就活の悩み

就活をしたくない理由5つと対処法|就職以外の生き方や考え方もご紹介

就活したくないと感じる就活生は多い

多くの学生は卒業後、企業に就職して社会人になっていきます。しかし中には、就活をしたくないと感じる就活生も多くいます。多様な価値観が生まれる中、就職すること以外に生き方を見いだそうとするケースや、社会に閉塞感を覚え、就職に前向きになれない場合もあるでしょう。

もしあなたが就職をしたくないと感じた場合、まずはその理由を分析してみることが必要です。あなたがそのように思う理由を掘り下げ、そこから自分自身の今後の生き方について考えるきっかけにしていきましょう。この記事では、就職したくないと感じる理由を解説していきます。

考えられる就活したくない理由5つ

考えられる就活したくない理由5つ

就活中、もしくは始める前から「やりたくないな」という感情を抱いている学生は多いです。しかし、なんとなく漠然とやる気をなくしているのであれば、とてももったいないといえます。

まずは、就活に対してやる気をなくしている理由を明確にしてみましょう。そして就活をしたくない理由を受け止めることにより、次のステップに進むことができます。ここでは就活をしたくない理由を5つ紹介していきます。

①就職する気になれない

団塊の世代と呼ばれる人たちは、生きていくために必死に働いていました。少しでも豊かな暮らしをするために働いていた時代には、就職する気になれないという考えにはならなかったでしょう。しかし、現代の日本は経済的に豊かになりました。

現代では、「生きるためには稼がなければならない、そのためには仕事をしなければならない」という価値観では、仕事をしたいという気持ちにはなかなかなれません。そのような価値観の中では、仕事をするのが楽しいという気持ちにはなれず、就職する気にもなれないという気持ちになります。

「生きるため」という以外に仕事のやりがいを探す人たちが増えており、それらをうまく見つけていくことがひとつの重要な選択肢といえるでしょう。

②就職はしたいが就活が苦手

就職をして仕事をしたい、しかしエントリーシートを書いたり面接をするのが苦手という人は多いです。これらの人たちは、就職に意欲がないのではなく、就活に苦手意識を持っているだけだといえるでしょう。解決するには「就活のやりにくさを解消する」ことが大切です。苦手に感じることに取り組み始めるのは簡単なことではありません。

しかし、コツコツと対策をおこなって改善が見られ始めると、やる気が湧き起こってくる場合が多いでしょう。本やインターネットなどで、就活のノウハウに触れることが容易になっています。「簡単に取り組めて効果が実感できそうなもの」から手を付けてみるのがおすすめです。

③就活中だが不採用ばかり

就活をしているが内定が出ず、不採用ばかりの通知が来るという理由から就活をしたくないと感じる人も多いでしょう。しかし、ほとんどの学生はその不採用という現実を経験しています。不採用の通知が来ることから目をそらさず、まずはしっかりと事実を受け入れるようにしましょう。

就活では「その結果を次にどう活かすのか」が重要です。まずはその不採用がなぜその結果になったのかということを分析することをおすすめします。ひとつの結果から学び、次の選考に向けてまたチャレンジすることができます。不採用という結果はその会社と縁がなかっただけかも知れませんし、次に受ける企業が自分にとってメリットの大きな企業かもしれません。そういった捉え方で次の選考に向けての意欲を持ち、動き出すきっかけにしましょう。

④やりたいことがない

就活をしたくない場合、やりたいことがないという理由があげられます。やりたいことがないという人は、全く準備をせずに就活シーズンに入ったと思われます。これらの人に共通するのは、自分の浅い知識の中だけで就活をしており、世の中に様々ある仕事の種類やその中身、やりがいや苦労などの知識に乏しいことです。

つまり、非常に狭い選択肢の中で自分の就職先を見つけようとしているので、必然的にやりたいことが見つからないのです。当たり前ですが、知識がなければやりたいことは見つかりません。インターンシップや合同企業説明会に参加しながら、広い視野を持って就活に取り組むことが重要になります。

⑤正社員に興味がない

学生時代、アルバイトに熱心に取り組んだ人に多いのですが、バイトリーダーなどを任されて責任ある立場で仕事をすると、やりがいを感じることも多くなります。さらに、現在は人手不足からアルバイトの時給は上昇を続けており、正社員の初任給と変わらない金額を稼ぐ学生も多いです。

就活で自分に合うか分からない会社に就職するよりも、アルバイトという自由な立場で慣れた仕事を続けるという考えを持つ人も多くいます。しかし、長い目で見れば人生設計に大きな格差が出来てしまうのも事実です。

就活したくない人がするべきこと

就活したくないという人は、どうしても立ち止まってしまう傾向にあるのではないでしょうか。しかし、行動することによって就活したくない気持ちを払拭するきっかけをつかむことができます。いろいろな行動・挑戦をすることにより、就活に対するイメージ、就職に対するイメージ、社会人のイメージを変えていくことが可能です。それらにフォーカスを当てて紹介していきます。

先輩の話を聞きに行く

自分が志望している企業で働いている社員に、仕事内容を聞きましょう。実際に働いている人に聞くことには非常にメリットがあります。まず1つ目は、実際に仕事をする上でのリアルな気持ちを聞けることです。次に、実際に働いている社員に聞くことにより、志望している企業の社風や雰囲気を生で感じることができます。自分がもし、就職したときの雰囲気や感覚をつかむのに非常にメリットがあります。

3つ目は、その社員に具体的な仕事内容を聞けるということです。採用担当者は人事を専門としている方が多く、現場で働いているという方は少ないです。しかし、実際に現場で働いている方の話を聞くことで何が大変なのか、何がやりがいなのかなど、その仕事の本質に近づくことができる可能性があります。

説明会に参加する

企業説明会・合同説明会に参加するのも非常に効果的です。企業説明会は若手の社員が事業・仕事内容などを細かく説明してくれることが多いです。会社説明会は若手社員が担当することが多いため、自分たちに近い目線でその会社のことを知ることができるでしょう。

合同説明会に参加するのもおすすめです。様々な企業がブースを設置して説明会をおこなっているため、多くの企業を一度に比較することができます。多くの会社を比較できることで、より自分に合った会社を見つけることができるはずです。このようにして会社を知ることにより、就活に意欲が湧いてくるケースもあるでしょう。

自己分析

どのような仕事も一定期間続けていればやりがいが生まれてくるものですが、全く向いていない仕事の場合、やりがいよりも苦痛が多くなります。また、それにより成果も上がりにくくなるのが現実です。自分が向いているものを見つけるためには、自己分析が欠かせません。

自己分析には考え方や行動を多角的に分析する適性検査や、自分自身のこれまでを振り返り棚卸ししながら総括する方法などがあります。1つのやり方で自分にはこの仕事が合っていると決めつけるのではなく、様々な方法を試しながら自己の内面と向き合うのがいいでしょう。

マニュアルで効率的に自己分析をしよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

就活したくないときは人生設計を考えてみる

就活をしたくないときには、人生設計を少し考えてみることがポイントです。特に、何十、何百社と採用試験を受けてくると、就活そのものがルーティンワークになってしまい、何をどうすればよいのかが分からなくなってしまうことが多々あります。

そういった時には、一度将来的にどうしたいのかを考えてみると、ヒントが生まれることがあります。また、こうした時には、悩みを共有できる同世代の友人に話をしてみることも効果的です。以下にその例を挙げてみましょう。

10年後の生活を想像する

5年後の自分を想像することすら難しいかもしれませんが、およそ10年後の生活を想像してみましょう。厳しい仕事をしてお金を稼ぐ生き方をしたいのか、それともある程度仕事は楽で収入もそこそこに生活したいのか、どういう場所に住んでいて結婚はしたいのか、それとも独身を貫きたいのか、子どもは欲しいのか、といった具体的な内容を書きだしてまとめてみることが重要です。

自分の未来に絶対の正解は存在しないので、こうなったらいいな、あるいはこうなりたいと思う理想を思い浮かべてみることが最初にするべきことです。その過程で夢を見ることも悪いことではなく、やる気を引き出すための手段であるともいえます。

実現するために今できる行動を起こす

自分の方向性が決まったら、それを実現するために何をするべきかを考え、リストアップすることが大切です。例えば、仕事は大変ですがお金を稼ぎたい人であれば、そういう人向けの業界はあります。厳しい競争的な環境であることがほとんどですが、勝ち抜ければ同世代よりもはるかに恵まれた収入を得ることができます。

逆に、ほどほどの仕事でほどほどの収入をというのであれば、公務員をはじめとするような仕事が適切な選択となります。どのような業界や企業であれば叶えられるかが明確になると、今何をすべきなのかが自ずと理解できるようになります。

就職以外の生き方のメリット・デメリット

現代日本では、就職以外にも様々な生き方を選択する人が増えてきました。例えばフリーター・フリーランスとして働くこと、また大学生では大学院に進学することなど考えられるでしょう。これらの選択肢を選ぶことにより、それぞれのメリット・デメリットがあります。

就職にもメリット・デメリットがありますが、就職以外でも様々なメリット・デメリットがあります。ここではそのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

フリーター

フリーターのメリットは、仕事を任せられたときの責任が少なくなるということです。ノルマも比較的少なく、基本的には誰にもできそうな仕事をすることになるので責任は軽いでしょう。また、働く時間や曜日を自由に決めることができるのもメリットです。主にフリーターは労働時間勤務日数をシフト制にすることが多いので、自分の希望が通ることになります。

しかし、フリーターになると収入の安定がないのがデメリットになります。長期的に見たときにフリーターの仕事は安定感が少ないという理由でデメリットと考える人が多いです。

公務員・資格試験の勉強

就活をせずに、公務員や資格試験の勉強するというのも選択肢の1つです。試験の勉強をすることにより、生まれるメリットは1人の時間に集中することができるということです。その時間を集中することにより、高いパフォーマンスを発揮して公務員就職や資格取得ができるケースもあるでしょう。

しかし、資格試験の勉強中は働くことができません。ですので、その間収入がなくなるというデメリットが発生します。そのため、この間はアルバイトでつなぐなど、収入に対する問題はつきまとうことになるでしょう。さらに1人で過ごすことが多い分、孤独になることも多いです。自分との戦いの中でモチベーションを維持していくなどの課題に直面することになるでしょう。

大学院進学や留学

大学院への進学や海外への留学も1つの選択肢です。大学院に進学する場合や留学は、就活において選択肢の拡大につながります。自分の幅広い可能性にチャレンジできるというメリットがあるといえるでしょう。

さらに、就職後の給料にも違いが現れます。大学院卒の社会人は大卒の社会人よりも給料が高いのがメリットの1つです。しかし、2年間分の社会経験が不足することにもつながります。それにより社会人のキャリア形成が遅れてしまうことがデメリットです。

大学院への進学・留学することにより自らの就職への選択肢の拡大や給料アップと言うメリットがあります。しかしその一方、2年分のキャリア形成が遅れるので、自らの未来のライフスタイルをしっかり見定めることが必要になってきます。

起業や作家・フリーランスなどを目指す

起業することや作家、フリーランスとして仕事をする方もいます。フリーランスのメリットとしては、自らの働き方を自分で自分で管理出来る点が挙げられます。

自分の働く時間や日数も決まっていないので、自分でコントロールできるのは非常に魅力的です。また場所を選ぶことも自由になります。組織に属していない分縛られることもないので、フリーランスの仕事は非常に自由に働くことができる1つの選択肢ではあります。

ただし、フリーランスで仕事をする場合、収入が不安定になります。会社に勤める場合、固定給というものがありますが、フリーランスは収入を保証してもらうことができませんので、それはデメリットになります。また会社員に比べて社会的信用が低くなってしまいがちな点もフリーランスのデメリットと考えられるでしょう。

卒業してから就活する

大学を卒業してから就活するのも1つの選択肢でしょう。卒業してから就活をする場合は講義などの時間の制約がないので、就活に終始集中することができるのはメリットの1つです。さらに、かつて就活をしている友人を見ているので、就活に対する情報を多く持った時点でスタートすることができるのもメリットです。

しかし、就活には新卒ならではのメリットがあります。新卒カードと呼ばれるのですが、新卒一括採用を行っている企業が日本では多いのも事実です。大手になればなるほど、新卒の採用に限定している企業も多く、卒業してからの就活の方が選択肢が狭まる可能性があります。このことが卒業してからの就活の場合、デメリットになりやすいでしょう。

就活を先延ばしにするなら留年する手もある

留年をする場合、次の年になったとしても新卒として就活できることがメリットになります。しかし、留年することによってデメリットも生じます。まず大学に対する学費が多くかかるのがデメリットです。また就活において留年というステータスが不利に働くこともあります。

留年をする場合はなぜ留年したのか、留年することにより自分がどう成長していったのかなど、自分が留年により得たものを就活で生かす必要が出てきます。メリット・デメリットを認識した上で留年の選択肢を選ぶことをおすすめします。

正社員を狙うなら新卒が断然有利

留年をするとなれば学費もかかるため、お金をかけるぐらいなら卒業してしまった方がいいと考える人も多いです。しかし、既卒で就活をするのと新卒で就活をするのでは就職の難易度も違いますし、正社員で就職したいのであれば断然新卒が有利です。既卒であっても3年以内であれば新卒と同じ扱いにする企業もありますが、すべての企業がそう考えているわけではありませんし、新卒を優遇する企業は多いです。

また、既卒の場合は就活をしながらもアルバイトなどをしていることも多いですし、就活に気持ちが入りづらい場合も多いです。アルバイトで当面の生活費さえ稼げていれば就職意欲は低くなりますし、背水の陣で臨むためにもあえて留年するのもおすすめです。

留年理由を聞かれることは少ない

留年してもう一度新卒として就活をする場合は、留年したことが就活に悪影響を及ぼさないかと心配する人が多いです。履歴書では学歴を記入しますし、そこをチェックすれば留年したかどうかは分かります。しかし面接では留年について聞かれることはほとんどなく、就活に影響することもまずありません。

留年したからといってマイナスの印象を与えるわけではありませんし、就活への影響を心配する必要はないと言えます。もちろん企業によっては留年の理由を聞かれることもありますが、聞かれた場合でも正直に就職のために留年したと伝えればOKです。単位が足りずに留年した場合は不真面目な印象を与えてしまいますが、就職が理由なら悪印象にはなりません。

就活したくないという気持ちは甘えではない

就活は大変なものですし、苦労して対策、準備をしても結果が振るわないことも多いです。あまりの大変さに加えて結果も出なければ就活をしたくないと感じてしまうこともありますが、これは決して甘えではありません。

就活は非常にハードなものですし、上手くいかないことが続くと就活をしたくないと感じてしまうのは仕方のないことです。就活をしたくないと感じたからといって自分を責めず、前向きに考えてポジティブに就活に取り組むことが大切です。

感じ方は人それぞれ

就活は大変なもの、辛いものと考える人も多いですが、一方で就活にはそれほど苦労しなかった、むしろ楽しめたという人もいます。人によって感じ方はさまざまであり、どれが正解ということはありません。同じ経験をしていても大変、辛いと感じる人もいれば、何ともないと感じる人もいますので、自分の感じている気持ちを大切にすべきです。

周囲の人が何と言おうと、大変だと感じているのであれば就活は大変なものですし、反対に楽しいと感じていれば就活は楽しいものになります。就活をしたくないと感じるほどに辛いと感じたとしても、それは甘えではありませんし、自分がそう感じたのであれば、それ以上でも以下でもありません。自分の気持ちを大切にしながら、ゆっくりと就活に向き合うことが大切です。

自分が最も後悔しない道を選ぶことが大切

就活をしたくないと感じれば、そこで辞めるのも頑張って続けるのも自由です。就活は誰かに強制されるものではありませんし、就職することが必ずしも正しいわけではありません。就活を続けるにしても辞めるにしても、自分が最も後悔しない道を選ぶことが大切です。

頑張って就活を続けても、それによって後悔するなら意味はありませんし、就活をやめてもそれで良かったと思えるなら、辞めたことが正解になります。何をするにしても後悔しないこと、これで良かったと思える選択をすることが大切であり、自分の気持ちに正直になることが大切です。就活をしていると忙しさに流されて自分の本音を見失うことが多いので、迷ったときこそ自分自身に問いかけ、本当に後悔のない選択をしていきましょう。

就活したくない就活生は理由を知り行動してみよう

現代では就活せず、会社員として働かないでも様々な自分のライフスタイルを選択することが可能です。このようなライフスタイルの選択肢が増えたことも、就活に意欲的になれない学生の背景になっている可能性があります。まず大切なのは、自分が「就活したくない」理由と向き合ってみることです。

自分がなぜ就職したくないのかをきちんと自分の中で整理し、受け止めましょう。自分の中で現実をしっかりと受け止め、成長する機会を得ることができるのもこの就活の時期ではないでしょうか。その上で、先輩の話を聞く、説明会に参加するなどのアクションをとってみるのもおすすめです。

自分の今後の人生を決める大事な時期だからこそ、自分の将来と向き合い、未来のライフスタイルを構築するために、一歩踏み出チャレンジしてみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ