職種研究

医療事務の志望動機を書くポイント4つ|例文10選やNG例文をご紹介

医療事務に採用される志望動機とは?

どの会社や企業の面接でも、志望動機は重要な位置にあります。ただなんとなく面接を受けに来たという人よりも、「この会社で働きたい」という熱意がある人を企業は採用します。これは職種に関わらず大切なポイントですが、ここでは医療事務に採用される志望動機についてご紹介いたします。

医療事務の志望動機を書くポイント4つ

医療系事務の就職を目指す場合、志望動機の書き方にはポイントが4つあります。1つ目のポイントは「医療系事務を仕事にしたい理由を明確にすること」です。さまざまな業種がある中で、なぜ医療系事務を目指すのかを整理しましょう。2つ目のポイントは「その病院を選んだ理由を考えること」です。

3つ目のポイントは「自分が目指すものを考えること」です。入社後、自分がどういった人材になりたいかを考えましょう。そして、4つ目のポイントは「強みを活かした貢献方法を考える」ことです。企業にとって自分を採用した場合、どのようなメリットがあるかをアピールしなければなりません。そのために自己分析をして、どのような強みで企業に貢献できるかを考えておきましょう。

①仕事にしたい理由

志望動機では、まず最初になぜ医療事務の資格を取得したのかを述べるのがポイントです。例がこちらです。

・(女性ならば)結婚、出産後も働く事ができ、一生役に立てられる資格だから
・年齢に左右されない仕事なので、長く務めるられるから
・医療という現場に少しでも関わり、患者さんの手助けをしたいから

こうした点を踏まえたうえで、志望動機に医療事務の資格を取得した経緯を述べましょう。具体的に実際に通った病院での医療事務の仕事をする人たちの姿に感動して、医療事務に関わろうと思ったエピソードも、志望動機としては印象深くなります。

人を思いやる気持ちを付け加える

また医療事務では、事務処理のスピードはもちろんの、患者さんとの接客も行わなければなりません。

・接客が好きである
・患者さんの役に立ちたい

というように、志望動機のポイントとして人と関わるのが好きだからというのは、欠かせません。こうした人を思いやる気持ちがあるのを志望動機に付け加えましょう。

コミュニケーション能力を活かす

医療事務という仕事は、病院の受付でやり取りをしたり電話対応をしたりするため、患者さんと直に接する機会の多い仕事です。科にもよりますが、病院に来る以上、患者さんはどこかしら調子が悪いのです。どこかが痛いときや気分が優れないときこそ、多くの人は明るい笑顔で癒されたいと思うでしょう。

医療事務として病院の受付に座るのであれば、明るい笑顔は欠かせません。飲食店のアルバイトなどで笑顔とコミュニケーション能力が鍛えられたという人は、その経験が活かせるでしょう。また、医療事務は医療の現場に携わる仕事です。周囲に適切な指示を出して連携し、迅速で正確な行動をすることがが求められます。その際にはコミュニケーション能力は欠かせません。患者さんだけでなく、現場で働く仲間ともコミュニケーションを図ることが求められます。

②その病院を選んだ理由

数多く存在する病院の中で、なぜその病院での医療事務を志望するのかを明確にするのがポイントです。例がこちらです。

・幼い頃から通っていた病院で、会計時での何気ない会話が自分の不安を取り除いてくれた
・家族がお世話になっていて、受付では付き添いの自分への配慮が嬉しかった
・医療施設が充実していて、そこで働く医療事務の方々も他より生き生きして魅力的だから

他の病院にはない魅力をアピールすることが志望動機には必要です。

規模によっても業務内容は変わる

医療事務では受付、会計、カルテの管理、レセプト業務など仕事内容は様々です。大きな大学病院などではひとつの業務に特化することがほとんどですが、小さな診療所などでは幅広い業務を行わなければなりません。そうしたことを頭に入れたうえで、自分がどの病院で医療事務として働きたいのかを良く考えて、志望動機を作り上げましょう。

病院についてよく調べておく

最近ではホームページを作成している病院が多くあるため、ホームページの内容から病院のことをリサーチしておくのも重要です。病院にもよりますが、大抵は院長やスタッフの紹介、理念や目標、こだわりや工夫などが記載されています。患者さんに対する向き合い方や技術向上への意欲など、共感できるポイントを具体的に説明できるかどうかがポイントです。

場合によっては患者さんの口コミなどから院内の様子や医師、医療事務の職員などの雰囲気がわかるかもしれません。調べてみれば病院に関して多くのことがわかりますので、事前のリサーチは怠らないようにしましょう。そして、その病院のどこに惹かれたのか、何が決め手でその病院で働きたいと思ったのかなどを明確にしましょう。

③自分が目指すもの

医療事務の志望動機では、医療事務にかかわることで、将来自分がどうなりたいのかを述べましょう。

・事務の仕事を迅速丁寧に行って病院の混雑を軽減し、患者さんの待ち時間を減らしたい
・患者さんとのコミュニケーションを通じて不安を少しでも取り除くようにしたい
・その病院での医療事務に携わることで、地域医療の発展に貢献したい

このように、医療事務を通じて社会に貢献したいことを志望動機でアピールすることが大切です。

基本理念への共感を含めるのも◎

志望する病院についてあらかじめ調べたうえで、基本理念に共感しその実現に関わりたいことや、自分自身も医療事務を通じて、少しでも病院の役に立ち、患者さんを笑顔にしたいことを述べましょう。

達成するための具体的な行動を伝える

「患者さんの役に立ちたい」あるいは「医療の発展に貢献したい」という志も言葉も立派ですが、これだけでは具体性がありません。自分がしたいことを叶えるための具体的な案を、例を挙げて述べましょう。例えば「患者さんの役に立ちたい」のであれば、待合時のストレス軽減のために待合室の設備の改善や、待ち時間を減らすための効率化などができます。

「医療の発展に貢献したい」のであれば、日頃から図書館に通って医療関係の本を読んでみるなど、今からできることを挙げて実行するのもいいでしょう。現在進行形で資格取得のための勉強をしている、といった行動もプラス評価です。ただし、決して嘘はつかないようにしましょう。医療に携わろうとする以上、嘘や偽りはタブーです。

④強みを活かした貢献方法

人には得意なもの、不得意なものがあります。強みを活かしてその病院にどう貢献するかという部分をしっかりとアピールしましょう。医療事務の仕事は外来や入院窓口から、会計、受付や案内など多岐に渡ります。その中で、どのように貢献できるのかをしっかりと見極めましょう。

強みが見当たらないと言う方でも、実は他の人に負けないことがきっとあるはずです。自分だけでは見つけられない場合は、周りの友人などに協力してもらい教えてもらうのもいいのではないでしょうか。

また、病院には不安を抱えて来る方も多いため、医療事務スタッフが素敵な笑顔でいつも話をよく聞いてくれているというだけでも好印象を与えます。見つからない場合は、これから努力するという旨を記載するのもいいでしょう。

資格をアピールするのも効果的

もちろん、資格をアピールするのも効果的です。パソコンやビジネス系の資格を持っている場合は、書類作成を得意として素早く丁寧に書類を作ることができるというのも大きなポイントになります。医療事務の仕事はレセプト作成だけではありません。

その他にも書類作成があったり、電話応対も必要になります。また、最近ではカルテも紙カルテから電子カルテへ移行しています。そのような時には、パソコンを扱うのが得意な人の方が重宝されますし、ビジネス系の資格を持っている人も必要になります。そのため、パソコンやビジネス系の資格のアピールは効果的です。

仕事に役立つ強みをアピールする

アピールするといっても、何でもいいわけではありません。あまりにも仕事の内容と関係のないアピールをしてしまうと「医療事務という仕事のことをわかっていない」「それならその強みが活かせる仕事をすればいいのでは?」と思われてしまい、場合によっては評価を下げられてしまう可能性もあります。

たとえば「10年間ピアノを習っていたのでピアノが得意です」などとアピールしても無意味です。そういった場合は「10年間ピアノを習っていました。このことからも、一度始めたことは投げ出さず継続できるのが私の強みです」といった流れで、仕事に役立つ強みをアピールしましょう。医療事務の業務を書き出してみて、どの仕事にどんな能力が必要かを想像してみると、「役立つ強み」をアピールしやすいかもしれません。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

医療事務を志望する場合の志望動機の書き方をご紹介してきましたが、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードして、医療事務の志望動機を効率的に完成させましょう。

医療事務の志望動機10選

例文①

私は、幼い頃に持病を患っており、病院へ行く機会が人よりも多くありました。医師の説明を聞いても理解できないため、検査をされることがとても怖く、毎回泣いていたのを覚えています。そういったときに、いつも励ましてくれたのが、医療事務の方でした。
私が興味を持つような話をしつつ励ましてくれる姿を、今でもたまに思い出します。特に貴院は○○市の中で最も大きく、患者さんが多い医療機関です。そんな貴院で、医療事務として仕事をこなしつつ、患者さんを励ます存在になりたいと考えています。

上記は、幼少時代の思い出を題材としたエピソードです。思い出を志望動機に混ぜれば、志望している医療機関に思い入れがあることをアピールできます。また、「この人なら長く働いてくれそうだな」と、採用担当者を安心させることもできるでしょう。最後には、きちんと志望している医療機関に貢献する気持ちがあることも、アピールしてください。

例文②

高校時代、幅広い業務を担う事務の仕事に興味を抱きました。そうして調べている中で、「医療機関の顔」として活躍する医療事務に就きたいと感じたのが、志望のきっかけです。医療事務の対応は、そのまま病院の評判に繋がるため、とても責任重大な仕事だと感じています。
貴院は、少人数体制で業務をおこなっているため、個人で幅広い業務をこなすことが可能です。そんな貴院で、さまざまな業務を担いながら医療機関の顔として活躍できるよう、努力いたします。

興味を持ったのをきっかけに、医療事務を目指し始めた志望動機の例文です。「興味を持って調べた」と伝えれば、しっかりと業務内容や役立つ資格を理解していることがアピールできます。その医療機関を選んだ理由を伝える際は、他の医療機関にはない特徴を上げると良いでしょう。「○○といった特徴があるため○○ができる」という風に、プラスの方向に捉えるのがコツとなります。

例文③

私は、社交性とパソコンスキルに自信があり、それを活かせる医療事務の仕事に就きたいと考えており、貴院の求人を見て、ぜひ働きたいと感じたのが応募のきっかけです。貴院は、「患者さまと親密な関係を築き、地域に貢献する」という経営理念を抱えています。
そして、その名の通り、患者さんと共に地域の催し物に参加している姿を頻繁に見かけます。その姿に憧れたのも、応募したいと思った理由です。貴院へ入職できた際は、地域に貢献しながら、患者さんとの円滑な人間関係を築きたいです。

スキルを活かしたいと思い、医療事務を選んだ志望動機の例文となります。「医療事務ならば、自分の持つスキルを活かせると思った」と述べれば、自己分析をしっかりとおこなえていることがアピールできるでしょう。志望している医療機関が、スキルをさらに活かせるような特徴を持っていると、より効果的です。最後には、「どうスキルを活かすか」という部分も、忘れずに伝えてください。

例文④

私は幼い頃、体が弱くよく病院にかかっていました。その時に看護師さんや先生はもちろんのこと、事務のお姉さんがとてもよくしてくれたことが印象的でした。何度も病院へ行くので顔を覚えてもらい、いつも優しく声をかけてくれました。また、そのお姉さんがいると、とても安心した記憶があります。
当時は医療事務という職業を知らなかったのですが、その人と同じように、事務職でありながら、患者さんを安心させることができる素敵な仕事に就き、病院の顔として活躍していきたいと思っています。

自分の幼い頃の経験から、患者さん目線に立って考えながら働くことができる、安心させることができるという話を盛り込むことで、明確なビジョンを示しながら志望動機として伝えることができると好印象になります。

例文⑤

私は、パソコンや書類作成といった作業が得意で、活かせる仕事を考えています。また、それだけではなく、人と関わることができる仕事に就きたいというのが一番の動機です。人と関わることができ、その人にとって少しでも役立つことができる仕事に就きたいと思った時に、風邪で受診した病院で働いている事務の方の存在に気付き、医療事務を知りました。
医療事務は事務能力だけではなく接客スキル、コミュニケーション能力が必要とされ、また、多くの患者さんが来院される中で、その人その人にあった対応をしなくてはならないことは決して簡単なことではありませんが、その方を見ているととても輝いて見えたのです。私もそんな人になりたいと思い、今回医療事務職を志望いたしました。

自分の能力とやりたい仕事をしっかりと見極めているところがポイントです。また、それだけではなく、どのようなスキルが求められているかを理解した上で応募しているところも重要です。

例文⑥

昔から、祖母のお見舞いでよく病院へ行っていました。その時、病室を聞くのにいつも事務の方が調べて案内してくれました。患者ではないのに、優しく丁寧に教えてくれてたことがとても記憶に残っています。
また、道順がわからなかった時には近くまで案内してくれたことをきっかけに、医療事務という仕事に就きたい、自分もこのような仕事をしたいと思い、資格を取得しました。自分もどんな人にも分け隔てなく、対応ができるようになりたいと思っています。

どのような人を相手にしても、しっかりと対応できる姿を見て、自分もそのようになりたいという目標が伝わります。いい経験はプラスになるので、そのような経験を思い返し、実践できるように頑張るということを伝えると好印象になります。

例文⑦

かかりつけの病院が実家の近くの総合病院でした。その病院ではたくさんの患者さんや病院のスタッフが働いていました。中でも、一番最初に挨拶をしてくれるのが受付の方でした。その方の笑顔がとても素敵で、どのような時でも明るい笑顔で、また困った時は親身になってくれました。
その病院は決して暇な病院ではないのに、一人一人しっかりと向き合って対応している姿に感動しました。自分も同じ総合病院で、そのような対応ができ、患者さんがいい気持ちになれるようになりたいと思い志望いたしました。

総合病院は様々な患者さんがくる場所にも関わらず、どんな時も親身になってくれる、そんな経験を元に志望したということを伝え、自分もそのような対応をしたいという目標を持っていることがポイントです。実際の体験は本人に少なからず影響を与えるので、プラスになるように伝えるといいかもしれません。

例文⑧

私の母は、私が幼い頃クリニックで看護師として働いており、私もそのクリニックに何度も行ったことがあります。そのクリニックでは、医療事務の方が受付業務以外にも幅広くサポートしており、患者さんをはじめとして、看護師さんへのサポートなどたくさんのことに気を配っていた記憶があります。
その姿はまるでサポートのプロフェッショナルのように思えました。その働き方を見て、クリニックの医療事務としてたくさんの人をサポートできる存在になりたいと思いました。

クリニックは総合病院と違い、同じ医療事務でも行う仕事が変わってきます。規模が小さいからこそ個々に求められることは幅広いため、気配りや周りをよく見れる人が重宝されます。それをしっかりと理解した上で、自分の経験を交えて伝えることで、クリニックがどのような場所かわかった上で志望していることが伝わります。

例文⑨

私の祖母は高齢で医療機関を多く利用しています。私も介護のため祖母に付き添うことが多く、日頃から医療機関に関わって生活をしています。医療に携わる方たちのお仕事を拝見する中で、私も医療に従事したいと思いました。私はMOSを取得しており、パソコンを扱う医療事務で活用したいと考えております。医療で患者を救う組織の中で手助けをしたいと思い、医療事務を志望しました。

この例文では日々利用している医療に関して、自分も貢献したいというストーリーになっています。「医療に貢献したい」とただ言っただけでは抽象的なので、資格が活かせることをアピールして説得力を増しています。

例文⑩

貴院にはさまざまな年代の患者さんがいらっしゃいますが、それぞれの年代の方に合った配慮がなされている点に魅力を感じております。特に高齢の患者さんは、院内であっても待合室から診察室までの歩行が困難な場合が多いです。その点、貴院では補助が必要な患者さんに「案内カード」を配布しており、お一人で来院された患者さんにも優しい配慮がなされています。
案内カードは医療行為には直接的には関わりませんが、利用される患者さんのことを第一に考えた施策だと思っております。私も医療事務を通して、より利用しやすい病院づくりに携わりたいと思い貴院を志望しました。

この例文では、「案内カード」という医療事務によるサービスを例に出しています。具体例を出すことで、医療事務に対する必要性を理解していることをアピールしています。

内定者の志望動機を参考にしよう

病院が採用活動をおこなう際、全体の印象やスキルはもちろん、志望動機を重要視しています。志望動機で十分にアピールできないと、内定を得ることは難しいでしょう。志望動機を書くのが苦手という就活生におすすめなのが「志望動機まとめ」です。この資料には、内定者が実際に提出したESの志望動機20選が掲載されています。

内定先の企業には「伊藤忠商事」「三菱東京UFJ銀行」「ANA」「JAL」「トヨタ自動車」「JR東海」など大手が多数です。医療業界と一般企業は異なる点が多いですが、ヒントが得られるかもしれません。無料でダウンロードできるため、志望動機の作成に役立てましょう。

医療事務のNG志望動機例文

次に、NGになる志望動機の例文を紹介します。アピールすることが多くあっても、相手に伝わらなければいけません。志望動機は、要点をしっかりと意識した文章を作りましょう。また、文章が抽象的だと、伝えたいことが上手に伝わらない可能性が高いです。医療事務として働きたいという熱意と意欲を伝えるためにも、NGな志望動機の内容も把握しておきましょう。

例文①

私は責任感が強く、医療事務に向いています。私は学生時代アルバイトでスーパーの品出しをしていました。品出しは単調な仕事ではありますが、賞味期限や商品の損傷に注意しなければいけません。また、自分が出したもの以外でも持ち回りしているところは責任を持つ必要があります。アルバイトで培った責任感を、医療事務に活かすことができると考えています。

この例文では「責任感の強さ」を実体験を交えて説明しています。しかし、この例文では、責任感の強さが医療事務でどのように発揮できるかが書かれていません。強みを医療事務でどのように活かすことができるかを、はっきりと説明できるようにしておきましょう。

例文②

私の弟は生まれつき持病があり、定期的に貴院に通院しています。日常生活には問題はありませんが、病院が家から遠い為、通院する際は付き添いが必要です。貴院は医療技術が優れており、貴院で働くことでこの地域で貢献できると考えています。そのため、貴院で医療に関係した仕事につきたいと思い、御社を志望しました。

この例文は、前半の弟の話と後半の地域貢献の話が交わっていない点に違和感を感じます。志望動機は、仕事を選んだ理由や病院を選んだ理由、自分が目指すものなどを順序よく書いていくことがポイントです。読み進めていく上で違和感があると、支離滅裂な印象を与えてしまいます。志望動機は、読みやすさも大切です。志望動機を作成する前に、ノートに書きたいことをまとめて何を最も伝えたいのかを整理するといいでしょう。

医療事務の志望動機は貢献する方法のアピールが大切

医療事務では事務処理能力だけでなく、患者さんへの対応など接客能力が問われます。志望動機では、自分が医療事務の資格取得に踏み切ったきっかけや、なぜその病院を志望するかなど、具体的な体験談を交えながら、その病院での医療事務を通じて患者さんを始め、地域医療の発展に貢献したいことを述べるのがポイントです。

医療事務への転職を考え始めたら

医療事務は人気職種なので、転職を考える人もいるのではないでしょうか?
しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「DODA合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれます。転職を完全に決意していなくても問題ありませんので、気になる方は腕試しがてら気軽に診断してみてください!

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ