職種研究

国税専門官の志望動機の書き方【例文や注意点付き】

国税専門官になるには志望動機が重要

国税専門官は国家公務員の一種であり、就職するには志望動機が特に重要視されます。国税専門官という名前から、税金に関する仕事ということは分かりますが、実際の業務を詳細まで把握している人は少ないでしょう。

国家公務員は安定性の高さなどから人気が高いですが、地方公務員よりも難易度は高く、就職するには事前に念入りな対策をおこなわなければなりません。国税専門官も難関な職業のひとつであり、念入りに対策しておかなければ、就職を勝ち取るのは難しいので注意が必要です。

国税専門官とは

志望動機を考える上で、まずはその職業について理解を深めることが大切です。国税専門官は国家公務員として人気が高いですが、実際にはどのようなものなのか、正しく把握できている人は少ないでしょう。

職業についての理解ができていなければ、志望動機を作成することはできず、志望意欲などを伝えるのも難しいです。仕事への理解をしっかり深めた上で就職を決めることが大切なので、国税専門官の仕事や役割について把握していきましょう。

税金のプロフェッショナル

国税専門官とは、簡単に言えば税金のプロフェッショナルであり、税金に関わるさまざまな業務をおこないます。取り扱うのは所得税や法人税、相続税などの直接中央税(直接国税)と呼ばれるものと、消費税や酒税など、間接中央税(間接国税)と呼ばれるものの2つです。

それぞれ種類は違いますが国税として分類されるもので、これを取り扱うことから国税専門官と言われています。就職先としては、税務署や国税局、国税庁などが挙げられ、それぞれで業務内容なども異なります。

税金のプロとして業務を遂行するため、税金に関する知識はしっかり身につけておかなければなりません。職業そのものへの理解を深めるのはもちろん、税金関係の勉強も並行しておこないましょう。

3つの役割に分かれる

国税専門官は3つの役割に分かれています。国税調査官、国税徴収官、国税査察官です。それぞれで仕事の範囲も異なります。

国税調査官
・税の申告の調査や申告に関する指導

国税徴収官
・税の督促や滞納処分、納税の指導

国税査察官
・脱税の嫌疑者に対して家宅捜索などをおこない、摘発する

それぞれで役割は異なりますが、特徴的なのが国税査察官でしょう。国税査察官は、裁判官から許可を得て強制捜査をおこなうことができ、脱税者を刑事犯として告発する権限を持っています。同じ国税専門官でも、役割ごとに特徴が大きく違うことは理解しておきましょう。

国税専門官の志望動機の書き方

志望動機は、内容だけではなく書き方も大切です。仮に同じ内容でも書き方を少し変えるだけで与えられる印象は異なり、評価も違ってきます。内容はよかったとしても、書き方次第ではアピール力が下がってしまうこともあるため、いかに上手に書き、アピールできるかが、高評価を獲得するカギです。

書き方のポイントを把握していれば、志望動機の作成もスムーズに進められます。上手な書き方を把握して、アピール力の高い志望動機を作成しましょう。

興味を持ったきっかけを提示

国税専門官は公務員の中でも特殊な仕事と言えるため、なぜ志望しようと思ったのか、興味を持ったきっかけから述べることが大切です。志望動機は根本的な部分から語ることが大切であり、きっかけ部分を述べることでより志望度の高さを明確にできます。

なぜ志望するのかという明確な理由がなければ、就活用に用意したと思われ印象がよくありません。就活用に志望動機を考えること自体は悪くはありませんが、それが採用担当者に伝わるとマイナスに働くので注意が必要です。興味を持ったきっかけは、些細なものでも問題はありません。「公務員は安定しているから」などの理由はNGですが、伝えても問題ないきっかけであればマイナスにはならないでしょう。

仕事への理解を示す

国税専門官で志望動機が重要視されているのは、きちんと仕事を理解した上で、志望しているかを見るためでもあります。そのため、仕事への理解を示すことが大切であり、どのような点を魅力に感じて志望したのかなど、根拠となる部分を具体的に述べましょう。

どのような仕事がしたいか、何に魅力を感じているかを明示することが大切です。仕事を理解した上で志望していることが伝われば、より好印象を与えやすくなるため、志望動機には必ず仕事のビジョンを含めましょう。

どのように活躍できるのかをアピール

志望動機では就職の意欲や仕事へのやる気、理解などを示すことが大切ですが、それだけではなく、いかに活躍できるかを伝えることも重要です。新卒では人柄や成長力などが重視されているとはいえ、能力が全く不要なわけではありません。

高い能力があり、即戦力として活躍できるならそれに越したことはなく、十分な能力があれば採用メリットが高いと判断され、より高評価をにも繋がります。どのように活躍するかを伝える際は、できるだけ具体的に述べることが大切です。

自分にはどんな能力、人柄があるかを簡単に提示し、それが仕事でどのように活かされるのかを具体的にアピールしましょう。仕事で活躍する姿をイメージさせることができれば、高評価も獲得できます。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

国税専門官の志望動機を考えるには

生活に税金が関係することは多いものの、それを扱う国税専門官と関わる機会は少なく、イメージが持てない人も多いでしょう。国税専門官がそもそもどんなものか分からないため、志望動機を作成できないという人はたくさんいます。志望動機は書き方も大切ですが、そもそも題材を見つけなければなりません。国税専門官の志望動機を書くためには、何をすればいいのか知っておきましょう。

説明会に参加する

国税専門官への理解を深めるためには、説明会への参加がおすすめです。民間の企業と同じように、公務員でも適宜説明会は開催されており、それに参加することで国税専門官について、公務員という仕事についての理解を深められます。

ネットなどで情報を集めることもできますが、生の情報に勝るものはなく、効率的に理解を深められるのが大きなメリットです。民間のように、説明会に参加したからといって、選考で有利になるということはありませんが、仕事への理解を深めやすいという点は、大きなメリットでしょう。

税務署訪問もおすすめ

説明会以外では、税務署訪問をおこなうのもおすすめです。税務関係の仕事を覗くことで、国税専門官についての理解も深められます。税務署は国税専門官の職場のひとつであり、実際に働いている人と話ができる場合も多いです。説明会よりも規模が小さくなることが多く、よりピンポイントで情報を集められるため、さらに深堀りした職業理解が得られます。

また、国税専門官として就職すれば税務署勤務になる可能性もあるため、事前に職場の様子、雰囲気を見ておくのもおすすめです。仕事への理解が深まり、志望動機に役立てやすいだけではなく、職場の雰囲気も見られるため、よりリアルに仕事をイメージしやすいでしょう。

国税専門官の志望動機の例文

私は国税専門官でも国税調査官として働き、多くの人が抱える税金悩みを解決したいと考えています。私の父は個人事業主であり、毎年税金の申告などで頭を抱えていました。父のように税金関係で悩む人は多いだろうと思い、それを解決できる存在になりたいと思ったのが志望したきっかけです。
近年フリーランスとして働く人も増えているため、税金申告の指導をさらに強化して、納税に関する悩みを少しでも減らしたいと考えています。大学時代は父の仕事を手伝い、経理として税金関係の知識を身につけました。実際に現場で得た知識を活かして、親身に相談に乗り、スムーズに悩みを解決して活躍したいと考えています。

例文では、国税調査官として働きたいとアピールしています。国税専門官の中にもさまざまな種類がありますので、限定して志望することで、より明確な志望動機となっています。また、なぜ国税調査官なのかという理由も、過去の経験から説明できており、印象はいいでしょう。

国税調査官が抱える現状や社会全体の流れなどを把握した上で、どんな仕事がしたいかが述べられており、仕事への理解度の高さが示せています。最後にはどのように活躍したいかも明確にアピールできており、採用メリットを十分に伝えられている例文です。

国税専門官の志望動機を考える際の注意点

志望動機を考える際には注意点もあり、それが守れていなければマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。上手に書けてしたとしても、マイナスのポイントが少しでも含まれていると、アピール力が弱くなってしまうので注意しなければなりません。

魅力的な志望動機とするには、いかにプラスを増やし、マイナスを減らせるかが重要です。注意点を把握して、マイナスの印象を与えない志望動機を作成しましょう。

偏った考えはNG

国税調査官に限らず、公務員は公共性が求められる仕事であるため、偏った考えを持っているのはNGです。たとえば国税査察官は、刑事告発の権限を持っていますが、「国税査察官として、脱税者という悪を根絶したい」など、過激な志望動機は避けましょう。

国税査察官自体も、悪の撲滅を目的として仕事をしていますが、犯罪者を追い詰めることだけが仕事ではありません。犯罪を摘発して抑止力となることも役目であり、過激過ぎる思想を持っていると、暴走して悪事に手を染めてしまうと思われる可能性もあります。

公務員は公共性、公平性を大切にしなければならない仕事ですので、偏った考えを述べるのではなく、多くの人が共感できる理由を志望動機として伝えましょう。

仕事への理解度が低いと印象がよくない

志望動機は簡単に言えば就職への意欲をアピールするものであり、意欲を伝えるには仕事そのものを理解しておかなければなりません。仕事への理解度が低ければ、就職の意欲をアピールする気持ちが薄い=志望度も低いと判断されるので注意しましょう。

国税専門官は馴染みの薄い特別な仕事であるだけに、就職を目指すのであれば仕事への理解は特に重要視されます。仕事への理解が低いと、志望度が低いだけではなく、公務員という安定性を求めて志望しているのではないかとも思われかねないので注意が必要です。

安定性を求めて仕事を決めるのは問題ありませんが、それが採用担当者に伝えるとよくありませんので、仕事への理解をしっかり深めてから選考に臨みましょう。

国税専門官の志望動機は仕事の理解度などが重要

国税専門官は、簡単に言えば税金のプロです。国税を取り扱い、税金に関わるさまざまな業務をおこないますが、役割はさらに細分化されており、仕事内容は多岐にわたります。普段の生活の中ではあまり馴染みのない仕事であるため、就職を目指すのであれば、まずは仕事についての理解をしっかり深めておかなければなりません。

仕事への理解が低いと、志望動機のアピール力が低くなるだけではなく、万が一就職できた場合でも、理想と現実のギャップに苦しんでしまう可能性もあります。仕事を正しく把握していなければ、本当に自分に合った仕事なのか判別することもできません。

自分に合った仕事を探し、選考の合格率を高めるためにも、正しい認識を持って国税専門官を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ