面接

面接が不採用だから結果が遅いのか|目安や不採用のサイン5つをご紹介

結果連絡がくるのは大体翌日~2週間後

会社によって選考結果が出るタイミングは違いますが、一般的に結果連絡が来るのは翌日から2週間後となっています。翌日に結果が出る場合、本社で最終判断を下すことのできる役員や人事担当者が面接をし、事務手続きの部署と連携が取れる状況にある企業ならば可能です。結果連絡を待つ間は、時間がとても長く感じるものです。なかなか連絡がこない場合には、どのような理由が考えられるのでしょうか。以下で説明していきます。

結果連絡が遅い理由5つ

最終面接の結果を待つ間、自信がある人なら落ち着いて過ごせますが、少しでも不安要素がある人は待つ時間がとても長く感じるものです。不安な気持ちがある人は、最終面接の結果が遅い理由を知ることで心に余裕を持たせる必要があります。

悪い考えばかりを巡らせても、結果が変わることはありません。企業側の都合などを考慮して結果が遅いことを受け入れることで、連絡を待つ間自分にできることを探しましょう。

①応募者が多い

結果連絡が遅い場合は、応募者が多いという理由が考えられます。応募者が多いとその分選考が長引き、1人1人の評価を見て判断するのに時間がかかるのです。採用人数が多い企業によくみられるパターンと言えます。応募者が多いと面接官などの選考に関わる人数も多くなるため、社員のスケジュール調整も難しくなるのです。

最終的な決定を下す際は上層部の承認が必要であるため、書類の手続きなどが滞っているということも考えられます。規模が小さい企業の場合はそれほど時間がかからないかもしれませんが、大企業の場合は手続きに必要な過程が多く数日では完了しないケースが多いです。

②採用以外の仕事が忙しい

採用以外の仕事が忙しいというのも十分考えられる理由です。企業の人事担当者は採用以外の業務も任されているケースが多いため、採用だけに注力するのは難しいと言えます。「最終結果の連絡をするだけなら早くしてほしい」と思うかもしれませんが、この最終結果の連絡をするというのが最もミスが許されない仕事なのです。

本当にその就活生でいいのかという最終確認や、結果を送る宛先に間違いがないかの確認作業を要します。内定を出してしまうと、企業は簡単に内定取り消しができません。企業側が送信先の間違いなどの人為的ミスを防ぐためにも、焦りは禁物なのです。

③内定を出すかどうか迷っている

企業が内定を出すかどうか迷っている場合も、結果連絡が遅くなります。例えば評価が同程度の就活生が複数いる場合は、採用にする人と不採用にする人の最終的な判断が必要になります。企業に決定的な採用基準があってそれで判断できる場合はスムーズにいきますが、そうでない場合は選考に関わる人が意見を交換しながら決めていくのです。

企業は採用活動に膨大な時間と労力を費やしているため、人材の見極めは慎重におこないます。最終面接の結果連絡が遅くても、こうした企業の考えを理解することで心に余裕を持つことが大切です。

④実は不合格が決定している

これはあまりいい理由ではないですが、不合格が決定している場合も結果連絡が遅くなります。企業が結果を連絡するのは、基本的に合格者が先です。合格者への連絡をできるだけ早くおこなうことで、入社してほしい優秀な人材が他社へ流れないように囲い込みをおこないます。中には、最終面接当日や翌日に合格者に連絡をする企業もあるのです。

企業はあらかじめ採用予定人数を決めているため、内定辞退者が相次いで枠を埋められなくなることを避けようとしています。就活生が他の企業から先に連絡をもらい内定を決めてしまうと辞退される確率が高まるため、できるだけ早く連絡をおこない入社に繋がるようにしているのです。そのため、結果的に不合格者への連絡は後回しになるケースが発生します。

⑤辞退枠を埋めるためにキープされている

はっきり不合格と言えるわけではありませんが、内定辞退者が出たときの補欠としてキープされている可能性もあります。上記でご紹介したように、企業は採用する予定人数をあらかじめ決めて採用活動をおこなっています。そのため、内定を出す際は、内定辞退者数を考慮して実際の採用人数より多めに内定を出すのが一般的です。

合格者に連絡をして、その場で辞退されるケースももちろんあります。そのような場合は、繰り下げ的に補欠の就活生に内定の連絡をするのです。内定辞退者が出たから採用されるというケースの他にも、最終面接後のお礼メールやお礼状などがプラスに働き合格になる場合もあります。最後まであきらめないことが大切です。

面接官が出す不採用のサイン5つ

面接は筆記試験と違いはっきりした答えがないため、終了後自己採点ができません。結果を待っている間、面接官の質問や自分の受け答えを振り返り自問自答することもあるでしょう。しかし、あなたにとって正解の受け答えでも面接官にとっては不正解であることもあります。面接官は、ふとした態度や言葉から「不採用のサイン」を出しているものです。下記に挙げる態度などに思い当たれば、不採用となる可能性が高いかもしれません。

①質問に答えても反応が悪い

面接官が出す不採用のサイン1つ目は「質問に答えても反応が悪い」です。一般的に、採用の判断は時間をかけて慎重におこなわれますが、不採用の判断は面接の序盤である2、3の質問で決まることも多くあります。

面接官は面接中に不採用を言い渡すことはめったにありませんが、いったん不採用を決めてしまうと途端にその学生から興味を失くすこともあるのです。そのような場合は、当初から予定していた質問を機械的に進められることもあるため、質問に答えても反応が悪い場合は不採用のサインかもしれません。

②メモを取らない

面接官が出す不採用のサイン2つ目は「メモを取らない」です。面接官はほとんどの場合、その場で採用の判断はせずに、事後面接で収集した情報をもとに複数で協議して決定します。面接中の学生の受け答えや態度は判断材料となるため、面接官はメモを取ることで正確な情報を残そうとします。

しかし、面接中に不採用の判断をしてしまった学生に対しては、これ以上判断材料となる情報を収集する必要がなくなります。面接官が途中から一切メモを取らなくなった場合は、不採用のサインである可能性が高いです。ただし、社長や役員がおこなう最終面接や、候補者が極端に少ない場合などはこの限りではありません。

③アピール内容を否定される

面接官が出す不採用のサイン3つ目は「アピール内容を否定される」です。面接は様々な形式があり、ケース面接、圧迫面接など学生にとってプレッシャーのかかるものもあります。中には、質問に対する答えをわざと否定することで学生がどのような反応を示すかを観察する手法もあるのです。

質問に対する回答ではなく、自己PRや志望動機など、企業に対するアピールそのものを否定されてしまった場合、不採用のサインである可能性が高いと思われます。自己PRや志望動機は、学生にとっては企業選びの軸を示すものであり、企業にとっては選考の軸と言っても過言ではありません。もちろん、中には意図的に否定的な態度をとって学生の志望意欲を評価することもあるため、決めつける必要まではありません。

④質問に対する回答が大まか

面接官が出す不採用のサイン4つ目は「質問に対する回答が大まか」です。面接の最後には必ずと言っていいほど、逆質問の時間が設けられます。これには、学生の志望意欲を確認するとともに、疑問を解消してミスマッチを防ぐ目的があります。

面接中に不採用の判断を下した学生の場合は、採用後のミスマッチの心配がないため大まかな回答をする面接官もいるのです。逆質問の際に大まかな回答しか得られないと感じた場合、不採用のサインかもしれません。

⑤仕事に関係のない話題が多い

面接官が出す不採用のサイン5つ目は「仕事に関係のない話題が多い」です。よく、「面接で楽しく会話が弾んだのに不採用だった」「厳しい話ばかりだったので不採用を覚悟していたら採用された」などという声を耳にします。

面接官は面接中に不採用の判断をした場合、これ以上仕事に関係する話はせずに、趣味に話や天気の話題など学生を評価するのに関係の薄い話題を選択することがよくあります。理由は大きく以下の2つです。面接の途中から仕事に関係の会話題が増えてきたときは、不採用のサインかもしれません。

・不採用を決めた学生に対してはこれ以上評価をする必要がないため
・不採用の学生は将来的なお客様(取引先)になるケースもあるので、これ以上厳しい面接をすることで企業イメージを損なわないため

面接の結果連絡が遅いときにしておくこと

前述の通り面接を受けてから採用の通知が来るまでは翌日~2週間程度ですが、企業によって違いがある上、状況によっては通知が遅くなる可能性もあります。志望度が高い企業ほど、結果を待つ期間が長く感じられるものです。そこで、面接の結果連絡が遅いと感じた際にしておくべきことを整理しておきましょう。

不採用を想定して新たな受験企業を探す

多くの企業において面接は絶対評価ではなく、一定の水準を設けたうえでの相対評価となります。つまり、あなたがどれだけ優秀でも、それ以上に優秀な人物がいれば内定を勝ち取れないこともざらにあります。面接を受けた企業が不採用になってから次を探していては、チャンスを失うことにもつながりかねません。面接後は気持ちを切り替えて、新たな受験企業を探すなどの行動を始めておきましょう。

採用担当者が話した期間は結果を待つ

面接の最後には、「結果は〇日後を目途にご連絡します」など、返答期日を伝えてくれる企業もあります。企業へ合否結果の問い合わせをすること自体はルール上問題ありませんが、ますは提示された期間は待つ姿勢が大切です。志望意欲が高い企業ほど結果を待つ時間が長く感じるものですが、1日でも早く結果を知りたいと気がはやり期日前に問い合わせてしまうと、心証を悪くすることがあるので注意しましょう。

志望度の低い会社から内定が出ても安易に入社を決めない

第一志望の企業からの結果連絡を待つ間に他の企業から内定通知を受けた場合、安易に入社を決めてしまわないようにしましょう。早く就職活動を終わらせたいと考える就活生は多いです。

しかし、そこで1日も早く終わらせたい思いから最初に内定通知が出た企業への入社を決めてしまうことは、長い目で見ると得策ではありません。内定を出してくれたことに感謝しつつ、第一志望の企業の結果がでるまで返事を待ってもらうように交渉することがおすすめです。

面接結果の問い合わせ方法と具体例3つ

1社に絞って就職活動をおこなっている方よりも、何社かを併行して活動している方の方が多いでしょう。やはり大本命の企業に就職がしたい、しかしなかなか採用の連絡が来ないので、他社から内定が来ても先へ進むことができず困るケースはよくみられます。

企業に問い合わせて面接の結果を知ることが出来たら、そのあとの予定も組みやすくなりますが、問い合わせ方法を間違えてしまうと、悪い印象を与えてしまったり、失礼に当たることもあるので慎重におこないましょう。

問い合わせ例①電話

電話で問い合わせるときは、相手の時間をこちらの都合でとらせてしまうことになるので、慎重におこなう必要があります。遠回しに話すのではなく、相手に伝わるように的確かつ、失礼のないようにしましょう。「○月○日に面接をして頂きました※※※でございます。面接の結果はいつ頃でるのかを教えていただきたくご連絡させていただきました」と相手に伝えると、印象も悪くなく結果を知る機会を作ることが出来るでしょう。

ここで間違ってはいけないのが、採用か不採用かの結果を問い合わせるのではなく、面接の結果の日程を聞くようにしましょう。会社の都合によって合否の判断が遅れている場合もあるので、問い合わせの仕方によって、採用担当者がもつ印象が良くも悪くも変わることがあります。

問い合わせ例②メール

【件名】
最終面接の選考結果の問い合わせ/◯○大学◯○ ◯◯

【本文】
株式会社○○ 〇〇部 〇〇課 ◯◯様

いつもお世話になっております。
〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇〇です。

先日は貴重なお時間を頂戴し、
面接の機会をいただけたことに心より感謝申し上げます。

〇月〇日の面接結果につきまして、
いつ頃ご連絡をいただけるかをお教えいただきたく、
本日ご連絡をさせていただきました。

ご多忙のところに誠に恐縮ですが、ご連絡いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

(署名)

企業に採用結果を尋ねるときにおすすめの方法は、メールでの問い合わせです。問い合わせの結果を企業の都合でおこなうことができ、かつ回答にも大きな時間を割くことなく返すことができるからです。直接結果を聞くのではなく、結果の出る時期を聞きたいという内容にしましょう。

問い合わせ例③手紙

電話やメールで問い合わせる際、内容によっては催促しているようにとられてしまうこともあります。気が引けるという方は、手紙で問い合わせるのもひとつの方法です。問い合わせ状を送ることにより、選考にプラスの影響を与えるかもしれません。しかし、手紙は連絡の行き違いになる可能性があるため、その旨を記す必要があります。また、挨拶、拝啓や敬具など、手紙を書く上でのマナーにも気をつけましょう。

最終面接の結果連絡が遅い場合は問い合わせよう!

最終面接の結果連絡が遅い場合にはいろいろな可能性が考えられます。すぐに落ちたと決めつけないで、合格の連絡が来た時にどうすべきなのか頭に入れながら就職活動を続けましょう。内定を承諾すればその会社に入社することになるので、ここは時間をかけてもよいところです。

面接結果はいつ届くのか|連絡が来ない場合の対処法と試験中に合否を判断するポイント【問い合わせ例文あり】

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ