説明会

【合同説明会で使える】リアルな現場を知るのに効果的な質問例文3選〜他の就活生に差をつけるポイントをご紹介〜

合同説明会に行くなら、良い質問をしてその説明会を効果的に活用したいですよね。しかし、そうは言ってもどのようなことを質問するべきかということが分からないという学生も多いでしょう。そこで、合同説明会における効果的な質問の例を紹介します。合同説明会の質問で迷ったら、アレンジして活用してみてください。

合同説明会で効果的な質問1.担当者の個人について

合同説明会では、それまであまり興味を持ってなかったけど、たまたま話を聞いたらすごく興味を持てた、というような企業に出会えることもありますよね。そのため、それまでは何も興味を持っていなかった会社なのですから、何を質問したら良いのかもますます浮かばないはずです。
合同説明会などの質問を直接ぶつけられる機会では、調べれば分かるようなことを質問するのは失礼です。よってますます迷ってしまうことでしょう。

  • そこでしか得られない情報を得る

合同説明会ではどこの企業でも使えて、確実に調べてもわからない質問を用意しておくと便利です。効果的です。その質問が「その会社の担当者個人に関する質問」です。

・なぜその会社に入ったのか
・その会社、仕事の何に魅力を感じているのか

このようにその人個人のことを聞いてみてください。そこでしか得られない情報を得られて、かつ、印象にも残ることでしょう。

合同説明会で効果的な質問2.その会社だけの強み

これに関しては合同説明会の中で担当者からしゃべってくれるという可能性も大いにあります。しかしもしまだここの部分に関しての話をしていないようであれば、その会社だけの強みがどんなところにあると思うかということについて質問するのが、合同説明会の質問としては実に効果的です。

  • 志望動機につなげられる

実際に働いている人が、その会社だけの魅力だと思っているところなのですから、これを聞いておけば他社と差別化できるでしょう。この質問を合同説明会で聞くことで、ちゃんとその質問の意味を知って質問してきてくれているんだな、ということも感じてもらえます。
また、他社のと差別化ができればそれはさらに志望動機にもつなげられますから、非常に効果的な質問だと言えます。

合同説明会で効果的な質問3.社員にどのような人が多いか

その会社で働く人については、その会社で働く人にしかわかりません。そのため、合同説明会の機会で、その会社で働く社員の性格や雰囲気について質問するというのも効果的なことです。
こういったリアルな現場については、調べてもまず正確な意見を得ることは難しいでしょう。それならばこの合同説明会という機会を利用して聞いておくと良いと言えます。

  • 一緒に働く人たちの性格や雰囲気は重要

働く上で、一緒に働く人たちの性格や雰囲気というのは非常に重要ですよね。苦手な雰囲気だったからといって、会社を簡単に辞めることもできません。そういった意味でも合同説明会で、実際にその会社で働いている社員の雰囲気について質問するというのはすごく効果的なことなのです。合同説明会での質問に迷ったら、のようなことを質問してみてください。

質問例文1 業務内容と教育体制

「〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。御社の主な業務内容と、その業務に対しての教育体制を教えて頂けますか?」

パンフレットやホームページで大体の業務内容は掲載されているので、想像はできるかもしれません。ですが、業務に対しての教育がどれくらい充実しているのかは企業によって異なります。そのため、入社前の業務に対する不安を解消するためにも、教育体制は確認しておきたい質問のひとつと言えます。

質問例文2 心構えとやりがい

「〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。御社に対する心構えとやりがいを聞かせてください。」

説明会の担当者は、入社して1年目の社員が来る場合が多いので、実際に入社して感じた生の声を聞くことができるでしょう。その担当者が、入社前と入社後で企業に対する考えがどう変わったのか、今の事業内容にどのようなことを期待しているのかなど、詳しく聞くことができます。

質問例文3 職場の雰囲気

「〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。御社の職場の雰囲気はどうですか?」

職場での働きやすさには、「福利厚生がしっかりとされているか」などの待遇面も大切ですが、それ以外にもおさえておきたいことがあります。仕事をする上で、「職場の良好な人間関係」は、業務によい影響を与えます。。人間関係が良好であれば、業務が立て込んでいるときに、協力を求めることができます。

合同説明会では効果的な質問をして実になる情報を得ましょう

せっかく合同説明会にいくのですから、今回紹介したような効果的な質問をして、担当者の印象に残ってかつ実になる情報を得てから帰るようにしましょう。多くの学生が集まっているところで質問するのはなんとなく照れがあるという方もいるかもしれませんが、こういう質問なら誰もがしてほしいと思っていることでしょう。そのため照れずに質問すれば、感謝すらされることもあるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。