身だしなみ

【面接にリュックがNGな理由5つ】面接における注意点や適切なカバン

面接ではカジュアル感の強いリュックはNG

就職活動で面接に臨む際、服装や持ち物で迷う就活生は多いです。特に「面接にリュックで行くのはアリなのか?」と疑問に思う人も多くいることでしょう。たしかにリュックは荷物の持ち運が楽になることに加え、両手がふさがらないので非常に使い勝手がいいです。社会人がリュックで通勤しているのを見たことのある就活生も多くいることでしょう。

しかし、カジュアル感の強いリュックを就職活動で用いるのはNGなのです。ここでは、就活生が知っておくべき就活に適したカバンについて解説していきます。面接では、カバンについても採用担当者に見られています。しっかりと学び、適切なマナーを身につけた上で、面接に臨むようにしましょう。

面接にリュックがNGな理由5つ

「社会人も通勤で使っているのに、何故リュックで面接に行くのはNGなの?」と思う就活生もいることでしょう。ここでは面接にリュックがNGな5つの理由を解説していきます。面接ではひとつひとつの言動について細かく、採用担当者にチェックされています。

面接での発言内容ではなく、服装や持ち物で採用担当者から減点を受けてしまうことは非常にもったいないことです。不要な減点を受けないようにするためにも、しっかりと5つのNGポイントについて理解しておくようにしましょう。

①カジュアルに見えてしまう

面接にリュックがNGである理由の1つ目は、カジュアルに見えてしまうことです。リュックを用いることで手荷物の負担を軽減できるため、日常的にリュックを使う人も多く存在します。しかし、そのデザインからカジュアル過ぎる印象を採用担当者に与えてしまう恐れがあるため、就職活動においてはNGなのです。

採用担当者が、リュックについて寛容な態度を持っている人とは限りません。「面接にリュックで来るなんてマナーがなっていない」と考える人かもしれないのです。リュックをカジュアル過ぎると考える社会人もいる以上、面接にリュックで行くと余計なところで減点を受けてしまう可能性があります。

②スーツにシワが出来る

面接にリュックがNGである理由の2つ目は、スーツにシワが出来ることです。リュックは両手がふさがらなくて済むという点で非常に便利に感じるモノである一方、スーツにシワが出来てしまう恐れがあります。面接に臨む前日、採用担当者にいい印象を持ってもらうためにスーツのシワを伸ばし、汚れがついていないかチェックを行う就活生も多くいることでしょう。

しかし、せっかく前日に手入れをしていても、当日の移動中にシワが出来てしまっては、元も子もないのです。面接時間は長くても1時間程度であり、そのため第一印象が悪いものになってしまうと、そのイメージを引きずったまま面接が終了してしまう恐れがあります。リュックによって、肩や腕まわりがしわになってしまわないようにしましょう。

③書類の管理に不向き

面接でリュックがNGである理由の3つめは、書類の管理に不向きであるということです。面接では履歴書やエントリーシートなど、提出書類を持参することも多くあります。その際、カバンに提出書類を入れて持参することになりますが、リュックの場合、その管理が上手く出来ない可能性があるのです。多くのリュックは、A4サイズの書類を曲げずにスムーズに入れることが出来るようなサイズではありません。

無理して書類を入れると書類が曲がってしまい、不格好な形で提出しなければならなくなってしまいます。またリュックの生地についても、硬めのものはあまり多くありません。生地がしっかりしていないと、移動中に中の書類が押しつぶされてしまう恐れがあるのです。このような背景から、リュックは一般的に書類の管理には不向きだと言われているのです。

④マナーを知らないという印象を与える

4つ目の理由は、相手にマナーを知らないという印象を与えてしまうためです。「サラリーマンにもリュックで出勤してる人がいるんだから大丈夫では?」と思う人もいるかもしれませんが、面接はフォーマルな場所です。

フォーマルな場所にリュックで行ってしまうと、面接官に「面接にリュックで来るなんて、ビジネスマナーがわかってない」と思われてしまう可能性があるのです。基本的なマナーができていることをアピールするためにも、リュックは避けた方が無難といえます。

⑤集団面接の場合に他の人の邪魔になる

5つ目の理由は、集団面接の場合に他の人の邪魔になることがあるためです。リュックを背負うと、自分が思っている以上に厚みが増します。体と同じくらいの厚みがあるリュックであれば、振り向く際に他人にぶつかってしまう恐れもあります。例えば、満員電車でリュックを背負っている人を邪魔だと感じたことはありませんか。

まさに、その感覚です。もちろん集団面接は満員電車のように密度は高くありませんが、面接部屋が小さければ十分に邪魔になってしまう恐れがあります。また、他の就活生の迷惑になるだけでなく、その会社で働く社員の人の邪魔になってしまうかもしれません。こうしたことから、面接にリュックは不向きだと言えるでしょう。

リュックで面接に行く場合の注意点

ここまで面接にリュックがNGな理由をご紹介してきましたが、様々な事情からリュックで面接に参加せざるを得ない人もいるかと思われます。もちろん、できる限りフォーマルなものを使用するべきですが、きちんと注意すべき点を理解していればイメージが悪くなることを防げます。

では、リュックで面接会場に行く場合は、何に気をつけるべきなのでしょうか。以下では、リュックで面接に行く場合の注意点を2つご紹介していきます。注意点を参考にして、面接官にマイナスイメージを与えないようにしましょう。

面接室にリュックを背負って入室しない

リュックで面接に行く際の1つ目の注意点として、面接室にはリュックを背負って入室しないことが挙げられます。といのも、建物内で帽子をかぶることがマナー違反と言われているように、リュックを背負って面接会場に入って行くのも同じくマナー違反になります。これは最低限のマナーですので、細心の注意を払うべきでしょう。面接室に入る際は必ずリュックをおろして、手に持って入ってください。

リュックが大きい場合は置き場所を尋ねる

リュックで面接に行く際の2つ目の注意点として、リュックが大きい場合には置き場所を担当者に尋ねることが挙げられます。リュックは周りの邪魔にならないように、できるだけコンパクトなものを選択するべきです。それでも、やむを得ず大きめのリュックになってしまう場合には、面接会場にいる担当者にどうするべきか尋ねましょう。

これはリュックに限らず、例えば遠方からきてスーツケースを持っている就活生にも同じことが言えます。置き場所を尋ねることで、配慮している気持ちが相手に伝わるため、マイナスイメージになるのを防ぐことができるでしょう。

面接でのマナーを把握しておこう

カバンなどの持ち物をはじめとして、面接のマナーに自信のない就活生は多いでしょう。面接は第一印象が大切であり、身だしなみや言動は大きな意味を持ちます。面接での正しい振る舞いを理解するためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。

基本的なマナーを守っておくことで、集団面接などでも高評価を得ることができるようになります。無料でダウンロードできるため、面接をはじめ身だしなみやメールのマナーに自信がない就活生もチェックしておきましょう。

就職活動に適したカバンとは

では、就職活動に適したカバンとはどのようなものなのでしょうか。ここでは就職活動に適したカバンのポイントについて3点挙げ、解説していきます。リュックでなければ何でもいいというわけではありません。

実用的であり、かつマナーに即したカバンで臨むことが必要なのです。以下の3つのポイントを押さえて選ぶことで、就職活動に適したカバンを手に入れることは可能になります。以下を参考に、就職活動用のカバンをまだ準備していない人は準備を進めるようにしましょう。

A4サイズの書類が入る黒色のカバン

就職活動に適したカバンを選ぶポイントの1つ目は、A4サイズの書類が入る黒色のカバンを選ぶということです。就職活動ではA4サイズの書類が多用されます。企業に提出する履歴書やエントリーシートはもちろん、企業説明会などでもらう資料もほとんどの場合、A4サイズで作成されています。

これらの書類を曲がらずに綺麗に入れることの出来る大きさであることが、まず重要であると言えるでしょう。また、色は黒を選ぶことが無難です。派手な色のカバンを使用していると、「このような場でのマナーを理解していないのかな」と採用担当者に思われてしまう恐れがあります。不要な減点を防ぐためにも色は黒を選択し、誠実な印象を採用担当者に与えられるようにしましょう。

床や地面に置いて自立するもの

就職活動に適したカバンを選ぶポイントの2つ目は、床や地面において自立するものを選ぶということです。面接によっては、カバンを置くための机が用意されている場合もありますが、そのようなものが必ず用意されているとは限りません。カバンを置く場所がない場合には、床や地面にカバンを置くことになります。そのため、自立できる硬さのカバンである必要があるのです。

カバンが柔らかい素材であるために、床や地面にカバンを寝かせて置かざるを得ない場合、「配慮が出来ない人なのかな」とだらしのない印象を採用担当者に与えてしまいます。そのようなところでマイナスの評価を受けないためにも、しっかりと自立できる硬さのカバンを選ぶ必要があるのです。

カバン選びに迷った場合は店員さんに聞く

就職活動に適したカバンを選ぶポイントの3つ目は、店員さんに相談することです。上記2つのポイントを踏まえた上でも、「どのカバンを選べばよいのだろう」と悩む就活生は多くいるでしょう。お店で売られているカバンは多種多様であり、その中から適切なカバンを選択するのは意外と難しいものなのです。そのような際には、カバンを売っている店員さんに聞いてみましょう。

店員さんはカバンについての質問を日々さまざまなお客様から受け、それらについて適切な回答を行っています。「リクルート用のカバンを探している」と伝えれば、それに適したカバンを紹介してくれるでしょう。カバン選びは重要ですが、そればかりに時間を割くわけにもいきません。効率的にカバン選びを行うことが出来るよう、迷った場合には店員さんに相談するようにしましょう。

3wayカバンならリュックとしても使える

近年、3wayカバンと呼ばれるものが出てきて、さまざまな場面で活用されています。「3wayカバンって何?」と思う就活生もいることでしょう。ここでは3wayカバンについて、その有用性と選ぶ際のポイントを解説していきます。

3wayカバンは使い勝手のいいものであり、通勤で利用している社会人がいることはもちろん、このカバンを用いて就活に臨む就活生も一定数います。選択肢のひとつとして持つことの出来るよう、以下で3wayカバンについて知識を深めておくようにしましょう。

ビジネスシーンで活用されている3wayカバン

3wayカバンとはその名の通り、3つの使い方が出来るカバンのことです。ここでいう3つとは、「手持ち」「ショルダー」「リュック」を表しており、用途に併せてこのいずれかを選び、使うことが出来るカバンなのです。その時の状況に合わせて使い分けが出来る点が重宝されており、ビジネスシーンでも広く活用されています。このカバンは、使いようによっては就職活動における強い味方になるものです。

ビジネス用のカバンとして手持ちすることが出来るので、就職活動において面接の場面で活用することが出来ます。また荷物が重いときなどはショルダーやリュックとして活用することで、手荷物を運びやすく出来るのです。このように用途に併せて使い分け出来る点が3wayカバンの大きな魅力なのです。

選ぶ際はシンプルなものを選ぼう

3wayカバンを選ぶ際は、シンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。上述の通り、3wayカバンはビジネスシーンでも広く活用されるようになってきており、それに伴い、さまざまなデザインのカバンが開発されています。レザー素材のものやオシャレな外観を重視したものなど、そのデザインは多岐に渡ります。

社会人として働く中で活用するのであれば、おしゃれなデザインのものを選択するのもいいでしょう。しかし就職活動においてはNGです。カジュアル過ぎる印象を採用担当者に持たれてしまえば、マイナスの評価に繋がってしまうのです。3wayカバンを選ぶ際には、出来るだけビジネスカバンに近い形のものを選び、シンプルなデザインのものを選択するようにしましょう。

使用する際の注意点

3wayカバンを就職活動において利用する際には、注意しなければならない点も存在します。それは面接に行く際、リュックやショルダーとして利用するのは避けなければならないという点です。たしかにリュックやショルダーを利用すれば手荷物が運びやすくなり、楽に感じるでしょう。しかしこれらによりスーツにシワが出来てしまう恐れがあります。

上述の通り、スーツにシワがあることはマイナス評価に繋がる可能性があるのです。帰宅後にきちんとスーツのメンテナンスを行うのであれば、その日の予定がすべて終了した帰り道にリュックやショルダーとして利用するのもいいでしょう。しかし、面接に向かう際中に手持ち以外の方法で利用するのは賢明とは言えないのです。

就職活動はシンプルな黒ビジネスカバンで挑もう

ここまで就活に適したカバン選びについて解説してきました。企業は多くの費用と人材を投入して、採用活動を行っています。そのためそれに見合う人材を見つけるために面接では就活生をあらゆる角度から見て、吟味します。面接では発言内容だけでなく、持っているカバンも含め、あらゆるポイントが見られているのです。そのため「カバンなんて何でもいいだろう」と安易に考え、臨むのはNGです。

もちろん企業も就活生のカバンだけを見て合否を決めるようなことはしません。しかしその場に相応しくないカバンを持っているということは、「ビジネスマナーがわかっていないのだな」と思われてしまう可能性があるのです。面接に臨む際にはシンプルな黒色のビジネスカバンで挑むようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ