筆記試験

【就活の時事問題について】押さえておくべきポイントやオススメの対策本・アプリをご紹介!

時事問題とは

就職活動において、「時事問題の対策をしないといけないな」と考えている就活生は多いです。時事問題とは、昨今起きた社会的な出来事です。就職活動において筆記試験や面接で時事問題について問われることがあります。幅広い知識が必要になる上、企業によって出題形式は大きく異なるため、対策の難しいものになります。

しかし筆記試験、面接で問われる可能性がある以上、内定獲得のためには対策を行っておかなければなりません。そこでこの記事では、就活における時事問題について、押さえておくべきポイントとおすすめの対策方法を解説していきます。時事問題が就職活動における足かせになるようなことの無いよう、しっかりと対策を行っておくようにしましょう。

就活のテスト・面接で問われる時事問題のポイント2つ

「時事問題って範囲が広くてどこから手を付ければ良いかわからない」と悩む就活生は多くいます。就活の筆記試験、面接で問われる時事問題には2つのポイントが存在します。これらのポイントを押さえ、勉強を進めることで効率よく対策を行うことが可能になるのです。以下、2つのポイントについてそれぞれ解説していきます。時事問題の対策ばかりに時間を割くわけにはいきません。ここで要点を学び、効率的な対策を行うようにしましょう。

①時事問題の説明・名称を正確に覚える

就活における時事問題の対策を行う上でポイントの一つ目は、時事問題の説明・名称を正確に覚えることです。時事問題の問題形式は企業により異なります。時事問題自体を説明するパターンや、関連する人物・モノの名称を聞くパターン、時事問題に対する意見を述べるパターンなど、その形式は多岐にわたります。その中で的確な回答を行っていくにはまず、起きた出来事自体を正確に把握しておくことが必要になります。

その上で、そこから関連する人物・モノへ視野を広げ、また出来事に対する自分の考えをまとめておくようにしましょう。時事問題において重箱の隅をつつくような質問はほとんどありません。まずは「何が起き、それが社会にどのような影響を与えたのか」という根本的な部分を理解しておくことが重要なのです。

②時事問題について持論を持つ

就活における時事問題の対策を行うポイントとの二つ目は、時事問題について持論を持つことです。時事問題において、採用担当者は「何が起きたのか」を聞きたいのではなく、「その出来事に対しどう考えるか」を就活生に聞きたいのです。社会で働くにおいて、常に問題意識を持ち、自身の意見を持ち、それを周りに主張していくことは非常に重要なことでしょう。

意見に正解も不正解もありません。現状を改善するために意見を述べていくことが重要なのです。そのため時事問題の対策を行う上では必ず、「その出来事について自分はどう思うのか」まで踏み込んで対策を行うようにしましょう。特に面接を受ける企業に関連した業界での時事問題については、徹底的に落とし込んで回答を準備しておくようにしましょう。

就活の時事問題対策【オススメ対策本3冊】

ここまで就活における時事問題を攻略するためのポイントを2点挙げ、解説してきました。「具体的に時事問題の対策はどのように行えば良いの?」と疑問に思う就活生もいることでしょう。時事問題の対策として、日々ニュースに触れ、情報を仕入れることと、対策本を利用することを併せて行うようにしましょう。以下、対策本としてオススメできるものを3冊紹介しています。一つ一つ見比べ、自分に合う対策本を活用するようにしましょう。

①文藝春秋オピニオン

時事問題におけるオススメ対策本の一冊目は『文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 (文春MOOK)』です。この本の特徴はテーマごとに区切られ、制作されている点です。ひと口に時事問題と言っても、その問題のテーマはさまざまです。国際情勢から国内政治、食に関する問題から科学・技術についてまで、そのテーマは多岐にわたります。それらのテーマについてそれぞれ独立して書かれているので、関心のある分野から対策を行うことが可能です。

「国際情勢については割と知っているけれど、国内の政治については自信がない」などテーマごとに学習を進めたい人にはオススメできる一冊だと言えるでしょう。また各テーマについて、それぞれ異なる著名人が執筆しており、一人の視点だけでなく多角的な視点で時事問題を学べる点も良い点です。

②時事&一般常識の完璧対策

時事問題におけるオススメ対策本の二冊目は『時事&一般常識の完璧対策 2019年度版 (日経就職シリーズ)』です。この本の特徴は学習スケジュールが事前に組まれている点です。「1日目 政治について」、「2日目 文化について」のように学習スケジュールが組まれており、1週間で時事問題の勉強が一通り行えるようになっています。

「ついつい後回しにしてしまい、なかなか勉強が進まない」という方にとって、記載通りに勉強を進めれば良いので、オススメできる一冊です。また記載されている問題は全て一問一答形式になっており、問題数も1200問以上と非常に豊富になっています。気軽に多くの知識を吸収することが出来る点もこの本の大きな特徴と言えるでしょう。

③朝日キーワード就職

時事問題におけるオススメ対策本の三冊目は『朝日キーワード就職2019 最新時事用語&一般常識』です。この本の特徴として、時事問題における必修用語の暗記に適している点が挙げられます。幅広いジャンルの時事問題がこの一冊の中で網羅されており、各テーマにおける重要用語については赤字で記載されています。付属の赤チェックシートを用いることで重要用語の暗記を手軽に進めることが出来るのです。

時事問題においては出来事を正確に把握しておくことがまず重要なポイントであり、各テーマにおける重要用語を理解し、暗記しておくことは優先して取り組むべきことです。「何となく何が起きたのかはわかるけれど…」という就活生にとって、正確に出来事を把握するためにこの本を活用するのは効果的な対策だと言えるでしょう。

就活の時事問題対策【オススメ対策アプリ2つ】

今日、時事問題の対策は対策本だけでなく、アプリを用いることでも出来るようになっています。アプリを用いるメリットとして、どこででも手軽に利用できることが挙げられます。通学中の隙間時間の活用など、効率的に時事問題対策を行うことが出来るよう、アプリについてもオススメできるものを二つ挙げ、紹介していきます。自身の状況に応じ、対策本との使い分けを行うようにしてください。

①時事問題

就活における時事問題対策としてオススメできるアプリの一つ目は「時事問題」です。このアプリの特徴は最新の時事ニュースが随時更新され、タイムリーにそのニュースに触れることが出来る点です。時事問題の対策本はその本が発行された時点で、それ以後に起きた出来事についての記載が出来なくなります。アプリであれば随時情報の更新を行ってくれるので、その点がこのアプリを用いる大きなメリットなります。

また一つの時事問題に関連付けて地理や歴史などの学習も行うことの出来るよう、「関連学習」という項目が設けられている点もポイントです。この機能を活用することで、一つの時事問題に絡めて効率よく多くの知識を吸収することが出来、時事問題の学習をスピーディーに進めていくことが出来るのです。

②【一般常識】時事問題

就活における時事問題対策としてオススメできるアプリの二つ目は「【一般常識】時事問題」です。このアプリの総問題数は100問以上となっています。時事問題を解くにはインプットだけでなくアウトプットが行えることが重要です。対策本での勉強でインプットは十分行ったが、アウトプット対策を行わなかったために、本番で時事問題が解けなかったと後悔する就活生もいます。このアプリを用いることで、アウトプットの対策を進めることが出来るのです。

アプリであることから手軽に取り組むことが出来るため、電車での移動中などの時間を有意義に活用することが可能になります。時事問題の対策本でインプットをしっかり行いながら、アウトプットの対策もしっかりと行っておきたいと考える就活生にオススメのアプリと言えるでしょう。

日頃からアンテナを張って自分の意見を持っておこう

時事問題は付け焼刃の知識で太刀打ちできるようなものではありません。重要なのは常日頃からニュースに関心を持っていることです。世の中では毎日さまざまな出来事が起こっています。「自分には関係ないし」と自ら視野を狭めてしまうことは非常にもったいないことです。

ニュースにアンテナを張ってさまざまなことに関心を持つことは、自身の知見を広げることにもつながります。就活における時事問題は社会に関心を向ける良い機会です。日々身の回りで起きている出来事に関心を示し、それらについて自分の意見を考えるクセを付けておくようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ