面接対策

最終面接の結果は一週間以内にくるのか|未連絡時の対処法も紹介

最終面接は採用・不採用に関わらず結果連絡がくる

99c4b98b6eee2682d51d8bdd5cae2b1d_s
1次や2次面接と異なり、この面接さえ合格すれば内定が見えると、最後の関門になるのが最終面接です。最終面接の多くは会社役員や代表取締役社長、人事部長が対応するケースが多いです。最終面接の場合、だいたいが「結果は1週間から10日以内に連絡します」と言われます。最終面接ではサイレント見送り等がなく、合格の場合も不合格の場合も結果があります。

最終面接から連絡が来る期間

最終面接の担当者は1週間程度で連絡が来ると言いますが、実際にはどのくらいで結果の連絡があるのでしょうか。結果連絡が長ければ長くなるほど、なかなか次の企業への就活に切り替えができませんよね。

ここでは結果連絡の目安期間について紹介します。

1~2週間以内に言われても翌日に連絡がくる場合が多い

「自社で内定を出すような学生なので、他社からも内定を貰う可能性が高い」と考えて、早めに連絡をするのが企業側の心境です。なのに、「結果は1~2週間以内」と言っているのには、以下のような理由があります。

  • 最終役員の決裁を取ってから連絡しようと考えている(役員が会社にいない場合)
  • 内定を出した学生が辞退する可能性を見越している
  • 日が経ってから、落としたはずの学生に内定を与えるケースがある

最終面接を受けてすぐに結果の連絡がこない場合には、落ちた可能性があると考えておきましょう。

最終面接から2週間程度経ってから連絡がくる場合もある

最終面接の結果連絡が、忘れた頃にやってくる場合があります。例を挙げると、最終面接の結果連絡は2週間以内と言われていて、本当に2週間後くらいにくるパターンです。これは、一旦内定を出した学生が辞退をし、補欠扱いであったあなたが内定を得たというケースかもしれません。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

内定の結果連絡がきたら落ち着いて対応する

連絡が早くこようと遅くこようと、その結果に代わりはありません。最終面接を受けているのですから、自分に自信を持ってください。内定という連絡がきたら、あなたの志望度合いに変わりがない限りは、その結果を謹んでお受けするべきでしょう。最終面接の結果連絡がきた際に注意すべき点は、以下の3点です。

  • 「どこの会社でしたっけ?」という態度は決して出さない
  • 「なんでそんなに結果連絡が遅れたのですか」と聞かない
  • その時に他に受けている会社などがあれば正直に相談する

期間が空いたからといって、企業名が分からなくなったり、理由を問いただしたりする行為はNGです。また、結果連絡があった時点で迷っている場合は、その場で入社意思を伝えずに、お礼だけ述べるようにしましょう。

最終面接の結果がこない場合の対処法

最終面接で「1~2週間後に連絡します」といわれて2週間以上が経過しても、企業からの連絡が来ないケースがあります。そういった場合には、企業に問い合わせてみても失礼にはあたりません。ただし、その際に急かすような言い方をすると、評価が下がってしまうので気を付けてください。

あくまでも「いつ頃結果が出ますでしょうか」という姿勢で、企業の人に聞きましょう。面接結果が来ないのには、「繁忙期で選考が進んでいない」「郵送での連絡と行き違いになっている」「不採用を決定している」など、さまざまな理由があります。やむを得ない事情で選考や連絡が遅れているだけかもしれないので、責めるような言い方にならないようにしてください。

面接の結果連絡は1週間程度でくるため対応を考えておく

最終面背越の結果は一週間程度でくることが多いですが、一週間以上かかったケースも少なくありません。

最終面接の結果連絡は、会社側も非常に緊張するものです。連絡がきた際は、採用にせよ不採用にせよ、会社側は選考に時間や人件費を費やしているため、丁寧な対応で、結果連絡をくれたことへの感謝を伝えましょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ