されやすくなります。ぜひ、3つのポイントを押さえた志望動機を作成してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ