筆記試験

就職での作文の書き方の3つ基本と注意点|よく出るテーマの例文あり

就職試験の作文の書き方に悩む人は多い

就職試験では作文が必要なこともあり、それが上手く書けずに悩んでいる人も多くいます。企業によって選考の内容は違いますが、書類選考からスタートすることは共通していますし、履歴書やエントリーシートで作文は絶対に必要になります。作文の内容によって評価は違ってきます。

きちんと内容を練り上げなければ、高評価を獲得することはできません。場合によっては筆記試験で作文が求められることもありますし、作文の対策は必須だと言えます。作文はしっかりと書けていることはもちろん、内容までこだわらなければなりません。事前に対策をしておかなければ高評価を獲得することはできません。就活攻略のためには作文は必須の対策ですので、しっかりと対策をして選考の攻略を目指しましょう。

志望動機の作文の構成は3段階

就職試験では、志望動機を作文で書くように指示されることがあります。最初に文章の構成を考えて、テーマをひとつに絞りましょう。志望動機の作文は、相手に一息で読めるくらいの長さで、理解し易い文章でなければなりません。

誤字脱字に注意して、相手が読みやすく、熱意が伝わる文章を書きましょう。また、漢字の乱用・多様にも注意して、文字数制限を守ってください。文章に自信がなくても、構成がしっかりとしていれば大丈夫です。志望動機の作文の構成は以下のようになります。

1.結論から書き始める
2.理由を盛り込む
3.具体例を挙げる

この順番で構成のポイントを抑えて、志望動機の作文を書きましょう。

①結論から書き始める

志動機では、いろいろ書きすぎて結局何を言いたいのかわからない文章が多いです。志望動機とはいえビジネス文章です。まずはなぜその企業に入社したいのか結論から書き始める書き方が重要です。

② 理由を盛り込む

志望動機の作文の書き方における2つ目のポイントは、志望動機の理由を作文に盛り込むことです。これは最初に説明した「志望動機の結論から書き始める」をもっと具体的に肉付けしていく作業になります。

たとえば営業職を希望していたとしましょう。その場合、「どういう理由で営業職を希望しているのか」という根拠を作文に盛り込むのが重要です。きちんと理由を説明するというのは、ビジネスシーンでも非常に大切です。そのため筋道だてて自分の考えを説明できるかどうかを、作文を通して見られることになります。

③具体例を挙げる

志望動機の作文の書き方における3つ目のポイントは、具体例を挙げることです。これまでのあなたの人生経験の中から、その企業を志望する具体的な理由を探してみましょう。学生であれば、これまで歩んできた人生の中でいろんなことを経験しているはずです。

「○○の経験をもっているから志望するに至った」というエピソードを作文に盛り込むことができれば、他にない唯一の志望動機が完成します。たとえば「アルバイトの接客の中で○○という工夫をした結果、お客様に喜んでいただき、そこにやりがいを感じた」というような、実際の経験を志望動機に結びつけると、より説得力のある独自の作文が完成します。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

内容だけでなく見た目も大事

内容だけでなく見た目も大事

就職試験の作文では、内容ばかりを気にする人も多いですが、実は採用担当者がみているのは内容だけではありません。内容ばかりを気にして、見た目が悪ければ読む気にならない可能性もあるのです。

読みたくなるような見た目にすることも就活生は大切にしなくてはいけないのです。ここでは、作文の見た目についてご紹介しましょう。

字が汚いと読む気持ちが変わる

あなたが採用担当者だとしたら、作文の内容の前に、字が綺麗な人と字が汚い人どちらを採用したいと思うでしょうか。作文はもちろん内容も重視されますが、あまりにも字が汚いと就職後を考え懸念が残る可能性もあります。字は、すぐに綺麗になるものではありません。しかし、ゆっくり書くことで走り書きよりは綺麗にみえます。自分の字に自信がない人はペン習字などを習うのもお勧めです。

文末は統一させる

作文の読みやすさとして、文末を統一させることも大切です。これは、作文を書くうえで基本となっており、文末がバラバラであると、読みにくくなるのです。文末を「です」「ます」にした場合、全て「です」「ます」にそろえるように、また「~である」「~だ」にした場合も同様、全て「~である」「~だ」にそろえるようにしてください。文末一つで文章のまとまりが大きく変わるので、文章を書き始める前にどちらにするのかを考えてから書き始め、最後に見直すときにも文末を意識するようにしましょう。

よく出る作文のテーマとは

作文といっても就職試験の一環なので、よく出る作文のテーマには偏りがあります。会社によって作文の出題の内容に偏りがあるので、事前に傾向を知っている人は練習しやすくなります。

ここでは、作文で出題されるテーマを紹介していきますので、ぜひ参考にして事前に自分であればどのように書くのか考えてみてください。

「仕事」についての考え方を問うテーマ

作文のテーマで最も多いとされるテーマが、「仕事」についての考え方を問うテーマです。作文のテーマから仕事についての考えを書くため、意欲や自信なども見えてきます。また、企業は求める人材像に近いのかどうかの判断もしやすくなるのです。

具体例としては「私にとって仕事とは」「〇〇会社に入ったら何を貢献することができるのか」「就職したらやってみたいこと」などがあります。一見書きやすい内容に見えますが、就職志望者は全員同じテーマで書くことが多いため、差が出にくい内容となっています。他の人と違った一つ前に出ているような内容を書くように事前に研究しておくと良いでしょう。

「価値観」についてのテーマ

仕事に関する考え方の他に、企業が知りたいこととして、「価値観」についてのテーマを出題するケースも非常に多くみられます。仕事については意欲を知ることが出来ますが、価値観を知ることで、あなた自身の価値観や人間性を掘り下げてみることが出来るので、志望者の人間性を重視している企業ではとても多いジャンルのテーマとなるでしょう。

具体例としては、「一番悔しい思いをしたこと」「学生時代力を入れたこと」「あなたが最も感動したこと」「あなたが考える社会人とは」などが挙げられます。これからではなく、今までの経験や価値観を知ることが出来る内容となっています。過去を振り返り書けるので、比較的書きやすい内容となっていますが、価値観が企業側と合わないと感じさせないように、事前に志望する企業を調査したうえで内容を考えておくと良いでしょう。

将来についてのテーマ

「将来について」のテーマも非常に多い割合を示しますので、一度事前に考えてみると良いでしょう。将来のテーマは具体的に意欲や先を見据える洞察力や計画性など働いていくうえで必要な能力を図ることができます。

例えば「10年後の私」というように、仕事だけでなく、自分自身をどれだけ把握しているか、ビジョンができているか、どれほど計画性があるかを見れるものが表題として上がるケースがよくあります。他にも、「入社後、挑戦したいと考えている仕事」「将来の夢」「今後の目標」などが例として挙げられます。これは面接で聞かれる内容としても上位に当てはまることもあるので、自分自身をしるためにも、ある程度見つめなおしてみてはどうでしょうか。

就職試験の作文例【例】

就職試験のテーマの例はある程度わかったかもしれませんが、実際に書くとなるとどのように書いたらいいのかわからない、自分が考えた内容は果たして作文として成り立っているのかどうかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

こちらでは、3つのテーマに合わせて作文の例を紹介します。

作文テーマ「何のために働くか」文字数300字

私にとって仕事は、社会貢献のためだと考えます。自分のために働くのは当然のことですが、自分だけではなく、他の人の役に立ち、他者を幸せにすることが社会貢献だと考えています。会社ではもちろん、取引先の方、お客様たくさんの方の役に立てるような、なくてはならない存在になるようになることが私自身の目標です。

そして、人に言われてから動くのではなく、自ら進んで行動し、目標に向かって探求心や情熱を持って取り組んで仕事をするということをポリシーに持ち、仕事に励んでいきたいと考えています。社会の役に立つ、任せられるような人になることが、私の考える「働く」ことです。

作文テーマ「一番感動したこと」文字数300字

私が学生時代に一番感動したのは、被災地でボランティア活動をおこなった時のことです。被災地の方はみなさん元の生活に戻すことで精いっぱいの中、一生懸命力を合わせ、励ましあい、辛い中でも辛い時こそみんな笑顔で声を掛け合っていました。

私がボランティア活動で被災地に向かったことをみなさん温かく迎えてくれて、とても親切にしてくださいました。私は少しでも誰かの役に立てたら、被災された方々に少しでも笑顔を取り戻してもらえたらと思い、向かったはずの被災地で、みなさんの絆や人の温かさ、励ましあう姿勢を実際に見て肌で感じることで、私の方が励まされ勇気づけられとても感動しました。

作文テーマ「学生時代にがんばったこと」文字数300字

私は学生時代英語の勉強に力をいれました。英語は元々苦手科目でしたが、自分で苦手意識を克服したい、社会人になってからも英語を習得していれば、会社で何か役に立つのではないかと考え、日々努力してまいりました。初めにTOEICは難しいと思い、まず不得意という固定観念を払拭するために、毎日英語の聞き流しから始めました。

毎日日課となり気づけば習得したいと心から思うことができ、英会話教室に通ったり、セミナーや講座を受けるようになりました。最終的に私の英語のスキルは、海外の映画を字幕なしで見れるようになり、気づけば英語が生活の一部になっていました。現在ではTOEICは850をこえていますが、まだまだ高みを目指して挑戦し続けたいと考えています。

志望動機の作文は説得力のある書き方をしましょう



今回は志望動機の作文を提出する際の書き方における3つのノウハウについて紹介してきました。志望動機の作文を書くのは、学生にとっては難関のひとつです。しかし「結論から書き始める」、「理由を盛り込む」、「具体例を挙げる」といった志望動機を作文にするための3つのノウハウを使えば、これまで以上に説得力の増す文章が出来上がるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ