面接対策

【お祈りフラグが怖い】面接における危険サインと挽回するための対処法~学生側の特徴一覧~

面接におけるお祈りフラグ①質問がやたらと多い

office-581131_1280

面接のお祈りフラグ1つ目は、「質問がやたらと多い」です。自己紹介からどんどん突っ込まれて、なかなか話がすすまないようであれば、お祈りフラグだと思ったほうが良いでしょう。その場合は、面接会場に入ってきたときの印象や、提出済の書類の出来が悪かった可能性があります。

少しでも印象が良くなる努力をする

挽回するには、姿勢を正して笑顔を作りつつ、大きな声で質問にハキハキ答えてください。面接でのお祈りフラグを断ち切るには、そうして印象を回復させていくしかないのです。

もし、たくさん質問をしないとならない状況でも、笑顔で印象を良くするだけでも印象は良くなります。そうすると、当初のマイナスイメージを回復させ、お祈りフラグを断ち切れるかもしれません。

面接におけるお祈りフラグ②あまり目を見て話してくれない

「面接官があまり目をみて話してくれない」というのも、面接のお祈りフラグの1つです。圧迫面接の一環として、そのようにあえて興味のないフリをすることもありますが、その場合はもう少し分かりやすくアクションを起こすでしょう。あまり目をみて話してくれない程度ならば、お祈りフラグである可能性が高いといえます。

興味を持ってもらうように心掛ける

面接官があまり目を見て話してくれない場合は、話の大事なポイントで声に抑揚をつけるなどして、興味を持ってもらえるようにしてください。そうすることで、お祈りフラグを断ち切れるかもしれません。

面接は、コミュニケーションをとるためにおこなうものです。ただ覚えてきた話をするだけではなく、少しでも話が聞きやすくなるように工夫をすると、印象が良くなります。

面接におけるお祈りフラグ③たくさん褒められる

「たくさん褒められる」も、面接でのお祈りフラグとなります。面接官によっては心から褒めているのかもしれませんが、面接段階でたくさん褒めることは、あまりないものです。

それなのに褒めてくるのは、「不採用だけどこの会社を嫌わないでね」という意思のあらわれか、その面接官がいい人なだけの可能性があります。後者である可能性は低いため、面接の途中でたくさん褒められた場合は、お祈りフラグだと思った方が良いでしょう。

あえてパーソナルな部分をアピールする

「褒められる」というお祈りフラグの原因としては、無意識のうちに自己アピールや自慢が多くなり、面接官から鬱陶しいと思われているパターンが挙げられます。その場合は、一旦面接だということを忘れて、逆質問のときに雑談を仕掛けてみましょう。雑談を通して、面接の回答ではなく自分のパーソナルな部分をアピールすることで、お祈りフラグを断ち切れる可能性があるのです。

お祈りフラグが立ちやすい学生の特徴

面接においてお祈りフラグが立つのには、どのような原因が挙げられるのでしょうか。上記で少しだけ触れましたが、お祈りフラグが立つのには、「入室時の印象が悪かった」「書類の出来が悪かった」などの原因があります。

以下では、そんなお祈りフラグが立ちやすい学生の特徴を、いくつかご紹介します。面接に臨む際は、以下の特徴に当てはまらないように気を付けてください。

・笑顔がない

・姿勢や態度が悪い

・声が小さくて聞こえない

・自信がなさそう

・熱意が伝わらない

・やたらとフレンドリー

・話が極端に短いもしくは長い

・企業研究が足りていない

・志望動機が薄い……etc

面接でのお祈りフラグは3つ!対処法を知っておこう

面接でのお祈りフラグには、さまざまなものがあります。代表的な面接のお祈りフラグは、「質問が多い」「目を見て話してくれない」「たくさん褒められる」の3つです。こういった行動が見られたら、面接後にお祈りの連絡を貰う可能性が高いといえるでしょう。

もし、お祈りフラグが立ったと感じたなら、すぐさま適切な対処が必要です。本ページでご紹介した対処法をもとに、お祈りフラグを断ち切ってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ