就活のマナー

【封筒の封の仕方】正しい封じ方や〆の書き方を画像で解説

封筒の封じ方にもマナーがある

封筒のマナーにはさまざまなものがありますが、実はその封じ方にもマナーがあります。履歴書などの応募書類を郵送するときには封筒は欠かすことはできませんし、就活のさまざまなシーンで封筒は使用されます。

企業に届くように送り先を間違えないことも大切ですし、封筒の書き方にも注意が必要です。封筒を無事に書き上げて安心する人は多いですが、まだまだ気を抜くことはできません。

封筒の封じ方ひとつで印象が変わってしまう場合もあるため、封じ方のマナーをしっかりと把握しておく必要があります。細かいマナーですが、細部まで気を遣うことで好印象を獲得することもできます。封じ方にもこだわりを見せ、選考を有利に進めていきましょう。

封筒の正しい封の仕方

封筒の封じ方のマナーとしては、正しく封をすることが大切です。しっかりと封がされていないと、郵送の最中に中身がなくなる場合があるため注意が必要です。企業に応募書類を届けるには、中身が出てしまわないように厳重に封をしてください。封じ方にもさまざまな注意点がありますので、それらを正しく理解しておきましょう。

スティックタイプののりがおすすめ

封筒に封をする場合、基本的にはのりを使用します。テープなどで留めるのはNGなので、しっかりとのりで封をしましょう。のりを使っていれば、どんなものでもいいわけではありません。

液状のりは封筒にシワができたり、汚れたりしてだらしない印象を与えてしまいます。粘着力が弱いのりも、郵送の最中に中身が出る可能性があるためNGです。シワがつきにくい、粘着力が強いのりを使いましょう。

封筒に封をするのりとしては、スティックタイプがおすすめです。スティックタイプにもさまざまな種類がありますが、その中でも粘着力の強いものを選ぶことが大切です。文房具屋や百均でものりは売っていますので、就活用に一つ購入しておきましょう。

封筒の閉じ口が水糊の場合は慎重に封をする

最近では封筒自体にのりが付いており、それを使用することで簡単に封ができる場合もあります。封筒に付いているのりとしては、テープをはがして使えるタイプもありますが、まれに水糊が使用されている場合もあります。

水糊は切手などに使用されるタイプで、水にぬらすと粘着力が出るものです。こういった封筒は、封をするときに注意が必要です。水糊で封をするときには、ファンデーションぐらいのサイズのスポンジに水を含ませ、滴らないように均等につけていきましょう。

面倒だからと一気に水をつけてしまうと、封筒全体が水浸しになったり、中の書類が濡れてしまう場合もあります。他の場所が濡れないように、またしっかりと封ができるよう少しずつ均等に水をつけていきましょう。

テープは開封される恐れがある

先述したように、応募書類を入れる封筒をセロテープ留めしてしまうのはNGだとされています。というのも、セロテープは「貼りやすい」「はがしやすい」という特徴を持っているためです。これらは普通ならメリットにもなりますが、大切な書類を入れる封筒ではデメリットになりかねません。

セロテープで封をすると、フラップの部分を外側から留める形になります。こうしてしまうと、ほかの人がそれをはがして中身を見ることが容易になってしまいます。はがしてもきれいに貼り直せばよいだけなので、中を見てもばれにくいでしょう。なお、同じ「テープ」と名の付くものでも、「両面テープ」を使用するのはOKです。

封をする前に履歴書の内容を最終確認しよう

履歴書を郵送する場合は、封をする前に内容を見直しましょう。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。

無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

封筒の封印の意味と封字の書き方

封筒はのりで封じればそれで終わりではなく、封字を書かなければなりません。封字は就活生にはあまり馴染みがない場合もありますが、ビジネスでは常識ですので、マナーとして覚えておく必要があります。

きちんと封がされて応募書類を問題なく企業に郵送できたとしても、封字の有無によって印象が大きく変わってしまう場合もあります。封字の意味や書き方を知り、一段階上の就活マナーを習得していきましょう。

封をしたと示す印を書く

封筒はのりなどでしっかりと綴じれば、封をしたと示す印を書く必要があります。「〆」「封」などの封字がその印であり、封筒の中央の綴じ目に書くのがマナーです。この印は封筒に封をした・誰にも開封されていないという意味があります。

封字は中身が見られていないことを示すものであり、重要な書類をやり取りするときに使われることが多いです。履歴書などの応募書類も重要な書類ですし、就活もビジネスに関わることですので、封字を書いて封筒を提出する必要があります。

封字を書くのは本人が封をしたことを示すためでもあり、本人確認の意味でも重要です。封字の有無によってマナーが守れているかだけではなく、応募書類の信頼性を高めることもできます。

「〆」を「×」と書かないように注意する

封筒の封字としては「〆」や「封」以外にも、「緘」やおめでたいものに使う場合の「寿」などが挙げられます。封字にもさまざまな種類がありますが、就活で一般的に使用されるのは「〆」の字です。「〆」は「×」と似ていて書き間違えてしまう人が多いので注意が必要です。

「×」と書いても封印したことにはなりませんし、未開封であることを伝えられません。正しくは「〆」ですが、書き慣れていないと「〆」と書いたつもりが「×」に見えてしまう場合もあり注意が必要です。

封字は細かいマナーではありますが、ビジネスでは非常に大切なものです。封字を書く瞬間も油断せずに丁寧に記し、きちんと「〆」と見えるように書きましょう。

履歴書を送る封筒と切手にもマナーがある

封筒を綴じ、しっかりと封をすれば後は企業に郵送するだけですが、履歴書などに使う封筒にも就活のマナーは隠されています。他のマナーができていても、封筒の選び方を間違えてしまうと、それだけでマナー違反になりますので注意が必要です。

また封筒に貼る切手にもマナーがあります。封筒の選び方や切手のマナーを守れていないと、印象が悪くなってしまう可能性もあります。履歴書の評価にも影響してしまう場合もありますので、細部までこだわって就活を進めていきましょう。

「角2」の定型封筒がおすすめ

企業に履歴書などの応募書類を郵送する場合は、封筒のサイズの指定がある場合があります。その場合は企業の指定に従った封筒を選ぶ必要がありますが、指定がない場合は「角2」(24×33.2センチ)の封筒を選びましょう。

これはA4サイズの履歴書や送付文を折らずに郵送できるサイズであり、応募書類を綺麗なまま企業に届けることができます。折り目がついてしまうと履歴書が読みづらくなってしまう場合もありますし、企業で保管するときにも邪魔になってしまう可能性があります。

せっかく綺麗に書き上げた履歴書に折り目をつけてしまうのはもったいないです。企業から特別な指定がなければ、履歴書などを折らずに送れる「角2」の封筒を使用しましょう。

100g以内の郵便料金は140円

履歴書の郵送に使う封筒のサイズは「角2」がおすすめですが、郵送するためには料金分の切手を貼らなければなりません。企業に郵送する応募書類は履歴書1枚だけではなく、送付文をつけたり、それらをまとめるためにクリアファイルにいれて郵送します。

履歴書・送付文・クリアファイルなどを含めて100gまでなら140円ですが、切手不足を回避するためにも、郵便局で郵送してもらうほうがいいでしょう。料金不足になってしまうと企業に届かずに戻ってきてしまいますし、それが原因で提出期限を過ぎてしまう可能性もあります。

応募書類がそれほど多くなければ重さが100gを超えることはまずありませんが、より確実に郵送するためにも、窓口での郵送がおすすめです。

履歴書を手渡しする場合

ここからは、「履歴書を手渡しする」場合における封筒のマナーをご紹介いたします。履歴書は郵送以外にも当日手渡しする場合もあります。そのような場合も封筒に入れて渡すというのが好ましいのですが、その際の封筒のマナーがこれまでご紹介してきたものとは異なりますので、ここでしっかりとおさえておきましょう。

封筒には封をしない

履歴書をはじめとした応募書類を手渡しする際、それを入れておく封筒の口を閉じる必要はありません。のり付けしていない状態で採用担当者に渡すようにしてください。というのも、企業側が中身をすぐに確認することがあるためです。そのような場合、封がされているとはがすのに手間がかかってしまいます。

封をするのは、郵送時などに「中身を第三者に見られないため」であるため、直接渡すというケースでは必要のないことなのです。とは言っても、中身に関しては郵送の場合と同じものを入れておくのが無難です。そのため、履歴書やエントリーシートなどの応募書類はもちろんのこと、クリアファイルなど一通りのものは用意しておきましょう。

封筒に宛名を書く必要はない

履歴書を手渡しする際、それを入れておく封筒には宛名書きをする必要はありません。というのも、宛名は「どこに届ければよいのか」を配送業者に知らせるものだからです。直接届ける場合にはこれらの業者を介さないため、書いておく必要がないのです。

ただし、「履歴書(応募書類)在中」の朱書きは変わらず入れておくようにしましょう。これは「何が入っているのか」を相手に知らせるものなので、いかなる場合にも記載しておくのが好ましいのです。

一方で裏面は、郵送時の封筒と変わらず送り主、すなわち自身の名前・郵便番号・住所の3つを左下(縦書きの場合)に記入します。ただし、口を閉じる必要がないことから「〆」などの封字を表記する必要はありません。

封筒の郵送は細かい点にも気を配ろう

履歴書はネットで提出する企業も増えてきましたが、まだまだ手書きで郵送での提出を求める企業は多いです。履歴書はただ封筒にいれて提出すればいいわけではなく、封筒のサイズや綴じ方、さらには切手の貼り方など気を付けなければならない点がたくさんあります。

履歴書の内容が良くても、封筒の郵送のマナーを守れていなければマイナスの印象につながりますし、選考でも不利になる可能性があります。封筒の郵送マナーなどでマイナスの評価を受けてしまうのは非常にもったいないですし、好印象を勝ち取るためにもマナーを正しく身に付けておくことが大切です。

履歴書の郵送は最後まで丁寧に行うことが大切です。封をし、自分の手元を離れるまで気を抜かず、細かいマナーをしっかりと守り、就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ