身だしなみ

【就活でベリーショートにする際のポイント】注意点もご紹介

就活中の髪型に悩む人は多い

null

就活では面接での振る舞いや発言だけではなく、身だしなみの印象も評価されています。身だしなみによる評価の影響は大きく、第一印象のほとんどは見た目で決定するため、念入りに整えなければなりません。身だしなみは全身トータルで整えなければなりませんが、個人差が出るために悩みやすいのが髪型です。

就活時は服装はリクルートスーツで大体同じですが、髪型は人によって違いが大きいです。ロングの人からショートの人、さらにはベリーショートまで短くしている人もいるでしょう。髪型も身だしなみとして評価の対象です。就活時には髪型が評価にどのような影響を与えるのか、受け取られる印象も含めて知っておくことが大切です。

ベリーショートが与える印象

ベリーショートが与える印象

ベリーショートは男女ともに人気の髪型であり、すっきり軽くしたい人におすすめです。一見難しく見えるベリーショートですが、セットがそれほど必要なく手入れも簡単であるため、一度やると伸ばすのが面倒に感じるという人もいるでしょう。ベリーショートは魅力的な髪型のひとつですが、問題は就活時にどのように評価されるのか、印象を与えるのかです。髪型が与える印象を知り、就活にベリーショートはふさわしいかどうか考えていきましょう。

活発で爽やか

ベリーショートは顔全体のパーツが見えやすく、表情も明るく見えることから基本的に好印象を与えやすいです。活発で爽やかな印象を与えられ、第一印象もよくなりやすいでしょう。きびきびと仕事をするイメージも持たれやすいため、営業やサービス業といった動き回ることが多い仕事だと、特に好印象に繋がりやすいです。

反面、活発な印象から、じっと座って仕事をする事務職では、落ち着きがない印象を与えてしまう可能性もあるため注意しなければなりません。もちろん、マイナスイメージがあるといっても、必ずしもその通りに受け取られるわけではなく、アピールの仕方次第で簡単に払拭できます。職種ごとに与える印象に若干の違いはありますが、基本的に好印象と考えて問題ないでしょう。

清潔感がある

清潔感がある印象を持たれやすいのも、ベリーショートの特徴です。髪は長いとそれだけで清潔感をアピールしづらく、特に男性の長髪はマイナスの印象になりやすいです。女性の場合はロングでも綺麗にまとめているなら清潔感はアピールできますが、よりすっきりとして見えるベリーショートのほうが印象付けはしやすいでしょう。

清潔感は身だしなみの評価を決める上では非常に重要なポイントで、この有無によって評価が大きく変わるといっても過言ではありません。もちろん、ベリーショート=清潔感があるというわけではなく、綺麗に保つ工夫は必要です。ただ、髪が長い場合と比べても、セットやお手入れがしやすいため、清潔感を出しやすいのは確かでしょう。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

就活でベリーショートにする際のポイント

null

ひとくちにベリーショートといっても、髪型は数多く存在します。髪型次第で印象が変わることは理解しておきましょう。より好印象を獲得するには、ベリーショートでもどのような点を意識して、髪型を考えるのかが大切です。好印象に繋げるには、爽やかさや清潔感をアピールする必要があり、それらを演出するには要所要所の工夫が必要です。ポイントを把握して、より好印象になる髪型を選びましょう。

耳周りと襟足をすっきりさせる

髪は短く、全体的に軽いほうが爽やかさや清潔感をアピールしやすいです。そのため、耳周りや襟足といった、目につきやすく長いと鬱陶しく見えやすい部分は、すっきりさせておきましょう。これらが短いだけで、全体的な印象はかなり違って見え、より軽やかなイメージを与えられます。

ベリーショートの長さにしているだけでも軽やかさはありますが、耳周りと襟足だけ量を多く残していると、全体的に重たい印象になりがちであるため注意が必要です。また、部分的にすっきりさせることで、髪の長さ自体が多少あっても、さっぱりした印象を与えられます。ベリーショート以外の選択肢も持てるため、極端に短くしたくない人はこれらの部分を特に軽めにしておくといいでしょう。

眉毛を出す

眉毛を出すことも、印象をよくするためには大切です。眉毛を出していると前髪が目にかかることがなく、顔全体の印象も明るく見えます。前髪が眉毛にかかっていると、目元に影が落ちやすく、顔の印象も暗く見えがちなため注意しましょう。前髪はできるだけさっぱりと短いほうがいいですが、眉毛を出すからといって、必ずしも眉毛以上の長さになるよう、短く切る必要はありません。

元の長さは眉毛にかかる程度あっても、横に流したり、前髪を上げたりして目にかからないなら、明るい印象は与えられます。女性の場合もこれは同じで、前髪から後ろに持っていってくくったり、横に流してピンで留めたりしてもいいでしょう。重要なのは顔のパーツをしっかり出すことで、髪で隠れて見えない部分をなくすことが大切です。

ベリーショートにする際の注意点

null

ベリーショートは男女ともに好印象を与えやすい髪型であり、就活にもおすすめです。しかし、いくつか注意点もあり、それが守れていないとマイナスに働くこともあるため気をつけなければなりません。ベリーショートの髪型自体はよくても、一部は禁止されていたり、整え方次第で印象が悪くなったりすることは覚えておきましょう。身だしなみから評価されるためには、きちんと整えて、マイナスのポイントを作らないことも大切です。

奇抜な髪型にはしない

ベリーショートはカジュアルな髪型になりやすく、特にアシンメトリーのような奇抜な髪型は就活向きではないため注意が必要です。髪型は短くさっぱりしているなら何でもいいわけではなく、就活にふさわしいフォーマルさがなければなりません。簡単に言えばリクルートスーツを着ていてもおかしくない髪型が求められており、カジュアル寄りの奇抜な髪型はすべてNGと考えましょう。

ベリーショートで奇抜な髪型にすると、インパクトが強い上に、戻そうと思っても長さが足りないばかりにどうしようもないことも多いです。一度切ってしまうと、そこから髪型を大きく変えるのが難しいため、一発目の髪型で奇抜にしてしまわないことが大切です。

短くてもセットする

髪が短いとそのままでもある程度髪型は整っていることも多いですが、それでも最低限セットはしなければなりません。髪型を整えることも身だしなみでは重要なポイントで、寝ぐせやふけがついていると、清潔感がないとみなされ悪印象になります。ベリーショートだとセットしてもそれほど動きが出ない場合も多いですが、セットするとしないのではやはり見た目の差は歴然です。

少しワックスをつけるだけでも印象はかなり違い、少しでも動きを出すとより活発な印象が与えられます。また、乾燥防止の意味でも、整髪料をつけるのはおすすめです。少し水気のあるジェルやムースをつけると乾燥せず、ふけも防げるでしょう。付け過ぎでべたべたするのはよくありませんが、適度につける分には問題はなく、好印象にもなりやすいです。

髪色にも注意が必要

身だしなみでは髪型はもちろん、髪色もチェックされています。さっぱりとしたベリーショートできちんとセットしていても、髪色が就活にふさわしくない目立つものだと、一気に印象は悪くなります。就活時に認められているのは、基本的には地毛の色、黒色で、何色であっても染めるのはよくありません。

一部限りなく黒色に近いこげ茶程度なら、染めていても分からない、あるいは分かっても印象が悪くならないというものはありません。しかし、これもあくまで印象が悪くならないだけで、プラスには働かず、染めたことが就活においてプラスになることはないでしょう。また、許容される色でも、身だしなみに厳しい企業では地毛以外認めず、評価ダウンになることもあるため注意が必要です。

ツーブロックは評価が分かれやすい

ベリーショートの中でも、特にさっぱりしていて、セットや手入れも楽なツーブロックは人気が高いです。ツーブロックは耳周りがさっぱりし、襟足も刈り上げることが多いため、清潔感はありますが、就活では評価が分かれやすいため注意しなければなりません。最近ではビジネスマンでもツーブロックは増えているため、フォーマルな髪型としても認知されつつありますが、一部身だしなみに厳しい企業ではマイナスの印象を持たれます。

特に、公務員や銀行系といった堅い職業では印象が悪くなる可能性があることは理解しておきましょう。業界、企業、さらには担当する面接官の好みによって評価は分かれるため、ツーブロックにするなら、できるだけ目立たない馴染みのいいものにするのが無難です。

就活ではベリーショートで好印象を与えよう

null

髪型は見た目の印象を決める重要なポイントで、同じ人でも髪型次第で印象が大きく変わることも少なくありません。就活時は何でも自由な髪型で良いわけではなく、社会人らしいフォーマルな髪型が求められるため、何がいいのか分からず悩む人は多いでしょう。ベリーショートはフォーマルにも対応でき、セット次第ではプライベートも楽しめるためおすすめです。

男女ともに可能な髪型であり、セットのしやすさやお手入れの簡単さからも、人気が高いでしょう。しかし、基本的には好印象のベリーショートも、細かいセットの方法や選ぶ髪型次第では印象が悪くなります。好印象を与えるポイントを踏まえて髪型を選び、さっぱりとしたベリーショートで清潔感を上手にアピールしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ