企業研究

【ミズノインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

ミズノを研究!

ミズノは大手スポーツメーカーの企業であり、その知名度の高さから、就職を希望している学生は少なくありません。内定に近づくために必要なのが企業研究であり、企業研究をよい深めるのがインターンの参加です。

ここでは、ミズノの企業情報やインターン情報について紹介します。ミズノを志望する人はもちろん、スポーツメーカーへの就職を希望する人もぜひ参考にしてみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

ミズノの基本情報

ミズノはスポーツ用品の開発・販売を中心に、スポーツ施設の運営などもおこなっている企業です。2017年放映のドラマ『陸王』では作中のスポーツ用品の提供などもおこない、一般層への認知度も高くなっている企業です。

正式名称:美津濃株式会社
所在地:大阪府大阪市住之江区南港北1丁目12番35号
設立年:1906年
従業員数:1,873人(平成30年3月31日時点)
平均年齢:42.5歳(平成30年3月31日時点)
平均勤続年数:18.4年(平成30年3月31日時点)

ミズノを企業研究

ミズノ創業者の水野利八が残した「ええもん作んなはれや」という言葉を原点として、ミズノはより良い商品を開発・販売することを重視しています。常に技術を高め、品質の高い商品を制作することをよしとする社風が息づいています。

ミズノの事業の中でも目覚ましいのが、競技スポーツ用の高機能商品の開発・販売になります。オリンピックなどの様々な競技スポーツにおいて使用されてきた技術を用いて、近年はビジネススーツなど、他の商品製造もおこなっているようです。

ミズノの求めている人材は、どんなものに対しても妥協を許さず、良いものを生み出すために徹底した追求ができる人材です。どのような形であれ、「自分にとって良いものとは何か」を追求し続けることができる人を求めているようです。

ミズノのインターン選考フロー

ミズノのインターンの選考フローは、「マイナビからプレエントリー→WEBでES提出→合否連絡」です。選考結果は合否に関わらず、実施日の2週間前までに通知されるようになっています。

ミズノのインターン選考対策

ミズノのインターンは、競争率が高く選考を突破するのは難しいといわれています。選考を突破するためには、インターンに参加する目的を明確にしておくことが大切です。ミズノのインターン選考対策についてみていきましょう。

企業理念と求める人物像を把握しておく

ミズノの採用ホームページには、何よりも明るい人を求めると記載しています。また、柔軟な思考や、発想のある人や、バイタリティーにあふれる人物もあげられています。企業の多くは求める人物像を掲げるため、それらを把握したうえで、自己PRの題材を考えることをおすすめします。

志望動機を明確にする

インターン選考に臨む際には、本選と同様に志望動機が大切です。「なぜその業界を選んだのか」「なぜその企業を選んだのか」具体的に説明ができるようにしておきましょう。志望動機が明確でない場合、「他社でもいいのでは?」と採用担当者に思われかねません。また、志望理由から志望度合も図れます。そのため、志望理由は時間をかけて作成するようにしましょう。

ミズノインターンの内容と日程

ミズノのインターンシップは、営業部門と研究開発部門の2種類のインターンが用意されています。特に研究開発部門のインターンには、専門的な知識も必要になるため、参加条件が営業部門より細かく定められているようです。

実施内容は1Dayインターンの形であるため、交通費などの支給はありません。その分、短期間で企業の理念や実際の職業を体験することができるでしょう。インターンは、本社のある大阪と東京の二箇所でおこなわれるため、関西の就活生にも参加しやすくなっています。

①<営業部門> MIZUNO INTERNSHIP 2018

営業部門のインターンシップは、実際に営業部門における仕事を体験できます。スポーツメーカーの今後の課題や、顧客の課題解決などに関するグループワークを主体としており、営業社員からのフィードバックを聞くこともできるようになっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
東京:2018年2月9日・13日
大阪:2018年2月15日

参加条件:
四年制大学及び大学院の方 (学部学科不問)

開催地:
東京・大阪

選考の日程は以下のとおりです。

  • エントリー〆切:2018年1月10日迄
  • 適性検査・ES:不明
  • 面接:不明
  • 合否連絡:実施日の2週間前までに連絡

②<研究開発部門> MIZUNO INTERNSHIP 2018

研究開発部門のインターンシップも、基本はグループワークと社員からのフィードバックが主体になっています。但し、専門的な知識を要求されるワーク内容になるため、理系大学に進学している学生のみを参加対象としています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
東京:2018年2月20日
大阪:2018年2月22日

参加条件:
理系学部生・理系院生

開催地:
東京・大阪

選考の日程は以下のとおりです。

  • エントリー〆切:2018年1月10日迄
  • 適性検査・ES:不明
  • 面接:不明
  • 合否連絡:実施日の2週間前までに連絡

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

まとめ

ミズノのインターンはただ商品を開発・販売するだけではなく、どれだけの品質を追求できるかという企業理念に基づいた内容になっているのが特徴といえるでしょう。ミズノならではの商品開発・販売へのこだわりを実際に体験できるインターンは、特定の業界で業績を伸ばす企業がどのような事業展開をおこなっているのかを理解するのに役立ちます。

特にスポーツ業界に就職するにあたって、どのようなことが重視されるのか、業界を研究するためにも有意義な時間になるのではないでしょうか。理系学生にとっては、実際の知識をどう業界で活かせるかという点でも体験しておきたい内容です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ