WEBテスト

テストセンターを受験する際の服装【徹底分析】|スーツと私服の使い分けと6つの注意点を大公開

テストセンターにはスーツと私服どちらで行くべき?

テストセンターに行く服装として、スーツ派と私服派がいます。私服で行くとなると、私服の中からどんな服装を選んだらいいか迷うものです。この記事では、テストセンターに行く際の適切な服装についてご紹介させて頂きます。

テストセンターでの服装は、スーツと私服のどちらでも問題はありません。テストセンターは、一般の資格試験と同じで、企業に関係のない会場で行われる試験だからです。テストセンターに私服で行っていい理由について、詳しくみていきましょう。

テストセンターに私服で行っていい理由

テストセンターへ行く際、何を着ていくべきか迷う方も多いですが、スーツであろうと私服であろうと特段問題は生じません。テストセンターは企業とは関係のない外部の会場で受験するものであり、会場に企業の担当者がわざわざ来るようなこともありません。

企業に届くのは、あくまで試験結果のみなのです。スーツを着ることに慣れている方ならともかく、スーツを着ることに慣れていない方は落ち着かずに試験に集中できない可能性もあります。テストセンターで試験を受ける際、最も重要なことは試験結果です。試験当日は、実力を100%出せる服装をしていきましょう。

企業の役員は会場に来ない

テストセンターは、受験する企業と関係のない外部の会場おこなわれます。そのため、会場に企業の役員が来て、受験生の服装や態度などをチェックするようなこともありません。企業の役員が採用に関わるのは、最終面接などのケースが多いです。

テストセンターはまだ筆記試験の段階なので、役員が関わる可能性は低いでしょう。役員が関わったとしても就活生の人柄や人間性は面接のときにじっくりと観察すればよいことであり、テストセンターでの試験に関しては、点数以外に関心を示さないものです。

企業の役員が来ているのではないかと不安になって着慣れないスーツを着て行き、テストへの集中が散漫になってしまえば本末転倒です。本来の実力をしっかりと発揮して面接に進められるよう、リラックスして臨むようにしましょう。

スーツだと緊張してしまう可能性もある

テストセンターを受験する際は、ただでさえ「落ちてはいけない」や「間違ってはいけない」というプレッシャーを感じています。かしこまったスーツを着ることで、必要以上に緊張してしまい、その結果テストへの集中力が散漫になってしまう可能性が高いのです。

テストセンターでの試験を通じて企業が知りたいことは、服装から見えるその人の人間性ではなく、試験の点数です。その人の人間性はその後の面接の機会で注意深く見ていくことになるので、テストセンター会場での服装まで気にしてはいないのです。

スーツに着慣れている人ならともかく、普段スーツに着慣れていない人は無理してスーツを着るのではなく、自分が落ち着く服装で臨むようにしましょう。

オトクな就活資料【無料】

Amazonでも販売!SPI模試・問題集が今ならタダ

効率的な対策に必要なのは現状を把握すること。このパーフェクト模試を解けば、あなたの苦手な分野が見えてきます。あとはその苦手を集中して潰せば、効率的で圧倒的な成果をあげることができます。就活は時間が足りない。それなら効率を重視しましょう。

テストセンターでの適切な私服①露出の多い服は避ける

テストセンターでの私服は、私服だからといってなんでも良いわけではありません。たとえば、露出の多い服は、その場ですごく浮いてしまい、それが気になってテストセンターでのテストに集中できなくなる可能性はとても高いです。

まわりから浮いてしまうというのは、実際にテストをはじめてみると意外に気になるもので、そのせいで実力を発揮できなくなるでしょう。もちろんそれだけではなく、TPOにそぐわないので、マナー的も良くありません。したがって、テストセンターに私服に行く際には、まず露出の多い服は割けるのが無難です。

露出の多い服は目立つ!TPOに適した私服がベスト

露出の多い服というのは女性だけに当てはまるわけではありません。たとえば男性の半ズボンや、タンクトップ、サンダルなども露出の多い服となるので、注意しましょう。女性でも男性でも、テストセンターに私服でいく際には、なるべく肌を出さないような私服を選んでください。

テストセンターでの適切な私服②華美な服装も避ける

テストセンターでの私服は、華美な服装も避けるのが無難です。たとえば真っ赤なジャケットや原色系のパンツなど、派手な服装で行けば、多くの人からの視線を集めてしまい、そのせいで間違いなくテストに集中できなくなるでしょう。

落ち着いた色が無難!白や黒・ネイビーやベージュ

できればあまり色味の派手でない、白や黒、ネイビーやベージュなどのカラーの私服を選んできていくようにするのが良いでしょう。テストセンターでの私服を選ぶ時に大切なことは、マナーを守りつつリラックスできる服装を選ぶことです。

リラックスできる服装とは、着なれた服装というだけではなく、まわりから浮かないような服装ということでもあるのです。したがって、テストセンターに私服でいく際には、華美な服装は避けるようにしていきましょう。

テストセンターでの適切な私服③不潔感のある服装はNG

テストセンターでの私服は、不潔感のある服装もNGです。いくら、私服が問題ないとはいえ、毛玉が多くボタンが取れかかっていたり、糸がほつれているような服装は、見るからに不潔感を感じます。

洋服の毛玉は、毛玉取り機を使って処理したり、ボタンが取れかかっていたら付け直すなど、事前に服を選んだら対処しておく必要があります。私服でも身だしなみは必要です。

自分ではオシャレをしているつもりかもしれませんが、試験会場に行く前に、家族や友人のアドバイスを聞くなどして、確認することを心掛けると良いでしょう。また、身だしなみだけではなく臭いにも注意しましょう。

異様な臭いがしても周囲の人に不快な思いをさせてしまいます。喫煙者で臭いが気になる人は、事前に服に消臭スプレーをふるなどして対策をしましょう。香水で臭いを消したいときには、かけすぎに注意してください。臭いを消すのであれば、消臭スプレーを使用することをおすすめします。

テストセンターでの適切な私服④ハイヒールなどもNG

テストセンターでは、ハイヒールなどの履物もNGです。ハイヒールは、かかと部分がが7㎝以上で爪先よりも持ち上げられる形状のものをいいます。ヒールの高いものやヒールのかかと部分の面積が小さいものは、安定性がありません。

会場には、数多くの受験者が集まるので体勢が崩れてぶつかったり、捻挫をしたりする可能性もあります。足元に安定性がないと、周りの人に迷惑をかけることになります。また、ハイヒールは、ヒールのかかと部分が小さい面積のものだと、歩くたびにカツカツと音がなるので他の受験者に迷惑になります。

ヒールのかかと部分が小さくなくても、履き慣れた靴は、黒いゴムの部分ががすり減って金属が見えているものも音が鳴ります。履き慣れたもので会場へ行く場合には、事前に靴の裏も確認しておきましょう。黒いゴムの部分は、靴屋さんで修理ができます。

壊れている場合は修理をした方が、新しい靴を買うより低コストで抑えられます。履物は、周囲に音などで迷惑にならないような足のサイズにあった、安定性のあるものを選ぶようにしましょう。しかし、スニーカーは好ましくありません。女性なら安定性のあるパンプスや、男性なら革靴を選択した方が間違いないでしょう。

テストセンターでの適切な私服⑤オフィスカジュアルな服装が適切

それらの条件を踏まえたうえでテストセンターでの私服として一番適切なのは、男性でも女性でもオフィスカジュアルっぽい服装でしょう。ある程度のリラックス感はあるものの、その中でもきちんと清潔感があり、気持ちも引きしまるはずです。

まわりにもそういうような私服を選んでくる方が多いのでまず浮いてしまうことはありません。テストセンターに私服でいく際には、オフィスカジュアルをテーマに私服を選ぶようにすれば間違いないでしょう。

カーディンガンを持っておくと便利

テストセンター内での温度調節ができるように、カーディンガンを持っていくと尚良いでしょう。寒かったり暑かったりしたらテストにも集中できません。しかし、カーディンガンならオフィスカジュアルにも合いますし、温度調節も可能です。さらに着脱も容易で、邪魔にもなりません。テストセンターでの私服は、カーディガンを交えたオフィスカジュアルというのが特におすすめです。

テストセンターでの適切な私服⑥サイズが合ってない服装はNG

テストセンターでは、サイズが合っていない服装もNGです。テストセンターで受験をするのは自分だけではないのです。特に就職活動が活発におこなわれる時期だと、多くの受験生が押しかけます。そのような中でサイズの合っていない服を着ていると、他の受験生から見ると非常に見苦しく、不快感を与えてしまうかもしれません。

その時の服装で就職活動の行方が左右されるというわけではないですが、周りへの配慮を欠かさないことは社会人として身につけておかなければならないマナーです。周りの方に迷惑をかけないような服装で臨むことを心がけてください。

服のしわなどにも注意

テストセンターでの試験に関して企業が気にしているのは試験の点数であり、服装から人間性を見ようなどとは企業も思っていないです。しかし、そうは言っても何を着てもよいというわけではありません。

あまりにもしわだらけの服を着て行ったり、派手な服装で行ったりすることは、外の受験生からすると見苦しく、不快に感じる可能性があります。着て行く服が決まったら、出掛ける前や前日の夜にアイロンを掛けておきましょう。

同時に靴の汚れも落としておくと、全体的に清潔感がアップします。就活生として、日頃から清潔感のある身だしなみを心掛けることが大切です。これから社会に出る立場の人間として、社会人としてのマナーに沿った服装で臨むようにしましょう。

テストセンター後に面接がある場合

テストセンター後に面接を行う企業があります。その場合は、当然スーツを選択します。なぜなら、テストセンターから、わざわざ自宅に帰って着替えることはまずしないでしょう。また、自宅に戻る時間も無駄になります。途中、スーツに着替えるにしても、近くの公衆トイレなどで着替えるしかありません。

利用数の多い公衆トイレで着替えると、他の利用者に迷惑になります。仮に狭い公衆トイレで着替えたとしても、手荷物が増えるだけです。面接時に余計な手荷物を増やすよりは、スーツを着ていくのがベストです。もし、私服からスーツに着替えるのであれば、近隣のデパートのトイレを確認しておくといいでしょう。

最近のデパートのトイレには、着替える場所を設けているところもあります。スペースも広く取ってあり、ボードをおろせばそこに乗って着替えることもできます。しかし、就活生のためのスペースではないので、着替える手間を考えると面接を控えた日程のときには、スーツを着てテストセンターへ行くことがベストです。

面接では、見た目の清潔感を求められます。そのため、面接前に髪型や服装の乱れや汚れに注意しましょう。女性なら、化粧ポーチを持参して、面接前に髪型や化粧直しをしてください。男性なら、ネクタイのずれや、靴が汚れていないか確認して、汚れている場合は拭き取るようにしましょう。

テストセンターを私服で受験する際はTPOに適した服装を選ぶこと!

テストセンターに私服でいく際の適切な服装としては、以上のことが言えます。

・肌の露出は控える
・華美な服装は避ける
・オフィスカジュアルな服装を意識

ぜひこれらのことを参考にして私服を選んでいってください。たかが服装といえどもされど服装で、不適切な服装を選ぶと本当に実力を発揮できなくなるものです。ぜひ適切な服装で、実力を発揮していってください。

テストセンターでSPIを受験する際の把握しておくべき適切な服装【スーツと私服ではどちらが多数か】

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。