身だしなみ

【オフィスカジュアルの就活に相応しい服装】男女別に解説

就活においてオフィスカジュアルを求められることがある

選考や説明会など、就活ではスーツの着用、つまりフォーマルな服装を求められることが一般的です。しかし、企業によってはフォーマルな服装ではなく、オフィスカジュアルを求めることもあるため、この違いを把握しておくことが大切です。オフィスカジュアルはスーツとは違ってカジュアルな服装となりますが、どのような格好でもよいわけではありません。

オフィスという言葉がついているように、あくまでフォーマルさを意識した私服となることは理解しておきましょう。服装は見た目の印象を左右する重要なポイントであり、選考での評価につながることも少なくありません。フォーマルな服装だけではなく、オフィスカジュアルについても理解を深めて、就活を上手に乗り切りましょう。

以下の記事では、オフィスカジュアルの服装について解説しています。

企業が就活でカジュアルな服装を指示する理由

就活において、企業がなぜフォーマルではなく、オフィスカジュアルの服装を指定するのか、この理由を知っておきましょう。服装指定をする理由は企業によって異なるため、この違いを知っておくことも大切です。理由は企業ごとに違うものの、最終的には選考の評価につながるという点は、おおむね共通しています。

オフィスカジュアルが求められている理由を正しく知ることで、企業がどのような観点から就活生を評価しているのかを知っていきましょう。

以下の記事では、私服を指定された場合の服装について解説しています。

リラックスできる服装で実力を発揮してもらうため

説明会や面接をはじめ、就活では緊張感のあるシーンが多いです。就活特有の緊張によって本来の実力を発揮できない人も多いため、この問題を解消するためにあえてリラックスできるオフィスカジュアルの服装を指定する場合があります。

オフィスカジュアルはスーツではなく私服での参加となるため、より普段に近い服装で就活に臨むことができます。就活生の緊張を緩和することで本来の実力を発揮してほしいと企業は考えているのです。また、就活生が自ら選んだ服装にはデザインや色にその人の個性や人柄が表れるため、オフィスカジュアルを指定することもあるようです。

以下の記事では、女性の服装について解説しています。

ビジネスシーンに相応しい服装を選べるかみるため

スーツよりはフォーマル度が下がるオフィスカジュアルですが、完全に普段通りの私服ではなく、ビジネスにふさわしい服装が求められます。そのため、企業はビジネスシーンにふさわしい服装ができるかをみるために、あえてオフィスカジュアルを指定することがあります。

つまり、どのような服装で選考に参加するかが、そのまま評価の対象となることは覚えておきましょう。ビジネスシーンにそぐわない格好で臨んでしまうと、それだけでマイナス評価になってしまう可能性が高いです

オフィスカジュアルの服装が正しく選べることは、社会人にとって常識といえます。つまり、常識が身についているかどうかを判断するために、服装指定があると考えましょう。

以下の記事では、オフィスカジュアルにふさわしい靴について解説しています。

アパレル企業の場合は服のセンスをみるため

業界によっても服装指定をする意味合いは異なり、特にアパレル企業や美容系の企業の場合は、他社とは違う特殊な理由でオフィスカジュアルを求めます。アパレル企業などの場合は、就活生の私服のセンスをみるためにスーツではなく私服での参加を求めるケースが多いです。

アパレルや美容などの業界では本人のセンスが問われることが多いため、この点を評価するためにあえてオフィスカジュアルを指定していると考えましょう。そのため、他の業界におけるオフィスカジュアルよりも、さらに軽装で問題ないことも多いです。ただし、あくまでオフィスカジュアルという枠組みは守る必要があるため、完全に私服ではなく、ビジネスシーンということを意識して服装を選ばなければなりません。

以下の記事では、内定式にふさわしい服装について解説しています。

オフィスカジュアルな服装の例

実際にどのような服装がオフィスカジュアルに該当するのか、その例を知っておきましょう。オフィスカジュアルといってもさまざまな服装がありますが、ある程度のポイントは共通しています。

また、男女によって服装の違いもあるため、この点も把握しておかなければなりません。オフィスカジュアルは、いかにビジネスシーンに合わせた私服を選ぶかが大切です。どのような服装ならビジネスでも通用するのかを知り、身だしなみを整えていきましょう。

以下の記事では、研修時の服装マナーについて解説しています。

男性のオフィスカジュアル

男性のオフィスカジュアルは、ジャケットにスラックス、革靴といった比較的スーツに近い服装をすることが一般的です。ジャケットの下にはシャツを着用し、フォーマルな印象を与えられるものを選ぶことが大切です

ただし、スーツのようにネクタイを着用する必要はなく、服の色味などもある程度自由に選べます。ジャケットは黒色や紺色など、暗めの色がおすすめであり、スラックスもそれに合わせてダークカラーを選ぶと全体的にまとまりが出ます。

また、ややカジュアルに寄せるなら、ベージュのチノパンなどもおすすめであり、明るい色を入れることで印象は華やかになるでしょう。革靴は黒色以外も選ぶことができ、こげ茶色などでも構いません。カバンは、服装に合う革製の手持ちカバンなどがおすすめです。

以下の記事では、服装で失敗しないためのポイントについて解説しています。

女性のオフィスカジュアル

女性の場合は、オフィスカジュアルの選択肢は幅広いです。シャツにジャケットを着用するほか、カーディガンなどでも構いません。フォーマルな印象を与えるためには、装飾のついていないシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

パンツスタイルだけではなくスカートも選択可能です。ロングスカートやミモレ丈のものを選んでも構いません。ロングスカートの場合は、長すぎるとカジュアルにみえてしまうため、丈の長さには注意しましょう。

基本的には黒色や紺色、ベージュといった色味でまとめるようにし、原色系などは避けることが大切です。色によって与える印象は変わるため、ダーク系や派手に見えないベーシックなカラーでまとめるようにしましょう。

以下の記事では、説明会に私服で参加するときのマナーについて解説しています。

オフィスカジュアルとしてNGな服装の例

どのような服装がオフィスカジュアルとしてふさわしいかだけではなく、NGな服装の例も知っておくことが大切です。身だしなみはトータルで判断されるため、一部でもNGポイントがあると、評価は下げられてしまいます。

特にオフィスカジュアルの場合は、ワンアイテムで一気にカジュアルダウンしてしまうこともあるため、注意しなければなりません。どのような服装がNGとなるのかを知り、オフィスカジュアルについての理解をさらに深めていきましょう。

以下の記事では、服装自由と言われた時の私服の選び方について解説しています。

デニムやスウェット素材の服

服装選びでは素材にも気を遣う必要があり、デニムやスウェット生地などは避けましょう。これらの素材はシンプルなデザインであってもカジュアルにみえてしまい、オフィスカジュアルとして適切とは認められません。

そのため、シャツやジャケット、パンツなどオフィスカジュアルのアイテムを揃えていたとしても、素材だけでマイナス評価になってしまうこともあるため注意が必要です。他にもタオル地のものや、ふわふわと毛羽立った素材のものは、カジュアルにみえやすいため就活の場では避けるようにしましょう。

以下の記事では、服装自由といわれたときにふさわしい身だしなみについて解説しています。

露出の多い服

フォーマルさを意識するうえでは、露出を控えることも大切です。過度な露出をしていると、それだけでオフィスカジュアルとしてふさわしくないと判断されます。例えばスカートの丈が短かったり、シャツでも胸元が開きすぎていたりすると、カジュアルすぎると判断されるため注意しなければなりません。

また、ダメージジーンズのように肌がみえているデザインもNGです。デニム素材というマイナスポイントも相まって、より評価が下がりやすいです。企業によってはノースリーブでもカジュアルすぎると判断される可能性があるため、上からジャケットやカーディガンを羽織るなどで対応しましょう。

みえている肌面積が多いと、露出が多いと判断されやすいため、この点も理解しておく必要があります。

以下の記事では、女性のビジネスカジュアルについて解説しています。

スニーカー

靴も身だしなみとしてチェックされているポイントであり、カジュアルにみえすぎるものは避けなければなりません。特にスニーカーを履いていると、他の部分でいかにドレスアップしてしても、一気にカジュアルな印象になってしまうため注意が必要です。

色やデザインに関係なく、スニーカーというアイテム自体がカジュアルにみえてしまうことは理解しておきましょう。また、他にもサンダルやローファーなども印象が悪くなりやすいため、避けたほうが無難です。

オフィスカジュアルでは男性なら革靴、女性ならパンプスを選ぶのがおすすめです。靴が変わるだけで全身の印象は大きく違ってみえるため、何を履くかにも注意しなければなりません。

以下の記事では、内定者懇親会にふさわしい私服について解説しています。

就活で私服を指定されたらオフィスカジュアルで参加しよう

就活では服装も評価の対象としてみられており、身だしなみの印象は合否を左右する重要なポイントといえます。指定なしの場合は基本的にはスーツ着用となりますが、私服の指定がある場合は、オフィスカジュアルで臨むことが大切です。

オフィスカジュアルはビジネスシーンにふさわしい私服であり、普段着でよいわけではないことは理解しておきましょう。そのため、カジュアルすぎる服装はNGであり、私服ながらもフォーマルさを意識して着る服を選ばなければなりません。

男女で服装のポイントは異なりますが、派手になりすぎない、軽装になりすぎないという点は共通しています。オフィスカジュアルを正しく理解して、企業から私服指定があった場合でも、スムーズに対応できるようになりましょう。

以下の記事では、私服を指定された場合のオフィスカジュアルについて解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ