面接対策

【夏の面接の服装】クールビズはNG?好印象な身だしなみのコツ

夏場の就活はスーツがとにかく暑い

スーツの熱さは、夏に就職活動をおこなっている就活生のみなさんにとって大きな問題のひとつですよね。面接会場に着く前に着なければいけないスーツは黒が基本なので熱がこもり、会場に着くまでに汗だくになってしまいます。

さらに、面接会場では汗だくのカラダがとても気持ち悪くていつもよりも緊張度が高まってしまい、思うような結果にならない可能性もあります。では、暑くてどうしようもない夏の就職活動は、どのようにして乗り越えればよいのでしょうか?

夏の就活の服装マナー

就職活動は季節に関係なく、リクルートスーツが基本です。リクルートスーツというのは、「面接を受けるのに適しているスーツ」を指します。特に明確な定義というものはなく、黒や紺などの地味目の色のスーツならば、面接に適しているといえます。つまり、基本的には通常の面接時に着るスーツと全く変わりはなく、夏でも暑いジャケットを羽織りネクタイとベルトをしめ、革靴を履かなければなりません。

クールビズ指定の場合は従っていい

しかし、例外はあります。それはクールビズを指定している企業の面接を受ける場合です。特に都内の企業の場合、ヒートアイランド現象の影響で夏場は気温がとても上昇しているので、クールビズで面接に参加してもよいとしている企業がとても多いのです。具体的には、願書要項などに「面接はクールビズでお越しください」と書いてあることがほとんどです。

クールビズとはそもそもどのような服装を指すのかというと、実は明確な定義はなく、ネクタイをせずポロシャツやTシャツなどの涼しい格好で、仕事をすることとされています。では、面接もポロシャツやTシャツなどの涼しい格好で臨んでもよいのでしょうか。

確かに明確な定義がない「クールビズ」ですが、ポロシャツやTシャツなどラフ過ぎる服装は、面接に適しているものではありません。なるべく白いワイシャツを着て、その上にジャケットを羽織り、ネクタイをしめずに面接に臨んでください。ポロシャツやTシャツなどのラフすぎる服装をしていると、目についてしまう可能性があるので注意しましょう。

指定がない場合はスーツが無難

では服装に指定がない場合は、どのような服装が面接に適しているといえるのでしょうか。この場合は、スーツが適しているといえます。実際に、面接時の服装が指定されていない企業は多いです。そして、「指定されていないということは、私服で面接を受けてもよい」と張り切って、私服で面接を受けてしまい、注意されてしまったという話をよく耳にします。

そのような企業は硬い社風だと思ってよいでしょう。最近では夏場に限定して、私服での面接を許可している企業もあります。しかし、やはり特に指定がない場合は、スーツを着用するのが無難です。なぜならスーツで行くことで、私服で面接を受ける人との差を付けられるからです。

あまりにも個性的な私服などで面接を受けてしまうと、やはりマイナスの印象になります。しかし、スーツを着て行けばプラスの印象になることはあっても、マイナスの印象になることは少ないです。

半袖のワイシャツは避けた方がよい

ジャケットを羽織っているとしても、半袖のワイシャツは身に付けない方が良いでしょう。通常、スーツスタイルは長袖シャツの上にジャケットを羽織ります。ジャケットの袖からシャツの袖が1〜2㎝ほど覗いているという状態が最も自然な印象を与えます。

ジャケットの袖口からシャツが一切見えないと、不自然な印象を与えてしまうので注意しなくてはなりません。普段さまざまな人のスーツ姿をたくさん見ている面接官からすると、一目で不自然な印象を抱かれてしまうでしょう。

特に、何らかの動作で腕が動いた際など、袖口の中にシャツが見えなければ、長袖シャツを着ていないことがわかってしまいます。また、腕からジャケットに汗が染みやすくなる点も要注意です。長袖シャツの上にジャケットを身に付けるのが正式なスーツスタイルですので、この基準に合わせて面接に臨んだ方がよいでしょう。

インナーは必ず着用する

夏場はとにかく暑いですし、少しでも薄着をしたいと考える人は多いです。しかしどれだけ暑くてもインナーは必ず着用しなければなりません。インナーを着用せずに汗などで透けてしまうと相手に不快感を与えてしまいますし、身だしなみとしてもNGです。

シャツが透けないためにもインナーは必須ですが、それだけではなく涼しく過ごすためにもインナーは着用すべきものです。薄着をすれば涼しくなるとは限らず、たとえ重ね着をしていてもしっかり汗を吸ってくれるインナーを着ている方が涼しいことも多いでしょう。

シャツ1枚だけで着るよりも冷感素材のインナーを着ている方が涼しく感じられますし、身だしなみとしても必要なものですので、夏場も必ずインナーを着ましょう。

面接中に汗を書いたらハンカチで拭こう!

夏におこなわれるの面接のときには、なるべくハンカチをポケットに忍ばせておきましょう。ハンカチは面接が始まる前にポケットに入っているかを確認するようにしてください。面接会場のクーラーが利いておらず、蒸し暑い会場で面接をおこなわなければならない場合もあります。

そのようなときにハンカチを忘れてしまい、汗を垂れ流した状態で面接を受けるのはNGです。清潔感がないと思われてしまい、マイナスの印象にもなりかねません。面接官の方が話をしている最中でも、自分が話をしている最中でもハンカチで汗を拭うという行為は、決して失礼には当たりません。

清潔感を最優先にするためにも面接時にはハンカチで汗を拭いましょう。また、持参するハンカチの柄にはくれぐれも注意してください。基本的に柄物はNGです。スーツや革靴などの色と合わせるようにハンカチの柄を選ぶと、とてもシックで落ち着いた印象になります。

就活のマナーを確認しよう

男女ともにスーツの着こなしに自信のない就活生は多いでしょう。面接は第一印象が大切であり、身だしなみは大きな意味を持ちます。スーツを正しく着こなすためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。

マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、スーツ選びやその他の小物選びも間違えないでしょう。少しでも印象をよくするためにも、身だしなみのマナーを把握しておくことが大切です。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生はチェックしておきましょう。

スーツも夏用でOK

スーツは夏物と冬物の2種類がありますが、夏におこなわれる面接のときには、夏用のスーツを着用するのがよいでしょう。夏用スーツは、通気性や吸水性に優れていて汗をかきにくく、汗をかいたとしてもすぐに乾くような素材で作られているので、暑い季節にピッタリです。

面接では、夏用か冬用かのスーツの種類をみられるようなことはなく、逆に冬に夏用のスーツを着用してもOKです。夏用や冬用というスーツ生地の違いはパッと見ただけではほとんど分からないですし、綺麗で清潔感がありTPOに沿っている服装であれば、ほとんど問題にはなりません。

メンズスーツを着る場合は、ワイシャツの下にはなにも着ないというのが海外の主流です。なぜなら、ワイシャツ=下着と認識されているからです。しかし、気温・湿度共に高い日本ではワイシャツのように薄い下着だけでは汗を吸うことはできないので、ワイシャツの下にはインナーを着るという文化が根付きました。

そのため日本で面接を受ける際は、男女ともにワイシャツの下には白か肌色のインナーを着用するようにしましょう。色物や柄物のTシャツなどは予想以上に目立ってしまい、面接時に常識が分からない人というマイナスなイメージを持たれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

男性はネクタイを必ず着用する

最後にネクタイについてです。男性の場合クールビズOKという指定がない限り、ネクタイは必ず着用する必要があります。着用するネクタイの素材についても夏用と冬用の2種類があります。こちらも明確な定義などはありませんが、夏用ネクタイの場合は、シルクやポリエステルなどのサラサラとした通気性の良さそうな生地で作られているという特徴があります。

逆に冬用のネクタイというのは、ウールなどの温かみのある素材で作られているネクタイです。これらは、面接のときに使い分けても大丈夫です。夏の暑い季節などは、涼し気なシルクとポリエステルで作られているネクタイを巻いてもいいです。しかし、ネクタイだけでは正直体感温度は変わらないので、暑いことに変わりはありません。

夏の面接における注意点

ここまで夏の就活における服装の注意点を見てきましたが、実は服装意外にも注意しなくてはならない点があります。夏は暑いので当然汗をかきます。特に就活中は移動も多いため、面接会場に着くまでにたくさん汗をかいてしまうというケースもあるでしょう。

しかし、夏場の就活に慣れてくると、汗が気にならなくなってしまうということもあります。自分ではそれほど気にならなくても、第三者からはとても気になるというケースもあり得ます。清潔感は面接マナーの基本ですので、特に注意しなくてはなりません。

前髪が汗で貼り付かないように気を付ける

夏の就活で汗をかく場合、特に前髪が汗で額に貼り付かないように気を付けてください。前髪が汗に濡れて額にべったり付いていると、清潔感がなくだらしない印象を与えてしまいます。また、清潔感がないだけでなく、暗い印象にもつながってしまうため、最初から前髪を上げておくのがよいでしょう。

汗をかく・かかないに関わらず、前髪を上げる髪型は清潔感や明るい印象を相手に与えますので、就活ではとてもおすすめです。額を見せていることは、相手に対してオープンである、隠しことがない、といった誠実な印象を与えることもできます。

前髪を上げるのは就活ではとても好印象なので、ジェルやワックスを使用し、最初から上げてしまうのがおすすめです。

汗ジミには注意する

夏場の就活ではどうしても汗をかいてしまいますが、汗ジミも身だしなみとしてはNGです。スーツに汗ジミができていると、清潔感が感じられずマイナスの印象を与えてしまいますので注意しましょう。汗ジミを作らないためには、こまめに汗を拭くなど対策が必要ですし、少しでも涼しく過ごすために扇子などを持ち歩くのもおすすめです。

また移動中であればジャケットを脱ぐのはOKですので、移動中はできるだけジャケットを着ないようにすることも大切です。ジャケットを着たままでいると汗ジミもできやすくなりますので、少しの間でも脱いでおくようにしましょう。ジャケットを脱いでいるだけでも暑さはだいぶましになりますので、少しでも涼しい空気を取り入れるようにすることが大切です。

におい対策は必須

夏場の就活では汗が問題になることが多く、汗によるにおいの対策も必須です。見た目に汗をかいていないとしても、汗臭いと印象が悪くなってしまいますし、におい対策は絶対におこなっておかなければなりません。就活中はにおいも評価されていますので、制汗剤などもできるだけ無香料のものを選びましょう。

汗のにおいを誤魔化すからといって香りの強い制汗剤を使用するのはNGですし、香水などもよくありません。汗と香水のにおいが混ざってしまうと余計に変なにおいになってしまう可能性も高いですし、そもそも就活では香水はNGです。いいにおいであっても強いにおいは就活のマナーとしてはNGとされています。基本的には無香料で、におい付きでも石鹸やミントなどにおいが強くないものを選びましょう。

面接前にカフェでクールダウンするのもおすすめ

夏の面接をクリアするコツとして、カフェでのクールダウンもおすすめです。カフェは冷房が効いていますので汗がひきますし、リラックスして気持ちの準備をするのにもよいでしょう。

汗は暑さももちろんですが、心理面も影響してきます。時間に余裕がなく焦って移動したり、過度に緊張していれば、それだけ汗もかきますし、落ち着いて面接に臨むことはできないでしょう。カフェに寄るつもりで余裕を持って準備・移動できれば、心理面にも良い影響を与えられるはずです。

遠方の企業に足を運んだり、複数社の面接を受けるというケースもあるでしょう。そんなとき、カフェに立ち寄ってスケジュールを見直したり服装を見直したりすることで、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。夏の面接では、ぜひカフェも有効活用してください。

夏の面接前は鏡で服装をチェック!

面接のときに、涼しくスーツを着こなしながらも面接官に良い印象を与えるためには、まず夏用の通気性・吸水性に優れたスーツを着ることです。また、クールビズOKの場合はポロシャツやTシャツではなく、ネクタイだけを取り面接に臨みましょう。

もし指定のない場合は、面接に適している服装を意識すればマイナスな印象を与えてしまうことはないでしょう。みなさんも面接の前にしっかりとその場に適した服装をしているかをチェックしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ