職種研究

企画職の仕事内容や求められるスキル|志望動機例文もご紹介

企画職に憧れる学生は多い

企画職は華やかなイメージが強く、就職したいと考える学生は多いです。しかし、企画職に憧れを持つものも、具体的な仕事内容や求められる能力の詳細を把握できていない人はたくさんいます。華やかなイメージだけで就職してしまうと、現実とのギャップを感じて不満を抱えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

イメージだけで就職すると後から後悔することも多いため、事前に正しい知識を身につけておくことが大切です。企画職についての理解を深め、正しい認識を持って就職を目指しましょう。

企画職の仕事内容

企画職を知るためには、まずは基本的な仕事内容を知っておくことが大切です。ひとくちに企画職といっても、企業ごとに仕事内容の詳細は違っていることも多いです。詳細部分については企業ごとに研究が必要ですが、職種への理解を深めるためには基本となる共通部分を知ることが大切です。

企画職の基本的な仕事内容を知り、どのようなことをおこなっているのかを把握しておきましょう。

市場調査

企画職は名前のとおり、何かを企画するのが主な仕事です。しかし、闇雲にアイデアを出せばいいわけではなく、市場のトレンドや消費者が求めるものに合わせてアイデアを出すことが求められます。アイデアを生み出すためには、市場調査をおこないトレンドを正確に把握することが大切です。

市場調査は企画職の中でも特に重要な仕事であり、欠かすことのできないものといえるでしょう。市場調査の方法は企業によってさまざまですが、中には長期間をかけて調査することもあるため、根気が必要なことも多いです。また、場合によっては市場調査はマーケティング職などが担当し、企画職とは別枠になることもあります。

専門の部署を設けることもあるほど重要な仕事なので、企画職の仕事として組み込まれている場合は注意しましょう。

新商品・サービスの企画・立案

null

市場調査の結果に基づいて新商品やサービスの企画・立案をおこなうのも、企画職の仕事です。商品やサービスの提案は、自社内でおこなうこともあれば、他社に対しておこなうこともあり状況によってさまざまです。

他社に提案する場合は、複数社が企画を持ち寄ってコンペ形式で争うこともあり、企画職の醍醐味の仕事といえるでしょう。企画の立案はひらめきだけでなく、市場調査の結果を的確に読み取る分析力も重要です。ひらめきと思考の両方によってアイデアは生まれるため、常に広い視野を持って考えることが求められる仕事といえるでしょう。

過去商品・サービスの改良

企画職では新しいものを生み出し続けるだけではなく、過去の商品やサービスを改良することも多いです。発表当時には最先端を走るものでも、時間の経過によって古くなり、消費者の反応によっては改良が必要になる場合もあります。いつまでも同じままでは飽きられてしまい、時代に合わなくなることも多いため、古いものを改良してマイナーチェンジを図るのも重要な仕事です。

古いものを改良する場合は、従来の良さを残しつつ、いかに時代に合ったものに変えられるかが求められ、新しいものを生み出すよりもハードルが高いことも多いでしょう。新旧の両方の商品、サービスについて考えなければならず、売上を左右する重要な仕事といえます。

広告・宣伝

広告・宣伝は、企画した商品の広告案の作成や、広告代理店への依頼をおこないます。代理店の提案を元に、伝えたい内容に合わせた広告を作成します。商品のコンセプトや売る対象の顧客をイメージしながら、予算内でどういった広告を出すのか考えます。広告と言っても幅広く、テレビCMや新聞、雑誌、ネットなどのものがありますが、どれをつかった広告が一番効果があるかも判断する必要があります。
広告を出したとは、その広告が実際にどれくらい効果を発揮したのか検証したうえで、今後の参考にします。
広告・宣伝は、広告の効果を測定する仕事を主にやっているところもあれば、デザインまでおこなうところもあります。

広報・PR

広報・PRは、広告などとは異なる仕事内容です。広報は、事業内容や企業の取り組み、商品などをアピールする仕事です。企業のイメージを良くするための活動をおこなうといえます。
新聞社やテレビ局に対して、 商品や事業の情報を流してもらうようにお願いしたり、記者向けのイベントを開催したりします。新聞社やテレビ局の方とやり取りが発生するため、コミュニケーション能力が求められるといえるでしょう。
広告・宣伝は予算を掛けて、広報・PRはお金を使わないで商品やサービスをアピールする仕事内容といえるでしょう。

36個の質問に答えて自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析を通じて、自分の強みを理解する必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

企画職で必要なスキル

同じ企業でも職種ごとに仕事内容は違い、求められる能力も異なります。企業全体として求められる人材像はありますが、企画職に求められるスキルを把握し、身につけておくことが大切です。職種は人によって向き不向きがあり、誰もがすべての部署で活躍できるとは限りません。職種との相性が悪いと判断されれば企画職で働くことが難しくなるため、必要なスキルを知って、身に付ける努力を重ねることが大切です。

リサーチ力

商品やサービスの企画を考える際、根幹にあるのは消費者の声やトレンドです。自分のひらめきのままにアイデアを出しても、根拠がなければ企画として通らないことも多いです。企画を通して成功させるには確かな根拠が必要になります。市場の流れを正しく読み取り、本当に求められているものを見抜くことができる高いリサーチ力があれば、企画職として就職しやすいでしょう。

リサーチ力は情報収集力や活用力とも言い換えることができ、精度の高い情報を集め、うまく役立てることが大切です。情報を集めるだけではなく、それを上手に利用できることが重要ということは理解しておきましょう。

コミュニケーション能力

企画職は社内外多くの人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力は必須です。商品やサービスの企画といっても、必ずしもゼロから考えるわけではなく、誰かのアイデアをベースにして考えることも多いです。例えばクライアントから商品の企画を依頼された場合、完全に丸投げということはなく、どのような企画でターゲットは誰かなど、細かく条件が設定されます。

クライアントが考える漠然としたイメージを具体的なものに落とし込み、提案するのも企画職の仕事のひとつです。イメージを具体的なものにするためには、相手が何を求めているのかを引き出す必要があります。本音を引き出すためには、いかに信用されるかが重要であり、相手の懐に入るためにもコミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。

プレゼン力

企画はただ考えるだけではなく、それを他人に対して提案し納得してもらわなければなりません。企画の提案は社内外のさまざまな場所であり、企画を通すにはプレゼン力も重要です。どれだけ素晴らしい企画でも、うまく提案できなければ企画が通らないことも多いです。反対に、無茶に思えるものでもプレゼン次第で企画を通せることもあります。

企画職では、市場で求められるもの、優れた企画、魅力的な提案の3つが求められますが、特に重要なのは最後の提案部分です。プレゼン力は企画職に必須だといえるでしょう。

企画職の志望動機例文

企画職についての理解を深めることができた人は、実際に選考で使う志望動機を考えましょう。志望動機は業界や企業を志望する理由だけではなく、なぜその職種を志望するのか、企業でいかに活躍できるかなどを伝えることが大切です。ただ仕事へのやる気を見せるだけでは、高評価の獲得は難しいので注意しなければなりません。

例文を参考にしてアピールの全体像のイメージを膨らませ、企画職への就職の熱意を上手に伝えましょう。

例文①

私は新しいサービスの提供によって、人々の生活を便利にしたいと考えています。御社は高齢者向けの配食サービスに強みがあり、革新的なアイデアで業界でもトップのシェアを獲得しています。高齢化社会を迎えるにあたり、今後さらに需要が伸びると考えられますので、利用者様の満足を叶え、かつ円滑に業務が進められるアイデアを提案したいです。大学時代は居酒屋でアルバイトをし、コミュニケーション能力を身に付けました。まずは営業職で利用者様と近い距離で接することで求めるものを引き出し、その経験を企画職での仕事に役立てたいです。

例文①では、新しいサービスの提供によって、より多くの人の生活を便利にしたいという志望動機が語られています。企画職への志望意欲を全面に押し出すことで、仕事への熱意が伝わり、好印象を与えられています。就職後の活躍の方法やどのようにキャリアアップするかも明確にされており、働く姿がイメージしやすい志望動機になっています。

例文②

私は食品を通じて食卓を豊かにし、人々を幸せにしたいと考え、御社を志望しました。御社は家庭向けの冷凍食品に強みがあり、大容量で安価なのが売りです。まずは現場でノウハウを学び企画職へとキャリアアップして、ベストセラー商品を生み出し、多くの人の幸せを実現させたいと考えています。大学時代はアパレルショップでアルバイトをしており、トレンドには敏感です。仕事をする中でも常にアンテナを広げ、トレンドを意識して取り組みことで市場の流れを把握し、本当に求められるものを提案して、活躍したいと考えています。

例文②では、食品を通じて人々を幸せにしたいと述べられています。業界と企業を志望する理由が先に来ていますが、後から企画職への意気込みも語られているため、志望度が問題なく伝わっているでしょう。また、キャリアアップについて言及することで、企業で成長する意欲が伝わり、仕事への熱意もアピールできています。アルバイトの経験からトレンドに敏感であることが伝えられており、企画職にもマッチした能力の提示で、さらにアピール力は高まっているでしょう。

新卒から企画職に雇用されることは少ない


企画職に憧れを持つ人は多いですが、新卒で求人を探していると、募集があるのは営業や事務、総合職ばかりです。理系では専門職の募集もありますが、企画職の募集は見かけたことがない人という人がほとんどでしょう。就職意欲が高い場合でも、企業からの募集がなければ企画職として就職することはできません。新卒の募集では見かけることがほとんどない企画職になるためにはどうすればいいのでしょうか。

企画職になるには現場経験が必要

企業によって募集する職種や教育の方針は異なりますが、大抵の場合、入社後すぐは現場配属が基本です。何をするにもまずは現場を経験してからと考える企業は多く、企画職の募集がないのはこのためです。新卒で企画職を募集している企業はほぼゼロといってもよく、最初から企画職を目指すのは難しいでしょう。

中途採用では企画職を募集していることもありますが、これはすでに社会人経験があり、現場について理解している可能性が高いからです。現場での経験は重要視されており、実際にその他の部署で仕事をする上でも、役立つことは多いです。

現場を通して企画職への適性を判断される

企画職に就くには、現場での経験を経て異動というのが一般的ですが、現場を経験すれば必ずしも企画職になれるとは限りません。人には向き不向きがあり、現場での仕事ぶりや適性を見て、異動先は決定されます。

早い段階で企画職に異動する人もいれば、どれだけ希望を出していても、なかなか希望が通らないこともあるので注意しましょう。もちろん、希望を出し続ければ叶うことは多く、さまざまな部署を転々として、最終的に企画職に辿りつけることもあります。キャリアを積めば異動できる可能性は高まるため、辛抱強く待つことも大切です。

企画職は現場での経験が活きることが多い

現場での仕事よりも、早く企画職として仕事をし、企画職の中でキャリアアップを図りたいと考える人も多いでしょう。確かに早くから企画職に異動できれば、その分経験できることも増え、キャリアアップもしやすくなります。しかし、現場での経験は無駄になるわけではなく、むしろ企画職に異動してから役立つことも多いです。

現場は市場に最前線で関わる仕事であり、現場だからこそ分かること、見えることも多くあります。現場で得た知識やノウハウはもちろん、現場スタッフ同士の人脈などが役立つこともあるため、真剣に仕事に取り組むことが大切です。経験は無駄にはならないため、希望する職種ではない場合でも、キャリアアップの役に立つと考え、常に学ぶ意識を持ちましょう。

数年後を見据えて企画職を目指そう

null

企画職に憧れを持つ人は多いですが、新卒からいきなり企画職で働けることはほとんどありません。まずは現場配属となり、その後異動できるかどうかが決まるため、最短でも2~3年程度はかかると考えましょう。現場や他の部署での仕事は無駄になるわけではなく、さまざまな場所で働き、幅広い知識やスキルを身につけたことが、企画職で役立つことも多いです。

職種や部署によって仕事内容や求められる能力は違いますが、共通しているものも多く、思わぬところで過去の経験が役立つこともあります。企画職で活躍するには、それ以前の蓄積も大切です。数年後に企画職になることを見越して常に学ぶ意識を持ち、企画職での活躍を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ