身だしなみ

【就活は黒染めをした方がいいか】カラーをする時期と注意点

就活は黒髪で臨むのがベスト

就活では黒染めをした方がいいのか迷っている人は多く、可能であれば髪を染めたまま就活に臨みたいと考えている人もたくさんいます。就活では身だしなみも評価の対象となっており、髪の色も身だしなみの一つです。

そのため髪を染めて就活に臨むのはマイナスの印象を与える可能性があり、よくありません。身だしなみとしてベストなのは黒髪ですので、就活前にはしっかりと黒染めをしておく必要があります。

しかし、ただ黒に染めていればいいわけではなく、黒染めの仕方や時期などについて注意しなければならないことはたくさんあります。方法を間違えると黒染めしていてもマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるので、正しい黒染めのポイントを知っておきましょう。

就活のマナーを確認しよう

髪型以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

就活時の黒染めについて

就活では黒染めをしてから臨むのがベストですが、何も考えずに黒染めをしてしまうと、失敗する可能性もありますので注意が必要です。黒染めの方法はさまざまですし、どの方法で染めるかによってもポイントなどは異なります。

就活では身だしなみのマナーは厳しく決められていますし、それらに照らし合わせて黒染めをおこなうことが大切です。就活時の黒染めにはさまざまなポイントがありますので、それらを正しく知っておきましょう。

適切な時期は面接から1週間ほど前

就活時の黒染めは、染める時期に注意が必要であり、適切な時期は面接から1週間ほど前です。あまりに早く黒染めをしてしまうと、色が落ちてしまう可能性もありますし、直近に染めても色が入らない場合もあります。

また色が入っても馴染みが悪く、不自然な印象を与えてしまう場合もあり、それでは印象がよくありません。ただ黒く染めれていればいいわけではなく、綺麗に染まっていること、色落ちなどをしていないことが大切です。染める方法によっても適切な時期は違いますので、それも注意しておく必要があります。

黒染めは美容室でするのがいちばん

黒染めは美容室でも市販のカラーリング剤でもおこなうことができますが、就活時の黒染めは美容室でするのが一番です。自分で染める場合は、染め残しやムラが出てしまう場合も多いですし、綺麗に染められていないとマイナスの印象を与えてしまいます。

自分でも染められないわけではありませんが、失敗する可能性は高いですし、就活時に限っては失敗のないようにプロの手に任せるのがおすすめです。黒染めをする場合は、真っ黒だと不自然なため、ナチュラルブラックにしてもらうようにしましょう。

黒の中にもさまざまな色がありますし、明らかに黒染めしたと分かると印象はよくありません。微妙な色味の程度についても、美容師と相談しながら進めていくといいでしょう。

カラートーンは6~8レベルがおすすめ

黒髪に染める際の暗さはどれくらいがベストかというと、一般的にはカラートーンが6〜8レベルがおすすめだと言われています。日本ヘアカラー協会でもこの明るさが一般的だという解釈になっています。実際は、各業界ごとに推奨されるカラーレベルがありますが、まずカラートーンを6~8レベルにしておけばどの業界でも無難だといえるでしょう。

ただし、髪質によってはこのレベルでもすぐに色落ちしたり、逆に濃くなりすぎたりすることがありますので、一度プロの美容師さんにきちんと相談しましょう。その際には、就職活動でこういった業界を志望しており、このくらいの期間は髪色が変化しないようにしたいといった要望をきちんと伝えましょう。

黒染めをする際の注意点3つ

身だしなみの印象を上げるためにも、就活では黒髪で臨むことが大切であり、染めている場合は就活に合わせて黒染めをしなければなりません。しかし黒染めをしていれば必ずしも好印象になるわけではなく、場合によっては黒染めをしていてもマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

就活時の黒染めにはいくつか注意点がありますので、それらを踏まえて黒染めをすることが大切です。注意点を正しく守って、上手に黒染めをしていきましょう。

①染色スプレーやその日限りの黒染めはNG

黒染めは美容室でお願いしたり、市販のカラーリング剤を使用する他に、染色スプレーなどを使用しても黒染めをすることができます。染色スプレーは洗えばすぐに落とせますし、普段は染めたままで、面接のときだけ黒染めをすればいいと考える人もいますが、これはNGです。

染色スプレーで黒染めをしてしまうと、周りの人の黒と比べて色が不自然になってしまいます。明らかに黒染めをしていることが分かりますので、マイナスの印象を与えてしまう可能性が高いです。

また染色スプレーで染めていると、濡れた際に色が落ちてしまいます。急な雨などがあれば色が落ちてしまいますし、リスクを抱えないためにも就活中はその日限りの黒染めは避けましょう。

②染める時期はタイミングを見て

髪の毛を黒染めする時期は、実は非常に大切なことです。「明日が面接日だから、前日が一番綺麗に染まる」と考える方もいるかもしれませんが、それは間違いです。ギリギリに染めてしまうと髪に色がきちんと馴染まないことがあります。髪の毛が浮いたように見えて不自然になってしまう可能性があるでしょう。これでは、面接時に悪い印象を与えてしまう可能性があります。せっかくの黒染めですから、こういった事態はぜひとも避けたいところです。

では、一体いつのタイミングで染めるのが一番よいのかというと、髪の毛に色が馴染む時間を考えておよそ一週間前が理想的となります。面接日が複数ある場合は、この期間をうまく考えながらしっかりと余裕を持って黒染めをすることが大切です。

③黒染めをすると明るい色に染まりにくくなる

無事に就職も決まり、その会社の正式な入社日までは特に髪の毛を黒くする必要がなくなった場合、髪色を元に戻そうとするか、少しイメージを変える意味でも明るめの色にしたいと考える方も多いでしょう。

しかし、黒染めは一旦してしまうと明るい色に染まりにくくなるという特性を持っています。そういった場合、どのようにすればうまくカラーを髪の毛に入れていけるのでしょうか。

いくつかの方法がありますが、は黒染めをした時と同様にプロの美容師さんに相談するのがおすすめです。昨今のヘアカラーの技術進化はめざましいものがありますので、うまくできる方法をきっと色々提案してくれるでしょう。

黒染めしたくない場合の就活にふさわしい髪色とは

就活では黒染めをして臨むのはベストですが、就活中であっても髪を染めてオシャレを楽しみたいと考える人は多いです。就活中であってもプライベートな時間は当然ありますし、プライベートな時間までオシャレが楽しめないと、気持ちがふさいでしまうこともあります。

就活を攻略するためには、プライベートを充実させ、やる気を充足させることも大切です。就活とプライベートを両立させるためにも、黒染め以外で就活にふさわしい髪色を知っておきましょう。

ナチュラルなブラウン

黒染めが嫌なら、明るすぎず暗すぎないナチュラルなブラウンが就活にはおすすめです。髪を染める場合は派手になり過ぎないように注意が必要であり、派手になってしまうとマイナスの印象を与えてしまいます。

身だしなみにおいて最も気をつけなければならないのは、清潔感であり、清潔感があるかどうかによって身だしなみの評価は決定します。ブラウンの中でもさまざまなカラーバリエーションがありますが、就活にふさわしいのはナチュラルブラウンです。

それ以外の色を選んでしまうと、派手に見える可能性があるので注意が必要です。また市販のカラーリング剤で自分で染めてしまうと派手になり過ぎる可能性もありますので、美容室でよく相談しながら色を決めるようにしましょう。

暗めのアッシュ

黒染めが嫌なのであれば、暗めのアッシュもおすすめです。暗めのアッシュなら、抜け感もありつつ就活でもそれほど違和感はありません。黒髪と比べても馴染みが良く、条件次第では染めているのが分からない場合もあります。

もちろん日の光や室内の照明など当たれば染めていることが分かる場合もあります。その場合でもごく自然な色ですので、マイナスの印象を与える心配はほとんどありません。ただ黒髪には負けてしまうことは覚えておきましょう。

就活では黒髪がベストであり、黒髪であれば身だしなみの評価でも好印象が与えられる場合もあります。暗めのアッシュであれば、染めていてもマイナスの印象を与えることはほとんどありませんが、プラスの印象を与えることもないことも知っておきましょう。

就活前に黒染めをして好印象を得よう

就活は黒髪で臨むのがベストですので、就活前には黒染めをしておくことが大切です。髪色は身だしなみとしても見られていますが、ルールに合わせてきちんと整えることができるかも見られており、評価のポイントは意外にも高いです。

ナチュラルな黒髪が最も印象は良いですが、黒染めをしていても自然に見えれば好印象を与えることはできます。反対に黒染めしていても、不自然に見えるとマイナスの印象を与えてしまいますので、注意しなければなりません。

黒染めは、ただしていればいいわけではなく、きちんと注意点を守っておこなうことが大切です。ポイントをしっかりとおさえて黒染めをし、身だしなみでも好印象を獲得していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ