職種研究

看護師の志望動機で失敗しない3つの書き方と例文集|書くことが分からない時の対処法もご紹介

看護師の志望動機の書き方に悩む人は多い

看護師の志望動機の書き方に悩む人は多く、ESの段階で不合格になってしまう人もたくさんいます。看護師になるためには、看護師資格を取得することはもちろん、そこから病院などで就職試験を受けなければなりません。資格を持っていても、就職試験で受からなければ就職はできませんし、しっかりと選考の対策をしておくことが大切です。

選考では志望動機が重要視されていることも多く、志望度の高さをアピールすることが内定を得るポイントとなります。そのそも志望動機とは、「なぜあなたがその会社に入りたいのか」「なぜその仕事をしたいのか」を伝えるためのものです。

また志望動機に悩む人は多いですが、正しい書き方を知っていれば魅力的な文章を作成するのは難しくはありません。

本記事では、看護師の志望動機の書き方をポイントと例文に分けて解説しています。志望動機は書き方ひとつで大きく変わりますので、ポイントを知って看護師としての就職を目指しましょう。

看護師の志望動機の書き方を表した図

看護師の志望動機を作成するなら、ツールを活用しよう!

看護師の志望動機を作成するとき、内容が薄いと採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

看護師の志望動機の書き方①資格取得に至ったきっかけ

志望動機は志望度と熱意を評価されているを表した図

看護師の志望動機の書き方の1つ目のポイントは、「なぜ看護師になろうと思ったのか」、そのきっかけについて述べることです。

きっかけを含んだ志望動機を伝えることで、志望者が「どれくらい看護師になりたいのか」が分かり、志望意欲や熱意が評価されやすく、より内定へ近づくことができます。

看護師になりたいという強い気持ちをアピールする

看護師の資格取得に至ったきっかけの例
・母親が看護師で、患者さんと常に向き合っている話を聞いていて影響を受けた
・自分がけがや病気で来院した際に、治療だけでなく精神的にもケアしてくれたことに感動した
・看護の体験をしたときに患者さんに感謝されて、もっと関わりたいと思った

看護師は専門職だからこそ、なぜその資格取得に至ったのかを志望動機では明確にしておきましょう。看護師は医療の知識と、判断力、そして体力が必要とされる一方で、賃金はそれに見合わず人手不足です。それでも看護師になりたいという、強い気持ちを志望動機で表現する事が大切です。

きっかけの話から仕事への熱意がチェックされている

看護師を目指した理由には、それぞれ異なった事情があるでしょう。病院側は看護師を目指したきっかけの話から、仕事への志望度や熱意をチェックしています。看護師を目指す理由を、決してひとつに絞る必要はありません。

看護師を目指した理由は、自分で考え、自分の言葉でまとめておきましょう。

例えば、「看護学部だから看護師を目指した」という理由と、「自分の怪我に寄り添って手当をしてくれた看護師にあこがれて、看護師を目指した」という理由では、後者の方が看護師としての仕事への熱意が伝わるでしょう。

また、決してサイトの志望動機を、そのまま引用するなどの行為はしないようにしましょう。そのまま引用はせず、自分の言葉で作り上げましょう。自分が看護師になりたいと思ったきっかけを、具体的なエピソードを交えて伝えることが大切です。

「熱意」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「熱意」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

看護師の志望動機の書き方②精神的・肉体的に適している

看護師は「精神面」と「肉体面」の両方の適性が求められるを表した図

看護師は患者さんにとって最も近い存在です。大学病院などの勤務においては夜勤などもあり、体力も必要とされます。

そして病気やけがで精神的に不安定な患者さんはもちろん、家族のサポートも看護師の仕事のひとつです。

看護師の志望動機の書き方における2つ目のポイントは、あなたが精神的にも肉体的にも看護師に適しているというのをアピールする事です。

これまでのエピソードを看護師の志望動機に交えると良い

看護師を志望するに至ったエピソードの例
・小児科で実習をした
・看護師にサポートしてもらった
・母の出産に立ち会った

自分が看護師として向いているのをアピールするためには、未経験者ならば「家族を看護したエピソード」や、「病院での看護体験」などをもとに、看護によってその病状が回復した時の喜びを志望動機に入れましょう。

また看護師は常に人と接する仕事です。学生時代の部活動やアルバイトなどの経験を述べた上で、「人と接すること」や「人の喜びが自分の喜びになる」というのを看護師の志望動機で述べましょう。

辛いことに耐えたエピソードも効果的

看護師には肉体的・精神的な強さが求められますし、それらをアピールするためにも辛いことに耐えたエピソードを述べるのも効果的です。「辛かったこと」「大変だったエピソード」を述べ、「それにどのように耐えたのか、乗り越えたのか」をアピールしていきます。

何が大変だったのかを伝えるのはもちろん、それをどのように乗り越えたのか、その過程が重要視されています。乗り越えた過程が見えることで、本当に看護師としてやっていけそうか判断することができます。

また辛いことに耐えるためにおこなっていた努力や工夫を伝えることで、より好印象につながりやすくなります。ただひたすらに耐えたとアピールするのではなく、自分なりに工夫をしたから耐えることができたと述べることで、アピール内容に信憑性も出ます。エピソードを伝える際には説得力が大切ですので、取り組みの姿勢なども重点的に語っていきましょう。

「失敗したエピソード」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「失敗したエピソード」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

看護師の志望動機の書き方③その病院である理由と将来やりたいこと

看護師のキャリアプランを表した図

看護師の志望動機の書き方で重要なのは、「なぜその病院で働きたいのか」そして「将来自分はどうなりたいのか」を伝えることです。

志望理由を明確にすることで、「その志望先でなければならない」といった意欲が伝わりやすいです。また将来的なキャリアプランを述べることで、「自身の成長意欲」をアピールすることができ、就職後の成長力を期待され、評価されやすくなります。

看護師としての社会貢献と向上心を述べるのが大切

看護師としてやりたいことの例
・自分がお世話になった病院だから、そこで恩返しがしたい
・地域の中でも信頼が高く医療設備も整っている病院で、少しでも多くの患者を助けて地域医療に貢献したい
・病棟看護師として、患者さんとじっくり向き合い、その回復に努めていきたい
・看護師の業務に携わりながら、保健師や助産師の資格を取得して、もっと医療の知識を深めて患者さんの役に立ちたい

キャリアプランを明確にアピールすることも大切

ただ看護師として働くのではなく、働きながら「どのように成長したいのか」を述べることも大切です。資格を持っているとはいえ、新人看護師はまだまだ即戦力としては働けないことが多いです。そのため就職時の能力よりも、就職後の成長力が見られており、自身のキャリアプランから、成長意欲を伝えることが重要になります。

成長力の高さをアピールすることが、高評価を得るポイントになるので、明確なキャリアプランを提示して、成長意欲を伝えていくことが大切です。単に就職できればいいと考えるのではなく、就職後の姿をきちんと思い浮かべておく必要があります。

キャリアプランが明確であればあるほど成長意欲はアピールしやすいですし、具体的に語ることが大切です。

「キャリアプラン」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「キャリアプラン」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

看護師の志望動機の例文6つ

看護師の志望動機の例文6選を表した図

つぎに、看護師の志望動機の例文をご紹介します。「小児科病棟」や「大学病院」「クリニック」など、合計6つのパターンで解説しています。

働きたい場所が下記にある場合に、看護師志望の方は参考にして志望動機を書いてみましょう。

①小児科病棟における志望動機の例文

私は子供たちが過ごしやすいような雰囲気づくりを心がけている貴院に魅力を感じ、志望いたしました。

小児科で実習を行い、まだ言葉を話せない赤ちゃんを看護する難しさ、保護者との関わり方を学びました。そこで子供たちの成長を見守りながら看護師として働く事にやりがいを感じました。

子供たちが充実した病院生活を送れるようサポートしたいと考えるようになりました。看護師として小児看護についてもっと深く学びたく、貴院を志望いたします。

例文では、「小児科病棟」を志望した理由が述べられています。小児科病棟のように、専門性の高い医療機関を志望する場合は、なぜその分野を選んだのかが伝わる内容にしましょう。

また、その中でもなぜ志望する病院を選んだのかが伝わる内容になっていると、さらに良いでしょう。

②専門的な治療を行う病院の志望動機の例文

私は、緊急時にも冷静に対応できるようなオペ室看護師になりたいと考えており、そのため外科を志望しております。私の祖父が数年前に手術を経験したのですが、その際、手術をスムーズに進行させるために働く看護師がいることを知りました。

手術を受けることは本人にとってもその家族にとっても怖いものです。オペ室看護師として手術がスムーズに進行できるようサポートすることで、本人にも家族の方にも安心して手術を受けてもらえる環境を作っていきたいと考えております。

細心の注意が求められる職場において自身の強みを発揮し、オペ室看護師として手術を受ける方々を支えていきたいと思い、外科を志望しております。

この例文は外科においてどのような活躍がしたいのかが明確に記されています。

単に「外科で看護師として働きたい」だけではなく「外科でオペ室看護師として安心して手術を受けられる環境作りに取り組みたい」と具体的にイメージ出来ていることで、働くにあたっての熱意を採用担当者に伝えることが出来ています。

また、外科に関心を持ったきっかけもエピソードに沿って述べられており、採用担当者に伝わりやすくなっている点もこの例文のポイントになっています。

③大学病院の志望動機の例文

私は貴院において、看護師として必要なさまざまな知識を身につけられると考え志望いたしました。

看護学校時代にはいろいろな科目に携わりました。1つの科目を専門に学ぶよりも今は様々な科目に触れ合って実践経験を積みたいと考えています。

貴院では、幅広い分野の疾患対応が可能で科目数も多いため、看護師として必要なさまざまな知識を身につけられると強く確信しました。また、看護師の教育体制も充実しており、よりスキルアップができると思い志望いたしました。

例文では、「大学病院」を志望した理由が述べられています。また、志望する大学病院でのキャリアプランについても触れられています。

大学病院で看護師として成長するためには、豊富な経験や幅広い知識、専門分野でのより高度な知識が必要です。

大学病院では最新の技術が学びやすい環境にあり、導入された医療機器などは当然患者のために使用されます。最新の医療機器や高度な医療技術を導入していることでこれまでは治療できなかった病気が治せる場合もあり、難しい病気を扱うため得られる知識が多いです。

そのため、積極的な成長意欲を感じられる志望動機が良いでしょう。

④クリニックの志望動機例文

私は、貴院が目指す地域の要の一員となりたいと強く思い志望しました。そのためにもまず、患者さんとしっかり向き合うことを大切にしながら看護をしたいと思います。また、患者さんの精神面でのサポートがより近い立場できる地域密着型のクリニックでの看護を希望します。

私には患者さんとのコミュニケーションを大切にして、患者さんに寄り添った看護師になるという目標があります。貴院は県内でも地域医療に率先して取り組んでいます。そして、地域住民からの信頼が厚いです。私も貴院が目指す地域の要の一員となりたいと強く思い志望しました。

クリニックは、大型病棟よりもスタッフ数が少ないことが特徴です。スタッフと協力しつつ、患者さんともうまくコミュニケーションが取れるかが重要視されます。

また、地域に根差したクリニックを意識し、患者さんとの距離感に着目して志望動機を考えましょう。

⑤産科や助産院の志望動機例文

私は助産師として妊婦をサポートしたいと考え、貴院を志望しました。

私は、妹が生まれたときに母の出産に立ち合いました。母の出産と妹の誕生はとても感動的で、女性が輝く瞬間であると心から喜びを感じました。私も将来は実際の出産に立ち会い、素晴らしい時間の応援をしたいと思うようになりました。

そして、出産という女性の素敵なイベントに直接関わることができる助産師になると決めました。貴院では妊婦さんにより近い体制でサポートをしており、入院中のケアを徹底しておこなっています。安心して産むことを病院全体が応援している点に惹かれました。

例文では、「産婦人科」の志望動機が述べられています。また「助産師として妊婦をサポートしたい」という、強い思いを志望動機に入れられています。

出産時、赤ちゃんを取り上げることができるのは助産師だけができることです。女性のライフイベントに魅力を感じ、より近い場所でサポートできる助産師は大変魅力的なお仕事です。

⑥美容外科や美容皮膚クリニックの志望動機

高校生の頃、盲腸で入院した経験があります。不安な中、看護師の方に毎日励まされ、心から元気に回復した経験があります。その経験から、私も看護を通して人の心と体を回復できるような看護師になりたいと思い看護師を目指しました。

もともとメイクや美容について関心があり、メイク講座にも通っていました。自分の顔立ちにコンプレックスがありましたが、メイクで改善していける楽しさを覚え、女性としての輝きを導くことに携わっていきたいと思いました。看護師として美容に携わりながら働くことができる美容外科で看護師になりたいと強く思っています。

貴院は患者さんの要望に合わせてしっかりカウンセリングし、治療や施術をしています。貴院の1人ひとりの悩みに時間をかけて解決していく方針に惹かれ志望しました。

例文では、「美容系の看護師」の志望動機が述べられています。自身の美容に関するエピソードがあるため、説得力がある志望動機になっています。

美容外科は看護業務の中でも綺麗にすることが目的の仕事であり、美容分野にもあたります。美容が好きであること、かつ看護業務がしたいことを織り込むようにしましょう。

看護師の志望動機のNG内容4つ

看護師の志望動機での4つのNG内容を表した図

病院やクリニックごとに志望動機を変えることも、看護師になりたい熱量を伝えるコツになります。ただし、その際に注意してほしいのが、NGな志望動機の内容です。看護師というのは体力も精神もフルに稼働する仕事でありながら、その分やりがいも大きく、給料が高い傾向にあります。

しかし、「貴院の初任給に惹かれ応募しました」という志望動機はお金のためだけに働く人と認識され、内定に結び付けるのは難しいです。高給与は看護師の魅力のひとつかもしれませんが、志望動機として伝えるのは避けましょう。それでは、看護師の志望動機のNG内容4つを紹介していきます。なぜNGな内容であるのかを理解し、自身の志望動機を改めて確認しましょう。

1.給料がいい

看護師の給与というのは、不規則な勤務、患者さんへの配慮、医療知識を積み重ねていくハードな仕事です。その分大変なことも多いため、給与は高い傾向にあります。基本給以外にも、時間外手当、夜勤手当、休日手当、深夜割増手当、交代勤務手当など、多くの手当が発生します。

「給与が高いため、安定した収入のもと、看護師になりたいです」といった志望動機では、「なぜ給与が高いのか」かを理解していない印象を与えてしまいます。そうすると「仕事が始まったら入社前と入社後のギャップで辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。

給与が高いから魅力的であるという考えは公にせず、ハードながらもやりがいがある仕事がしたいとアピールするようにしましょう。

「給料」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「給料」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.休みがとりやすい

「休みがとりやすい」といった志望動機も避けましょう。「休みがとりやすい」という表現は、仕事に対する姿勢が後ろ向きであるため、印象を悪くしてしまいます。それどころか、そもそも「一緒に働きたい」と思われないため、選考を進むのは難しくなるでしょう。

看護師は、一般的に日勤、準夜勤、夜勤など複数のシフトを交代しながら勤務することが多いです。

毎日夜10時になったら就寝して、朝は6時に起きて規則正しく生活することは難しい仕事でもあります。夕方に数時間ほど仮眠をしてから深夜勤務を開始したり、病棟の仮眠室で睡眠をとったり、その日その日に合わせた働き方をしなくてはなりません。

このような勤務形態になっている理由は、患者さんの治療のためです。「休みがとりやすい」という表現は、印象を悪くしてしまうため注意しておきましょう。

「休日」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「休日」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.立地条件がいい

「立地条件がいい」といった志望動機も控えましょう。立地条件だけで働きたい病院を選ぶのであれば、同じような診療分野の他の病院でもいいのではと思われ、選考に落ちる可能性が高くなります。

看護師を必要とする医療機関は、特に首都圏のような都会では、人々が集中する駅の周辺に医療機関が隣接している場合が多いです。

そのため例えば、「勤務場所は駅直結で雨の日も濡れずに出勤できて、帰りはショッピングできるから」や「職場が家から自転車で5分の場所だから通勤が快適である」という理由から志望されやすいです。

しかし「貴院は立地条件がよく通勤しやすいので、長く働けそうと思い志望しました」という正直な思いを伝えてはなりません。「自分は看護師として●●を実現したい、だからこそ貴院でなければならない」という理由を伝えるようにしましょう。

「勤務地」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「勤務地」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

4.教育体制が整っている

「教育体制が整っている」といった志望動機も避けましょう。もちろん新しい知識に触れる機会が多い職場の方がよいですが、一方で自分から発信できない、動けない受け身の印象を受けます。

「貴院は教育体制が整っているので、医療の知識を学ぶ場が多く、●●における医療知識を多く吸収しながら働くことができる」というような文言は、一見すると勉強へのやる気が感じられ、早く一人前になりたい人だと感じるかもしれません。

しかし看護師は、自分で考えて一歩先の判断を求められることが多い職業です。「自分だけでは何もできない」「知らなかったからできなかった」という甘えた人物は、看護師に適さないと判断されやすいです。

もちろん未経験として就職活動をしている人にとっては分からないことばかりではありますが、自主的に勉強する人の方が好まれる傾向にあります。

「積極性」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「積極性」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

看護師の志望動機NG例文4つ

看護師の志望動機NG例文4選を表した図

最後に、看護師として働くことを志望する際にNGな志望動機を解説します。志望動機としてNGの例を理解しておかなければ、選考において評価を下げる可能性があります。

NG例文と自分の志望動機を比較し、問題がないか確認しておきましょう。

①クリニックの志望動機NG例文

私は母と協力して祖母の介護を自宅で行っていることから、夜勤のある病棟ではなく、日勤のみのクリニックに絞り、就職活動を行っています。

貴院では遅くとも18時前には勤務が終了するとのことで、これまでの生活リズムを維持し、祖母の介護と仕事を両立できると考え、貴院を志望しております。

また重篤患者の急変など、精神的に負担感のある業務を担当する可能性も少なく、仕事とプライベートの気持ちの切り替えを行いやすく、そのような点でも祖母の介護との両立が図りやすいと考えており、そのような背景から貴院に魅力を感じております。

この例文では、クリニックを志望する積極的な志望理由が語られていません。「遅くとも18時前には勤務が終了する」「精神的に負担感のある業務を担当する可能性が少ない」といったことに魅力を感じていることを伝えると、仕事への意欲を疑われかねません。

クリニックも病院に貢献してくれる人材を確保するために採用活動を行っているのであり、仕事に対する熱意が感じられない就活生には魅力を感じないのです。

②訪問介護の志望動機NG例文

私が訪問介護を志望する理由は、一人の患者と長く関わりたいと思うからです。学生時代に急性期病院での実習を経験した際、目まぐるしく患者が入れ替わり、一人一人の患者と長く関わることが出来ませんでした。

せっかくの出会いなので長く付き合っていきたいと考えており、そのため訪問介護に魅力を感じています。患者とその家族としっかりと向き合い、丁寧な対応を行い、患者に寄り添っていきたいと考えています。

この例文では、訪問介護の実情に触れられていないため、訪問介護についてしっかりと理解できているのか疑われてしまう恐れがあります。

たしかに訪問介護は患者と長く関わることが多いです。しかし訪問介護では、末期がんの患者のケアなど、終末期の在宅医療に携わることが多く、精神的に負担を感じるような業務が多くあるのです。

訪問介護は「せっかくの出会いなので長く患者と付き合いたい」という動機だけでやり遂げられるものではなく、そのような点で、「本当に訪問看護に携わる覚悟があるのか」と採用担当者に思われてしまうのです。

③老人ホームの志望動機NG例文

私は看護学校で勉強する中で老年看護に関心を持つようになりました。有料老人ホームでの仕事は体力的にも精神的にも、他の看護師としての仕事に比べ負担感が少ないという話を聞き、そのようなこともあり、老年介護に携われる老人ホームを志望しております。

貴院のホームページにて、社員寮を月額3,000円で利用できる、ボーナスについても半期に一度安定して支給されている、と拝見いたしました。そのような環境だからこそ仕事とプライベート両面を充実させ、社会人生活を豊かなものにしていくことが出来るのだと考えています。

この例文では、福利厚生面を志望動機にしている点がNGポイントとなります。福利厚生面はそこで働くことを検討する以上、気になるポイントではあります。しかしそのことを志望動機にしてしまうと、「働く意欲はあるのか」と採用担当者に疑われてしまう恐れがあるのです。

志望動機は、あくまでも仕事内容を主軸として作り上げるべきです。企業研究をしっかりと行い、そこで働くことによる仕事面での魅力を伝えられるようにしておきましょう。

④保育園の志望動機NG例文

私は子供の健全な発育をサポートしたいと思い、保育園を志望しております。学生時代に小児科への実習を経験し、小さくても懸命に病気と闘う子供たちの姿とそれを支える看護士の姿を目の当たりにし、子供に携わる仕事に魅力を感じるようになりました。

貴園は一人一人の子供たちに対して同じ目線での保育を行うことを目指しており、そのような環境の中で子供たちの保育に関われることに魅力を感じております。子供たちの健康推進のための企画を積極的に打ち出し、子供たちが安心して多くのことを学べるような環境を作り上げていきたいと考えております。

この例文では小児科ではなく、保育園を志望している理由が不明瞭であり、その点において改善が必要になります。「子供が好きだから」という理由で保育園の看護師を希望する就活生は多いですが、小児科ではなく保育園でなければならない理由を明確に答えられるようにしておかなければなりません。

この点が曖昧になっていると、「日勤のみで医療行為もあまりないから保育園を志望しているだけではないのか」と思われ、仕事への熱意を疑われてしまいます。「子供が好きだから」以外の理由もしっかりと伝えるようにすることが重要なのです。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

看護師の志望動機の書き方は具体例を挙げるのが大切

最近は医療の専門家が進んでいるために、看護士の仕事も専門性が求められるようになってきています。看護師は患者と最も接点がある医療従事者であり、重要な役割を担っています。志望動機では看護師を目指したきっかけをはじめ、その病院で自分はどれだけ患者に向き合って看護をしていきたいのか、具体例を挙げた書き方をするのが大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ