職種研究

【美容部員になるための志望動機の作成ポイントと例文】知っておきたい仕事内容もご紹介

美容部員について詳しく知ろう

「もっときれいになりたい」そんな女性の願いをサポートする美容部員は、女性にとってあこがれの職業の一つです。これから美容部員を目指す方は、就活の際に履歴書を書いたり面接に臨んだりするときに悩むのが「志望動機」でしょう。

面接では必ずと言っていいほど質問されるのが「志望動機」になります。志望動機を書くにあたっては、化粧品業界への強い熱意や思いがなければ採用は難しいでしょう。企業の商品が好きというだけではなく、しっかりとした企業研究をした上で自分はどのような仕事をしたいのかをはっきりとさせてから志望動機を書くことが大切です。そんな美容部員の仕事内容や、志望動機の作成ポイントなどについてご紹介していきます。

美容部員とは

美容部員とはファンデーションやアイシャドウ、マニキュアなどの化粧品を販売するプロであり、女性の美しさの追求をお手伝いする職種です。

美容カウンターに来店した女性のお肌やメイクについての相談を受けたり、肌の診断をしながらお客に合った商品を紹介します。また、より美しく見えるメイクの方法を提案するのも大切な仕事になります。次に気になる仕事内容や、勤務する場所について見ていきましょう。

仕事内容

美容部員は、化粧品の販売をするのが主な仕事です。しかし、それだけではありません。メイクやスキンケアを実際に施すこともします。また、来店した女性の悩みをカウンセリングし、悩みや疑問に寄り添いながらアドバイスをすることも大切な仕事です。

来店した客の好みを聞きながら、ファッションや髪形に合わせて季節感や流行を取り入れながら、最も適した化粧品を勧めます。お客様によっては肌質や抱えている悩みも違います。化粧品のプロとして、カウンセリングをしながらその人に最も適した商品を勧めていくのが美容部員の大きな役割です。

このように、美容部員は単に化粧品を販売していればよいのではありません。化粧品に関する知識や経験も大切ですが、お客様との信頼関係を築くことも必要です。美容に関するお客様の悩みを受け止め、コミュニケーションをとりながら希望を引き出すことが最も求められることといえるでしょう。

勤務する場所

美容部員というと、百貨店や専門店の化粧品売り場で働いている姿をイメージする人が多いでしょう。しかし、美容部員が活躍する場所はほかにもたくさんあります。全国の各地にある百貨店やコスメ専門店の他にも、ドラッグストアで勤務をする場合もあります。また、大手スーパーの化粧品売り場や化粧品のセレクトショップでの勤務など、さまざまです。

美容部員の勤務場所については、内定の段階で決まっていることもありますが、研修中に適性を見極めて決めることも珍しいことではありません。勤務する場所がどこであれ、メイクに関して来店したお客様とマンツーマンでカウンセリングをしながら、化粧品を販売します。

志望動機を聞かれる理由

美容部員に限らず、就職面接では志望動機を聞かれることが多く、なぜ志望動機が聞かれるのか、その理由を知っておくことが大切です。志望動機を聞くのには必ず理由がありますし、その理由を踏まえた上で志望動機を作成することが就活攻略の近道になります。

志望動機は就活の中でも重要なものですし、しっかりと考えておかなければ選考を攻略することはできません。志望動機を聞かれる理由を知り、どのような点が評価されているのかを知っていきましょう。

企業との相性を見るため

志望動機を聞く理由としては、企業との相性を見るためであることが挙げられます。美容部員と一口にいっても仕事はさまざまですし、企業によって扱う商品なども違っています。扱う商品が違えば求められる能力や人物像なども違っていますし、志望動機によって企業と合っているかどうかが見られているので注意が必要です。

どれだけ能力が高くても企業との相性が悪ければ意味はありませんし、評価の対象にならない場合もあります。能力は持っているだけではなく、それが仕事に活かせて初めて価値がありますし、企業で活かし、活躍できることが大切です。企業との相性は就活生にとっても重要なことですので、志望動機はしっかりと練り上げ、自分が本当にその企業に就職したいのかを確認しておく必要があります。

志望度の高さを見るため

志望動機を聞く理由としては、志望度の高さを見るためでもあります。志望動機は企業を志望した理由やきっかけを聞くだけではなく、企業への就職意欲や成長意欲を問うものであり、志望度の高さがチェックされています。どれだけ企業に合った人材で、能力が高くてもやる気がなければ活躍することはできませんし、企業に貢献することもできません。

新卒の場合は特に成長力やポテンシャルなどを重視して採用が決定していることも多いので、就職後の仕事への意欲をアピールするのは大切なことです。いかに仕事への熱意があるか、就職意欲が高いかをアピールできるかが高評価のカギであり、志望度が低いと判断されれば合格することはできません。

志望動機を書くときのポイント

あこがれの美容部員への就職を考えている人にとって、面接は避けては通れない難関です。メーカーによっては事前に履歴書等による書類審査を経てから面接へと進むケースもあります。

就職のための履歴書を書いたり、面接を受ける際には志望動機がとても大切です。ただ単にブランドが好きだからとか、メイクの仕事をしたいからという理由だけでは採用は難しいでしょう。志望動機を書くときのポイントは、美容部員として必要なコミュニケーション能力やあなたの向上心をどのようにアピールできるかです。

コミュニケーション能力をアピールする

日頃から化粧品に興味があって、ファッション誌やヘアメイクの雑誌をよく読んでいる人は「自分も好きなメイクの仕事をしてみたい」といった憧れを志望理由に書く人がいます。

しかし、「メイクが好き」という憧れだけでは志望理由にはなりません。それは、メイクの仕事は美容部員でなくてもできるからです。メイクが好きという理由だけでは面接官の心には響きませんし、さらに掘り下げた質問で返答に詰まってしまいます。

美容部員は、販売員であると同時に接客業でもあります。化粧品を買いに来た客が気持ちよく化粧品を買ってもらうためには、客との深いコミュニケーションが必要であり、信頼関係を築いていくことが重要です。

ブランドが好きという理由は避ける

化粧品メーカー等が面接で志望動機を聞くのには理由があります。もちろん、美容部員としてふさわしいかどうかを見極めるためですが、それだけではありません。実は、「このブランドが好きだから」という理由だけで採用した美容部員の離職率が高いことも理由の一つです。

自分が好きなブランドだからといった単純な理由で美容部員になってしまうと、いざ仕事を始めて実際の仕事とのギャップに気づいてやめてしまう人が多くいます。ですので、ただ好きだからだけではなく、なぜ好きなのかを面接官が納得できるように深めることが大切です。

それには、ブランド研究は絶対に必要です。ホームページ等で調べることはもちろんですが、働く立場になって店舗に出かけたり、売る立場になって実際に商品を使ってみたり、他のブランドとの違いを知ることもよいでしょう。

ブランド研究は必須

美容部員としては、自社のブランドが好きであることが大切であり、ブランド研究は必須です。ブランドが好きというだけの理由で志望するのはNGですが、それはブランド研究が不要なわけではありません。ブランドが好きであることは大前提の理由として必要ですし、それに加えてきちんとブランドについて理解しておくことが大切です。

企業によってブランドコンセプトは違いますので、志望する企業がどのようなコンセプトを打ち出しているかを知っておく必要があります。また狙っているターゲット層なども理解しておき、誰に向けた商品なのかを知っておくことも大切です。ブランド研究や商品研究は念入りに進め、憧れだけで志望動機を終わらせないようにしましょう。

美容部員になるための志望動機例文

美容部員になるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。志望動機はあなたの美容部員になりたいという強い思いを面接官に伝える絶好の機会です。くれぐれも「メイクが好きだから」「このブランドが好きだから」という理由だけで終わらせないでください。

では、具体的にどのように志望動機を書いていけばよいのか、例文を2つ紹介します。この例文をヒントにしながら、あなた自身の言葉で志望動機を簡潔にまとめてみてください。

例文①

私が貴社の美容部員になりたいと思ったのは、どの化粧品メーカーよりも心のこもった接客をされいると感じたからです。私自身、これまでに多くの化粧品メーカーを利用してきましたが、貴社の美容部員の方はいつ行っても適切なアドバイスをしてくださいます。勧めていただいた商品も自分に合っていて、今でも愛用しています。今度は私がそんな存在になりたいと思いました。美容知識やスキルはもちろん、人を笑顔にしたり気配りのできる美容部員になれるよう成長していきたいと考えおります。

この例文では、実際に働いている美容部員の接客の様子から美容部員として必要なコミュニケーションの大切さについて触れています。実体験からの内容なので、説得力があります。

また、他の化粧品メーカーとの比較もしているので、なぜこのメーカーでなければいけないのかも伝わります。美容部員としてはなぜそのメーカーでなければいけないのかを明確にしておくことは大切です。いろいろな化粧品メーカーに足を運んで違いを知っておくことは入社意欲を伝えるためには必要です。

例文②

私が貴社を志望した理由は自分自身がこのブランドの商品を長年愛用していることがきっかけです。肌に強いコンプレックスがあった私でしたが、このブランドの商品は使い始めてからは肌の悩みが解消され、自信にもつながりました。無添加で自然派化粧品を大切にしている貴社のコンセプトは、お客様目線に立った素晴らしいコンセプトだと共感しました。肌の悩みに苦しんできた私だからこそ、同じ悩みを持つお客様により親身になって接客ができると思います。

志望動機を考える上で大切なことの一つが「なぜこのブランドで働きたいと思ったのか」を具体的に書くことです。商品を使って感動したことや商品を使うようになったでき事、ブランドの世界観など、ブランドを好きになったきっかけは人それぞれです。

しかし、ただ単に「好きだから」と伝えるだけでは説得力ある志望動機にはなりません。「このブランドで働きたい」と思った出来事を具体的に示すことで、面接官に働く意欲が伝わります。例文のような志望動機の場合は、なぜこのブランドで働きたいと思ったのか、具体的なきっかけを見直してみてください。

美容部員の志望動機を「商品」に限定するのはNG

これから美容部員を目指す皆さんにとって悩むのが「志望動機」です。志望動機は、美容部員の仕事内容を理解することはもちろん、しっかりとした企業研究をした上で自分はどのような仕事をしたいのかをはっきりとさせてから書くことが大切です。

美容部員は化粧品を販売するだけでなく、客との信頼関係を築くことも必要です。メイクだけではなく、カウンセリングやアドバイスなども仕事内容ですので、志望動機を書く際には、自身のコミュニケーション能力をアピールすることが大切です。

また、ただ好きだからだけではなく、なぜ好きなのかを面接官が納得できるように深めることが大切です。憧れの美容部員を目指し、しっかりとブランド研究を行いましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ