筆記試験

市役所の公務員試験の問題傾向~教養試験・小論文・適性検査・集団討論~

市役所の公務員試験は規模によって大きく変わる

student-849825_1280
市役所の職員になるための試験は、地方上級や各種の専門性の高い試験に比べて難易度が低い場合が多いのが特徴です。経費削減などの面から、公務員試験より難易度が低いSPI等で代用する場合もあり、非常に受けやすいのも魅力と言えます。

一方で、市役所は人口によって採用人数などに大きな隔たりがあります。採用人数によって倍率が変わるだけでなく、人が多いなどの事情がある場合はそもそも試験自体が開かれない年もあります。

  • 政令指定都市の場合には毎年あるが、それ以外は注意が必要

政令指定都市の場合はまず毎年あると思って間違いはありませんが、近くの市役所でとなると話が違ってくる場合もあるのです。どこでもいいので公務員にと言った場合は、特に注意が必要です。

関連記事

地方公務員(市役所)に受かる志望動機の書き方とポイント7つ~観光部署や地元以外で勤務するためのコツ・書類選考で参考にしたい例文を6つ紹介~

どこの市役所の公務員かで給料面も大きく違うのが特徴

公務員として市役所で働く場合に気を付けたいのが、市によって給与体系が全く異なってくることです。公務員は仕事が安定していて高収入と言うイメージがある場合は、場所によって大きく裏切られる可能性があります。政令指定都市などは非常に高い水準を保っていますが、人口の過疎化や産業の空洞化が進んでいる市は非常に給料が少ない場合も多く、年収の平均値にも及ばないケースがあるのです。

  • ただし待遇の良い自治体ほど競争率が高い傾向にある

勤める市役所によって待遇は大きく変わる事に注意が必要ですが、待遇がいい自治体ほど競争率も高くなってくる傾向があります。試験以外にも面接のハードルが上がる場合も有るため、採用までの道のりで言えば地方公務員上級などよりも難しくなるケースも有ります。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

公務員試験は自治体によって問題傾向が異なる

市役所の職員になろうとする場合気を付けたいのが、公務員になるための試験が自治体によって全く異なることです。郷土の歴史などは地元に住んでいない限り学ぶ機会が少なく、自分が生まれた土地以外の市役所の職員になろうとする場合は、過去問題を地道に調べるなど対策が必要になる場合もあります。

  • 面接で聞かれる志望動機には必ず注力すること

試験さえ突破してしまえば、地元でないからと面接などがより厳しくなると言ったことは無いものですが、志望動機などは重要ポイントになってきます。地域をまたいで公務員になろうとする場合は、説得力を持った動機を話せるかも重要になります。

市役所で実施される試験

市役所で実施される試験には細かくは各自治体によって異なりますが、おおむね次の4種類に分けられます。それは教養試験と、小論文、適性検査と集団討論になります。どの試験もそれぞれ専門の対策が必要になるものが多いため、受験する場合には計画的にすべての分野を満遍なく対策することが求められます。

種類によっては短期間で対策することは極めて困難なものも多いので、計画的に学習を進めて万全の体制で臨むことが求められます。

教養試験

はじめに最も対策が必要な分野は教養試験です。自治体によってはSPIで代用されることもありますが、いまだ多くの自治体が独自の試験を採用しています。教養試験と一口に言っても、一般的な内容だけを問うものからその県独特の内容を問うものまで幅広く分かれています。

特徴として都市部の自治体の場合は、一般教養でもレベルが高いものを数多く問われる傾向が強く、地方の自治体ではその地方独自の内容を用いた試験問題が出題されることが多い傾向にあります。どちらの場合にも、極めて広い範囲の問題を問われることになるために対策本や資格のための専門学校が開催する講座や試験を受けることによって、知識量を増やし、対策を怠らないことが重要です。

小論文

次に対策が必要な分野は小論文です。小論文には問われる内容の傾向について主に2つあり、1つはワークライフバランスについてや高齢化社会についてどのように考えるか、といった一般的な内容です。比較的回答しやすい問題であるため、高度な回答が求められます。

一方で、地方都市になればなるほど「○○県においてこのような問題が起こっていますが、あなたの解決策と考えを述べて下さい」といったその地方の事情をある程度知らないと回答できない問題が出題される傾向にあります。このような場合は、その地方出身者が比較的有利になる傾向があり、都市部から受験している場合には若干不利になる場合があります。

適性検査

次に行われる試験として対策が必要なものは適性検査です。適性検査は性格検査とIQを図るような内容の試験で行われることが多く、自治体によって若干の差はありますが教養試験や小論文で行われるほどの大きな差はありません。主に対策が必要な分野は性格試験です。

これは、言い換えれば公務員として求められる性格がどのようなものであり、それをきちんと考えているかどうかを問われている試験です。公務員は定形的な仕事を決まったやり方でこなすことが求められます。公務員に向いている人の性格や行動をするかをあらかじめ分析しておきましょう。

集団討論

最後に対策が必要な部分は、集団討論の対策です。これは、人物試験などで行われることがあり形式としてはグループディスカッションや集団討論、グループ面接などが挙げられます。この時にどのような立ち振る舞いをすることが、一番高い評価を得ることができるかを学習することが必要です。

対策としては、就職指導課や学生課で行われている指導を受けることが一番効果的です。この分野に限っては、実際に面接を受けて、そのフィードバックと評価をしてもらうことが何よりの対策になります。過去の集団討論のテーマなどを参考にしながら、自分の意見をまとめるなどの対策をしましょう。

関連記事

【市役所への就職希望者必見の面接対策完全版】採用を勝ち取るために準備するべき質問内容3つ

市役所の公務員試験は自治体によって給与・待遇・競争率・問題傾向が異なる

公務員として市役所の職員になるためには、専用の試験を突破する必要があります。市役所の規模によっては毎年最小のための試験が行われるとは限らず、開催されない場合もあります。また、待遇も全く異なってくることや、試験の問題にも特徴が出やすいため、事前に把握しておくことも重要と言えます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ