面接対策

【面接の30分で評価されるには】短くても不合格ではない理由を解説

面接時間30分は平均なのか

就活の面接は、30分程度の時間設定にしている企業が多いです。長い場合は、1時間程度になることも考えられますが、平均的な面接時間は、30分程度だといえるでしょう。各企業は、応募する人数によって面接時間を変更しています。

30分という時間の中で自分をアピールしますが、最初の5分で印象が決まるといわれています。残りの時間は、経験や能力などを伝えますが、最初の印象が合否に与える影響は大きいといえるでしょう。

最初の5分で好印象を残しつつ、受け答えでさらに相手を納得させることが大切です。面接では約6~8つの質問がありますので、しっかりと受け答えできるように、事前対策をしておきましょう。ここでは、面接の30分で評価される方法を解説します。

面接時間は30分程度が多い

企業ごとに異なりますが、面接時間は30分程度が多いです。また、短い面接時間で心配になる人もいるかもしれませんが、長くない時間でも合格できるチャンスはあります。基本的には、応募する人数によって面接時間は変わり、大人数を一度に面接する企業であれば、一人ひとりの時間が短くなるでしょう。そのため、それほど面接時間を気にする必要はありません。会社の都合なども関係するため、「短い時間=不合格」と認識しないようにしましょう。

短い時間でも合格できるチャンスあり

面接時間は、約30分を基本にしながらも、会社によっては極端に短かったり、長かったりと様々です。大企業ならば、面接を受ける就活生が多いため、短い時間でおこなわれる可能性が高いでしょう。

逆に中小企業は、面接する就活生も少なく、一人ひとりしっかりと会話することもあり、長い時間面接がおこなわれる傾向にあります。約30分という時間ではあるものの、面接において重要なのは、最初の数分です。

そこで面接官が受けたイメージなどによって、合格・不合格に影響があります。数分であっても、人柄や能力は判断できるからです。つまり、短い面接でも、合格のチャンスはあります。面接時間が短かったとしても、「不合格に違いない」と決めつける必要はありません。

応募する人数によって面接時間は変わる

各会社の面接官の人数は限られています。そのため、応募する人数が多いほど、面接する時間は短くなる傾向にあります。長い時間面接をおこなってしまうと、通常業務にも影響があり、最悪の場合、応募したすべての就活生と面接できないかもしれません。

短い面接時間だった場合、「手ごたえを感じなかった」「やけにあっさりしている面接だった」と思うことがあるかもしれませんが、不合格になるとは言い切れませんので、諦めない方がよいでしょう。

応募人数が多い場合、仕方なく面接時間を短くしているだけかもしれません。会社の都合、あるいはルールによって、面接時間は決められていますので、就活生は時間に関して心配する必要はありません。

最終面接は時間が短いことが多い

企業によって面接ごとの時間設定は異なりますが、最終面接は比較的短時間で終わることも少なくありません。これはそれ以前の面接である程度の評価を終えていることが理由であり、最終面接では入社意思の確認がメインとなることが多いからです。

入社への意欲の高さをチェックして合否を判断することが多いため、5~15分程度で済むことも少なくありません。また、企業によっては最終面接のひとつ前の時点で合否が決定しており、顔合わせだけで終わるということもあります。

ただし、短時間で終わるからといって、簡単に合格できるわけではありません。短い時間で合否の最終決定がなされるため、短時間で自分のよさや就職への熱意をアピールできるように、準備は念入りにしておくことが大切です。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

30分の面接では最初の5分が大切

30分という短い面接時間の中で、もっとも重要なのは最初の5分です。最初の5分で印象が決まり、採用・不採用が決定される時もあります。扉を開けて座るまでの振る舞い、自己紹介までで、面接官は会社に合う人材なのかそうではないのかチェックします。

残りの25分は、経験や能力をアピールする時間ですが、最初に与えた印象を残りの時間で変えるのは難しいこともあります。「最初の5分が大切」と意識して、面接合格を目指しましょう。

最初の5分で第一印象が決まる

面接官は、面接の最初の5分で就活生がどのような人物なのか、会社に合う人材なのか確認します。そのため、最初の5分で合否が決まるといっても過言ではありません。ドアを開け着席するまでで、不合格になっている可能性もあります。

会社と合う人なのかどうか、今働いているメンバーと相性は良いのかなどは、面接官の直観で判断されることも少なくありません。優秀な採用担当者であれば、なおさらそうでしょう。個人的な好き嫌いではなく、活躍できる人物なのかどうかを、インスピレーションによって判断しています。そのため、同じ会社でも部署によっては合否が変わる可能性もあります。

残りの25分で経験や能力をアピールする

最初の5分で印象を見られ、合否が決定されます。そして、残り2の5分では、スキルや経験をチェックしています。すでに面接官の心の中で不採用にしている就活生に対しても同様の質問をしますが、この時点で最初の印象を変えることは困難な場合が多いです。

ただし、スキル・経験がプラス材料になる可能性もありますので、しっかりとアピールしておきましょう。自分の強み、経験などを面接で伝えられるように、事前に練習することをおすすめします。

鏡の前で一人で、あるいは友人や家族の前で練習すれば、自信がつき、本番でも流暢に話せるでしょう。その際、過剰なアピールは避けるようにしてください。

第一印象を良くするためのコツ

短い時間で自分のよさをアピールするには、いかに第一印象をよくできるかが重要です。第一印象は評価を決める上での重要ポイントであり、ここで評価の大部分が決まってしまうことも少なくありません。第一印象が悪いと面接の時間内で挽回することが難しく、不利になりやすいため注意が必要です。

反対に好印象を与えられると、有利に選考を進められます。第一印象で好印象を与えるにはどのような工夫が必要なのか、その方法を知っておきましょう。

身だしなみや服装に気を付ける

見た目の印象は重要であり、身だしなみによって第一印象のほとんどが決定するといっても過言ではありません。そのため、服装や頭髪の乱れがないかは面接直前に確認しておき、万全の状態で臨むようにしましょう。

また、身だしなみは頭からつま先まで見られており、着用しているスーツの色や柄、着方だけではなく、靴やカバン、ベルトなどの小物までチェックされています。どこか一部で判断されるわけではなく、トータルで見た目の印象は決まるため、細部まで確認して乱れているところがないようにしておかなければなりません。

また、汗やにおいなどにも注意が必要であり、不潔に思われないようにすることが大切です。身だしなみを整えることは社会人のエチケットとして当然でもあるため、相手を不快にさせない服装を心がけましょう。

面接の基本マナーを守る

面接にはいくつもマナーがありますが、このうち基本的なものはきちんと守っていないと、第一印象が悪くなってしまうことが多いです。例えば入室の際にはノックをし、声をかけてから部屋に入ることや、椅子には勧められるまで座らないなど、初歩の部分こそきちんとおこなうことが大切です。

面接の基本は当たり前の部分も多いですが、緊張するとこれができなくなってしまうことも少なくありません。動きや受け答えなどの基本的なマナーは、面接に慣れてくると失敗することも多いため、注意が必要です。

選考も中盤に差し掛かり、慣れたときこそ失敗しやすいため、最後まで気を抜かないようにしましょう。基本の部分ができていないと評価を大幅に下げられる危険性があるため、マナーは細部まで確認しておく必要があります。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

30分の面接で質問される内容

30分の面接では、どのような質問を受け答えするのでしょうか。会社によって、あるいは就活生によって変わる時もありますが、質問数は約6~8つです。これぐらいの数であれば、事前対策もしっかりとおこなえるでしょう。

質問内容は、志望動機、自己PRといったよくある質問から、尊敬する人物、気になるニュース、別企業の選考状況などを聞かれるケースもあります。さまざまな質問が考えられるため、やはり事前対策は欠かせません。

質問数は約6~8つ

30分の面接時間であれば、6~8問程度の質問が平均的な数です。もちろん、就活生が答える時間の長さによって変動しますが、「20問」と極端に増えることは考えづらいです。

必ず聞かれる質問内容は、志望動機、自己PRです。また、学生時代に頑張ったこともよく聞かれます。これらについては、どのように受け答えするのか面接前に考えておいてください。面接する企業がどれぐらい質問してくるのか予想するためには、就活レポートなどが参考になるでしょう。

先輩たちに聞いてみれば、質問数だけではなく、過去の質問内容も教えてくれる時があります。どんな質問をされるのかある程度把握できれば、事前対策も難しくありませんので、しっかりと情報収集することをおすすめします。

面接でよく質問される項目

志望動機、自己PR以外にも、面接ではさまざまなことを聞かれます。例えば、長所や短所に関する質問は定番です。自分を客観的に見れているのか、採用担当者はチェックしています。

受け答えする際は、どのように会社に活かしていくのか、これからどう改善していくのか伝えるようにしましょう。やりたい仕事を問われることも少なくありません。この質問の意図は、就活生がどのようなキャリアを描いているのかチェックするためです。

あわせて、会社について理解しているのかも、確認されています。そのため、就活に欠かせない「企業研究」を疎かにしてはいけません。他にも挫折した経験など、さまざまな質問内容が考えられます。

逆質問対策も忘れずにおこなう

面接では最後に「何か質問はありますか?」と逆質問を求められることが多いです。逆質問も評価の対象であるため、何を答えるかは考えておかなければなりません。逆質問としておすすめなのは、仕事についての深堀りや、就職意欲がアピールできる質問です。

「○○の仕事について、1日のスケジュールを教えてください」や「御社で活躍する人に共通する能力は何ですか」などの質問は、意欲をアピールできるためおすすめです。反対に仕事の条件に関する質問や、ネットなどで調べてすぐわかることを聞いてしまうと、意欲が低いとみなされる可能性があるため注意しなければなりません。

また、質問なしも意欲なしと判断されやすいため、2~3つ程度は質問を用意しておき、その時々の状況に応じて聞けるようにしておきましょう。

30分の面接では好印象を残すための対策が必要

面接時間は、どの企業も30分程度が多いです。会社の都合やルール、応募する人数によって面接時間は変わり、短い面接時間であっても、不採用というわけではありません。30分の面接では、最初の5分が大切であり、第一印象によって合否が決定されるといっても過言ではありません。

残りの25分で経験や能力をアピールしますが、最初の印象をプラスに変えることは難しいでしょう。面接では、さまざまなことを質問されますが、中でも、志望動機、自己PR、学生時代に頑張ったことは、よく聞かれるものとして知られています。

こうした質問にしっかりと受け答えし、会社に好印象を与えるためには、事前の練習、企業研究などの対策が必要不可欠です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ