インターン

【インターンの意味とは】知っておきたい参加するメリット

インターンに参加する意味はあるのか疑問に思う人も多い

就活においてインターンに参加する意味について考えている就活生は多いです。インターンに参加することには意味があり、さまざまなメリットもあります。

しかし、どのような意味があるのかを正しく理解していないと、参加してもメリットが得られないこともあるため、この点には注意しなければなりません。インターンでの経験を就活に活かすためにも、どのような意味があるのかを考えておくことが大切です。

漠然とした気持ちで参加すると、インターンの経験を就活に活かせなくなる可能性があります。インターンの経験を活かして選考をスムーズに進めるためにも、参加する意味を正しく理解しておきましょう

以下の記事では、インターンの意味と種類について解説しています。

インターンの意味とは

まずは基本的なインターンの意味について理解を深めておきましょう。インターンは企業での仕事の体験を通じて、仕事や企業、業界についての理解を深めるためのものです。経験できる仕事は模擬的なものをはじめ、企業によっては実務に取り組めることもあります。

つまり、学生向けの職業体験がインターンであり、仕事の経験を通じて学びを得ること、成長することが大きな目的です。就活生にとってのインターンは、業界や企業を知ること、仕事についての理解を深めることが大きな意味となるでしょう。

企業にとってのインターンは、自社の宣伝や優秀な学生の発掘などの意味合いもあります。就活生と企業でインターンにおける意味が異なるため、この点も覚えておきましょう。

以下の記事では、インターンを開催する目的について解説しています。

インターンとアルバイトの違い

企業での職業体験をするインターンは、アルバイトとどのように違うのかという点で疑問を持たれやすいです。インターンとアルバイトとの違いはさまざまで、例えば仕事における責任の違いや、働き方の違い、目的の違いなどがあげられます。

実務を経験できるインターンなら、取り組む仕事は正社員がおこなっているものと同様であり、アルバイトとは責任の重さが違います。また、働き方も異なり、一定期間に集中して取り組むものがインターン、自分が働きたい期間に合わせてスケジュールを組めるものがアルバイトです。

仕事における目的も違い、インターンは職業体験から自身の成長を目的としています。対してアルバイトは決められた時間に労働力を提供することで、報酬を得ることが目的です。

以下の記事では、サマーインターンについて解説しています。

インターンの種類

インターンといっても、その種類はさまざまです。企業ごとに内容は異なりますが、特に大きな違いは実施する期間といえるでしょう。インターンの実施期間は1日とごく短期間のものから、数日から1週間程度のもの、さらには1ヶ月以上と長期のものもあります

実施期間によって内容は異なるため、この違いを知っておくことが大切です。種類ごとにどのような点が異なるのかを把握して、インターンへの理解を深めていきましょう。

以下の記事では、有給インターンについて解説しています。

1dayインターン

1日や半日とごく短期間で終了するものが、1dayインターンです。1dayインターンは拘束時間が短いことから気軽に参加しやすく、複数社のインターンを経験したい人に向いています。短時間でおこなわれるインターンのため、実施内容は企業説明がメインとなる場合が多いです

そのため、業界や企業に興味がある人、まだどのような仕事が自分に向いているかわからず、視野を広げたい人などにも向いているでしょう。企業によっては実際の仕事を模擬的に経験できるグループワークを、簡易的に実施することもあります。

基本的には企業説明会の延長であり、より念入りな説明がおこなわれると考えましょう。1dayインターンは参加のハードルが低く、初めてインターンを経験する人、インターンの雰囲気を味わいたい人にもおすすめです。

以下の記事では、インターンの選考について解説しています。

短期インターン

数日から1週間程度で実施されているものは、短期インターンと呼ばれています。短期インターンは仕事の模擬体験の内容が多く、グループワークを通じて仕事への理解を深めることを目的としています。企業から提示されたお題にグループで取り組み、数日かけてひとつの結論を導き出すといった内容がメインとなることが多いです

取り組みの内容自体は企業によって異なりますが、最終日にはグループで導き出した結論を、社員に発表することも少なくありません。グループワークから仕事を模擬体験できることはもちろん、最後の発表では社員からフィードバックを受けられます。拘束時間も比較的短いため、インターンの中では参加しやすい種類といえるでしょう。

以下の記事では、インターンの合同説明会に参加するメリットについて解説しています。

長期インターン

数週間から1ヶ月以上と、他の種類よりも長い期間で取り組むものが、長期インターンです。長期インターンは期間の長さから実際の仕事に取り組めるケースも多く、実務の経験を通して仕事への理解を深めることができます

企業での仕事の詳細は実際に就職してみるまでわかりませんが、長期インターンは就活生のうちに実際の業務の様子を知ることができます。また、インターンは職業体験による成長が対価となっているため無給の場合が多いですが、実務をおこなう長期インターンでは時給が発生することもあります。

拘束時間が長いだけに複数社参加するのは難しいですが、志望先が決まっているなら特定の企業への理解を深める機会となり、選考にも役立たせやすいでしょう。

以下の記事では、インターンと内定の関係について解説しています。

インターンに参加するメリット

インターンは参加する意味だけではなく、メリットも多数あります。どのようなメリットがあるのかも把握しておくことが大切であり、これを知ることでいかに参加する意義があるかがわかります。

インターンへの参加は就活生にとってプラスになることが多く、選考がスムーズに進められることも少なくありません。いかなるメリットがあるのかを把握して、インターンから何が得られるのか、どのような成長が期待できるのかを知っていきましょう。

以下の記事では、インターンの目的について解説しています。

自分に合う仕事か確認できる

インターンで実務を経験する、あるいは模擬的に仕事を体験することで、その仕事が自分に合うかどうかを確認できます。仕事との相性は社会人として働く上では重要なものであり、相性が悪いと活躍できない、成長が見込めないことも少なくありません。

また、能力が高い人でも、自分に合わない仕事だとスキルを存分に活かすことができず、企業はもちろん自身にとってもマイナスになってしまうでしょう。就職してみるまで仕事との相性を確認するのは難しいですが、学生のうちにインターンに参加して把握できる点は大きなメリットです。

志望先が決まっている人はもちろん、どのような仕事が自分に向いているかわからず悩んでいる人も、インターンに参加して仕事の向き不向きを確認するとよいでしょう。

以下の記事では、サマーインターンについて解説しています。

業界・企業研究に役立つ

業界や企業研究に役立つことも、インターンに参加するメリットのひとつです。インターンではその企業の仕事について知れることはもちろん、企業全般についての説明を受けられたり、業界全体の知識を得られたりすることも多いです。ネットで検索してもわからない、業界や企業の事情がわかることもあり、他では得られない情報が手に入りやすいことも、大きなメリットといえるでしょう。

業界や企業への理解を深められることで、志望先として自分に合っているかどうかも判断しやすくなります。また、志望動機や自己PRを考える際の材料にもなるため、選考でも役立ちます。業界や企業についての生の情報を得やすいインターンは、情報収集という観点において非常にメリットが大きいでしょう。

以下の記事では、秋のインターンについて解説しています。

人脈が広がり就活について情報交換できる

インターンには数多くの就活生が参加しており、その人たちとつながることで人脈を広げられます。人脈が広がると情報交換もしやすく、就活を有利に進めるための有益な情報が得られることもあるでしょう。

就活は情報戦でもあり、有益な情報をどれだけ知っているかによって、選考をスムーズに進められるかどうかは変わります。自分ひとりでは得られない情報も、他の人に共有してもらうことでスムーズに知ることができ、これは大きなメリットといえるでしょう。

また、就活をともに戦い抜く仲間ができることも魅力であり、困ったことや大変なことがあった場合でも相談がしやすいです。人脈は社会人になってからも有効活用できるケースが多く、就活生と交流を持てることはインターンの大きなメリットといえます。

以下の記事では、インターンに2年生が参加するメリットを解説しています。

選考で有利になることもある

インターンは就活の一環であり、選考での評価につながっていることも少なくありません。企業によってはインターンと本選考はまったく別評価と明言していることもありますが、実際には評価に含まれることも多いです。

そのため、インターンで活躍し、採用担当者に好印象を与えることで、本選考が有利に進められることもあります。実際にインターン参加者や高評価者を対象に別枠で選考を設けている企業もあり、就活が有利に進めやすいことはインターンに参加する大きなメリットです

また、長期インターンのように実務を経験できるものだと、仕事での活躍次第でそのまま内定が決まるケースもあります。実際の働きを見て、優秀な学生は即採用とする企業もあるため、選考で有利になりやすいことは覚えておきましょう。

以下の記事では、インターンシップ説明会について解説しています。

インターンの見つけ方

メリットの多いインターンですが、実際に参加するには実施している企業をみつけなければなりません。インターン先をどのようにみつければよいのか悩む就活生も多いため、企業の探し方を知っておきましょう

インターンを実施している企業はさまざまで、見つけ方も複数あります。ひとつの方法に絞らず、複数のやり方を併用することで、より豊富な選択肢から自分に合ったインターン先をみつけましょう。

以下の記事は、大学生がインターンに参加するメリットについて解説しています。

インターンシップの情報サイトでみつける

就活ナビサイトの他、インターンの情報掲載に特化したサイトもあるため、それぞれ利用してみるとよいでしょう。インターンの情報閲覧や申し込みをするには会員登録が必要ですが無料で利用できるものが多いため、コスト面での心配はありません。

サイトではインターンの情報が閲覧できるだけではなく、サイト内から直接申し込みもできるため、スムーズにインターンに参加できるでしょう

インターンに参加するには企業のホームページから直接申し込むというケースも多いですが、1社ずつ調べていると時間がかかります。インターンの情報に特化したサイトなら、一気に絞り込みができるため、参加先の検索時間も大幅に短縮できるでしょう。

以下の記事は、理系のインターンについて解説しています。

キャリアセンターを利用する

大学のキャリアセンターを利用して、インターンの情報を収集するのもひとつの方法です。キャリアセンターではインターンの情報を扱っており、どのような企業があるのか、リストから確認できる場合もあります。インターンの申し込み自体もキャリアセンターでおこなえることが多く、気になる企業をみつけてスムーズに応募ができる点も大きなメリットです。

企業によってはインターン生を多く募集して、自社の雑務を任せるだけといったこともあります。このような企業のインターンに参加しても得られるものはあまりありませんが、キャリアセンターで紹介しているものなら信頼度は高いといえるでしょう。信頼できる企業のインターンに参加したいなら、キャリアセンターの利用がおすすめです。

以下の記事は、内定直結のインターンについて解説しています。

OB・OGに紹介してもらう

すでに就職しているOBやOGに、インターン先を紹介してもらうのもおすすめの方法です。先輩が就職している企業でインターン生を募集しているかを聞き、募集しているなら企業のホームページなどから応募しましょう。

企業について気になることがあるなら、先輩に質問して疑問点を解消してからインターンに参加できることは大きなメリットです。また、先輩が就活生時代にどのような企業のインターンに参加したのか、過去の経験を聞いてみてもよいでしょう。

参加したインターンの中でどこがよかったのか、どのような点が優れていたのかを聞くことで、参加先を絞り込みやすくなります。インターン参加時に気を付けるポイントなども聞いておくとよいでしょう。

以下の記事は、1dayインターンの実施内容について解説しています。

インターンの意味を理解して就活に活かそう

選考の対策としてインターンに参加するのはおすすめであり、参加しておくことで就活が有利に進められることも少なくありません。インターンに参加したいと考えるなら、参加によってどのような意味があるのかを考えておくことが大切です。

インターン全般の意味はもちろん、自分にとっての意味を見出すことも重要であり、目的意識を持って臨むようにしましょう。明確な目的を持っていることで、インターン参加へのモチベーションが高くなり、経験を通して成長できます

インターンは意味を理解し、目標を持って取り組むことが大切です。自分なりの意味を見出し、明確な目標を設定して取り組むことで、インターンでの経験を就活に活かしましょう。

以下の記事は、インターンシップの倍率について解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ