就活の悩み

就活で失敗する人の特徴|成功する人との違いや失敗しない方法

就活で失敗する人には特徴がある

null

就活で失敗する人には、共通した特徴があります。どのような特徴を持つ人が就活に失敗するのかを知り、自分に当てはまる部分はないか考えてみることが大切でしょう。人によって性格や考え方は異なるため、それぞれに就活の進め方、取り組み方も異なります。しかし、失敗する人たちは不思議なほど共通した特徴を持っており、それを改善しない限り、スムーズに攻略するのは難しいです。失敗する人の特徴から攻略法を学び、就活を上手に乗り越えましょう。

就活で失敗する人の特徴

就活で失敗する人に共通する特徴は、大きく3つに分けられます。全部に当てはまっている場合は当然危険ですが、ひとつでも当てはまるものがあるなら注意しなければなりません。そもそも就活は非常に難しく、どこか1社から内定を獲得するだけでもかなり高いハードルを乗り越える必要があります。上手に進めている人でも、全戦全勝とはいかず、不合格が続くことも少なくありません。1つでも失敗する人の特徴に当てはまっていると、不合格になる確率がさらに上がると考えましょう。

①自分に自信がない

就活で失敗する人は、自分に自信がないことが多いです。自信が持てないために選考でも過度に緊張してしまい、実力を発揮できずに終わることも少なくないでしょう。選考は将来を決める重要な場でもあるため、ある程度緊張してしまうのは仕方ありません。しかし、自信なさげに振る舞っていると、それだけでマイナスの印象を与える可能性があるのです。

企業は新卒らしい爽やかで、フレッシュ、明るい人材を求める傾向にあり、自分に自信がない人は不利になりやすいことは理解しておきましょう。また、自信がない素振りを見せていると、発言内容の信憑性に欠けるのではないかと思われることもあります。最初は自信があっても、不合格が続くにつれて自信をなくしてしまう人も多いため注意が必要です。

②就活に真剣になれていない

就活に真剣になれていないことも、失敗する人に共通する特徴です。就活は難しく、優秀な学生でも必ずしも成功できるとは限りません。優秀なほど成功を掴みやすいのは確かですが、何の努力もなく志望企業に就職し、よりよい将来を勝ち取れるわけではないことは理解しておきましょう。能力の程度に関係なく、就活を攻略するには努力は必須であり、真剣に取り組んだ人が、成功を掴むことができます。

選考の対策がきちんとできていない、そもそも選考を受ける数が少ないなど、真剣になれない人にはこのような特徴があります。ひとつでも当てはまると危険であり、就活への真剣度は客観的に見て判断しなければなりません。

③自己アピールが不足している

自信を持って真剣に就活に臨んでいるつもりでも、自己アピールが不足していると、失敗しやすいです。学生が就活をおこなうのと同様、企業も自社で活躍できる人材を獲得したいと考え、採用活動をおこなっています。しかし、採用活動をおこなっている=誰もが採用されるというわけではありません。企業は多くの選択肢から採用する学生を選んでいるため、選ばれるためには自分をしっかり売り込む必要があります。

売り込む意志があっても、売り込み方を間違えて空回りしていると、不合格を連発しやすいため注意が必要です。積極的に取り組んでいるつもりでも、なぜか就活が上手くいかないという人は、自分の売り込み方を間違えていないか、よく見直すことが大切です。

就活で成功する人の特徴

null

就活で失敗する人には複数の共通する特徴がありますが、反対に成功する人たちにも共通する特徴は存在します。就活をスムーズに進めるには、失敗する人の特徴を知って改善するだけではなく、成功する人の特徴を知り、それを参考にすることも大切です。成功する人がどのような特徴を持ち、どのような方法で就活の臨んでいるかを知ることで、選考はより有利に進めやすくなります。成功する人に共通する3つの特徴を知っておきましょう。

①評価されるポイントを分かっている

就活で成功する人は、選考で評価されるポイントを把握しています。企業によって詳細な評価ポイントは違いますが、ある程度の部分は共通しています。評価ポイントを正しく理解し、それを踏まえてアピールすることで、より高評価を獲得しやすくなるでしょう。

評価ポイントは書類選考、面接、適性検査、グループワークなどで異なり、それぞれの違いを知ることも大切です。例えば書類選考なら興味を持てる学生であるか、面接なら人柄や個性、企業への就職意欲などが見られているでしょう。業界や企業ごと、選考の形式ごとの評価ポイントを分かっていると、より上手に自分を売り込むことができます。

②自分の魅力を正しく理解している

自分の魅力を正しく理解していることも、就活に成功する人に共通する特徴です。就活で評価されるには、自分の魅力を売り込むことが大切です。いかに上手に伝えられるかが、合否を左右します。自分の魅力を伝えるには、そもそも自分自身で正しく理解している必要があり、これができていないと十分なアピールができません。

自分で漠然としか把握できていないものを他人に伝えようとしても、上手くいかず魅力は半減してしまうでしょう。また、曖昧にしか伝えられないことで発言内容の信憑性もなくなり、マイナス評価を受けてしまう可能性もあります。上手に魅力を伝えられる人は、アピール内容も信頼され、かつ自分を積極的に売り込めるため、スムーズに高評価を獲得しています。

③とにかく行動できる

就活では不合格が出るのは普通であり、そう簡単に内定が獲得できるわけではありません。そのため、不合格になっても必要以上に気を落とさず、前向きな気持ちで行動し続けられることも大切です。迷って立ち止まったりせず、とにかく行動し、チャンスを掴める人は就活でも成功しやすいでしょう。内定を獲得するまでの道のりは長く、何十社と受けてようやく1社からもらえるというケースも少なくありません。

不合格になるのを恐れて、あるいは不合格が続くことに自信をなくしてしまい、行動できなくなる人は多いです。選考にチャレンジできないと、1%でも成功する可能性はなくなります。わずかな可能性でも貪欲に勝ち取りに行くことが、就活を攻略する秘訣だと考えましょう。

就活で失敗しないためには

null

就活では、失敗したりつまづいてしまったりすることも多いです。失敗は付き物とも言えますが、挫折せずに上手に攻略している人もいます。就活は失敗してもそこから努力して挽回できますが、失敗しないために対策をすることも大切です。取り組み方次第で就活の成功率は高められ、失敗せずに志望通りの企業に就職できるケースも多いです。失敗しないためには何が必要かを知り、真剣に取り組んでスムーズな就活の攻略を目指しましょう。

自己分析を徹底

就活で失敗しないためには、自己分析を徹底しておこなうことが大切です。自己分析は就活の基本であり、これが正しくできていないと失敗する可能性は一気に高まってしまいます。自己分析を丁寧におこなうことで、自分の魅力や弱点、価値観などを知ることができ、それらは選考でのアピール材料になります。

また、仕事への価値観を把握することで、志望先の選定にも役立ち、仕事に求める条件も詳細に決められるでしょう。やりたいこと、仕事に求めるものなどから正しく就活の軸、方向性を決めることで、より自分が希望する仕事を目指すことができます。自分に合った仕事を目指すことで相性のよさもアピールでき、選考でも高評価を獲得しやすくなるでしょう。

業界・企業研究も必須

業界・企業研究を念入りにおこなうことも、就活で失敗しないために必須です。業界や企業を知ることで、志望先が本当に自分に合っているのかが分かります。また、理解を深めることで業界や企業で求められる能力、人材像も分かり、何をアピールすると高評価になりやすいかも把握できるでしょう。

評価されるポイントを知るのは非常に重要であり、少しでも有利に就活を進めるためには、志望先への理解を十分に深めておかなければなりません。理解が深められていることで、選考で志望先への優先度の高さも伝えやすく、志望度が高いことのアピールにもなります。就職先とのミスマッチを防ぐことにも役立つため、業界・企業研究は細部まで徹底しておこないましょう。

情報収集を徹底しよう

就活は情報戦でもあり、いかに多く、かつ有益な情報を集められるかも重要です。情報を集めるために、企業が実施するイベントには積極的に参加しましょう。企業説明会やインターンシップ、OB訪問などもあります。これらに積極的に取り組み、他では得られない情報を得ることで、ライバルとも差別化を図りやすく、より有利に就活を進めることができます。

ただし、情報はただ得るだけではなく、上手に活用しなければなりません。情報を収集するだけで満足せず、そこからどのように活用するか、次の行動に繋げる方法を考えましょう。就活中は選考に関係する情報も数多く転がっているため、アンテナを広げて幅広く情報をキャッチし、それをいかに選考に活かすかを考えることが大切です。

就活で失敗する人の特徴は準備不足

null

就活で失敗する人に共通する特徴は複数ありますが、大きくまとめると準備不足だといえます。しっかり準備ができているなら、自信を持って積極的に活動することができ、適切な方法、内容で自分を魅力的に売り込むことができます。準備がきちんとできていないと、そもそも動き出すことが自体が難しく、闇雲に行動しても裏目に出てしまうことが多いです。

就活はどれだけ丁寧に準備をしても、必ずしも選考で合格するわけではなく、不合格になることはあります。しかし、準備を徹底するほど合格率を高められるのは確かで、失敗する確率を減らすためには、入念な準備が必要です。失敗の確率を限りなく0に近づけ、成功の確率を高めるためにも、念入りな準備をして就活を進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ