就活その他

【就活を彼女と一緒に乗り切る方法とは】心得3つと2人でできるストレス発散方法をご紹介!

就活中の彼女との付き合いに悩む人は多い

就活では忙しいことも多いですし、プライベートな時間を持つことも難しく、彼女との関係に悩む人は多いです。忙しさのあまり彼女に会える時間も少なくなりますし、彼女どころではなく、就活の焦りなどから関係がギクシャクする場合もあります。

しかしプライベートが充実していないと、就活に臨むモチベーションが下がってしまうことも多く、結果的に就活でも上手くいかないことも多いです。上手に就活を進めるためには、就活に力を注ぐことはもちろん、プライベートも充実させなければなりません。

就活は大変なものであり、大変だからこそ彼女と協力して進めていくことが大切です。就活を彼女と一緒に乗り切る方法を知り、就活もプライベートも上手に進めていきましょう。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

彼女と喧嘩してしまう原因

就活を彼女と一緒に乗り越えるためには、まずは何が原因で関係がぎくしゃくしてしまうのか、喧嘩してしまうのかを知っておくことが大切です。普段は仲が良く、喧嘩をしたことがないカップルであっても、就活時期になると途端に仲が悪くなり、喧嘩をしてしまうこともあります。

就活時期は特に喧嘩が起こりやすいですし、それが原因で別れてしまうことも少なくありません。喧嘩の原因は何かを知って、どうすれば喧嘩をせずに済むかを知っていきましょう。

干渉され過ぎるのが負担

就活中に彼女と喧嘩をしてしまう原因としては、干渉され過ぎるのが負担になることが考えられます。就活は自身の将来を決める大切なものであり、真剣に取り組まなければなりません。自分の将来についてを真剣に考えることはもちろん、彼氏の将来もしっかりと考えたい人は多いです。

彼女からまるで親のように進路や就活について口出しされ過ぎるのが負担で、つい冷たく当たってしまい喧嘩になってしまうことは多いです。自分の将来を自分で決めることは大切ですが、特には他人の意見に耳を傾け、視野を広げることも必要になります。

彼女も親切心で言っていることですので、気にしすぎないことが大切であり、むしろ感謝の気持ちを持つことが大切です。

就活のストレスをぶつけてしまう

就活のストレスをぶつけてしまうことも彼女と喧嘩をしてしまう原因の1つです。就活中は忙しく動き回らなければなりませんし、やらなければならないこともたくさんあります。やるべきことも多く、生活が不規則になってしまい疲れもたまりやすいですし、説明会や面接など、緊張度の高い場に行く機会も多く、それもストレスになります。

就活中はストレスがたまりやすい時期でもあり、そのストレスから八つ当たりしてしまい、それが原因で不仲になってしまうことも多いです。普段であれば気にならないことも、ストレスがたまっていると気になったり、喧嘩の原因になる場合もあります。お互いにイライラしていることも多く、些細なことから大喧嘩になってしまうこともあります。

恋愛より就活を優先してしまう

就活では相手のことが気になって干渉しすぎ、それが喧嘩の原因になる場合もありますが、反対に就活が原因で疎遠になることもあります。就活は忙しいですし、彼女と会っている時間を捻出することも難しく、また面倒に感じてしまう人も多いです。

彼女と会っている時間があれば、履歴書を作成したり、業界、企業研究などを進めて就活に役立てたいと考えてしまう人はたくさんいます。

二人の事よりも就活を優先し、疎遠になってしまい、それが喧嘩の原因になることがありますので注意しなければなりません。就活ではお互いの距離感が崩れやすいですし、適切な距離感を保つことが大切です。干渉しすぎだけではなく、干渉しなさ過ぎも喧嘩の原因になりますので注意しましょう。

彼女と一緒に就活を乗り切る心得3つ

彼女と一緒に就活を乗り越えるためには、喧嘩をしないことが大切ですが、それだけでは二人で就活を乗り越えることはできません。喧嘩は不仲の直接的な原因になりますが、喧嘩をしていないからといって、必ずしも関係が良好になるわけではないので注意が必要です。

喧嘩をしなければいいのではなく、上手に付き合っていくためにはどうすればいいかを考えることが大切です。彼女と一緒に就活を乗り越える心をを知って、上手に就活を進めていきましょう。

①就活の重要さを共有する

彼女と一緒に就活を乗り切る心得としては、就活の重要さを共有することが挙げられます。お互いが就活中の場合は、就職活動が今後の人生を大きく左右するものであり、今が大事な時期であることを認識し合うことが大切です。

就活に対しての価値観や捉え方がずれていると、二人の間に距離や溝ができやすいですし、それが不仲の原因になってしまいます。お互いに就活を成功させるためにも、共通理解で就活は重要であると認識することが大切です。

また、自分が就職中の場合は、彼女に就職することの重要性をきちんと説明し、理解してもらう必要があります。実際に就活をしてみなければ就活の重要性は理解できない場合も多いので、事前にしっかりと話し合って、就活の大事さを説明しておきましょう。

②冷たい態度をとらない

冷たい態度をとらないことも、彼女と一緒に就活を乗り切る心得の1つです。就活は大切であり、その重要性に共通理解を持つことが大切ですが、就活が大事なものだからといって相手をないがしろにしてはいけません。就活が大事=それ以外のものが大事ではないとはなりませんし、彼女も変わらず大事であると考えることが大切です。

冷たい態度を取ってしまうと、就活中でなくても関係は悪くなりますし、将来を決める場で冷たくされると、余計に関係は悪くなりやすいです。就活を大切にすることは変わりませんが、それだけではなく、彼女も大切にする必要があります。相手に対して思いやりの気持ちをもつことが大事ですので、就活の忙しさを理由に彼女に冷たく当たらないようにしましょう。

③会えない時間も楽しむ

就活中は忙しいですし、プライベートな時間を作るのが難しくなります。就活中の優先順位は就活が最も上位にきますし、プライベートな時間は後回しにされてやすいです。自分一人が就活の場合でも彼女と会うのは難しいですが、お互いに就活だと余計にスケジュールも合わせづらく、会えない時間も長くなってしまいます。

しかしなかなか会えないからといって、そのまま疎遠になってしまうのは良くありませんし、それを理由に相手を責めるのもNGです。就活は忙しいので、普段よりも会えなくなるのは当然であり、会えない時間も楽しむことが大切です。

会えないからと相手への気持ちを切ってしまうのではなく、相手のことを想いながら就活に取り組んでいきましょう。

2人でできる就活のストレス発散方法

就活中は忙しく、疲れやストレスがたまってしまう場合も多く、そのストレスが不仲の原因となることが多いです。ストレスがたまってしまうと、どうしてもイライラしてしまいますし、彼女に対して八つ当たりをしてしまったり、冷たくもなりやすくなります。

ストレスがたまるのは仕方のないことですが、それをためこまずに上手に発散することが大切です。彼女と一緒にストレス発散をすることで、より距離を縮めることができますので、2人でできるストレス発散方法を知っておきましょう。

美味しいものを食べに行く

2人でできる就活のストレス発散方法としては、美味しいものを食べに行くことが挙げられます。近所で構わないので、一緒においしいものを食べて感情を共有することでストレスを発散できますし、2人の距離を縮めることもできます。

就活中は忙しく、ゆっくりと食事をしている時間がない場合も多いので、ゆっくり食事をするだけでも疲れを癒すことは可能です。就活中は食生活などが乱れている場合も多く、それがストレスや疲れの原因である場合も多いです。

栄養バランスが悪くなっていると、体の調子も悪くなりますし、それでは就活を上手に進めることもできません。就活で頑張るためにもエネルギーを蓄えることは大切ですので、おいしいものを食べてエネルギーを補給していきましょう。

一緒に汗を掻く

一緒に汗を掻くことも、2人でできる就活のストレス発散方法の1つです。近くの公園までサイクリングをしたり、レジャー施設でちょっと汗をかいたりするだけで気分がリフレッシュしますので、ストレスを発散することができます。

運動をすることでストレスが発散できるだけではなく、2人で一緒に何かをすることで仲を深めやすいですし、距離を縮めることもできます。お互いに関係がギクシャクしている場合でも、運動をしてみれば綺麗さっぱり忘れられる場合もあるので、ストレス発散だけではなく仲直りの手段としてもおすすめです。

汗を掻くことでストレスの発散にもなりますし、連帯感を深めることができますので、リフレッシュした気持ちで就活を続けることができます。

カラオケに行って思い切り歌う

ストレス発散の手段としては定番ですが、カラオケに行って思い切り歌うのもおすすめです。思い切り声を出すと気分がスッとするので、一緒にカラオケでストレスを発散してみましょう。

就活中はマナーを守るためにも、静かにしていなければならない場合も多いですし、本音を抑えて建前で話さなければならないことも多いです。言いたいことがいっぱいたまってしまうと、それだけでストレスになりますし、大声を出してもやもやをすべて出し切ることが大切です。

もちろん大声を出しすぎて喉を枯らしてしまい、面接などに影響しないように注意をしなければなりません。翌日が面接などでなければ思い切り歌っても問題はありませんので、たまったストレスを発散するためにも、大声で歌いましょう。

就活は彼女と2人で協力して乗り越えよう

就活は大変なものであり、乗り切ることが難しいものです。そのため就活に加えて彼女のことまで考えなければならないとなると面倒に感じてしまう人は多く、就活が原因で仲が悪くなってしまうことも多いです。

就活は1人で乗り切るのは大変ですが、2人で力を合わせればスムーズに乗り越えることができますし、支えがあることで就活へのモチベーションも違ってきます。就活中はお互いに支え合い、協力して就活を進めていくことが大切です。就活は彼女と協力し、2人で一緒に乗り越えて、お互いの仲をさらに深めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ