身だしなみ

女子就活生の靴の選び方|おすすめのパンプスの特徴や選ぶ際のポイント

就活では女性はどのような靴を履くべきか

就活では身だしなみも評価の一環として見られており、全身くまなくチェックされています。髪型やスーツの着こなしといった目につきやすい部分はもちろん、足元もしっかり見られているため、靴の選び方にも注意しなければなりません。靴は身だしなみの中でも見落としやすいポイントで、あまり意識していないがために失敗する人は多いでしょう。

特に女性の場合はスーツに合わせる靴の選択肢が多いため、どれがいいのか悩むことも少なくありません。実際に社会に出て働いている女性を見ると、実に多種多様な靴を履いています。しかし、ビジネスシーンと就活では身だしなみのルールが若干異なります。就活でOKなのはどのような靴なのか、女性ならではのポイントを把握することが大切です。

女子就活生におすすめの靴はパンプス

女子就活生におすすめの靴はパンプス

女子就活生におすすめの靴はパンプスで、基本的にこれ以外の靴はNGであると考えましょう。例外的にカジュアルな靴が認められる業界や企業はありますが、それはレアケースです。就活中は、フォーマルさに徹することが大切です。また、パンプスでも種類は多く、フォーマルなものからカジュアルなものまであるため、選び方には注意しなければなりません。

黒色で革製が基本

就活用のパンプスは黒色で革製のものを選びましょう。色はもちろん、素材も印象を決める重要な要素であり、両方を守れていないとカジュアルダウンする可能性があるため注意が必要です。就活ではダークカラーのスーツを選び、持ち物も基本的に控えめな色を選ばなければなりません。

また、革製のものが望ましいのは、フォーマルさを演出でき、全体にまとまりが出るからです。同じ黒色のパンプスでも、スエードやエナメルはカジュアルな印象を与え、就活にはふさわしくないと判断される可能性が高いため注意しなければなりません。

ヒールは3〜5cm程度

パンプスは、ヒールの高さにも注目して選びましょう。ヒールの高さは3〜5cm程度が目安で、高すぎても低すぎてもよくありません。ヒールが高いとそれだけでカジュアルな印象を与えてしまい、仮に黒色で革製だったとしても評価を下げられる可能性があります。また、あまりにも高いと動きづらく、動き回ることの多い就活では実用性の面でも問題が出るため避けたほうが無難です。

動きやすさを考えるなら、ヒールのないぺったんこの靴がいいのではないかと思う人もいるでしょうが、ヒールに高さがなくてもカジュアルな印象を与えます。使いやすくはあっても、見た目の印象が悪く、選考でマイナス評価を受ける要素になってしまうため、ある程度の高さが必要なことは覚えておきましょう。

就活用のパンプスを選ぶ際のポイント

就活用のパンプスはフォーマルさを意識して選ぶことが大切ですが、さらに細かいポイントにも注目して選ぶことが大切です。デザイン性を考慮するのは身だしなみの評価の面で大切ですが、実際に着用することも考えて、履き心地や機能性も意識しなければなりません。印象のいい靴でも、履き心地が悪いと使いづらく、ハードな就活がもっと大変になってしまう危険性もあります。見た目のよさはもちろん、履きやすさにも考慮して、自分に合った1足を見つけましょう。

試着は必須

パンプスを購入する際に試着は必須です。サイズの確認だけで買わないようにしましょう。普段履いている靴と同じサイズを選んだとしても、必ずしもフィットして履きやすいとは限りません。靴はメーカーによって少しずつサイズが異なり、同じ大きさでも実際のサイズ感がまったく違うということも多いです。

また、一見すると同じ大きさでも、靴の幅や実際に履いた時の着用感は大きく違います。試着せずに買ってしまうと、いざ履いてみて合わない、あるいは歩いているうちに靴擦れすることも多いため注意が必要です。ネットで購入すると便利で安い場合も多いですが、初めて購入するメーカーの物なら、一度実店舗で試着して、履き心地を確かめておいたほうがいいでしょう。

むくみやすい時間帯に履いておく

購入時には試着は必須ですが、この時あえてむくみやすい時間帯を選んで試すことも大切です。就活では1日中歩き回ることも多く、時間の経過によって足がむくみ、靴がきつくなることも少なくありません。むくんでいない状態で試着してよかったとしても、夕方にはきつくなり、足が痛くなる、靴擦れするということも多いです。

むくんだ状態に合わせて買うことで、常に問題なく着用でき、長時間履いても足への負担が少なく済むでしょう。むくみが気になる時間帯を狙うのがおすすめです。実際に2足目以降の購入なら、実際に1日就活をし、その日の帰りに試着して次の1足を買うのも良いでしょう。

ヒールはゴム製

履き心地を考える上ではヒールの素材も重要です。おすすめはゴム素材です。ゴム素材のヒールだと、衝撃を吸収しやすく足への負担を減らせます。同じ時間、同じ距離で歩き回る場合でも、スニーカーとパンプスでは足への負担が大きく違い、パンプスのほうが疲れやすいです。

パンプスを普段から履き慣れていない人だと、余計に疲労が溜まって、翌日以降の就活に悪影響を及ぼす可能性もあるため注意しなければなりません。ゴム素材ならパンプスでも比較的履きやすく、慣れていない人でも疲れを溜めづらいでしょう。また、ヒールの太さも重要で、衝撃を分散できるよう、できるだけ太目がおすすめです。太目でゴム素材のヒールがもっとも疲れにくいため、購入時にチェックしておくことが大切です。

ストラップの有無にも注意

パンプスによっては、ストラップが付いているもの、ついていないものがあります。ストラップはあると靴が脱げづらく、履きやすさも増しますが、反面カジュアルに見える可能性もあるため注意しなければなりません。普段からパンプスを履き慣れていて、歩いても脱げる心配がないなら、ストラップなしを選ぶのが無難でしょう。

履き慣れておらず心配な人は、志望業界に合わせてストラップの有無を決めましょう。ストラップありの場合は、カジュアルに見えないかをよく考えて購入することが大切です。

女子就活生の靴はリクルート用のパンプスがおすすめ

就活時は、頭の先からつま先まで身だしなみをチェックされています。靴はスーツに何となく合っているなら問題なしと考える人も多いでしょうが、実は細かく見られているため注意しなければなりません。女子就活生の場合は基本パンプスで、ショートブーツやローファーといったカジュアルなアイテムはNGです。

また、パンプスの中でもデザインによってはカジュアルに見えるものもあるため、フォーマルさを大切にして選び方に注意しなければなりません。スーツ用品店やビジネス用品店で「リクルート用」と書かれているものなら、基本的には問題ない場合が多いです。色や素材、ヒールの高さ、履き心地といった細かい点まで注意し、きちんと試着して自分に合ったパンプスを選びましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ