公務員試験に向けた英語力のつけ方【役立つ対策方法を徹底解説】

これから公務員試験を受けようと思った時に、必ず対策をしておかなければならない科目の一つに英語があります。
学生時代に英語が苦手であった人も、公務員試験を受けるからには無視することはできないのです。
ここでは、公務員試験に向けた英語の対策についてご紹介いたします。

公務員試験の英語対策は正攻法な対策が重要!!

gahag-0029461043-1
まずは、公務員試験の英語であっても、基本は正攻法な英語学習になります。そのやり方について、ご紹介いたします。

  • 公務員試験の英語対策1,語彙力を強化!!

公務員試験の英語は筆記が中心ですので、ひとまずは徹底して語彙力の強化に徹します。一般的に1000単語暗記してしまえば英語を読む上で世界が変わるというように言われています。大学受験用の初級程度の単語帳をやりこんでしまいましょう。

  • 公務員試験の英語対策2,英文法を一通り学ぶこと

とはいえ、単語だけ覚えたところで英文を正しく読めるというわけではありません。
英単語のめどが付いたら、次は英文法を学習していきます。公務員試験の場合はそこまで難しい問題はでませんので、比較的優し目の参考書を一冊やってしまえばいいでしょう。

  • 公務員試験の英語対策3,解釈や読解

ここまで準備ができたら、次は英文解釈や読解問題です。継続して練習することで長めの文章を読むことに慣れてくのです。

公務員の英語試験の勉強の仕方

英語の勉強方法について、公務員試験でも役に立つように具体的に説明していきます。

  • 暗記は必須!!

まずは、暗記からは逃れられないということです。
結局のところ英語を勉強する上での最大の難関と言っていいのが、英単語を大量に暗記するということです。多くの場合はこの段階でつまずいてしまうのです。
暗記の仕方については様々な方法や考え方がありますが、シンプルには回数を重ねるしかありません。
ある意味で、一番泥臭い勉強です。公務員試験でもこういった姿勢はとても大切になるので、英単語の勉強には真剣に向き合っていただきたいと思います。

  • 音読重視で英語脳になろう

更に勉強の際は、音読を中心に進めていくと良いでしょう。英語を勉強する際に音読を中心に進めていくと、直読直解が身につきます。
要するに英語を読みながらそのまま頭のなかで理解していくという方法です。これができるようになると、一気に英語が得意になります。

公務員試験は英語を得意科目にすること

また、公務員試験では英語を得意科目にしておくべき理由がいくつかあります。

  • 公務員試験での比重は重い

公務員試験で、単純に英語は多くの問題が出題されます。英語が苦手な人は本当に苦手であるため、ここで得点を重ねておくことで他の受験生に差をつけることができるのです。語学は継続的に続けていくことで確実に力をつけていくことが可能です。

  • 国際化に伴い必要性がある

昨今は公務員の仕事でも英語を必要とする機会が増えてきています。採用されたあとでも英語は生かしていくことができるため、公務員試験を利用して徹底的に伸ばしていくべきだと考えられます。

  • 面接時にも箔がつく

公務員試験には面接試験もあり、英語が得意というのは大きな強みにもなるのです。筆記でも面接でも役に立つので、英語はできるかぎりやりこんでいくことをおすすめします。

公務員試験に向けた英語対策は毎日の勉強が上達の鍵!!

公務員試験にかかわらず、語学を勉強しようと思ったら毎日やるというのが成功の秘訣です。
英語の学習も、参考書を使ったり、映像教材を使ったり、工夫をこらしながらできるだけ毎日続けていきましょう。かけがえのない、一生もののスキルとして、役に立ってくれるはずです。