筆記試験

就活の筆記試験で出される問題|事前の対策方法もご紹介

就活の筆記試験は問題の範囲が広い

就活では選考の一環として筆記試験が実施されることも多いですが、問題の幅は広いので注意しなければなりません。筆記試験の種類は多く、それぞれで出題範囲や難易度なども異なります。新卒の就活では、人柄重視で採用を決定する企業が多いですが、筆記試験で能力を測りたいと考えている企業も多いので注意しなければなりません。筆記試験を攻略するには、対策をしておくことが大切です。

就活で筆記試験が実施される理由

筆記試験を攻略するためには、そもそもなぜ実施されているのか、根本的な部分から知っておくことが大切です。新卒では人柄重視で採用を決める企業が多いにも関わらず、筆記試験を設けている企業はたくさんあります。

筆記試験では人柄を見ることは難しく採用基準から外れるようにも思えますが、実はそうではありません。筆記試験は選考においてさまざまな役割を果たしているため、なぜ多くの企業が実施しているのか、その理由を把握しておきましょう。

就活生のふるい落としのため

筆記試験が実施される理由としては、応募者のふるい落としが挙げられます。企業によっては応募者が数百人、数千人に上ることもあり、全員とじっくり向き合うとなれば、あまりにも労力がかかりすぎます。

企業としても、就活生ひとりひとりのことを細部まで知りたいと考えていますが、実際にはそれができないことも多いです。筆記試験はふるい落としの役割を果たし、選考を簡略化する目的でおこなわれていることは理解しておかなければなりません。

企業によっては足切りの点数を定めていることもあり、基準点を下回ってしまうとその時点で不合格になってしまいます。足切りのラインを超えても、点数が低ければ不合格になることもあるので注意しましょう。

基本的な能力を見るため

新卒の就活では人柄や成長力などを重視して採用を決定する傾向にありますが、仕事をする上では最低限の能力は求められます。筆記試験で基本的な能力を見ている企業は多く、最低限企業が求める水準は越さなければなりません。筆記試験の出題範囲はさまざまであり、場合によっては業界や企業に関する、限定的な問題が出題されることもあります。

就職する上で必要な、基本的な知識や能力に関する問題を出題する企業も多く、それらが備わっているかを確認しています。企業によって求めるレベルは違いますが、基本的には人柄などが重要視されるため、高いレベルが求められることは少ないです。あくまで基本的な水準であるかが見られていますので、しっかり対策しておけば攻略はそれほど難しくないでしょう。

対策の程度で志望度を見るため

筆記試験では必ずしも高い点数を獲得しなければならないわけではなく、企業が定めた水準を超えていれば合格する可能性は十分にあります。しかし、最低限の点数であっても、事前にしっかり対策をしておかなければ獲得は難しいです。そのため、得点が高い=対策をしていると判断し、企業への志望度が高いと考えられます。

高得点であるほど念入りな対策をしていることになり、企業への優先度の高さが伝わります。点数が高ければ能力も高いと判断されますが、それだけではなく志望度も高いと評価されるため、後の選考でも有利に働くでしょう。いかに志望度が高くても、点数が低いと志望度も低いとみなされるので注意が必要です。

就活の筆記試験で出題される問題

筆記試験の対策をするためには、問題の範囲を知っておくことが大切です。問題を把握することは非常に重要であり、攻略の第一歩と言えます。もちろん、企業によって出題される問題は異なるため、すべての種類が出題されるわけではありません。出題される可能性があるものを事前に把握しておきましょう。

国語

国語の問題はほとんどの企業が出題するため、対策は必須だと言えます。国語といっても出題範囲は広く、長文読解や趣旨の把握、漢字の書き取りなどが出題されることもあります。範囲が幅広いため事前の対策が難しいですが、日頃から本や新聞を読むなど、活字に親しみがあるだけでもスムーズに解答できることは多いでしょう。

企業ごとに詳細な出題範囲は違うものの、長文の問題が出題されることが多いため、活字に慣れておくのは大切なことです。いかに素早く問題を読み込むことができるか、問題の中から答えを見つけられるかが、高得点を獲得するポイントになります。

数学

数学は簡単な計算問題や数式の穴埋め、表の読み取りなど、幅広く問題が出題されます。国語と同様に就活では頻出の問題なので、しっかり対策をしておかなければなりません。数学の問題は、大きく考え方を問う問題と公式などを覚えているかを見る問題が多いため、それぞれ事前の勉強で身につけておくことが大切です。

特に公式が問われる問題は、覚えていないと全く解答できないこともあるので注意しなければなりません。ただし、問題の難易度としてはそれほど高くないことが多く、基本的には中高生レベルと考えましょう。基本的な内容を復習していれば、高得点を獲得するのはそれほど難しくありません。

英語

業務で英語を使用する企業の場合、筆記試験でも英語が出題されることが多いので注意が必要です。国語や数学と同様に、基本的には平均レベルの問題が出題されますので、難易度はそれほど高くありません。ただし、業務で頻繁に英語を使うなど、必要性の高い企業の場合、高難易度に設定されていることもあるので注意が必要です。

英語も長文読解が多く、正しい発音のアクセントを選ぶ選択問題なども各種出題されます。企業によってはリスニングの問題が出題されることもあるため、筆記問題と合わせて対策をしておかなければなりません。業務上英語の必要性が高い企業であれば、英語の点数を特に重要視することも多いため、念入りな対策は必須でしょう。

一般教養

国語や算数、英語の問題に加えて、社会や理科、科学などの問題が出題されると考えましょう。一般教養は問題の幅が広い上に、難易度が高い場合もあるので、特に注意して対策をしておかなければなりません。また、企業によっては企業の歴史や事業内容なども、一般教養に含めて出題することもあります。

一夜漬けで勉強するには範囲が広すぎるため、早めに対策を開始しコツコツ勉強することを心がけましょう。少しずつ知識の幅を広げていれば、高得点を目指すこともできます。

時事問題

時事問題は面接で問われることがありますが、筆記試験においても頻出の質問であるため注意しなければなりません。テレビなどで大々的に取り扱っているニュースはもちろん、業界に関係する細部の問題まで出題されることもあります。企業が属する業界はだけではなく、関係のある周辺業界について出題されることもあるため、幅広く知識を深めておかなければなりません。

また、金融関係のニュースなど、どの業界にも関係するものは出題される可能性が高いため勉強しておきましょう。一般教養と同じく出題範囲が広いため、一夜漬けて覚えるのは難しいです。就活中はアンテナを広げてニュースなどを敏感にキャッチし、普段の生活からしっかり対策をしておきましょう。

就活の筆記試験の種類

就活の筆記試験の種類はひとつではなく、さまざま種類に分けられます。細かく見れば数は膨大になりますが、大別すれば2つに分けられますので、それぞれの特徴を把握しておくことが大切です。種類によって問題の内容や出題範囲、難易度など、さまざまな点が異なります。それぞれの違いを正しく把握して、適切な対策ができるようにしましょう。

SPIや玉手箱のような外部企業が提供する適性検査

就活では適性検査という選考が実施されることが多く、ほとんどの場合で外部企業が提供している問題が出題されています。適性検査の中でも膨大な数があり、代表的なものにSPIや玉手箱、TG-WEBなどがあります。適性検査の場合は筆記試験だけに限らず、WEBで受けるものやテストセンターという専用の会場で受けるものなど、受験の形式も多いです。

筆記試験は、企業でおこなわれるため、面接など他の選考と同日に実施されることもあります。適性検査は、種類ごとに出題範囲や難易度、攻略のコツなどが異なるため、事前に志望企業がどの種類で出題するかを調べておくことが大切です。

企業オリジナルの問題

筆記試験は企業オリジナルで作成していることもあり、この場合は企業ごとに特徴が大きく異なるので注意しなければなりません。適性検査の場合は、国語と数学、場合によっては英語が能力検査として出題され、性格検査が実施されることもあります。

企業オリジナルの場合は、どの程度の範囲まで出題されるか分からず、場合によってはすべての問題が出題されることもあります。また、企業の歴史を問う問題が出題されることも多いため、企業研究もおこなっておく必要があります。

企業オリジナルの問題の場合は、難易度も企業によって異なり、大手企業ほど水準は高くなると考えましょう。出題範囲は幅広く対策も難しいですが、適性検査と同様の対策を念入りにおこなっていれば、スムーズに解答できることも多いです。

就活の筆記試験の対策

筆記試験を攻略するには、事前の対策が必須です。どれだけ念入りな準備ができたかによって、得点率などは大幅に違ってくるので注意しなければなりません。企業によって筆記試験をどの段階でおこなうかは違いますが、ふるい落としの目的もあるため、早い段階で実施する企業は多いです。

そのため、就活初期の段階で、対策を済ませておくことが大切です。筆記試験の効率的な対策方法を知り、しっかり勉強して高得点の獲得を目指しましょう。

問題集などで勉強

就活の筆記試験は問題の範囲が広いため、問題集などテキストを使った勉強がおすすめです。筆記試験に対応した問題集は数多く発売されており、実際に問題に触れながら勉強することで、本番の感覚も掴めます。また、頻出の問題も多く掲載されているため、問題のパターンにも慣れることができ、包括的な対策ができるでしょう。

適性検査であれば、ひとつの種類をピンポイントで対策する本も多く発売されています。また、問題集の購入が難しい場合は、ネットで問題を探すのもおすすめです。ネット上には就活の筆記試験に対応した問題が数多く掲載されており、無料で利用できるものも多いです。それらを利用して問題に触れながら勉強しましょう。

無料の問題集でSPIの対策をしよう

新卒の採用試験にSPIを実施する企業は多いです。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

ニュースなどもこまめにチェック

就活では時事問題が出題されることも多いため、日頃からこまめにニュースを確認しておくことが大切です。ニュースはテレビや新聞、ネットなど、さまざまな経路で入手できるため、自分に合った方法を利用しましょう。ニュースアプリを持っていれば、移動中など、隙間時間を見つけて時事問題の対策ができて効率的です。

普段からニュースをチェックする癖をつけておけば、わざわざ時事問題の勉強に時間を費やす必要もないため、他の問題の対策に時間が取れます。また、時事問題は筆記試験で出題されるだけではなく、面接でも聞かれることが多いです。アンテナを広げて情報を集めていれば、面接の対策にも繋がります。

模試形式で解答スピードを身につける

筆記試験は問題の難易度が高く難しい場合もありますが、それだけではなく制限時間が短いために、高得点の獲得が難しいこともあります。筆記試験の種類によっては、短時間で大量の問題を解かなければならないこともあるため、対策の時点から時間を意識することが大切です。

模試形式で時間をはかりながら問題を解いていきましょう。パソコンで受験する方式の者には、1問ごとに制限時間が設けられているものもあります。問題集などに取り組む際は時間を意識し、スピードアップを目指しましょう。

就活の筆記試験対策を早めに始めて攻略しよう

選考の一環として筆記試験を実施する企業は多く、ここでつまずいてしまう人はたくさんいます。筆記意見といっても種類はさまざまであり、それぞれで特徴は大きく異なります。筆記試験の種類に合わせた対策をおこなうことが大切であり、攻略するには事前に勉強しておかなければなりません。

事前対策を怠ると高得点を獲得するのが難しく、点数が低いと志望度も低いと思われる可能性もあるので注意が必要です。筆記試験への対策は就活の攻略には欠かせないものであり、上手に対策をしておけば、内定の獲得にも一歩近づきます。早めに準備を始め、徹底した対策によって筆記試験の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ