筆記試験

【就活】筆記試験の対策法3つ|役立つおすすめの本もご紹介します~内定を勝ち取る~

就活の筆記試験の対策法①問題集を一気に解く

就活では、筆記試験があるところも多数あります。ですが、就活には他にもやるべきことがたくさんあり、あまりそこに時間をかけていくのは勿体ありません。しかし、対策しないのは怖いですよね。本ページでは、時間をうまく使い効率よく対策していくために、就活の筆記試験の効率的な対策法を紹介します。

就活の筆記試験の対策本は多く出ています。それを直前にやるというのが対策法としておすすめです。毎日少しずつ解いてもいいのですが、そこまで難易度の高いものでもありませんし、そのために毎日頭を切り替えるというのもあまり良くありません。

ですから、直前1週間前程度から一気に対策本をやるというのがおすすめです。一気にやれば、いやがおうでも頭は筆記試験の解き方を記憶してくれるでしょう。1週間くらいであれば、そこに費やしても、就活全体でみれば大したロスにはなりません。

特に苦手なものを中心に解くのがオススメ

1週間前までは対策本を解くことに時間を費やさず、1週間前から一気にやるようにしていくと良いでしょう。そのなかでも、特に苦手なものだけを中心に対策すると、なお効率的になるので、就活の筆記試験対策本を解く時にはそのことも参考にしてみてください。

就活の筆記試験の対策法②新聞を読む

そうして1週間前に対策本を始めるまでは、新聞を読むようにしておいてください。すると読解能力も高くなっていきますし、言語問題に強くなっていけるでしょう。もちろんそれだけではなく、時事問題にも強くなることが出来ます。

就活の筆記試験では時事問題がでることも多々あるため、新聞を読んで、同時に時事問題についても強くなっていけるのはすごく効率的だといえるでしょう。

時事問題についても強くなれば面接でも使える

ついでにいえば、就活では筆記試験だけではなく、面接でも時事問題について問われることがあります。普段から新聞を読んでいると、その際の対策も出来るでしょう。新聞でしか取り扱わず、テレビやネットでは取り扱われないようなニュースもありますから、新聞を読むのは、就活全体で見ても大切なことなのです。

就活の筆記試験の対策法③筆記試験対策アプリの使用

筆記試験対策のアプリで勉強するというのも効率的といえるでしょう。アプリであれば通学時間に勉強しやすいため、通学に電車で40分かかるとしたら、そこを勉強に充てられるでしょう。わざわざ直前に対策本を準備しなくても、就活の筆記試験対策は十分だという方もいます。

アプリの使用が効率的な筆記試験対策につながる

通学時間にアプリで勉強して、1週間前にWEB上で筆記試験を解いてみて、十分な結果がでるようであれば、わざわざ直前に筆記試験の対策本をやらなくても良いでしょう。その時間をもっと他のことに費やしましょう。もし不安な結果になったら、そこで初めて本腰を入れて筆記試験対策本を勉強していけば良いのです。こうすることが一番効率的な就活の筆記試験の対策法でしょう。

就活の筆記試験の対策に役立つおすすめの本3つ

筆記試験に役立つおすすめの本をご紹介します。筆記試験には多くの種類があり、一般常識のほかに社会人として知っておくべきことや時事問題などの知識を試される場合も多いようです。ぜひ、参考にしてください。

おすすめの本①最新最強の一般常識

おすすめの本1つめは、成美堂出版が出版している『最新最強の一般常識』です。この本は、「国語・社会」「数学・物理化学」「英語」の一般常識や「政治」「国際情勢」「経済」「科学・技術」など10分野の時事問題を掲載しています。

また、実践的な問題を掲載し、関連するチェックポイントをその下に掲示しているようです。就活をするうえで必要な一般常識や時事問題の対策ができるため、おすすめの本だといえるでしょう。

おすすめの本②これが本当のSPI3だ!

おすすめの本2つめは、洋泉社が出版している『【主要3方式対応】これが本当のSPI3だ!』です。SPI3はリクルートキャリアが運営しており、企業の採用試験で使われることが多い検査といえます。

この本は、SPIの主要3方式の対策ができ、性格検査の解説もあるため、SPIを受験する就活生にとっておすすめだといえるでしょう。また、3方式の出題範囲が一目で分かる一覧も掲載されています。

おすすめの本③CAB・GAB完全突破法!

おすすめの本3つめは、『必勝・就職試験! 【Web-CAB・GAB Compact・IMAGES対応】CAB・GAB完全突破法! 』です。これも、洋泉社が出版しています。CABとGABはSHL社が提供している適性検査です。CABは法則性や暗算、暗号、GABは長文読解や表の問題などがあり、SPIとはかなり違う検査だといえます。

SHL社のテストは、大手企業や人気企業で特に使われているようです。そのため、より効率的に対策する必要があります。この本は、実際の出題範囲や内容を高い精度で再現し、高い難易度のGAB CompactやIMAGES全科目にも対応しているため、おすすめだといえるでしょう。

就活の筆記試験対策は問題集を一気に解くのがオススメ!!新聞にも目を通す

就活の筆記試験は、効率よく対策していきましょう。筆記試験というと難しいように聞こえたりもしますが、別段難しいものではありません。100点をとらないといけないというようなものでもありません。ですから、もっと面接対策に時間をさけるよう、効率的に筆記試験の対策をしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ