就活その他

【マーケティング会社ランキング】売上高と各社の特徴をご紹介

マーケティング会社に就職するには情報収集が大切

マーケティング会社は、就活生に人気が高い業界のひとつでもあります。マーケティングをひと言で表すと「商品が効率的かつ継続的に売れるように、市場調査や販売戦略を実行すること」です。市場のトレンドをいち早くキャッチして、商品を売るための仕組みづくりを考えます。情報を素早く的確に収集する力が求められる仕事です。

マーケティング会社の新卒採用では、情報収集に長けている人物が求められます。マーケティングで最も重要といわれているのが情報収集です。情報収集は企画力や分析力にもつながり、マーケティングの基礎ともいえます。マーケティングの対象となる商品は、物だけではなくサービスも含みます。

様々な商品の知識を身につけ適切な客層に販売するために、より効果的な販売戦略を立案して、利益を上げるための施策を実行します。マーケティング会社に就職するためには、情報収集力は必須スキルといえるでしょう。

マーケティング会社の仕事とは

それでは実際に、マーケティング会社がどのような事業をおこなっているのか解説していきます。マーケティングとは、商品が売れるように市場調査や販売戦略を考えることです。マーケティング会社は主に、消費者のニーズを調査する市場調査活動、分析結果に基づいて販売戦略を企画する戦略立案、打ち出した戦略の見直しや改善などをおこないます。

そして、クライアントに依頼される案件の内容に合わせて、より効果的な販売戦略を提案します。そのため、クライアントに提案するプレゼンテーション力も必要になります。データを分析し、最も効果的であると判断した戦略であっても、途中経過でいい結果が出ていない場合は、改善の提案と追加施策をしなければなりません。戦略を考えて打ち出すだけではなく、販売された後の動きも調査し、改善を繰り返していくことも、マーケティング会社の仕事に当たります。

情報収集や分析を行う

マーケティング会社では、主に情報収集や分析をおこないます。あらゆる施策を効果的に打ち出すためにも、情報収集と分析は重要な業務になるのです。市場にどのような需要があるのかキャッチして、商品がどのような市場であれば売れるのかを考えます。

過去データを集め、分析をし、シミュレーションを重ね、販売戦略として打ち出すことも一連の流れです。マーケティング会社では、情報収集力と分析力は最も重視されます。新卒採用においても、トレンドや流行をキャッチすることが好きな人や、データや経験を分析して企画することが得意な人が好まれる傾向にあります。

マーケティング会社に就職したいと考えている人は、自身のアピールポイントに情報収集力や分析力を裏付けるエピソードを絡めて伝えると、マーケティング業界に向いている人物だと思われやすくなり、印象がよくなるでしょう。

売れるための戦略を立案する

情報収集や分析をおこなった後は、商品が売れるための戦略を立案します。商品をたくさん売るために、ただ販売経路を策定して販売するだけでは、売り上げに貢献することは難しいです。ヒットする商品を売るためには、需要と供給がマッチする市場に売り出さなければなりません。

そのためには、情報収集をして得たデータを分析して、分析結果に基づき利益を上げるための戦略を立案することが必要です。そして、立案するということは、その商品の開発者、営業部、クライアントなどにプレゼンをするということになります。

情報収集、分析、戦略立案の総結集をプレゼンして承認を得なければなりません。このように、マーケティングは、プレゼン力や交渉術が必要になる場面があります。説得力のある論理的な伝え方ができると大変有利です。

マーケティング会社の売上高ランキング

それでは、マーケティング会社の売上高ランキングを見てみましょう。売上が高いということは、扱う案件数や取引会社も多く、顧客との案件が常に安定して発生しているということです。担当する業務が多く、多忙なイメージがありますが、知名度が高い企業には規模の大きい案件が集まります。

大きな事業に挑戦したい方にはもってこいの環境です。ランキングには、名の知れた企業ばかりがランクインしています。業界のリーダー的存在の企業を知ることで、企業のことだけではなく業界の動向も知ることができます。企業の立ち位置や業界の動きがわかると、自然と企業の独自の特徴が見えてきます。入社後のミスマッチを防ぐためにも効果的な研究になります。

①インテージ

マーケティング会社の売上高ランキング第1位はインテージです。企業HPによると、資本金は4億5,000万円、従業員数は849名(2018年3月31日現在)です。売上高は504億円(2018年3月期連結)となっています。

主な事業内容は「マーケティング支援事業(消費財・サービス)、独自に収集した各種パネル調査やカスタムリサーチから得られたデータを基に、高度なリサーチ技術やデータ解析力などを駆使し、消費財メーカーをはじめとする多種多様なお客様企業のマーケティング活動をトータルサポートすること」です。

マーケティング会社売上高ランキング第1位はインテージが輝きました。圧倒的な売上高を誇るインテージは、平均勤続勤務年数(2016年度実績)は、一般職男性は8.63年、一般職女性は7.48年であると公表しています。その内、幹部職男性は16.18年、幹部職女性は17.41年となっており、勤続年数が長いことが特徴の企業です。働きやすい環境と、キャリアアップの充実さが見受けられます。

②マクロミル

マーケティング会社の売上高ランキング第2位はマクロミルです。企業HPによると、資本金は6億7,400万円(2017年6月末時点)、従業員数は連結1,890名、単体893名(2017年6月末現在)です。売上高は355億1,400万円(2017年6月期)となっています。

な事業内容は「マーケティングリサーチ事業(インターネットリサーチ、FGI/DI、CLT、HUT等のオフラインリサーチ、調査企画、集計、分析)、グローバルリサーチ事業、デジタルマーケティングリサーチ事業、データベース事業(購買データベース、ライフスタイルデータベース)、セルフ型リサーチASP事業、その他マーケティングに関するコンサルティング事業」です。

売上高ランキング第2位のマクロミルは、第1位のインテージの売上には及びませんが、それでも約355億円の売上を誇ります。規模の大きい案件に携わってみたい方におすすめの企業です。マクロミルの役員及び管理的地位にある者に占める女性はの割合は10%で、全体125人のうち女性が13名(2017年7月時点)です。女性のキャリアアップにも注力している企業です。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

③クロスマーケティング

マーケティング会社の売上高ランキング第3位はクロスマーケティングです。企業HPによると、資本金は5億6,285万円(2016年12月31日時点)、従業員数は1,414名(2016年12月31日時点)です。売上高は167億5,809万円(2017年12月期実績/連結)となっています。

主な事業内容は「マーケティングリサーチ事業。お客様の新商品開発やブランド戦略、プロモーション、価格設定等の多様な課題に対して、数ある手法の中でも特にネットリサーチに強みを持ちながら、最も適したマーケティングリサーチ手法を企画・提案し、調査設計・実査・分析・レポーティングまで一連のサービスを提供しています。事業活動に不可欠なマーケティング活動を、様々な手法によって全面的にサポートし、お客様のビジネスを成功に導きます」とのことです。

クロスマーケティングは、2003年、東京都渋谷区に設立されました。平均年齢が35歳で、若い世代が活躍している企業です。設立して15年もたたずして、売上高167億円を突破した勢いのあるマーケティング会社です。

④サーベイリサーチセンター

マーケティング会社の売上高ランキング第4位はサーベイリサーチセンターです。企業HPによると、資本金は6,000万円、従業員数は正社員231名、契約スタッフ429名(2018年3月1日現在)です。売上高は66億円(2017年度)となっています。

主な事業内容は「企業、公的団体に関する市場・世論調査の企画・実施・分析。マーケティング情報システムおよび各種分析モデルの設計・製造。マーケティングに関するコンサルテーション。各種研究開発」です。

第4位はサーベイリサーチセンターがランクインしました。サーベイリサーチセンターは女性の管理職に占める割合が全体の8.1%(2017年2月15日時点)と高く、女性のキャリアアップに力を入れている企業です。

⑤日経リサーチ

マーケティング会社の売上高ランキング第5位は日経リサーチです。企業HPによると、資本金は3,200万円(日本経済新聞社100%出資)、従業員数は190名(2018年1月)です。売上高は60億円(2017年12月期)となっています。

主な事業内容は「市場調査、社会調査、世論調査、企業調査、経済データの収集・メンテナンス、調査に関するシステム開発、コンサルティング、データ集の発行」です。第5位は日経リサーチがランクインしました。

日経リサーチは、株主構成が日本経済新聞社が100%の会社です。平均年齢は42.4歳で、平均勤続年数は14.3年です。1970年、日本経済新聞社が設立した株式会社マーケティング・オペレーションセンターが基になっています。

自分はマーケティング会社に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、マーケティング会社に向いているのか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分とマーケティング会社との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がマーケティング会社に向いているタイプか、診断してみましょう。

マーケティング会社のランキングを就活に役立てよう

マーケティング会社の売上高ランキングはいかがでしたか。売上が高い企業は、業界におけるリーダー的存在でもありますし、何よりも知名度があるので、大きな案件に挑戦できる環境があります。やりがいもあり、得られる達成感も大きいです。

マーケティング会社では情報収集力や分析力が重視されます。新卒採用の採用試験では、マーケティング業界のことに熟知していない応募者は、情報収集力がないと見なされ、マーケティング会社に入社するにはふさわしくない人物と判断される可能性が高いです。

マーケティン会社がどのような人物を求めているのかを考え、企業のニーズを分析することも大切です。ランクインしている企業の研究はもちろんのこと、業界の特徴や特性も知ることで、マーケティング業界の知識も重ねていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ