身だしなみ

【ピアスの穴の隠し方】就活生が知っておきたい身だしなみマナー

ピアス穴について悩む就活生は多い

現在の大学生は、男女問わずピアスをしている人も多いです。高校生までは規則でピアスは禁止されており穴を空けていなかった人も、大学生になりピアス穴を空けることも珍しくありません。

大学生になってピアスの穴を空けたのはいいものの、就活時はどうするべきか悩む就活生も多いのです。ここでは、就活時のピアス穴の扱いについて紹介します。

就活のマナーを確認しよう

ピアス以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

就活中はピアス穴は隠さなくてもいい

就活での身だしなみを考える上ではピアス穴が気になるでしょう。しかし、就活だからと言ってピアス穴を無理に隠す必要はありません。確かに、とても大きいピアス穴が複数にわたり空いており、履歴書の写真や面接でも目につく人は隠すことを考えなくてはいけません。

しかし、両耳に1、2個の小さい穴であれば採用担当者も気にならないケースがほとんどです。

面接ではピアスを外しておこう

ピアスはオシャレの一環であり、就活にピアスは必要なしとする企業がほとんどです。そのため付けたままにしているとマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いので、面接ではピアスを外しておくようにしましょう。就活では必要のないものを身に付けていると減点の対象となりますし、ピアスもその一つです。

面接などで認められている装飾品は腕時計のみであり、ピアスをはじめとしてその他の物を身に付けていると評価が下げられてしまいます。またアパレルの場合であれば面接も私服でOKなどカジュアルなことが多いですが、この場合でもピアスは外しておくのが無難です。透明ピアスも例外なく禁止と考えている企業が多いので、就活中はピアスはすべて外しておきましょう。

男性のピアスは特に注意する

ピアスを付けたまま面接に臨んでしまうとマイナスの印象を与えてしまいますので、必ず外しておく必要がありますが、男性のピアスは特に注意しなければなりません。男女によってピアスの印象は違い、男性の場合は特に気になる人が多いのです。

女性であればピアスを付けていてもOKなわけではありませんが、女性の場合はフォーマルな場でもイヤリングやピアスをする機会はあります。対して男性の場合はフォーマルなシーンではピアスなどをする機会はなく、完全にプライベートなものとなります。同じピアスをしている場合でも、男性の方がマイナスの印象を受ける可能性が高いのです。

ピアスをどうすべきかは業界によって異なる

就活中はピアスを外して面接に臨むのが基本ですが、例外的にOKとされる場合もあります。私服で選考を行う業界・企業は例外的にOKとされる場合もあり、ピアスを付けていても問題ない場合も多いです。しかし私服OKでもピアスだけはNGの場合もありますし、外しておいた方が無難ではあります。業界・企業によってピアスがOKかどうかは違いますが、スーツ着用の場合はピアスは基本的にNGです。

カジュアルな雰囲気であってもスーツを着ている場合は、ピアスを付けるのはマナー違反になりますので注意しましょう。一方、金融業界・公務員などは、ピアス穴だけでもNGの可能性があります。身だしなみに厳しい業界・企業を志望する場合は、ピアス穴も隠すようにしましょう。

ピアスの穴が複数空いている場合

ピアスを開けている場合でも、ピアス穴が片耳に1個ずつの場合は特に問題はありません。ピアスを外してさえいればマイナスの印象を与えずに済む場合も多いです。ただし軟骨ピアスやボディピアスなど穴が大きい場合や、複数開けている場合はNGとなることが多いので注意しましょう。

ピアス穴が目立ちすぎる場合は、身だしなみに厳しい業界・企業以外でもマイナスの印象を与えてしまう場合があります。ピアスを付けたまま面接に参加するのは当然NGですし、外している場合でもしっかりと穴を隠しておかなければなりません。穴が見えているとそれだけで印象が大きく悪くなってしまいますので、上手に隠し、できるだけ目立たないよう工夫しましょう。

ピアスの穴の隠し方

ピアス穴を閉じることは難しいですが、隠すだけであればそれほど難しいことはありません。面接中さえ隠していればプライベートではいくらピアスを付けていても問題ありませんし、就活とオシャレの両立も可能です。ピアス穴の上手な隠し方を知って、身だしなみでマイナスの印象を与えないようにしましょう。

絆創膏や医療用のファンデーションテープを使う

ピアスの穴の隠し方としては、絆創膏や医療用のファンデーションテープの使用がおすすめです。傷を隠すためのファンデーションテープや、絆創膏は肌の色に近いものを選んで貼ることで穴が隠せます。絆創膏を耳に貼っていれば目立ってしまいますし、余計に耳を見られる可能性もありますが、穴さえ見えなければ問題はありません。

また面接官によっては、なぜ絆創膏を貼っているのかを聞いてくる場合もあります。上手に答えられるように事前に回答を用意しておきましょう。絆創膏では目立ってしまうことが多いので、ファンデーションテープの方がおすすめです。ピアス穴は隠すだけではなく、隠した部分もできるだけ目立たないようにしましょう。

メイクアップアイテムを使う

メイクアップアイテムの使用でも、ピアス穴は隠せます。メイクのファンデーションで小さい穴なら隠せますし、穴が大きい場合はコンシーラを埋め込み、上からファンデーションをのせて隠すことも可能です。穴が開いているとは言え、中の肉はつながっていますので化粧品が付着したとしても、ほとんど問題はありませんが、できるだけ清潔なものを使いましょう。

万が一炎症でも起こると大変ですので、メイク道具は清潔に保管し、隠すときにも手などはしっかりと洗っておきましょう。メイク道具を上手に使えばピアス穴は隠せますが、耳だけ不自然に見えないように、周りと馴染ませましょう。

女性は髪の毛で隠すことができる

ピアス穴を隠す方法はさまざまありまあすが、女性の場合はセミロングくらいの長さであれば、髪の毛だけで隠せる場合もあります。髪の毛であれば耳にかかっていてもそれほど不自然には見えませんし、スタイリング次第では清潔感もアピールでき、好印象が与えらえる場合もあります。ピアス穴を隠すためには、ある程度の長さ必要ですので、髪の毛は必ずゴムやピンなどを使って綺麗にまとめておかなければなりません。

また耳を隠すことを意識するあまり、顔に髪の毛がかからないようにも意識しておきましょう。ピアスが隠せていても、顔に髪がかかると暗い印象を与え、印象が悪くなる可能性もあります。他の部分でマイナスの印象を与えないためにも、髪で隠す場合も細心の注意を払いましょう。

ピアスの穴が目立つなら隠すように心がけよう

ピアスをどのように評価するかは業界や企業によって異なりますが、基本的には付けたまま面接に臨むのはNGです。マイナスの印象を与える可能性が高いですし、就活にふさわしいものではありませんので、必ず外してから面接を受けるようにしましょう。またピアスを外していても、ピアス穴が目立ってしまう場合は印象が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。

ピアス穴が目立つ場合はしっかりと隠す必要があり、隠す方法はさまざまありますので、自分にあった方法を試しましょう。就活ではピアスは外した方がいいですし、ピアス穴も極力隠した方がいいです。ピアス穴は上手に隠して、身だしなみでマイナスの印象を与えないように注意し、就活を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ