職種研究

営業女性におすすめの服装|機能性やブランドもご紹介

営業職で好印象の服装とは?

「できる女性」というイメージのある営業職ですが、お客様を訪問するとき相手に好印象を持ってもらうためにはどんな服装をするべきなのでしょうか。気負いすぎずカジュアルすぎず、女性ならではのスマートさを忘れず、それでいて洗練されている服装は男女問わず相手に好印象を与えます。女性のビジネスシーンでの服装は男性も意外としっかりと見ています。

同性だけでなく男性にも「この人感じがいい!仲良くしたい!」と初対面で良い印象を与えるには、服装が大切です。実は同僚の営業女性に差をつけることができるコツがあります。この記事では、特に注意しておきたいポイントやコーディネートまで分かりやすくまとめてみました。素敵な営業女性になりたい方はぜひ参考にしてください。

営業女性が服装選びで気を付けていること

営業女性の服装は基本スーツスタイルです。パンツスタイルでもスカートでも問題ありませんが、スカートの場合は膝が隠れるくらいの長さが清潔感を相手に与えます。パンツスタイルのほうが活動的に見えるので行動力をアピールしたいときにはおすすめです。初対面の相手に会う場合は、ブラウスも無地で抑えたカラーが良いでしょう。

何度かお会いしている方に会う場合は、ブラウスにさりげない柄があるものでも親しみが感じられて好印象になる場合があります。そして忘れてはならない点は、ブラウスにはきちんとアイロンをかけておき、スーツはしわなどがないように細かい部分にも気を抜かないことです。特にパンツスタイルの場合、パンツのタックがぼやけているととてもだらしない印象を与えてしまいます。

女性らしさを忘れない

女性は男性と違い、優しさや華やかさを武器に相手との距離を縮めることができる利点を持っています。そこで、女性の長所を活かした服装が大切になってきますが、ここで注意しておきたい点があります。それは女性らしさを感じさせることが、決して露出度が高いスタイルや身体のラインを強調するようなスタイルではないということです。あくまでも清潔感や清楚さを相手に感じさせるという点を間違えないようにしましょう。

そういう点では、華奢な時計やさりげないアクセサリー使い、低めのデザイン性に優れたヒールなど、ポイントで相手に女性らしさを感じさせることもテクニックの一つです。自分の女性らしさを相手に感じてもらうことは、色気をアピールすることではなく、好感度を高めて仕事をやりやすくすることが目的です。その部分を履き違えないようにしましょう。

営業先に合わせて服装は変える

営業先に合わせてスーツを変えることも、できる営業女性のポイントです。例えば、工場のように足元を注意しなくてはいけないような場所には、パンツスタイルで出向いたほうが動きやすくて安全でしょう。逆にオフィスを訪ねるのであれば、フォーマル度の強いスカートにした方が良いかも知れません。相手先が都心の高層ビルに入っているオフィスなら、オフィスのイメージに合わせてちょっとオシャレ感のあるブラウスを合わせてみるのもアリかも知れません。

このように訪問する営業先に合わせてスーツのコーディネートを変えることで、相手に親近感を持っていただくことにつながります。コーディネートに変化をつけていきますが、ポイントはスタイルに遊び心が出ないようにすることです。「この女性になら任せられる」と思ってもらうためにも服装を上手く使い分けていきたいものです。

インナーの色によっても印象は大きく変わる

スーツの中に着るインナーの色によって、印象は大きく変わります。例えば、濃い色のインナーは力強い印象になります。反対に淡い色のインナーは、やわらかい印象になります。

また、スーツの色と反対の色のインナーを合わせることで、メリハリができ、バランスよく見えます。実際に鏡の前で、いろんな組み合わせをして、自分には何色のインナーが似合うのか見つけてみるのもいいでしょう。インナーの色の他に、シャツかカットソーによっても印象は変わります。無地か柄ものかによっても同様です。

海外の企業は真っ黒のスーツは好まれない

日本では、その場にふさわしい恰好をすることが重視されます。そのため黒やグレーなどの目立たない色のスーツが好まれます。海外では、真っ黒なスーツはパーティなどのフォーマルな場面で着るものです。

また、海外では、ビジネスの場において服装による印象操作が行われています。相手に与える印象を考えスーツの色を決めるのです。そしてビジネスの交渉へ持っていきます。真っ黒なスーツは、個性を表現する色とも言われています。そのため、第一印象が大切な営業職では、個性が目立ち、清潔感が伝わりにくくなってしまいます。

おしゃれよりも機能性重視

ビジネスシーンでの服装は何と言ってもおしゃれより機能性を重視します。営業職では外回りが仕事になってくるので、1日中歩いていることも珍しくありません。雨の日や雪の日でも、外出しなくてはいけない場合もあります。動きやすく体に負担がかからない機能性に重点を置いたデザインが好ましいと言えるでしょう。

ジャケット丈はお尻が半分くらいかくれる丈が、カジュアルすぎずおすすめです。丈が短すぎると遊び心がでてしまいます。ブラウスは襟が開きすぎないデザインを選びます。あまり個性的にならないよう、原色も避けましょう。スカートならあまりタイトすぎずに余裕があるデザイン、パンツなら収縮性のあるストレッチ素材のスーツなどが動きやすくおすすめです。

手洗いのできるスーツがおすすめ

ベージュなどの淡色のスーツを着る時、汚れてしまわないか気になります。また、接待などの席で、たばこのにおいがついてしまうこともあります。自宅で手洗いできるスーツだと、万が一汚れてしまったり、においがついてしまっても、すぐに洗えます。汚れやにおいを気にせず、動きやすくなります。

また、スーツをクリーニングに出すと、時間やお金がかかってしまったりと手間がかかります。しかし手洗いできると、クリーニングの出費を抑えることもできるので、おすすめです。

名刺の取り出しやすいポケット付きジャケット

営業職は、すぐに行動できるフットワークの軽さも大切です。出先で取引先の人に出会ったときに、かばんの中から名刺を探し出すのは時間がかかることもあります。名刺を渡したいときに、ポケットからスッと名刺を取り出せるとスマートです。

そのため、名刺が取り出しやすいように、内側にポケットの付いたのジャケットがおすすめです。最近は内ポケットが付いた女性用ジャケットも増えています。

迷った際はベーシックな癖のないスーツを選ぶ

営業職は、一番最初に外見を見られます。そのため、どんなものがいいのか分からない人は、癖のあるデザイン性の強いものよりも、シンプルなスーツを選ぶといいでしょう。カラーは黒系、グレー、紺、ベージュがおすすめです。職種の雰囲気によって、他の色のスーツを揃えるのもいいでしょう。

スーツは、インナーやアクセサリーによって印象を変えることができるので、ベーシックなものを選ぶといいでしょう。スカートはタイトスカートよりも、フレアスカートの方が上品に見えます。

あなたの面接力は何点?

服装は第一印象に大きな影響を与えますが、マナーも例外ではありません。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

営業職の女性はスーツを最低でも3着持っておく

営業職はほとんど毎日スーツを着ることになります。スーツを1日着たら、2、3日は着たスーツを休めてあげましょう。なぜなら、毎日同じスーツを着ていると、スーツが劣化してしまうからです。そのため、スーツはワンシーズンに最低でも3着持っておくといいでしょう。

派手なものやデザイン性の高いものは着回しがしにくいので、ベーシックな形で、黒、グレー、紺、ベージュなどがおすすめです。ボトムスもパンツとスカートの両方を用意しておくと使い回ししやすいです。スーツに合わせるインナーは5着ほど持っておくといいでしょう。

毎日外回りの人は10着ほど持っている

毎日外回りをしている営業職の女性は、ワンシーズンにスーツを10着ほど持っています。機能面を重視したものや、着心地重視のもの、色や形の異なるものなどを兼ね備えている人がほとんどです。

新規営業であれば、かっちり目のシンプルなスーツ。長年のお客様である場合は、少しカジュアルなノーカラージャケットのスール、IT企業など時代の最先端をはしる相手が営業先であれば、トレンドを抑えたスーツなど、相手に合わせる場合があれば、雨の日用のスーツや、自分が着ていて肩がこらないなど自分に合わせたスーツなどです。

毎日外回りという人は、インナーも多めにもっておくと安心です。靴も歩きやすいものを最低でも3足は用意しておくといいでしょう。

営業女性の好印象な服装のポイント

ここからは、さらに具体的に好印象を与える営業女性の服装を紹介していきます。就職活動で着るリクルートスーツは仕事で身につけるには重すぎる印象を与えがちです。しかも一時的に着用する目的で作られているので、耐久性に欠けます。同じ黒のスーツでもデザインや小物を身につけるだけで相手に与える印象が変わってきます。

それは本当にちょっとしたことなのですが、知らないととても損です。一般的にどんなデザインのスーツや小物、パンプスなどが好まれているのか、それぞれのポイントを押さえながら分かりやすくまとめてみました。

女性らしいシンプルな小物

仕事中に身につけるアクセサリーはさりげないデザインがおすすめです。効果的につけることで女性らしさを印象づけることができます。あくまでも補足的なものだということを忘れないようにしましょう。ネックレスや指輪、ピアスなどは、シンプルで小ぶりなものがおすすめです。

時計も華奢で女性らしいデザイン(シルバー、ピンクゴールドなど)がさりげなくて上品な印象を与えます。ただし製造工場などに出向く場合は、万が一外れてしまい、商品に混入するリスクも考えると、しないほうが無難です。アクセサリーはTPOに合わせて付けるようにします。

低めのパンプス

パンプスはヒールが高いと歩きづらく足や腰に負担がきます。なるべく身体に負担のかからないパンプスを選ぶようにしましょう。歩くことが仕事でもある営業女性なら3㎝くらいの高さのローヒールが最適です。歩いても疲れないデザインのヒールも販売されています。足に合わないヒールを長時間履いていると外反母趾の原因にもなるので、低めで自分の足に合ったパンプスを選びましょう。

足にも汗をかきます。それが足の臭いの原因につながるので、防臭加工されていないパンプスを履くときはインソールを敷くなど対策することが大切です。色は黒やベージュがスタンダードです。

営業女性の服装におすすめのブランド&ファッション

ここまで営業女性におすすめのファッションのポイントを紹介してきました。しかし「スーツ」というひとくくりの単位で考えてしまうと、具体的にイメージがまとまりにくいのではないでしょうか。

値段もデザインも、どれも同じように見えてしまい、迷ってしまうかもしれません。普段あまり着慣れていなければ、なおさらでしょう。ここでは実際にどんなスーツが営業女性におすすめなのか、メーカーの中で人気のある商品の特徴を例に挙げながら、さらに具体的に見ていきましょう。

Ryu Ryuスーツ4点セット

Ryu Ryuスーツ4点セットはジャケット、ブラウス、パンツ、スカートの4点セットなので着回しもばっちりです。スカートにもパンツにもアクセントに使える腰ヒモでさらに変化をつけることができます。ジャケットはノーカラーで袖にスリットが入っているので機能性にも優れています。スカートはウエストが後脇ゴムなので楽でしょう。ブラウスは鎖骨がスッキリ見えるUネックで袖はトレンドデザインになっています。

しかも自宅で洗えるのでクリーニング代もかかりません。汗をかいたり、汚れたら自宅で洗濯できるので衛生的です。シワになりにくいので出張先に携帯しても大丈夫です。しかもUVカット効果もついています。値段がリーズナブルな点も魅力です。

スーツカンパニーのパンツスーツ

毎日着るスーツはシンプルでかっちり印象のものだけでなく、華やかだったり、上品だったりする印象のものもあるとおすすめです。スーツカンパニーのパンツスーツは、女性らしい色やデザインが揃っています。素材や縫い方にこだわっているので、高級感を感じさせます。シンプルで上品な印象にしたい時は、無地カラーでセンタープリーツの入ったパンツがおすすめです。明るさや華やかな印象にしたい時は、ストライプ柄やワイドパンツなどがおすすめです。スーツカンパニーのパンツは、フォーマルな場面でも使いやすいです。

ユニクロのパンツ

スーツにお金をあまりかけられない方におすすめなのがユニクロのパンツです。リーズナブルな値段はもちろんのこと、シンプルで履きやすいパンツが揃っています。ダークグレーや紺、ベージュなどの定番カラーはジャケットやインナーを合わせやすいです。足首の見えるアンクル丈は足長効果があり、スタイルが良く見えます。かっちりとしたジャケットと靴を合わせると、スウェット素材でのパンツも内勤業務で使えます。また、ユニクロのパンツは、ほど良いカジュアル感もあるので、ビジネス以外の場面でも使いやすいです。

定番のスーツがそろうAOKI

レディーススーツを多く取り扱うAOKIは、就活生から社会人まで使える定番のスーツが揃っています。クールビズのスーツや洗えるスーツなど、機能性を重視したスーツも豊富です。特に、紺、グレー、ベージュなどスーツを中心に揃っています。ジャケットやボトムスのデザインもベーシックな形のものが多いので、印象が大事な営業職の女性にとって着まわしがしやすいと言えます。ブラウス、カットソー、ニットといったインナーの3点セットになっていて、お得です。女性誌とのコラボ商品もあり、定番かつ少しだけ女性らしさを意識したデザインのスーツもあります。

FABIA 神パンプス

実際に営業をしている女性からも絶大な支持を得ているのが「FABIA 神パンプス」です。歩きやすい3㎝ヒールで中敷きのクッション性が抜群です。クッションがかかと、土踏まず、足裏の3点に入っていることで歩行時の衝撃を和らげてくれます。ストッキングを履いていると摩擦で滑りやすい、パンプスで走ると脱げてしまったり足に負担がきたりしますが、この神パンプスは足の形にフィットするので脱げません。

また、長時間履いていても爪先に抗菌防臭素材を使っているので臭わない点は、歩き回ることが仕事の営業女性の強い味方になってくれるでしょう。機能性だけでなくおしゃれなデザインも人気の秘密です。

AXES スワロフスキーピアス&ネックレス

最近はピアスやネックレスを身につける女性も増えていますが、ビジネスシーンで使用するのであれば、小ぶりで邪魔にならないシンプルなデザインがおすすめです。その点スワロフスキーのピアス&ネックレスは光るので小さくてもとても存在感があります。

スワロフスキーはクリスタルガラスですが、シャンデリアのパーツなどにも使われており、その美しい光沢で有名です。ネックレスとセットで身につけても、さりげなく女性らしさをアピールできるでしょう。シンプルなデザインはビジネスシーンを選ばずに使えるのが魅力です。一つ持っているととても重宝します。

その他のおすすめのブランド一覧

ナチュラルビューティーベーシック
ユナイテッドアローズ
トゥモローランド
アーバンリサーチ
nissen(ニッセン)
ベルーナ
スーツセレクト
23区
MARGARET HOWELL
Theory

営業職の女性は働く環境や出向く先に合わせた服装にする

営業職の女性は、外回りの日はパンツスーツ、社内での業務の時はスカートというように、働く環境によって服装を変える人もいます。

また営業職の女性は、取引先の人やお客様と会うことがほとんどなので、派手ではなく、ベーシックな服装を意識している人が多いです。スーツだけでなく、訪問先によって中に着るインナーにも気を遣っています。営業の女性は、服装で気を遣う部分も大変多いでしょう。しかし、毎日身につけるものなので、自分も楽しくなるような服装を考えていけるといいですね。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ