就活のマナー

証明写真で顔の印象をよくする方法|印象が悪い写真の特徴もご紹介

証明写真は顔の印象を大切にしよう

応募書類を提出する際の証明写真は、顔の印象を重要視して撮影することが大切です。証明写真はただ貼って提出するだけでいいと考えている人が多いですが、これは大きな間違いです。就活を攻略するには、証明写真からこだわって撮影し万全のものを使用しなければなりません。証明写真の撮り方にはさまざまなコツがあります。

綺麗な証明写真を撮るには、写真館でプロに撮影をお願いする方法もありますが、費用がかさむためスピード写真で済ませたいと考える人は多いでしょう。スピード写真でも、ポイントさえ把握していれば綺麗に撮影できます。撮影時のポイントを理解して、好印象な証明写真で就活を有利に進めましょう。

証明写真が重要な理由

就活を少しでも有利に進めるためには、証明写真からこだわりを持つことが大切です。しかし、なぜ証明写真にまでこだわる必要があるのか疑問に感じる人も多いでしょう。履歴書やエントリーシートでは中身が重要視されており、証明写真はあくまで本人確認をするための実務的な要素が強いと考える人も少なくありません。証明写真は本人確認の意味合いでも使われますが、これ自体も評価の対象となっているため、どのような点がチェックされているのか知っておきましょう。

顔の印象で評価が左右される

証明写真は採用担当者がはじめて目にする学生の顔であり、写真によって人物像の印象が大きく左右されます。就活では書類選考から面接など、さまざまな形式の選考をおこない、合否を決定しますが、どの選考でも学生のことを知るという目的は共通しています。

応募書類では記入されている内容はもちろん、証明写真からその学生がどのような人なのかを見ているため、使用する写真次第で評価が変わると考えましょう。証明写真の顔の印象が明るければ好印象、暗ければ悪印象を与えてしまうため、注意して撮影しなければなりません。第一印象は面接ではなく応募書類の証明写真で決定するため、こだわって撮影することが大切です。

マナーをチェックされる

マナーも重要視されているポイントのひとつです。証明写真はただ撮影して貼り付ければいいわけではなく、写真のサイズや撮影日の期限、顔全体が写っているかどうかなど、多くの点に注意しなければなりません。応募書類の規格に合っていなければそれだけでマイナスの印象を与えてしまい、場合によっては書類に不備があると判断され、その時点で不合格になる可能性もあります。

また、証明写真は顔の印象だけではなく全体も見られており、身だしなみも含めて評価されていることは理解しておきましょう。顔の印象がいい場合でも、乱れた身だしなみで撮影していると印象が悪くなるため、マナーは細部まで守らなければなりません。

証明写真で顔の印象をよくする方法

証明写真で顔の印象をよくする方法

証明写真は就活を攻略する重要なポイントのひとつであり、少しでも顔の印象がよく見えるものを撮影し、使用することが大切です。スピード写真で撮影した場合、お金を入れて機械の指示通りに撮影を進めることで写真は手に入りますが、それだけでは顔の印象はよくならないことが多いです。

印象をよくするには、撮影時に気を配るべきポイントが複数あります。どのような点に気をつければいいのかを知り、上手に撮影しましょう。

あごの上げすぎや引きすぎに気を付ける

顔の印象をよくするには、あごが上がらないようにすることが大切です。あごが上がっていると、上から目線で態度が悪い印象を与えてしまうため、特に注意が必要です。また、あごを引きすぎるのもよくありません。

やや下を向いてしまうなど、不自然な印象を与えてしまいます。証明写真で好印象を与えるには、まずは違和感がないことが大切です。あごを引きすぎないためには、あごを引くよりも額を出すイメージを持つといいでしょう。額を出すイメージで姿勢を整えることで、あごの引きすぎを防ぎ、かつあごを上げずに姿勢をキープできます。

口角を少しだけ上げる

表情の中でもっとも印象がいいのは笑顔であり、証明写真でもこれを心がけることが大切です。ただし、証明写真にはフォーマルさが必要なため、満面の笑顔で撮影するのはNGです。少し口角を上げる程度にとどめれば、フォーマルさを意識しながら好印象を与えやすくなります。

顔の印象を決める上で表情は非常に大切であり、表情が少し違うだけで与える印象は格段に変わります。証明写真の撮影では表情がこわばりやすく、怖く見えたり、暗い印象を与えてしまうことが多いです。特に口元がきつく閉じられていたり、口角が下がっているとマイナスの印象を与えやすいため、不自然にならない程度に口角を上げることを意識しましょう。

目に力を入れる

顔の印象を左右しやすいポイントとしては目も挙げられます。好印象を与えるには、いつもより少し力を入れて撮影することが大切です。目に力を入れることを意識しないと、意思が弱そうな印象を与えてしまいます。目に力を入れることを意識することで、シャッターを切る際に目を閉じてしまうことも少なくなります。

スピード写真では何回か撮り直しができますが、目を瞑ってしまって撮り直しのチャンスを使うのはもったいないです。証明写真の撮影では失敗することも多いため、少しでも撮り直しのリスクを減らすことが大切です。

椅子を調整する

スピード写真は備え付けの椅子に座って撮影しますが、椅子の高さをしっかり調整することも重要です。椅子の高さによって撮影時の姿勢や角度が異なるため、ベストな位置を探して調整しましょう。

椅子の高さがあっていない状態で撮影してしまうと、顔の大きさが不自然になります。場合によっては撮影しても使えない出来になってしまう可能性もあるため、椅子の高さを念入りに調整することを心がけましょう。お金を入れる前に事前に調整して、ベストな状態を整えてから撮影に臨みましょう。

印象が悪くなる証明写真

完璧な証明写真を撮影するには、顔の印象をよくするだけではなく、悪くならないように注意することも大切です。印象が悪くなるポイントを避けて撮影するだけでも、顔の印象はよくなりやすいです。

印象をよくするポイントをしっかり守って撮影をしても、ひとつでも印象が悪くなる要素が含まれていると、マイナス評価に繋がるため注意しなければなりません。印象が悪くなるポイントも正しく理解して、リスクを避けて上手に撮影しましょう。

姿勢が悪い

顔の印象をよくしようと考えたときは表情ばかりに注意がいきがちですが、実は姿勢も重要なポイントです。姿勢が悪いと撮影の角度がおかしくなることはもちろん、表情や顔全体の印象も悪くなりやすいため注意しなければなりません。姿勢が悪いと顔がやや下向きになってしまうことが多く、顔に影ができてしまいやすいです。

影ができていると表情が暗く見えてしまい、疲れた印象を与えます。また、表情が暗いことで、人間性まで暗いと判断される可能性があるため注意しましょう。姿勢の悪さは写真からでも伝わり、首が曲がっていたり、肩が落ちているとだらしない印象も与えてしまいます。背筋をしっかり伸ばして、ベストな位置にくるよう椅子を調整して撮影しましょう。

前髪で顔が隠れている

顔の印象を決める上では、髪型も重要なポイントです。印象が悪くなりやすいのは、前髪が目にかかっている場合です。目元に影ができ、暗い印象を与えやすいです。印象をよくするために、顔のパーツはすべて出しましょう。顔全体がきちんと見えるように、前髪は上げる、あるいは横に流すことが大切です。

髪型のマナーは通常の就活と同じで、清潔感を意識することが大切です。ワックスのつけ過ぎや寝癖などに気を付け、髪色も黒かほとんど目立たない焦げ茶色で撮影しましょう。

メイクが派手orすっぴん

女性の場合、就活ではメイクは必須であり、これは証明写真でも同じです。就活のメイクはナチュラルメイクが基本であり、派手過ぎるメイクやすっぴんはNGです。メイクはビジネスマナーの一環であり、ビジネスシーンというTPOに合わせたフォーマルさが求められます。

また、派手になり過ぎない場合でも、トレンドメイクを取り入れるとカジュアル要素が強くなります。しかし、証明写真でメイクが薄く見えるという場合は、少し濃いめにメイクをするといいでしょう。メイクのマナーを踏まえた上で、薄く見えがちなポイントメイクを補強することも大切です。

身だしなみが整っていない

証明写真は顔だけではなく全体の印象が大切であるため、身だしなみが整っていないと悪印象を与えてしまいます。証明写真でも服装はスーツが基本であり、選考時と同じ身だしなみで臨むことが大切です。シャツはきちんと第一ボタンまで留め、男性はネクタイを締めて撮影しましょう。

また、ジャケットやシャツのしわや汚れにも気を付け、清潔感を意識することが大切です。証明写真でもよく見れば服装の乱れは見えるため、身だしなみを注意深く整えてから撮影しなければなりません。上半身だけを整えて簡単に撮影を済ませる人も多いですが、気のゆるみが写真の出来に影響することは多いため、全身をきちんと整える意識を持ちましょう。

証明写真は選考突破の第一歩

就活を攻略するには、第一印象をいかによくできるかが重要です。第一印象を大きく覆すことは難しく、ましてや選考という短時間では最初についた印象や評価が大幅に変わることはありません。

そのため、面接では第一印象が決まる入室の瞬間がもっとも重要視されていますが、実は本当の意味で第一印象が決まるのは、応募書類の証明写真です。証明写真の顔の印象によって第一印象が決定し、このときの印象が書類選考の合否にも影響することは理解しておきましょう。印象よく写っている証明写真を使うことで、選考はより有利に進めやすくなります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ