職種研究

【医療事務の志望動機の書き方】作成のポイントと例文5選

医療事務の志望動機の書き方とは

医療機関において大切な役割を担う医療事務になりたいと思う学生は多いでしょう。しかし、なりたいという気持ちだけでなれるほど、医療事務の仕事に就くのは簡単ではありません。しっかりと業務内容を理解して、魅力的な志望動機を作成することが大切です。

そこでこの記事では、医療事務の業務内容と志望動機を書く際のポイント、実際の例文を紹介します。医療事務の仕事に就きたいと考えている学生は、ぜひ参考にしてください。

医療事務の主な業務内容

医療事務の主な業務内容は、医療費の算定です。医師が渡したカルテをみて、おこなった処置や薬の処方があるかどうかをもとに、医療費を算出します。1円でも誤差があると月末に修正をしなければならなくなるため、慎重さが求められる仕事です。

また、受付として患者さんの対応をおこなうのも、医療事務の仕事です。保険証を受け取り、カルテもしくは患者さんのデータを引き出したり、問診票の記入をお願いしたりします。体調の悪い患者さんの不安を和らげる声かけなども求められるため、コミュニケーション能力が必要といえるでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的にトレーラー運転手に採用される志望動機を完成させましょう。

医療事務の志望動機を作成する際のポイント

より説得力があり、高評価を獲得できる志望動機を作成するには、選考においてどのようなポイントがみられているのかを知っておくことが大切です。志望動機を作成する際にはいくつかのポイントがあり、それは選考でも評価されやすいポイントといえます。

どのような点に留意して志望動機を作成するのかを知っておくことで、よりスムーズに評価される志望動機を考えやすくなります。医療事務ならではのポイントを把握して、志望動機の作成に役立てましょう。

なぜ医療事務を目指したのか述べる

まずはなぜ医療事務の仕事を目指すのか、その根本的な理由を述べましょう。仕事の選択肢は多数あり、特に新卒の場合はほぼ無限といえるほどにあります。広くいえば何でも仕事が選べる中で、医療事務を選ぶのはなぜなのか、医療事務でなければならない理由とは何かを提示することが大切です。

他の仕事でもよいと思われてしまうと、志望度が低いと判断されるため、注意しなければなりません。また、事務職を志望する理由とも混同しないように注意し、必ず医療事務だからこその志望動機を用意しましょう。

単に事務作業をして活躍したいなどと述べるだけでは、事務職の志望動機にはなっても、医療事務を志望する明確な理由にはなりません。医療事務という点を念頭に置き、他の仕事、事務職とは差別化した理由を考えましょう。

その病院を選んだ理由を伝える

医療事務として働く場合の職場は病院が多く、どこで勤めるかによっても仕事内容や待遇などは異なります。そのため、医療事務として働きたいことはもちろん、なぜその病院で働きたいのか、志望先ごとの理由を明確にすることも大切です。

医療事務を志望する理由が明確にできていても、その先の病院ごとの志望動機が曖昧だと、どこでもよいのではないかと思われてしまいます。他の病院を志望する理由と差別化ができていないと、採用メリットを感じてもらえず、高評価も獲得できない場合が多いです。その病院だからこそ志望した理由を、必ず明確にして示しましょう。

病院にどう貢献するのかアピールする

志望動機は就職への熱意を伝えるだけではなく、実際に自分が病院にとってどのように貢献できるかを伝えることも大切です。いわば熱意の提示にプラスして、採用メリットを示すことが重要であり、いかに採用したいと思わせるかが、勝負を決めるカギといえるでしょう。

採用側はただやる気がある人材を獲得したいわけではなく、やる気があり、かつ仕事で活躍できる人材を採用したいと考えています。仕事で活躍できるかどうかはもっとも重要であるため、自身のポテンシャルを示し、将来的に大きく利益を出せることを提示しなければなりません。どのように仕事に取り組み、いかにして成果を出すのかを明確にして、自身の採用メリットをアピールしましょう。

医療事務の正しい志望動機例3選

医療事務の志望動機の作成は難しく、これに手間取ってしまう人は少なくありません。よりスムーズに作成するには、志望動機作成のポイントを頭に入れたうえで、実際の例文を参考にしてみるのがおすすめです。

細部のポイントがわかっていても、全体の流れが把握できていないと、上手く作成できないことも少なくありません。例文を参考にして志望動機の全体像を把握し、イメージを膨らませてさらに理解を深めていきましょう。

志望動機の例文①

私が貴院を志望したのは、幼少時代からお世話になっていた医療機関だからです。小さい頃、何をされるか分からずに不安がる私を、貴院の医療事務の方が慰めてくれたことを今でも覚えています。業務が忙しそうなときも、多くの患者に小まめに話しかけ、コミュニケーションをとっている姿を見て「私もああなりたい」と思いました。
貴院へ入社できた際には、患者と円滑なコミュニケーションをとりつつ業務をこなすスタッフを目指し、努力いたします。

1つ目にご紹介したのは、過去の思い出を述べた志望動機です。志望動機で過去の思い出を伝えれば、「幼い頃から目指してくれていたんだな」という印象を与えることができます。就職活動が始まった時点ではなく、それよりも前から目指していたといわれて、悪い印象を持つ採用担当者はいないでしょう。

過去の思い出を志望動機で話す際には、話に具体性を持たせることがポイントです。話が抽象的だと、嘘の作り話だと思われかねないので気を付けてください。

志望動機の例文②

私が貴院を志望したのは、来院者数の多い貴院で病院の顔として働きたいと考えたからです。医療事務という仕事は、病院を回すうえで必要不可欠な役割を担っています。そのため、責任重大でありとてもやりがいを感じられる仕事です。そんなやりがいの感じられる仕事をする環境として、設備が充実しており来院者数の多い貴院は、とても適切だと感じました。
貴院へ入社できた際には、しっかりと責任感を持ちつつ、数多くの患者さんたちを相手に業務を進めたいと考えております。

2つ目にご紹介したのは、やりがいを感じたいという志望動機です。一見、「医療事務ならどこでもいいのでは」と思われるかもしれませんが、そうではありません。「来院者数の多い貴院」「設備が充実しており~」という部分で、しっかりと企業研究をおこなったことがアピールできています。企業研究をきちんとおこなったことがアピールできれば、好印象を残せるでしょう。

志望動機の例文③

私が貴院を志望したのは、「最高の設備で最高の治療を」という理念に強く共感したからです。大手医療機関でもある貴院では、難病指定を受けた患者さんを多く収容しており、日々難しい治療が積極的におこなわれています。そんな貴院だからこそ、受付や医療費算定という部分で力になりたいと思い、志望いたしました。
充実した設備で最高の治療をおこなう貴院の一員として、最高の患者対応ができるよう、努力する所存です。

3つ目にご紹介したのは、医療機関の理念に共感したという志望動機です。理念に共感したという志望動機を伝える際に重要なのは、志望する医療機関の特徴などに触れることです。ただ理念に共感したことを伝えるだけでは、採用担当者の印象に残りません。

「どんな部分に魅力を感じ、志望するまでにいたったのか」を明確にすることで、魅力的な医療事務の志望動機ができます。事前にしっかりと企業研究をしてから、志望動機を作成しましょう。

志望動機の例文④

地域の人々に寄り添った貴院で働くことで、育った地に恩返しをしたいを思い、志望しました。貴院には小さいころからお世話になっており、私だけではなく、兄や姉、父母や祖父母もお世話になったと聞きます。貴院主催のごみ拾い大会などにも参加したことがあり、地域の人々に寄り添い、病気の人もそうではない人も交流を深めているのは大きな魅力だと思います。
貴院では医療事務として働き、窓口業務で病院の顔として円滑なコミュニケーションを取ることで、地域での交流をさらに深め、病院をさらに安心できるものにしたいです。

地域に寄り添った病院なら、その地域に恩返しをしたいという理由で、志望動機を作成することも可能です。昔からの付き合いを提示することで、その病院を志望する理由が述べられており、他の病院を志望する理由とも差別化ができているでしょう。

志望動機の例文⑤

最新の医療設備がある貴院で働き、万全の医療サービスを提供するサポートをしたいと考え志望しました。医療設備が充実していることで、従業員数が多く、事務仕事も多いのではないかと考えます。実際に医療に従事する方に万全の状態で働いていただくためにも、徹底してサポートをしたいです。
貴院では医療事務として働き、事務の仕事はもちろん、備品や設備管理なども丁寧に行うことで、日々の業務を円滑にし、多くの患者様を助けるサポートをしたいと考えています。

他の病院にはない機材や設備を志望動機としてあげています。他の病院にはない理由を提示することで、志望動機の差別化ができており、その病院だからこそ志望する明確な理由とできているでしょう。

医療事務の志望動機NG例

私が貴院を志望した理由は、医療機関の中でもとくに有名で、給料が高いからです。多くの人に知られていて患者さんが多い貴院で働けば、周りの人に自慢できると思いました。また、給料が高いため、安心してプライベートを充実させることができます。医療事務の仕事のなかでも、一番貴院へ入社したいと考えております。貴院へ入社した際には、大きな声で患者さんの対応をして、貢献してきたいです。

医療事務の志望動機のNG例をご紹介します。悪い印象を与えてしまう志望動機を知っておけば、避けることができるでしょう。

 志望動機において、給料などの待遇面に触れるのは最もタブーな行為です。また、「有名だから」という志望動機を伝えれば、「知名度だけで選んでいる」と思われてしまうでしょう。医療機関では、大きな声などを不快に感じる人が多くいます。そのため、最後の「大きな声で」という部分も、職種研究が足りていないと思われかねません。

 例文を参考に医療事務の志望動機を作成しよう

医療事務の業務内容と志望動機を書く際のポイント、実際の例文をご紹介しました。医療事務の志望動機では、その医療機関を選んだ理由や、就職後どう貢献したいのかを盛り込むことが大切です。この3つのうちどれかが欠けている志望動機では、採用担当者の印象に残ることが難しいでしょう。

また、医療事務の志望動機を作成する際、待遇に関することや「有名だから」などの理由を述べるのはNGなので注意してください。悪い印象を与えてしまえば、選考に落ちる確率がぐっと上がります。医療事務の志望動機を考える際は、例文を参考にして文章を作成してみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ