志望動機

芸能マネージャの志望動機の書き方|仕事内容や例文をご紹介

芸能マネージャーになりたい

null

マスコミ・芸能関係の仕事に憧れる人は多く、芸能マネージャーを志望する人も少なくありません。芸能マネージャーはタレント、芸能人、アーティストと密接に関わる仕事で、その華やかさに夢を見出す人は多いでしょう。マネージャーになると芸能関係の人とかなり近い距離で仕事をすることになり、夢は膨らみますが、当然簡単になれるわけではありません。

芸能マネージャーになるには、難関の選考を突破しなければならず、選考時には志望動機が重要視されることも多いです。単に憧れや夢を持つだけでは、魅力的な志望動機にはならず、高評価の獲得も難しいでしょう。どのような志望動機が評価されるのか、正しい書き方を把握するには、まずは仕事への理解を深めなければなりません。

芸能マネージャーの仕事内容

芸能マネージャーへの基本的な理解を深めるために、まずは仕事内容を理解しましょう。華やかなイメージとは裏腹に、芸能マネージャーは非常にハードな仕事で、業務内容も多岐にわたります。単に芸能人の世話をする人と考えていると、就職後に面食らってしまう可能性もあるため注意しなければなりません。また、基本的な仕事内容が把握できていないと、志望動機の作成も難しく、就職意欲の高さもアピールしづらいでしょう。

タレントのスケジュール管理

多くの人がイメージする通り、タレントのスケジュール管理は芸能マネージャーの重要な仕事のひとつです。出演番組やステージ、ライブといった各種スケジュールを把握することはもちろん、それぞれへの移動方法、時間も考えて予定を組まなければなりません。

人気のタレントを担当する場合は、分刻みでのスケジュールになることも多く、ダブルブッキングすることのないよう注意が必要です。また、事務所によっては1タレント1マネージャーではなく、ひとりのマネージャーが複数タレントを抱えていることも多いです。タレントごとのスケジュールを分けて調整し、管理しなければならないため、これだけでも大変な仕事といえるでしょう。

出演依頼の交渉・営業

タレントには各方面から出演のオファーが来るため、それらも確認して依頼を受けるか、断るかを決めなければなりません。依頼された案件をすべて受けていると、スケジュールの都合がつかなくなることもあるため、スケジュールと相談しながらの決定になるでしょう。また、出演依頼の内容次第では、タレントからNGが出たり、事務所からNGが出たりすることも少なくありません。

出演内容、条件、ギャラといった詳細な情報まで確認して、出演させるかどうかを決める必要があります。また、依頼を受けるだけではなく、自分から営業をかけて、出演できるものはないか仕事を探すのもマネージャーの役割です。仕事がないと世間から忘れられ、知名度が下がってまた仕事が来なくなるといった、悪循環に陥ることもあるため注意しなければなりません。

タレントのメンタルサポート

単に予定を決めて身の回りの実際的なサポートをするだけではなく、メンタル面でのサポートをするのも芸能マネージャーの大切な仕事です。芸能関係の仕事には波があり、調子のいい時と悪い時の差が大きいことも少なくありません。今をときめく売れっ子で、タイトなスケジュールをこなしていても、数ヶ月後には暇になるということもあります。

また、仕事の量だけではなく、内容によっても精神的に疲労することもあり、モチベーションが下がってパフォーマンスを十分発揮できなくなることもあるでしょう。担当するタレントが気分よく仕事をし、最高のパフォーマンスを発揮できるようメンタル面の不安を解消することも、芸能マネージャーに求められています。

タレントの売り出し方を決める

タレントとマネージャーでは、タレントのほうが上で、マネージャーは付き人のように働くとイメージする人も多いでしょう。実際にタレントのほうが力が上の場合もありますが、大抵の場合ではマネージャーがタレントを動かし、どのように売り出すかを決定するという立場にあります。これはマネージャーという言葉通り、タレントをマネジメントする仕事です。

タレントごとの特徴や世間の風潮、番組やステージ、ライブなどで求められるものを考慮し、方向性を打ち出してタレントを売り込んでいきます。これはチーフマネージャー以上が担当する業務ですが、小さい事務所だと現場マネージャーと兼任でおこなうことも多いです。入社して数年で担当する可能性もあるため、マネジメントの仕事があることも頭に入れておきましょう。

芸能マネージャーに必要な能力

null

仕事内容を把握するのは基本中の基本で、厳しい選考を勝ち抜くには、さらに求められる能力も知っておかなければなりません。仕事によって求められる能力や必要な適性は違い、仕事で活躍できるだけの能力があるか、成長できる将来性があるかを企業は重要視しています。選考を勝ち抜くには、必要な能力を知り、就職までにそれを伸ばすこと、選考でアピールすることが大切です。芸能マネージャーに必要な能力は、大きく3つに分けられます。

社会人としてのマナー

芸能界は普通の社会とは違って、一般的な常識が通用しないと考える人は多いでしょう。しかし、実際には普通の社会と同じ、あるいはそれ以上に一般的な常識が求められます。そのため、社会人としてのマナーは必須であり、一般企業に就職するサラリーマン以上に、礼儀や上下関係がしっかりできなければなりません。

芸能マネージャーは多くの人に接する仕事であり、タレントはもちろん、テレビ制作の関係者から企業のスポンサーまで幅は広いです。一般企業の中でも上位の役職者と話をすることも多く、マナーを徹底していないとタレントに来るはずだった仕事を失うことも少なくありません。マネージャーはタレントに繋がる入口であり、ここで失礼な振る舞いをすると、タレントのイメージにも影響しかねないため注意が必要です。

コミュニケーション能力

人と接することが多いだけに、コミュニケーション能力も徹底して磨いておかなければなりません。特に出演の依頼の交渉や営業、タレントのメンタルサポートをおこなうには、高いコミュニケーション能力が必須といえるでしょう。仕事の依頼はマネージャーを通して入ってくるため、ここで相手に押し切られて不利な条件を飲んでしまうと、タレントへの負担が大きくなります。

また、タレントによってはやりたい仕事、やりたくない仕事が明確に分かれていることも多く、それを感じ取って仕事の依頼を受けなければなりません。「察する」ということが非常に重要な仕事のため、人の気持ちや求めるものを瞬時に感じ取れる能力の高さが求められるでしょう。

スケジュール管理能力

現場マネージャーのうちは、タレントのスケジュール管理が主な仕事のため、管理能力は特に重要視されます。スケジュール管理ができていないと、タレントに迷惑がかかるだけではなく、関係各社に被害がおよび、場合によっては損失を出す可能性すらあります。マネージャーの管理ができておらず、スケジュールを飛ばしてしまった場合でも、悪評が付くのはタレントのほうです。

スケジュール調整ミスでタレントの評判を落とすと、最悪の場合仕事の依頼が来なくなる可能性もあります。スケジュール管理能力をアピールするには、選考の際に時間厳守で参加することが大切です。時間を守ることができないと、管理能力がないと判断されるため注意しましょう。

芸能マネージャーを目指す志望動機の書き方

芸能マネージャーを目指す志望動機の書き方

芸能マネージャーへの理解を深められたなら、実際の選考で使用する志望動機の書き方を考えましょう。志望動機は就職したいという気持ちをアピールするものですが、大まかな内容は同じでも、書き方を少し工夫すると評価が違ってくることも少なくありません。内容はもちろん、書き方自体も重要であるため、細部のポイントも踏まえて作成することが大切です。上手な書き方から注意点まで把握して、好印象を与えられる志望動機を作成しましょう。

業界への興味の強さを提示

志望動機では、芸能マネージャーを目指した理由はもちろん、業界への興味の強さや仕事への就職意欲の高さを伝えることが大切です。数ある職業の中で、なぜ芸能関係の仕事を選ぶのか、その中でもなぜマネージャーなのかという点を明確に示しておきましょう。

業界への興味が曖昧だったり、マネージャーになりたい理由が不明確だったりすると、意欲が低いとみなされ、評価は下げられます。芸能マネージャーはハードな仕事なだけに、並大抵の気持ちでは続けることが難しく、就職意欲の高さが非常に重要視されています。芸能マネージャーを志望することになった根本的な理由や、どのような点に惹かれて就職を希望するかを明確にすることで、意欲の高さが伝わるでしょう。

どのようにタレントを支えたいのかアピール

芸能マネージャーは、簡単に言えばタレントを支える仕事です。そのため、どのようにタレントを支えたいのか、就職後の働き方を明確にアピールすることが大切です。仕事内容は多岐にわたり、変則的な仕事も多いため、柔軟な対応が求められます。これといった正解はないため、黒子の役割でありながら、個性を発揮して仕事をすることが求められるでしょう。

タレントを支えるといっても、人によって考え方は違うため、自分なりのやり方を提示することが大切です。先頭に立ってぐいぐい引っ張るのか、それとも一歩引いて見守るように支えるのかでは、仕事の進め方やタレントに与える影響は大きく違います。自分ならどうするかを、能力、個性、適性を踏まえてアピールすることが大切です。

憧れだけを述べるのはNG

芸能界への強い興味、気持ちを伝えることは大切ですが、単に憧れを述べるだけで終わらないよう注意しましょう。「華やかだから」「カッコいいから」といった漠然とした理由では、志望動機としては認められず、就職の意欲も弱いと判断されます。また、「昔からタレントの○○さんのファン」という理由も、志望動機としては弱いです。

誰かのファンであることを理由にするのは問題ありませんが、それだけで終わらず、仕事の進め方や芸能マネージャーになりたいと思ったきっかけを述べることが大切です。また、タレントを引き合いに出す場合は、必ず志望先の事務所に所属しているタレントを例に挙げましょう。他事務所のタレントを例にしてしまうと、本当は他の事務所がいいのではないかと思われ、評価を下げられるため注意が必要です。

芸能マネージャーの志望動機例文

志望動機の書き方を踏まえた上で、実際の例文を参考にしてさらに理解を深めましょう。例文ではOKとNGの2つを紹介します。OK例文ではどのような点がいいのか、評価されるのかを考えましょう。NG例文では、何がだめか、どのような点に気を付けるべきかを考えることが大切です。実際に志望動機を作成しているなら、例文と照らし合わせて自分のはどちらに該当するか、比較しながらチェックするのもおすすめです。

OK例文

私はタレントごとに合った方向性を見出すことで、最高のパフォーマンスを引き出し、多くの人に間接的でも喜びを届けられる仕事がしたいと考え、貴社を志望しました。貴社に所属しているアーティストの○○さんは昔からのファンで、彼のステージを見るたびに興奮し、嫌なことを忘れて前向きに努力し続けられました。
タレントやアーティストが活躍できるのは、影で支える人があってこそと思い、支える人の立場になって、今度は誰かの喜びを作り、不安をなくせる仕事がしたいと思いました。大学時代のサッカー部でのマネージャー経験を活かし、タレントひとりひとりに寄り添ったマネジメントで、伸び伸びと仕事をしてもらいたいと考えています。

OK例文では、芸能マネージャーになって何がしたいか、どのようにタレントをサポートしたいかが明確にできています。また、タレントのファンであることをベースに、支える仕事に興味を持ったと業界への興味もアピールできています。大学時代のマネージャーの経験を仕事に活かしたいと、過去の経験と将来の仕事を関連づけることで、さらに説得力のあるアピールになっているでしょう。

NG例文

私はタレントの○○さんが昔から大好きで、番組の観覧にも何度も行ったことがあります。生で見る○○さんがすごいのはもちろん、出演している他の人たちもオーラがあって、やっぱり芸能界はすごいと思いました。憧れの○○さんと一緒に仕事がしたいと思い、貴社に応募しました。マネージャーという立場からタレントを支え、事務所の利益にも貢献したいと考えています。

NG例文では、芸能マネージャーになりたいという明確な理由が提示されていません。単にタレントのファンであり、華やかなイメージの芸能界に憧れているだけという印象を与えてしまっています。また、就職後どのように活躍したいのかも明確になっておらず、漠然としたマネージャー像しか提示できていないのも、マイナス評価になるポイントでしょう。

芸能マネージャーの志望動機は働き方のアピールが大切

null

芸能マネージャーになるには、志望動機を念入りに作成して、仕事への意欲や業界への興味の強さをアピールしなければなりません。憧れのタレントに近づきたい、きらきらした業界で働きたいと考え、志望する人は実際に多いです。そこで、憧れだけで応募する人と差別化を図ることが大切です。

差別化の重要ポイントは志望動機の明確さであり、芸能マネージャーを目指す理由を具体的に述べなければなりません。また、志望したきっかけだけで終わらず、就職後どのように働き、活躍するか、タレントを支えていくかを提示することも大切です。能力はもちろん、仕事への向き合い方が重要視されるため、志望動機は働き方を重視して考えて選考の突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ