企業研究

【日本銀行に就職するために】就活生が気になる業務内容や内定者の志望動機などをご紹介!

日本銀行への就職は一般企業と違うのか

日本銀行に就職するためには、他の企業や銀行との違いなどを知っておく必要があります。日本銀行は銀行の一つではありますが、日本経済の中心として機能している銀行ですし、その役割は他の銀行とは違っている部分も多いです。

日本銀行と他の銀行を同じに考えていると、就活で失敗してしまう可能性がありますので、気をつけなければなりません。就活を成功させるためには企業研究を欠かすことはできませんし、日本銀行へ就職するのであれば、日本銀行ならではの特徴を知っておくことが大切です。

他との違いを知ることで、仕事への理解も深まり、志望度の高さを伝えることもできます。日本銀行の役割や採用方法などを知って、就活を攻略していきましょう。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

日本銀行の業務とは

日本銀行についての理解を深めるためには、まずはどんな業務をおこなっているのかを知っておく必要があります。銀行は就活生に人気の就職先ですが、具体的な業務内容について知っている人は少ないです。

銀行自体の業務を知っている人は少ないですし、その中でも日本銀行は他の銀行にはない業務もありますので、それらを知っておくことが大切です。日本銀行の基本的な業務を知り、どんな役割を担っている銀行なのかを知っていきましょう。

紙幣の発行や流通

日本銀行の業務としては、紙幣の発行や流通が挙げられます。日本銀行は発券銀行としての役割を担っており、日本円はここで作られ流通しています。他の銀行でも日本円の流通はおこなわれていますが、規模は小さいですし、紙幣の発行などをおこなうことはできません。

紙幣の発行をすべての銀行がおこなってしまうと、流通する日本円の量が管理できなくなり、経済が成り立たなくなってしまいます。日本銀行は紙幣の発行を一手に引き受け、日本円全体の、流通量を管理している銀行です。

紙幣は発行しすぎてもお金の価値が下がりますし、反対に全く発行しなければお金の価値は上がり続けてしまいます。経済のバランスを取るためにも適切な流通量を守らなければならず、日本経済だけではなく世界経済などを見ながら発行量を考えていきます。

金融政策の運営

金融政策の運営も日本銀行の業務の一つです。日本銀行は日本の経済を管理する中心的な存在であり、経済を守り、国民の生活を守るためにも金融政策をおこないます。金融政策にはさまざまなものがありますが、基本的には物価の安定を目的としています。

物価の安定を図るのも日本銀行の役割であり、物価の調整をおこなうためにも日本円の流通量を考えなければなりません。また物価を安定させるためには、日本銀行だけの働きでは不十分であり、その他の銀行に対して働きかけるのも業務の一つです。

日本銀行は銀行の銀行としての役割もあり、他の銀行と連携しながら金融政策を進めていきます。メガバンクや地方銀行などの経営も管理し、物価の安定を目指します。

政府や国際機関相手の事務

メガバンクや地方銀行などでは、基本的には個人や民間の企業を相手に業務をおこないますが、日本銀行の場合は政府や国際機関などを相手に、業務が進められます。政府や国際機関相手の事務も業務の一つであり、国債の発行や外国為替の売買などをおこないます。

政府の銀行としての役割も持ち合わせており、国民が支払った税金や社会保険料などの受払い先は日本銀行です。税金や社会保険料などの納付書類も日本銀行で作成され、その後に政府の関係省庁などに送られて処理されます。

また外国為替市場に介入し、外国為替の売買をおこなって市場の安定を目指すのも業務の一つです。日本だけではなく、世界経済の安定なども考えながら業務を進めていかなければなりません。

日本銀行の採用について

interview-seminar日本銀行の業務や役割について知れば、採用についても知って、具体的な対策を進めていきましょう。金融業界は就活生に人気の就職先ですし、その中でも特に銀行は人気があります。

銀行の中でも規模の大きいメガバンクは人気が高く、日本銀行もその規模の大きさから人気の高い就職先の一つです。日本銀行は他の銀行と特徴が違っていますので、採用についても違う点がないかを確認しておく必要があります。どのように採用がおこなわれるのかを知って、就活をスムーズに進めていきましょう。

一般企業と流れは変わらない

日本銀行は業務内容については他の企業と違っている点も多いですが、採用については一般企業と流れは変わりません。企業説明会も開かれており、他の企業と変わりませんが、しっかりと対策を進めておくことが大切です。

選考に参加するためには、まずはエントリーする必要があり、マイページの登録をおこないログインします。ログイン後はマイページ上から説明会の予約ができ、特定職、一般職、総合職で共通しているものやコース別の説明会なども開催されています。

エントリーシートを提出して書類選考がおこなわれますが、応募するコースによって提出期限が違いますので注意が必要です。また一般職に関しては一次試験が筆記となってしますので、しっかりと勉強して準備をしておきましょう。

女性社員も積極的に採用している

日本銀行は女性社員も積極的に採用しており、女性社員が活躍し働きやすい職場づくりに力を入れていることも特徴です。出産・育児支援制度としてさまざまな制度が導入されており、勤務時間の制限や出産による欠勤など出産や育児と仕事の両立が図られています。

また出産後は育児休暇の制度も整っていますし、本店では事業所内に保育所も併設されています。出産後も職場復帰しやすい環境にあり、実際に出産を経て育児と仕事を両立させている人は多いです。

育児に伴う時短勤務やフレックスタイム制なども導入されていますし、柔軟な働き方を実現することができます。女性にとって働きやすい環境であり、活躍しやすい企業ですので、女性からの人気も高いです。

日本銀行内定者たちの志望理由とは

日本銀行に限らず、就活を成功させるためには、しっかりと志望動機を練り上げなければなりません。志望動機は仕事に対してのやる気や企業への志望度の高さを表したものですし、それらがしっかりと伝えることで好印象を与えることができます。

反対に志望動機が弱いとアピール力も弱くなり、マイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、注意が必要です。内定者の志望理由を参考にして、アピール力の高い志望動機を考えていきましょう。

金融市場全体の発展に貢献したい

日本銀行内定者の志望理由としては、金融市場全体の発展に貢献したいことが挙げられます。日本銀行は日本の経済を支えるためにさまざまな役割を担っており、金融市場に大きな影響を与える存在です。

一般的な銀行業務に加えて、より規模の大きい業務を担当することができ、やりがいは非常に大きいです。金融事業全体の発展に貢献したいとすることで、地方銀行ではできない規模の経済に携わりたいき持つがアピールできます。

規模の大きさは日本銀行の特徴でもありますので、日本銀行ならではの理由を伝えることで、志望度の高さもアピールできています。志望動機では他の銀行にはない特徴を踏まえて伝えることが大切ですので、経済全体に関われることは日本銀行の志望理由としてはおすすめです。

よりマーケットに近い立場で働きたい

よりマーケットに近い立場で働きたいことも、日本銀行内定者の志望理由の一つです。日本銀行は政府の銀行としての役割もありますし、政府関係の仕事と考えられることが多いです。

実際にその認識は間違ってはいませんが、日本銀行は政府の銀行としての役割がある一方で、民間の企業や個人に対しても深く関わっています。政府の機関としての役割を担っているものの、民間に近い存在でもあり、官公庁との差別化を図っての発言ですのでアピール力は高いです。

政府機関でありながら、民間に近い立場で働くことができるのは、日本銀行ならではの特徴の一つです。官公庁と同列に考えるのではなく、少し違った存在として捉えることで、日本銀行への理解度の高さをアピールすることができます。

日本銀行への就職は日本経済への熱い想いが大事

金融業界は就活生に人気の業界であり、その中でも銀行は特に人気が高いです。銀行にはさまざまな種類があり、地方銀行や規模の大きいメガバンクが就職先として考えられることが多いですが、日本銀行も選択肢としてあります。

日本銀行は他の銀行とは違う点がたくさんありますし、日本経済全体に関わって、より大きな規模で仕事をすることができます。責任感の必要な仕事ではありますが、その分やりがいは大きいですし、男女ともに働きやすい環境です。

日本銀行へ就職するためには、日本経済への熱い想いを持っていることが大切であり、日本の経済を良くしたいと考える強い気持ちが必要です。経済発展への気持ちをしっかりとアピールして、日本銀行への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ