面接対策

一次面接の結果が届くまでの期間|連絡が遅い理由や対処法を紹介

一次面接の結果はどのくらいで届くのか

一次面接を受ければ結果が気になりますが、そもそもいつ結果が発表されるのかと、通知期間が気になってしまう人も多いです。合否の結果ももちろん気になりますが、それ以上にいつ通知されるのかは気になり、待っている間は他のことが手につかないということもあります。

選考結果を待っている間は不安になったり、ストレスを抱えてしまうことも多いです。結果の通知期間は企業によっても異なるため、余計に早く結果を知りたいと感じる人も多いでしょう。一次面接の結果がいつ頃くるのかは、ある程度の目安がありますので、それを知っておくことが大切です。結果待ちの期間も心を静めて待ち、余計な不安やストレスなどを抱えないよう上手に就活を進めましょう。

一次面接の結果は1週間以内が多い

一次面接に限らず、面接結果の通知企業によって異なりますが、基本的には1週間以内に通知されることが多いです。今後のスケジュールを考えて、早めに結果を通知しようと考える企業がほとんどと言えます。基本的には企業は早めに連絡しようとしていますが、1週間という期間内でも、企業ごとに通知のスピードは若干の違いがあります。一次面接の結果連絡には、企業ごとに違いがありますので、どのような特徴があるのかを知っておきましょう。

電話かメールが基本

一次面接の結果の連絡については、電話かメールが基本であり、郵送で結果が通知されることはほとんどありません。そもそも郵送で結果の通知をおこなう企業は少ないですが、郵送の場合は内定通知書として送ることがほとんどです。そのため、一次面接の段階では電話かメールが一般的と考えておきましょう。

一次面接の場合は、応募者の数がまだまだ多いため、合否に関係なくメールで結果の通知をされることが多いです。全員に電話をかけるとなれば、かなりの手間がかかってしまうため、基本的には企業からのメールの連絡を待っていればいいでしょう。もちろん、一次面接の時点で応募者をかなり絞り込んでいたり、企業の伝統として電話の連絡を採用している場合は、電話で結果が通知されることもあります。

企業によっては3日以内など

一次面接の結果連絡のスピードは企業によって違い、早い場合は3日以内などに連絡がくることもあります。これは合否に関係なく、通知されているケースもあり、面接後数日で全員の結果連絡を済ませてしまう企業も少なくありません。

企業ごとに連絡のスピードは違い、それにはさまざまな理由がありますが、選考段階や理由などに関係なく、すべての選考で素早く結果を出す企業も存在します。結果連絡の早い企業は、面接の時点で合否を決定しており、後から協議して合否を見直すということはほとんどないので注意しなければなりません。

一次面接の結果を送るのに時間がかかる理由

一次面接の結果連絡のタイミングは企業によって異なり、早い企業もあれば遅い企業もあります。1週間以内での連絡が多いですが、企業によってはそれよりも遅くなることもあり、あまりに遅いとストレスを感じることも多いでしょう。

結果連絡が早い分には問題ありませんが、連絡が遅いと結果が気になり、他の就活にも影響しかねません。しかし、連絡が遅くなることにはさまざまな理由がありますので、それらを把握して余計なストレスを抱えないようにしましょう。

選考人数が多い

一次面接の結果連絡が遅い理由としては、選考人数が多すぎることが考えられます。書類選考である程度のふるい落としをしているとは言え、一次面接の時点では、まだまだ多くの応募者が残っていることも多いです。

企業によって数は異なりますが、数百人、場合によっては数千人になることもありますので、全員の面接をするだけでもかなりの時間がかかります。選考人数自体はそれほど多くない場合でも、企業の採用担当人数が少ないと、連絡が遅くなってしまうことも多いです。

採用担当に対して、応募者がどれくらい集まるかによっても、連絡のスピードは違ってきます。たとえ数十人であっても、採用担当者が1人しかいなければ、当然連絡は遅くなってしまいます。

その他業務が忙しい

連絡が遅くなる理由としては、単純に業務が立て込んでおり、忙しいことも考えられます。就活期間中、学生は忙しく動き回らなければなりませんが、企業の採用担当者はそれ以上に大変な毎日を過ごしています。応募書類の確認や面接、合否の決定から合格者への連絡など、やるべきことは多く、さらにその他の業務を抱えていることも少なくありません。

採用担当者は常に数多くの業務を抱えていますので、合格者の連絡にまでなかなか手が回らないことも多いです。採用担当だからといって、採用業務だけに力を入れられるとは限りません。その他通常業務も合間におこないながら、採用業務も並行して進めなければならないこともあります。企業によって業務の振り分けや仕事量は違いますが、忙しさのあまり連絡が遅くなる可能性があることは理解しておきましょう。

サイレントお祈りの可能性もある

選考を受ければ必ずしも企業から連絡がくるとは限らず、不合格の場合は結果の通知さえないということもあります。通知なしで不合格になることをサイレントお祈りと言いますが、これをおこなう企業も少なからず存在します。

サイレントお祈りをおこなう理由はさまざまですが、業務の簡略化であったり、評価が微妙な学生を保留にするという目的でおこなわれることが多いです。また、サイレントお祈りと思っていたつもりが、単に連絡が遅かったというだけのこともあります。見極めるが難しいですが、一定の期間を過ぎれば、基本的には不合格と考えたほうがダメージは少ないです。

一次面接の結果連絡が遅い場合の対処法

面接の結果連絡が遅いと不安になるなど、ネガティブな感情を抱えてしまうことも多いですが、就活を上手に進めるためには上手に対処しなければなりません。連絡が遅れる理由はさまざまですが、基本的には仕方のないものばかりであり、とにかく連絡がくるのを待つしかない場合も多いです。しかし、ただ待っているだけでは効率的ではありません。就活を効率的に進めて、成功率を高めるためにも、結果が遅い時の上手な対処法を知っておきましょう。

結果の問い合わせ

一次面接の結果連絡が遅く、どうしても結果が気になるのであれば、企業に問い合わせをしても構いません。結果の問い合わせは、きちんとマナーさえ守っていれば問題はなく、問い合わせによって先に進めることも多いです。連絡が遅い理由はさまざまですが、場合によっては連絡ミスによって結果が通知されていないこともあります。

連絡ミスであっても、そのまま放置していれば、不合格扱いになってしまうため、問い合わせをして結果をはっきりさせておくことが大切です。仮にサイレントお祈りの場合でも、問い合わせて不合格であることが分かれば、気持ちを吹っ切って別の企業の選考に取り組めます。待っているだけではどうにもならないことは多いので、気になって仕方ないなら問い合わせしてみましょう。

二次選考に向けた準備を進める

一次面接の結果がまだであっても、手ごたえを感じ、合格している可能性が高いと思うのであれば、二次選考に向けた準備をしておくのもおすすめです。企業によって選考の回数は異なりますが、基本的には複数回おこなわれるため、一次面接ですぐに内定が出るということはほとんどありません。

早い場合でも、一次面接→最終面接となるため、次の選考に向けた準備を進めておくのは大切なことです。選考は段階が上がるほどに評価の基準は厳しくなり、より細部まで見られるようになります。一次面接と同じ準備では、次の選考を勝ち抜けないことも多いため、早く準備を始めるのは大切なことです。先に準備をしていれば、他の人よりも念入りな対策が可能であり、次回選考の合格率も高くなるでしょう。

他企業の選考を進める

一次面接の結果連絡が遅い場合、その企業だけに固執するのではなく、他の企業の選考を並行して進めることも大切です。どれだけ手ごたえがあったとしても、必ずしも合格しているとは限らず、徹底した準備をして臨んでも不合格になってしまうことはあります。

結果待ちの企業に関しても不合格の可能性があるため、就活を完全にストップさせないためにも、別の企業にも目を向けて選考を進めておくことが大切です。他企業の選考も並行して進め、無駄な時間を作らないことが、就活攻略のカギになります。他企業の選考で忙しくしていれば、結果を気にすることもなく、ストレスを軽減して結果待ちができます。

一次面接の結果を問い合わせる場合の注意点

一次面接の結果を問い合わせる場合の注意点

一次面接の結果が気になって仕方ない場合は、企業に問い合わせをすることも可能ですが、このときいくつかの注意点があります。問い合わせをしても問題ないのは、あくまでマナーを守っていた場合であり、正しい方法で問い合わせができていなければ、マイナスの印象を与えてしまいます。面接結果の問い合わせをする際の注意点を知り、上手に結果を聞き出しましょう。

早く問い合わせ過ぎない

面接の結果を出すまでには時間がかかり、企業によってどれくらいの期間が必要かは異なります。連絡がこない場合でも、単に選考に時間がかかっているだけの可能性もあるため、早い時期に問い合わせないよう注意しなければなりません。

企業としてもできるだけ早く結果の通知をしたいと考えており、遅くなってしまうのは悪気があってのことではないことは理解しておきましょう。通知が遅くなるのは企業にとっても心苦しいことですが、仕方のない理由で連絡が遅れてしまうことも多いです。

そこに学生から結果の問い合わせがくれば企業としても申し訳ない気持ちになり、同時に自分勝手に思われてマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。問い合わせは最低でも1週間は待ち、面接日からたっぷり期間を開けて連絡しましょう。

事前に結果の通知期間を聞いておく

面接の結果待ちの期間で悩みたくないなら、事前にいつ頃通知されるのかを聞いておくことが大切です。企業によっては面接後にいつ頃連絡をするかと公示していることもありますが、自分から聞かなければ教えてもらえないこともあります。結果の通知期間を聞いておけば、いつまで待てばいいのかと不安に思うことはなく、ストレスなく結果を待つことができます。

また指定された通知期間を過ぎても連絡がない場合は、問い合わせをしても失礼にはなりません。いつ問い合わせをするかの目安にもなるため、聞いておくことでさまざまなストレスから解放されます。もちろん、通知期間を過ぎた場合でも、問い合わせで催促している印象を与えれば、評価はマイナスになるので注意しましょう。

催促にならないよう口調に注意

問い合わせをする際には催促にならないよう注意が必要です。問い合わせは電話とメール、どちらでもできますので、電話なら口調、メールなら語調に注意して連絡しなければなりません。十分に期間を開けてから連絡した場合でも、催促しているイメージを与えてしまうと、自分勝手に思われてしまい、マイナスの印象を与えてしまいます。

あくまで下手に出て、可能であれば結果が出る時期を教えて欲しいというニュアンスで伝えることが大切です。直接結果を聞くのではなく、結果の通知はいつ頃になりそうかを尋ねましょう。

一次面接の結果連絡は1週間を目安に考えよう

一次面接の結果の連絡期間は企業によってさまざまですが、基本的には1週間を目安に考えておきましょう。新卒では複数回面接をおこなうため、選考スケジュールをスムーズに進めるためにも、一次面接の結果は特に素早くおこなおうとする企業は多いです。

そのため、他の選考段階と比べても、比較的連絡のスピードは早いと言えます。もちろん、一次面接だからこそ、応募者が多く、連絡に時間がかかるというケースもありますが、それでも大幅に遅れるということはほとんどありません。

あまりにも結果の連絡が遅い場合は、連絡ミスなども考えられるため、問い合わせをすることが大切です。結果の連絡が遅くても焦らず対処し、ストレスなく連絡を待って、就活をスムーズに進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ