面接

面接結果が遅いときは不採用なのか|不安なときこそ知っておきたい3つの注意点と考えられる理由5つ

最終面接の結果連絡が遅い理由と問い合わせ方法とは

最終面接の結果連絡が遅いと、内定に関わることなので不安になる方も多いでしょう。会社にとって採用をするということは、会社の未来に関わることなので非常に重要とされます。面接の最終判断は営業所や各店舗ではなく、本社に承認部署をおいている企業も多いので、採用不採用の判断だけではなく、事務的な処理に時間がかかるケースが理由のうちのひとつでしょう。

また、合否判断をする役員とのスケジュールの都合で、会議が先延ばしになってしまうケースもあります。面接結果を問い合わせるにはメール連絡が1番良いマナーとされています。電話で問い合わせると、早く回答が返ってきて手っ取り早いと思いがちですが、電話は相手の貴重な時間を奪ってしまうために迷惑ととられ、印象が悪くなることもあるのです。

結果連絡がくるのは大体翌日~2週間後

会社によって選考結果が出るタイミングは違いますが、一般的に結果連絡が来るのは翌日から2週間後となっています。翌日に結果が出る企業は、本社で最終判断を下すことのできる役員や人事担当者が面接をし、事務手続きの部署と連携が取れる状況にあった場合などが考えらます。

2週間ほど結果に時間がかかる企業は、最終決定をする役員が出張していることが多いことから、会議が週1回や2週間に1回と決められていてなかなか最終判断ができないという場合が考えられるでしょう。また、規模の大きい会社になるとさらに遅くなることが予想されます。

支社や営業所、各店舗で面接後、本社に結果を連絡し、そこから最終判断までの日にちがかかってしまうからです。土日祝日が重なった場合も同じで、企業も休業日であることも多いため、結果が遅くなることもあります。

面接結果が遅ければ不採用?

面接を終えて結果を待っている間は、時間が経つのが遅く感じるものです。なかなか連絡が来ないと、「不採用なのだろうか」という不安を抱き始める人は多いでしょう。しかし、結果が遅いからといって必ずしも不採用というわけではないのです。

不採用かもしれないという気持ちのまま面接の結果を待ち続けないように、他の可能性を把握しておきましょう。面接結果が遅いときの注意点や理由について詳しくご紹介していきます。面接結果が遅くて心細いという方はぜひ参考にしてください。

面接の結果連絡がくるのは大体翌日~2週間後

面接結果の連絡をおこなうタイミングは、企業によってまちまちです。合格の場合は3日以内に連絡が来ることが一般的ですが、企業によっては2週間後に合格連絡が来ることもあります。つまり、面接結果の連絡が遅いからといって不採用だと決まったわけではありません。

とはいえ、面接結果の連絡を待っている間はなかなか落ち着かないものです。面接結果が遅くなる原因は何なのか、面接結果の連絡が遅い場合にどのように対処すべきなのかなど、これらを知っておくことで、浮足立った気持ちを落ち着かせることができます。面接結果を待つ間に、不安な気持ちに振り回されて他のことへ悪影響が出ないよう、これらについてしっかりと押さえておきましょう。

結果連絡が遅い時の注意点①

会社の事情にもよりますが、最終面接の結果連絡は面接のその日か次の日に来る場合がほとんどです。最終面接となると合格者には内定を出すことになるので、会社としてはできるだけ早く内定の連絡をして他社へ取られるのを防ぎたいのです。

学生の状況にもよりますが、他社の内定が出た後に内定を出すと辞退される可能性が高いです。そうなると来てほしい学生にはできるだけ早く連絡をするのが普通なので、3日に以内に結果連絡が来ない場合は遅いと捉えてよいでしょう。

結果連絡が遅すぎる時に取るべき行動は3つ

  • 落ちた時のことも想定して新たな受験企業を探す
  • 採用担当者が話した期間いっぱいは結果を待つ
  • その会社より志望度の低い会社から内定が出ても安易に入社を決めない

選考結果は基本的に合格者から行っていきます。採用したい学生に対してはスピード感を持ってコミュニケーションを取っていくのはどこの企業であっても一概に言えることです。

そのため、あまりにも連絡は遅い場合は万が一のことも想定して就活を続けましょう。ただ、企業側から指定された期間内の場合は単に選考が難航しているだけの場合もあります。あせらず、冷静に就活を進めつつ企業側に確認の連絡を入れるなどして対応していきましょう。

結果連絡が遅い時の注意点②遅くても合格は合格

実際に期間いっぱいで連絡が来る場合もあります。結果の連絡が遅くとも、最終面接合格の連絡なのであれば内定であることに代わりはありません。その結果を素直に喜んでよいでしょう。しかし、結果が連絡が遅い場合は以下のような可能性があります。

結果連絡が遅い可能性は3つ

  • 初めは補欠合格であったが、合格者の辞退により繰り上げ合格になった
  • 役員などの最終確認に時間がかかった
  • 後から採用人数を増やすことになった

内定を出すということや社長や役員などの最終確認が必要な場合が多いです。社長や役員が数日外出しており確認に時間がかかって、内定の連絡ができなかったという事情もあり得ない話ではありません。

また、会社によっては採用人数を決めているものですが、事情により後から採用数を増やすということも中にはあります。結果連絡が遅いと思って安易に落ちたと判断しないようにしましょう。

結果連絡が遅い時の注意点③連絡が遅い時の注意点

最終面接の結果連絡が遅い場合にはその会社をあきらめてしまう学生も多いものだと思います。初めはその会社が第一志望であったのに、待っている間に面接を受けた他の会社の方の志望度が上がってしまうというのもよくあることでしょう。そんな時にあきらめていた会社から最終面接合格の連絡が来る場合もあります。その時に必要な注意点は以下の通りです。

最終面接の結果連絡が遅いときには3つの点を考慮

  • すぐに内定承諾をせず、待ってもらえないか相談をする
  • 今進行中の会社とどちらが志望度が高いのか再度考えてみる
  • 進行中の会社はいつごろ最終結果が出るのかを聞いておくようにする

大変なのはその会社をあきらめていたのに合格の連絡が来て、その会社に入社をするのかどうかすぐに返答を迫られた時です。すでに進行中の他の会社の志望度が上がっている場合には即答は避けた方が無難です。

いつ頃他社の結果が出るのかわかっていれば「○日まで待ってください」とも言えるので、ぜひ把握しておくようにしましょう。他社と比べる時間ができたと思えば、連絡が遅いのも、かえってよかったと思えることもあるかもしれませんね。

結果連絡が遅い理由5つ

最終面接の結果を待つ間、自信がある人なら落ち着いて過ごせますが、少しでも不安要素がある人は待つ時間がとても長く感じるものです。不安な気持ちがある人は、最終面接の結果が遅い理由を知ることで心に余裕を持たせる必要があります。

悪い考えばかりを巡らせても、結果が変わることはありません。企業側の都合などを考慮して結果が遅いことを受け入れることで、連絡を待つ間自分にできることを探しましょう。

①応募者が多い

結果連絡が遅い場合は、応募者が多いという理由が考えられます。応募者が多いとその分選考が長引き、1人1人の評価を見て判断するのに時間がかかるのです。採用人数が多い企業によくみられるパターンと言えます。応募者が多いと面接官などの選考に関わる人数も多くなるため、そのような社員のスケジュール調整も難しくなるのです。

最終的な決定を下す際は上層部の承認が必要であるため、書類の手続きなどが滞っているということも考えられます。規模が小さい企業の場合はそれほど時間がかからないかもしれませんが、大企業の場合は手続きに必要な過程が多く数日では完了しないケースが多いです。

②採用以外の仕事が忙しい

採用以外の仕事が忙しいというのも十分考えられる理由です。企業の人事担当者は採用以外の業務も任されているケースが多いため、採用だけに注力するのは難しいと言えます。「最終結果の連絡をするだけなら早くしてほしい」と思うかもしれませんが、この最終結果の連絡をするというのが最もミスが許されない仕事なのです。

本当にその就活生でいいのかという最終確認や、結果を送る宛先に間違いがないかの確認作業を要します。内定を出してしまうと、企業は簡単に内定取り消しができません。企業側が送信先の間違いなどの人為的ミスを防ぐためにも、焦りは禁物なのです。

③内定を出すかどうか迷っている

企業が内定を出すかどうか迷っている場合も、結果連絡が遅くなります。例えば評価が同程度の就活生が複数いる場合は、採用にする人と不採用にする人の最終的な判断が必要になります。企業に決定的な採用基準があってそれで判断できる場合はスムーズにいきますが、そうでない場合は選考に関わる人が意見を交換しながら決めていくのです。

企業は採用活動に膨大な時間と労力を費やしているため、人材の見極めは慎重におこないます。最終面接の結果連絡が遅くても、こうした企業の考えを理解することで心に余裕を持つことが大切です。

④実は不合格が決定している

これはあまりいい理由ではないですが、不合格が決定している場合も結果連絡が遅くなります。企業が結果を連絡するのは、基本的に合格者が先です。合格者への連絡をできるだけ早くおこなうことで、入社してほしい優秀な人材が他社へ流れないように囲い込みをおこないます。中には、最終面接当日や翌日に合格者に連絡をする企業もあるのです。

企業はあらかじめ採用予定人数を決めているため、内定辞退者が相次いで枠を埋められなくなることを避けようとしています。就活生が他の企業から先に連絡をもらい内定を決めてしまうと辞退される確率が高まるため、できるだけ早く連絡をおこない入社に繋がるようにしているのです。そのため、結果的に不合格者への連絡は後回しになるケースが発生します。

⑤辞退枠を埋めるためにキープされている

はっきり不合格と言えるわけではありませんが、内定辞退者が出たときの補欠としてキープされている可能性もあります。上記でご紹介したように、企業は採用する予定人数をあらかじめ決めて採用活動をおこなっています。そのため、内定を出す際は、内定辞退者数を考慮して実際の採用人数より多めに内定を出すのが一般的です。

合格者に連絡をして、その場で辞退されるケースももちろんあります。そのような場合は、繰り下げ的に補欠の就活生に内定の連絡をするのです。内定辞退者が出たから採用されるというケースの他にも、最終面接後のお礼メールやお礼状などがプラスに働き合格になる場合もあります。最後まであきらめないことが大切です。

連絡が遅く不安な場合は問い合わせる

面接結果の連絡があまりに遅い場合は、直接企業に問い合わせるのもひとつの方法です。問い合わせる際は時期、方法、言葉遣いに注意しましょう。面接の合否を決定するプロセスは大企業になればなるほど複雑になり、様々な立場の人の意見が反映されます。

調整に時間がかかっていることを考慮して2週間程度は待つようにし、それ以上待っても連絡が来ない場合に問い合わせましょう。連絡する時間帯は、始業直後や定時後など担当者が忙しくしている可能性のある時間帯を避ける必要があります。

電話の場合は、「お時間よろしいでしょうか」と断ってから用件を伝えましょう。問い合わせる際は、催促するような言い方はNGです。相手への礼儀を持って、丁寧な口調を心掛けましょう。

外資系企業の結果連絡が遅い主な理由

外資系の企業に就職したいと考え、就職活動をしていく中でさまざまな問題が起こり、戸惑うことも少なくありません。「選考結果が遅すぎて不安になった」、「外資系の企業で最終面接までいったのに連絡が遅く待てずに、他の一般企業に就職した」、「最終選考まで進むことができたのに募集自体がなくなった」など、日本の企業と比べて時間がかかるケースや募集条件が変わることなど多くみられます。なぜこのような事態が起こるのでしょうか?

決定権のある本社が外国にあるため

外資系の企業は日本に支店や営業所、店舗を構えていますが、本社はもちろん外国にあります。たとえ日本の支店採用が決まっていても、最終決定権があるのは外国本社であることが非常に多いです。外資系企業は本国のみならず、日本や他国、幅広い地域を視野にいれている会社も多くありますので、採用決定権を持っている方が出張で海外を飛び回っているケースがあり、なかなか会議ができないこともあります。

そのうえ、人事の本部も海外ですからなおさら決定通知は遅くなるでしょう。そして、日本の企業ではあまり聞きませんが、外資系企業に多いのが採用停止通告があるということです。大幅に採用内定が遅れたり、選考自体を見直し、取り止めとしたりするケースもみられます。

結果連絡が1ヶ月以上かかる場合もある

外資系企業では、日本国内で最終面接をおこない、そこから本国へ承認をとるため結果が日本企業より遅くなることは多々ありますが、他にも考えられる理由はあります。内定後に経歴調査をする企業もあります。また、急遽最終面接のあと、本国の採用決定権を持っている方が来日する連絡が日にち指定で来ることも少なくはありません。

そうすると、さらに日にちが先延ばしになることもあるのです。そして、採用稟議に時間がかかるケースも考えられます。日本企業ではあまりみられませんが、外資系企業では稟議自体が下りないこともあります。

支店では人材が必要と感じていても、本国にある本社にとっては必要ないと判断されることもあるためです。これらのことから、外資系企業の採用連絡は1ヶ月以上かかる場合もあり、中には半年経ってようやく採用通知が来たというケースもあることを頭においておきましょう。

面接結果の問い合わせ方法と具体例3つ

1社に絞って就職活動をおこなっている方よりも、何社かを併行して活動している方の方が多いでしょう。やはり大本命の企業に就職がしたい、しかしなかなか採用の連絡が来ないので、他社から内定が来ても先へ進むことができず困るケースはよくみられます。

企業に問い合わせて面接の結果を知ることが出来たら、そのあとの予定も組みやすくなりますが、問い合わせ方法を間違えてしまうと、悪い印象を与えてしまったり、失礼に当たることもあるので慎重におこないましょう。

問い合わせ例①電話

電話で問い合わせるときは、相手の時間をこちらの都合でとらせてしまうことになるので、慎重におこなう必要があります。遠回しに話すのではなく、相手に伝わるように的確かつ、失礼のないようにしましょう。「○月○日に面接をして頂きました※※※でございます。面接の結果はいつ頃でるのかを教えていただきたくご連絡させていただきました」と相手に伝えると、印象も悪くなく結果を知る機会を作ることが出来るでしょう。

ここで間違ってはいけないのが、採用か不採用かの結果を問い合わせるのではなく、面接の結果の日程を聞くようにしましょう。会社の都合によって合否の判断が遅れている場合もあるので、問い合わせの仕方によって、採用担当者がもつ印象が良くも悪くも変わることがあります。

問い合わせ例②メール

【件名】
最終面接の選考結果の問い合わせ:(学校名)自分の名前

【本文】
株式会社○○ 〇〇部 〇〇課 ◯◯様

いつもお世話になっております。
〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇〇です。

先日は貴重なお時間を頂戴し、
面接の機会をいただけたことに心より感謝申し上げます。

〇月〇日の面接結果につきまして、
いつ頃ご連絡をいただけるかをお教えいただきたく、
本日ご連絡をさせていただきました。

ご多忙のところに誠に恐縮ですが、ご連絡いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

(署名)

企業に採用結果を尋ねるときに1番良い方法がメールでの問い合わせ方法と言われています。問い合わせの結果を企業の都合でおこなうことができ、かつ回答にも大きな時間を割くことなく返すことができるからです。直接結果を聞くのではなく、結果の出る時期を聞きたいということと、忙しい中こちらの都合で連絡してしまいお時間をとらせてしまうことを恐縮する文面にしましょう。

問い合わせ例③手紙

電話やメールで問い合わせる際、内容によっては催促しているようにとられてしまうこともあります。気が引けるという方は手紙で問い合わせるのも方法のうちの一つであることを知っておくとよいでしょう。今では一般的に使用されている方法ではありませんが、もともとは手紙で問い合わせるのが一番良いマナーとされていたので、失礼なく合否結果を問い合わせることができるでしょう。

問い合わせ状を送ることにより、選考にプラスの影響を与えるかもしれません。しかし、手紙であれば連絡の行き違いがあるかもしれませんので、その旨を記す必要があります。本文はメールと同じ内容でいいのですが、お問合わせ状という方法で問い合わせるので、挨拶、拝啓や敬具など、手紙を書く上でのマナーにも気をつけましょう。

最終面接の結果連絡が遅い場合は問い合わせよう!

最終面接の結果連絡が遅い場合にはいろいろな可能性が考えられます。すぐに落ちたと決めつけないで、合格の連絡が来た時にどうすべきなのか頭に入れながら就職活動を続けましょう。内定を承諾すればその会社に入社することになるので、ここは時間をかけてもよいところです。

面接結果はいつ届くのか|連絡が来ない場合の対処法と試験中に合否を判断するポイント【問い合わせ例文あり】

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ