筆記試験

【一般常識の対策方法】出題範囲や突破するためのポイントを解説

一般常識の筆記テストは事前の対策が必要

就活では面接だけではなく、筆記試験が実施されることも多いです。筆記試験にはさまざまな種類があり、そのひとつに一般常識を問うものがあります。一般常識の筆記試験は出題範囲が多いため、事前の対策が必要です。

一般常識という言葉から、対策しなくてもよいと考える人もいますが、実際には難しいことも多いため、注意しなければなりません。どのような対策をするべきなのか、また事前にいかなる勉強が必要なのかを知っておくことが大切です。出題範囲や勉強のポイントを知り、一般常識の筆記試験に備えましょう。

一般常識テストを企業がおこなう理由

そもそもなぜ企業が選考で一般常識の筆記試験を実施するのか、その理由を知っておきましょう。選考過程に一般常識の筆記試験を組み込む理由は企業によって違いますが、大きく2つの理由があげられます。

企業が一般常識テストを実施する意図を知ることで、どのような目的で一般常識が必要なのか理解できるでしょう。ここでは、一般常識テストを企業がおこなう理由についてみていきます。

足切りのため

企業が選考で一般常識の筆記試験を実施するのは、応募者の足切りをするためです。企業によって実施のタイミングは異なりますが、書類選考のすぐ後に実施されることが多いため、この時点で数多くの応募者が残っていることも少なくありません。

人気の企業だと、書類選考通過者だけでも数百人から数千人程度いることもあるため、筆記試験が足切りのために実施されていると考えましょう。足切りの意味合いでおこなわれる場合は、合格点のボーダーラインが決められていることが多く、これを超えないとその時点で不合格になってしまいます。

人柄や能力ではなく、単純に点数だけで合否が決定するため、足切りのラインは超える必要があります。

基礎的な学力や社会性を確認するため

学生の基礎的な学力や社会性を確認する意味でも、一般常識の筆記試験は実施されています。学力とは単に学歴だけを指すわけではなく、筆記試験における点数を指します。そのため、高学歴であっても、筆記試験での点数が低いと、不合格になってしまうことは理解しておきましょう。

また、一般常識が身についていることで、社会性があると判断されることも多いです。企業での仕事は社内の人だけではなく、取引先やさらに大きく考えると世間ともつながっています。そのため、社会人の基礎能力として社会性は重視されており、筆記試験ではこの有無を見る目的もあります。

社会性が乏しいと、企業としても採用リスクがあると判断されるため、一般常識の筆記試験は採用において重要な項目であることを理解しておきましょう。

一般常識テストの出題範囲

【国語】漢字の読み書き・熟語・ことわざ・敬語の使い方・読解など
【数学】四則計算・因数分解・関数・方程式・平方根など
【理科】物理・化学・生物・地学
【社会】地理・歴史・政治経済・世界情勢・思想や宗教
【英語】単語や熟語・日常会話・長文読解
【文化】美術・音楽・スポーツ・芸能など
【時事】国際情勢・環境問題・法律や税制・医療や科学技術

一般常識の筆記試験は、出題範囲が非常に多いため注意が必要です。企業によって実施する内容の詳細は異なりますが、基本的には上記の科目と範囲でおこなわれることが多いでしょう。

国語や数学、英語だけではなく、理科や社会、文化や時事なども範囲に含まれます。広範囲からの出題となるため、事前の対策が必要です。

筆記試験の一般常識は数学から勉強

99d22ef06245a3ce1305ddb23bd28c49_s

筆記試験の一般常識を勉強する場合、まずは「数学」から手を付けていくことをおすすめします。国語、社会、理科、英語、時事などの暗記系の問題というのは幅が広過ぎるため、勉強してもそれが出題されず無駄になることが多いです。

一方数学は、基礎を固めておけば企業が変われどある程度応用が利き、点数が伸びやすい科目です。

解答スピードをまずは鍛えること

また、筆記試験の一般常識では解答スピードも問われますので、解答スピードに差が生まれやすい数学は解答スピードを鍛えるという意味でも、学習し直して置きたいところです。

特に文系出身で数学から離れていた方は手数が取れず致命傷となることがありますので、しっかりと学習し直しておきましょう。理数系出身の方は、初歩的な数学となるため問題は無いかと思いますが、所々忘れている所もあるかもしれませんので、一応目を通しておくことをおすすめします。

無料の模試と問題集で対策しよう

SPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

筆記試験の一般常識は流し読みで傾向を理解!!

就活筆記試験の一般常識で出題される国語、社会、理科、時事などの暗記系科目は、範囲が広過ぎるため、就活の短期間で一から見直すというのは非常に困難です。また、余りに時間を掛けすぎても応募先企業のリサーチや企業研究などが疎かになってしまうのでリスクとなってきます。

ですので、こういった暗記系科目は、2~3冊ほどの問題集を流し読みし、出題傾向を理解するレベルで学習していくことをおすすめします。かつ明らかに弱い部分が発覚した場合は、重点的に見直していくスタイルで進めるのがよいでしょう。

筆記試験の一般常識では社会人の最低限レベルが求められる

いずれの科目も、就活筆記試験の一般常識で求められるのは、社会人として最低限のレベルの中学卒業程度のものですので、高校入試ほど難しくはありません。

時間も限られていますので、一つひとつ丁寧に見返していくのではなく、概要レベルで傾向を追っていくことが大切です。

筆記試験の一般常識用アプリを活用

就活時期は企業探し、説明会、書類作成、はたまた学業まで何かと忙しくなりますので、大学入試試験の時のように机に向ってじっくりと勉強することはなかなか難しくなります。

そこでおすすめなのは、就活筆記試験の一般常識用対策アプリです。最近はこの手のアプリが多数流通しています。アプリを使えばちょっとした移動時間にも学習できますし、ゲーム感覚で直感的に頭に入っていきますので、意外にも短時間で知識を吸収することができます。

就活筆記試験で単語を覚える場合にアプリが適する

特に就活筆記試験の一般常識で出題される漢字、英単語、時事単語など単語系を覚える場合などに、アプリは適しています。

なお、アプリを使用する場合はある程度頭のスイッチを切り替えて学習し、またそれを習慣化させることが大切です。普段のSNSやゲーム感覚で利用してしまうと、流石に頭に入ってこなくなってしまいます。

普段からニュースをチェックする

時事問題も出題範囲に含まれる一般常識の筆記試験では、日ごろからニュースをチェックしておくことが大切です。ニュース番組はもちろん、新聞やネットなど、幅広い情報をチェックしておくことで、時事問題の対策はできます。

時事問題は志望先の企業に関するものから、まったく他分野のことまで出題されることもあるため、幅広い内容を確認しておきましょう。他の範囲では論理的な思考によって答えを導き出せることもありますが、時事問題は知識として頭に入っていないと、正しく解答できません。

知識量によって得点が変わりやすいため、事前の対策は必須です。ニュースは普段からチェックしておき、どのような分野の内容でも答えられるようにしておきましょう。

時事問題について友人などと話すことが大切

時事問題はただ知識を身につけるだけではなく、友人などと話して、自分の意見を持っておくことも大切です。時事問題では穴埋め形式で事実を記述するだけではなく、自分の意見を述べなければならないこともあります。

情報として知っているだけでは、スムーズに解答できない問題もあるため、友人などと意見交換をしておくことで、答えやすくなるでしょう。また、ひとつのニュースについて意見交換をしておくことで、内容の理解にも役立ちます。

ただ情報として知っているだけの場合とは、理解度が大きく異なることも多いです。ニュースについての理解を深めるためにも、周囲の人と話すことを意識して、積極的に意見交換をしておきましょう。

筆記試験の一般常識は効率的に回答することが大切

一般常識の筆記試験の対策についてみてきました。一般常識は出題範囲が広いため、事前の対策が必要です。一般常識だからといって対策をしないでいると、思わぬところで他の就活生と差がついてしまいます。

筆記試験の一般常識を学習する上で、一番の課題となるのが「時間」です。試験問題の難易度自体はそこまで高くありませんが、出題範囲が広い上に忙しい時期に学習しておかないといけない場合が多いです。

いかに時間を効率よく使えるかが、筆記試験の一般常識の勉強を進めていく上で非常に大切です。出題範囲を確認して、無駄なく対策していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ