インターン

【例文つき】インターンシップのレポートの書き方3点

インターンシップに参加した企業から、また大学からレポートの提出を義務付けられる事も多いはずです。
こういったレポートの書き方は、基本を抑えておけばさほど難しいものではありません。その基本となる部分を紹介していきます。

インターンシップのレポートの書き方1,概要をまとめる

buildings-990502_640
まずはインターンシップに参加した企業の参加理由と、参加させていただいた事に関する感謝の弁を簡潔に書きましょう。
あくまでレポートになるので、長々しい感想は必要ありません。稀にレポートの意味を履き違えて、感想文のような状態で提出する就活生がいます。それでは質の高いレポートは完成されません。

  • 「レポート=報告書」という認識を持つこと

「レポート=報告書」という認識を持ちましょう。そしてインターンシップで実施した項目を頭の中で整理しましょう。
「どういったカリキュラムに参加したのか」を考える事で、インターンシップ中の出来事がフラッシュバックされます。
冒頭の参加した理由を書き終えたら、カリキュラム内容を具体的に記載して、それに対するご自身の行動と感じた事を簡潔にまとめましょう。

インターンシップのレポートの書き方2,参加して得たものを書く

インターンシップも社会人の中で一緒に仕事をした事に変わりありません。
短期間の経験かもしれませんが、学んだ事、得たものは必ずあるはずです。レポートではその部分を具体的に書きましょう。

  • 学んだこと・得たことを具体的に書くこと

「◯◯の会議に参加させて頂き、皆様の事業に対する理解度と、事業を成長させる為に自発的に案出しをしている姿が印象的でした。私も◯◯に関して皆様と共にディスカッションでき、的を得た言い回しがとても学びとなりました。◯◯に関してさらに興味が湧き、その一員として携わりたい気持ちがこみ上げてきます。」
あくまでレポートの書き方の一例ではありますが、インターンシップで学んだこと、得たことを具体的に書きましょう。レポートは企業のみでなく、大学側に提出する事もありますが、同じような内容で問題ありません。

インターンシップのレポートの書き方3,学びを正直に書く

レポートは基本的に前向きな内容で「何を得たのか」「どういった能力を身につけたのか」「プラスに感じたものは何なのか」を具体的に書くのがベストであるのは間違いありません。
おそらくインターンシップに参加して自分自身の能力、ビジネスマナーに関して、振り返ってみると反省しなければいけない事もあったはずです。

  • どのような変化があったのかを書くこと

その点に関する学びを正直にレポートとしてまとめあげても問題ありません。
「インターンシップに参加する前、参加した後」で、どの様な変化があったのか、それをレポートに記載して成長した事をさりげなくアピールしても良いでしょう。
しかし、ネガティブすぎる内容ではかえってマイナスな印象を与えかねませんので、注意が必要です。

インターンシップのレポートは真剣にまとめなければいけない

「インターンシップも終わったから、レポートは少し適当に書いても問題ないだろう」と感じていたら、それは間違いです。レポートはインターンシップの最終の仕事という認識を持ち期限を守って提出しましょう。具体的な内容且つ、明確な学びをレポートとして提出できれば企業、大学から好印象を与えれるので、最後の仕事と思い真剣に書きましょう。