身だしなみ

スーツにカットソーはOK?就活における身だしなみマナー

スーツのインナーまで見られている

就活では、スーツだけでなくインナーまで面接官に見られていることが以外と知られていません。具体的に申し上げますと、髪型、靴などトータルで見ているのです。そういう意味では、スーツの下に着用するインナーも重要な判断材料になっているということです。可能であれば業界ごとにインナーを変えて面接に臨みたいところでしょう。

堅い金融業界と服のセンスが問われるアパレル業界では、おのずと着用するインナーも変わってきます。その業界に合ったインナーを選ぶためには、社風や傾向を知っておくことが大切です。自分が就活していく業界ではどんなインナーが相応しく好まれるのか。正しく理解しておくと安心して面接に臨めます。

就活のマナーを確認しよう

インナー以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

カットソーとは

私たちが普段何気に着ているカットソーですが、そもそもどのようなものをカットソーと呼ぶのかご存知でしょうか。

いわゆる「カットソー」ですが、語源は「Cut and Sewn」、つまり「切って縫われたもの」の総称とされます。大きなくくりから言えば当然、Tシャツもカットソーの1つとされます。

素材や色にこだわれば、エレガントで知的なイメージになるのではと考える方もいるかもしれませんが、就活においては多くの場合そうではありません。

カットソーはスーツのインナーとしてOK?

結論から申し上げると、ほとんどの業界ではカットソーの着用はNGです。カットソーはカジュアルなスタイルになりやすく、面接には不向きと言えます。格式や規則などよりもセンスや斬新さ、新しいスタイルを追求するような社風の場合、入社後には新卒でもカットソー着用が問題ない業界もあるでしょう。

ベンチャー企業などがそれに該当してくるでしょう。通常カットソーは誠実さや信頼感というイメージから離れているため、シャツブラウスやワイシャツが好まれます。判断が難しい場合、カットソーは避けるべきです。あくまでも就活ということを忘れないようにしましょう。

襟付きシャツ以外のもののためスーツ向きでない

就活以外のビジネスシーンでは、業界によってはカットソーをオシャレに着こなしている女性を見る機会があるでしょう。しかし本来のスーツの意味を考えると、カットソーはカジュアルスタイルになりやすいので、面接官と向き合う就活の場面では相応しくないと言えます。そもそもスーツはビジネスシーンに着用する目的で作られているのです。

遊びのときにスーツで出向く人はいないでしょう。それと同様に、就活の場面という大切なビジネスシーンではカジュアルな服装をしていくことは場違いです。相手に誠実さや信頼感を与える目的のスーツは、ともすればラフになりがちなカットソーは不向きと言えるかもしれません。

企業によってはダメな場合も多い

基本的に服のセンスを採用条件に含む業界以外は、カットソーはNGと判断していいでしょう。そういう意味では、ほとんどの企業でカットソーが好まれないということになります。中途採用ではカットソーを着る人もいますが、新卒でカットソーを着て面接に望む人は特殊な業界以外は、皆無と言っていいでしょう。

服装については、通常そこまで細かい指定や指示はないことがほとんどですが、だからといって何でもいいわけではないのです。面接では初対面の印象が全てと言っても過言ではありません。少しでもリスクは回避するのが賢明です。「中身で勝負をするので大丈夫」という就活生もいるでしょうが、わずかな面接の時間で中身を相手に伝えることは非常に難しいことです。

就活ではシャツが無難

就活では、カットソーではなくシャツを着用するようにしましょう。多くの企業において、カットソーよりもシャツの方が、圧倒的に好まれているという現状があります。どちらを着るか迷うなら、失礼もなく無難なシャツで就活に臨む方が間違いなく良いでしょう。上にもありますが、「リスクを回避すること」が重要なのです。

例えば極端な例ですが、就活生の中に2人、能力は同等な学生がいたとします。能力的に甲乙つけがたい場合、このような服装や身だしなみなども人員を選ぶ際の1つのポイントです。

人の第一印象は三秒で決まるといわれています。そして、第一印象には見た目が大きく影響することが分かっています。このような点からも自分の就活のスタイルを今一度、見直してみることも大切です。

カットソーが許される業界はアパレルなど

業界は堅め、普通、柔らかめの3つに分類されます。柔らかめに該当するアパレルや美容系ではカットソーが大丈夫なこともありますが、あくまでも社風により違ってくるので、事前にしっかりとしたリサーチが必要になってきます。リサーチが難しいときは、柔らかめの業界でもシャツかブラウスが無難でしょう。

カットソーが大丈夫かどうかの目安は「服装自由」と求人内容に記載されている場合です。アパレル業界では、その人の服のセンスも採用条件として含まれていることがあります。その場合は逆に無難なシャツ・ブラウスで面接に望むと社風に相応しくないという理由で不採用になることもあります。その企業がどんな人材を望んでいるのか見極めることが大切になってきます。

私服を指定された場合はカットソーでもOK

【就活中に交通費の領収書が必要な場合】就活生は知っておくべき発行場所や宛名について徹底解説

柔らかめの業界(美容、ブライダル、広告、アパレル、ITなど)では就活の服装もカジュアルスタイルで大丈夫な場合があります。面接予定の企業で私服を指定されているときなどです。こういうときはカットソーを着用しても問題ありません。しかし、その場合も注意が必要です。

色は必ず白を選び、コットン100%はカジュアルすぎてしまうので、綿レーヨン、綿ポリエステルなどの混合素材、レーヨンやポリエステルなど光沢のある素材を選びます。襟が開きすぎているデザインも控えましょう。カットソーは襟がないだけでも、カジュアルに見られやすいので、就活に相応しいスタイルかどうか意識することが大切です。選定さえ間違えなければ、女性らしさをアピールできるチャンスになるでしょう。

レディースのインナー選びのコツ

共通して言えることは、派手すぎない、カジュアルすぎない、胸元が開きすぎていない点です。ブラウスも華美にフリルがついているタイプは就活には相応しくありません。夏場は業界によって袖が七分丈でも大丈夫な場合もありますが、就活の場合は長袖を着用したほうが無難です。素材は季節に合ったものを選び、汗をかきすぎたり体が冷えることのないようにしましょう。

夏場は麻が入った素材ですと通気性がよく快適に過ごせます。冬場は外気を遮断する意味でも、ポリエステルやレーヨンなど化繊を使っている素材がおすすめです。就活スタイルですとあまり重ね着できないので、インナーも素材にこだわり快適に過ごせるようにしましょう。

色は白が無難

就活では定番ですが、色は白がおすすめです。特に白でなければいけないという決まりはありませんが、やはり清楚でさわやかな印象を相手に与えますし肌が綺麗に映ります。就活では常に万人向けするスタイルを頭に置き選ぶようにしましょう。特に白を着用するときに注意したいのはアンダーウェアーです。

キャミソールを重ねて下着が見えないように、色も白か肌色か自分の肌色に近い色を選びます。シャツの素材が薄すぎるとキャミソールの色に注意を払っても、下着のラインが見えてしまいます。シャツを着用したときにしっかりと確認しましょう。透けないシャツブラウスも市販されています。そういうタイプであれば安心して着用できるでしょう。

サイズに注意

スーツスタイルではインナーのサイズがぴったり合っていることが大切です。タイトなサイズは窮屈な印象を与えてしまいますし、大きすぎると余った生地がだぶつき、だらしない印象を与えてしまいます。どんな動作をしてもすっきりと見えるようにサイズにも神経を遣いましょう。

シャツ・ブラウスを普段から着慣れていない人や既成サイズが合わない人は、必ず試着してから購入するようにすると安心です。どうしても素材的に収縮性がないので、サイズがフィットしていないとそれだけで面接官に与える印象がマイナスになってしまいます。極端に言いますと、仕事ができるかどうかを面接時の服装で判断している部分もあるのです。またこれは常識範囲のことですが、袖丈は夏でも長袖がスタンダードです。

肌着は透けても大丈夫なもの

肌着は透けても問題ないものを選びますが、白いインナーの場合、白い肌着はラインが透けて見えてしまいます。ラインが透けるのが嫌な方は、肌の色に近いベージュ系かモーブピンクですとラインも見えないのでおすすめです。色の白い人と色黒の人では透けにくい下着の色が違ってきます。自分の肌では何色が透けないのかチェックしておくと良いでしょう。

下着が透けなくても、キャミソールは必ず着用するようにしましょう。下着だけよりも体温調節がしやすくなりますし、万が一、ラインが見えても安心です。就活で上着を脱ぐことはあまりないと思いますが、夏場や室内が暑いときは面接官に上着を脱ぐよう声をかけられることがあります。そのときに脱いでも大丈夫な着こなしをしていれば、暑さを我慢しないで済みます。

派手・露出度の高いカットソーはNG

カットソーがOKな業界自体、あっても大変マレなケースです。また、いくらカットソーがOKな業界であっても、多くの企業では就活時に派手だったり露出度が高かったりするカットソーは好まれていません。

どのようなものを選べばいいのかというと、色合いや素材、デザインは無難で清潔感のあるようなものが好まれます。逆に、色合いの派手なもの、奇抜で個性的なデザイン、スリットやカットで露出の多いようなものはNGです。

中には、自分のお気に入りのものを身に着けたいという方もいらっしゃると思います。ですが、就活は自分をありのままの姿をみせればいいという場ではありません。TPOに合わせた衣装選びができるかどうかは、就活を問わず一般常識として求められることです。

インナーのカットソーは長袖を選ぶ

インナーのカットソーは、長袖を選ぶようにしましょう。夏場の会場や面接の場で「暑いので上着はどうぞ」といわれても、インナーがノースリーブだとまず脱げません。

半袖のカットソーであれば、上着を脱ぐ機会がなければ見た目には長袖・半袖の区別はつかないとお思いの方もいると思いますが、おすすめしたいポイントはそこではありません。

インナー用のカットソーに長袖のものの方をおすすめしたいのは、ずばりスーツの痛みや汚れを防げるからです。半袖のカットソーであれば、腕から手首までは、スーツに密着します。特に手首周りなどは汚れやすいゾーンです。たくさん就活用のスーツを用意できる方であれば、洗濯・クリーニングができますが、多くの方はそうではないでしょう。清潔にスーツを着こなすためにも、汗などは注意が必要です。

おすすめのカットソー通販サイト3選

それではここから就活用にも使用できる、おすすめのカットソー通販サイトを3つご紹介しします。ベーシックで着る人を選ばないシンプルなもの・色・デザインが揃っているのが特徴です。

就活で「カットソーがOKな業界だけど、どんなものを実際に選んで良いのか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

オンラインショッピングですので、いつでも買い物することができます。ご紹介するショップは就職後にも使えそうなアイテムが多くありますので、いくつかチェックしておきましょう。

AOKI

就活時にAOKIのスーツを選んだという方も多いのではないでしょうか。AOKIといえばメンズスーツのイメージが強いと思いますが、女性用のスーツは勿論のこと、インナー、靴、弔辞用の「ふくさ」までこちらのサイトで購入できます。実は、働く女性の強い味方であるといえるでしょう。

中に着るインナー用のカットソーやシャツはシンプルなものが多く、どれも長く着ることのできるデザインのものばかりです。ベーシックなものを選んでおけば、これから先の就職後にも使えるでしょう。

値段設定はカットソーであれば2,000~5,000円と、コスパ的にもよいです。サイトから購入すればさらに割引があるなどの特典もありますので、お得に購入したい方はチェックしてみてください。

ORIHICA

ORIHICAも、シンプルでコスパ的にも優れているカットソーが揃っています。キレイめなファッションが好きな方でしたら、普段着使いできそうなカットソーがたくさん揃っています。

時期によっては、3,900円のシャツ・カットソーがセット価格で2点で6,900円、3点で9,900円と嬉しい価格になっています。夏場の就活時など、スーツの下に着るシャツやカットソーは何枚あっても困りません。これくらいの価格設定だと、替えのものも購入しやすいでしょう。

カットソーだけでなく、就活時に使えるスーツやバックといった相手も充実しています。女性用だけでなく男性用のものもとてもシンプルなアイテムが多く、就活生の味方になってくれるでしょう。

ベルメゾン

通販サイトでお馴染みのベルメゾンですが、実は就活にも使えるアイテムが沢山あるということをご存知でしょうか。就活時に使えそうなスーツもパンツタイプ・スカートタイプ・ワンピースタイプなど各種揃っています。

普段着にも使えるカットソーなども沢山あるため少々目移りしそうですが、色・素材・デザインなどにこだわって探してみましょう。お気に入りのものがきっと見つかるはずです。

ベルメゾンは価格も大変安く、コスパ的にも評価が高いことで知られています。カットソーで検索してみると、1,000円台の商品も多々あるようです。オンラインで購入すればさらに安く買えたりもするため、キャンペーン情報等も合わせてチェックしてみましょう。

就活では襟付きシャツかブラウスを着よう!

就活中は、さまざまな年齢層の面接者と対面することになります。業界によってはカットソーが大丈夫な職種もありますが、やはりその中にも、就活では従来ながらのスタイルが好ましいと思っている人がいないとは限りません。特に日本の場合は女性の清楚さや素直さが好まれる傾向があります。

「若いのにこんなに地味なスタイルでおとなしすぎないだろうか」と思うくらいのコーディネートが、好印象を与えることにつながるでしょう。そういう点からも、襟付きシャツかブラウスをインナーに着用するのが望ましく、万人受けするスタイルと言えるのです。就活では顔合わせする全ての人に好印象を与えるくらいのスタイルが望ましいと言えます。「この程度なら大丈夫」と服装に気を抜かずに緊張感を持って就活をしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ