インターン

【インターンの締切はいつ?】時期と参加するためにしておく準備

就活のインターン時期を把握しておこう

現在、ほとんどの学生が就職前にインターンに参加しています。インターンとは、インターンシップの略で、学生が一定期間、企業で実務を経験する機会のことを指しています。近年、このようなインターンシップを実施する企業は増えており、その内容も多様化しています。インターンの実施・参加が増加しているのは、企業・学生双方にとってメリットがあると見なされているからです。

インターンは、就職活動が本格的に開始されるよりも前に開催されることがほとんどです。事前に開催時期を把握し、計画的に申し込んでいかなければ、志望企業のインターンに参加できなくなる可能性もあります。そこでこの記事では、就活のインターンの時期についてまとめます。

インターンは主に夏と冬におこなわれる

インターンの時期は各企業によって決められますので、基本的には企業のホームページやインターンシップについての情報サイトなどから情報を集めるのが良いでしょう。しかし、インターンシップがおこなわれる時期には傾向があるのも確かです。

企業側としては、できるだけ優秀な学生にインターンに参加してもらい、自社の魅力を感じて欲しいでしょう。であれば、多くの学生が参加可能なシーズンに開催する方がメリットがあるという判断になります。そのため、インターンは夏シーズン・冬シーズンにおこなわれているケースが多いのです。ここからは時期ごとのインターンの特徴を見ていきましょう。

夏インターンの時期は7~9月

夏インターンは7月〜9月に開催されるインターンです。特に夏休みのタイミングにおこなわれることが多いでしょう。インターン開催にもコストがかかっていますので、より学生が集まりやすい時期を狙って開催しているのです。

インターンは企業の本社でおこなわれることが多いですが、中には夏休みの時期を利用し、地方や海外で研修をするというケースもあります。インターンは企業ごとにおこなわれますので、もちろん内容は企業によってさまざまです。ただし、この時期のインターンでは実務経験を積むということよりも、業界・企業への理解を深める内容が重視される傾向があります。

夏インターンでは、その業界・企業に関わる新商品の企画や事業立案などのケーススタディを通し、学生が業界・企業への理解を深める機会が与えられます。同時に、ほかの学生や社員と関わりながら進める内容も多く、コミュニケーション能力やリーダーシップなどもチェックされることが多いでしょう。

冬インターンの時期は12~2月

冬インターンが開催される時期は12〜2月です。冬期に関しては、春休み・夏休みのような長期休暇はありません。ではなぜ企業はそのような時期にインターンを実施するのでしょうか。それは、まもなく本格的に就職活動がスタートする時期だからです。

就職活動が本格的にスタートする直前ですので、夏インターンとはその内容も大きく変わります。冬インターンは夏インターンに比べ、志望業界・志望企業を絞り込んで参加する学生が多いです。そのため、企業によってはインターンへの参加を内定に結びつけるというケースもあります。

「この企業に入社したい」という学生も増えますし、「優秀な学生を見極めたい」という企業側の思惑も強くなるでしょう。ここで注意したいのは、参加前に業界や企業についての研究を進めておくことです。就職活動はまだ本格的にスタートしていませんが、熱心な学生はすでに業界・企業研究を進めているでしょう。もし業界や企業に関する知識がなければ、それはインターン中にすぐにわかってしまいます。すでに選考がスタートしているという感覚で十分な準備をした上で参加するのが良いでしょう。

インターンの締切は企業によってバラバラ

インターンに参加しようと思うのなら、申し込みの締切にも注意しなくてはなりません。インターン参加の申し込み締切は各企業によって決められており、企業ごとにバラバラです。そのため、参加したい企業があれば早めに締切を確認し、それに合わせて準備していく必要があるのです。

特に夏インターンなど早い時期のインターンの場合、「その時期になってから探せばいいや」と考えてしまいがちですが、時期が迫るほど選択肢が狭まってしまうでしょう。ここからはインターンの種類ごとに、締め切りの傾向を紹介します。ただし、あくまで企業ごと違いますので、きちんと企業のホームページなどで確認をとるようにしましょう。

短期インターンの締切時期は実施日の約1~2週間前

短期インターンの場合、締切時期は実施開始日の1〜2週間前というケースが多いです。短期インターンとは、1日のみ実施の「1day(ワン・デイ)インターン」から2週間前後までの期間で実施されるインターンのことを指します。

限られた日数の中で業界・企業への理解を深めるため、ケーススタディや説明会、社員との交流会などが盛り込まれていることが多いでしょう。1~2週間前に締切となる企業が多いですが、中には2カ月以上も前に締切となる企業もありますので要注意です。

後述する長期インターンよりも、短期インターンの方が募集人員が多いという傾向があります。それでも大手企業などの場合には学生の応募が殺到し、募集人員を大幅に上回るケースが発生するでしょう。そのような企業は学生の選考に時間をかけるため、締切を早めに設定していることが多いのです。

長期インターンの締切時期は企業による

続いて長期インターンの締切時期ですが、こちらは企業ごと全く異なります。長期インターンとは、1カ月以上の期間に渡って学生を受け入れ、実際の業務を経験させるものを指します。

短期インターンと異なり、実際の社員と同じような形で業務に携わりますので、学生にとっては実務スキルを身に付けるチャンスにもなるでしょう。また、長期インターンの場合には報酬が支払われるケースが多く、就職活動の資金にすることも可能です。

長期インターンは大手企業よりも、スタートアップしてから間もないベンチャー企業がおこなうケースが多いでしょう。その理由は、即戦力が欲しいからです。インターン期間中にバリバリ働いてくれることを期待しており、優秀な学生であれば採用して早く活躍して欲しいと考えているでしょう。このような長期インターンは企業のホームページのほか、長期インターンを紹介しているサイトに締切などの情報が掲載されますので、調べるようにしてください。

インターンに参加するなら就活サイトに登録しておく

インターンへの参加を考えているのなら、早めに就活サイトに登録しておくことをおすすめします。理由は、効率的にインターンに関する情報を収集できるためです。先述の通り、インターンの時期は企業ごとに異なり、詳細は各企業のホームページなどに掲載されます。しかし、興味のある企業を1社ごとにホームページへアクセスして調べていてはとても時間がかかってしまいます。

インターンであっても選考があり、そのための準備を進めなくてはなりません。限られた時間の中で参加すべきインターンを探し、選考に残るための準備を効率良く進めていかなくてはなりません。就職活動が本格的に始まっていない時期であっても、大学の学業とこれらを同時並行でおこなっていくのは簡単なことではないでしょう。後悔することがないように時間を有効に使い、効率の良い情報収集をしていくことはとても大切です。

インターンのESは締め切り間近だと不利?

締切間近に届いたからといって、企業はその就活生に対して悪いイメージを抱かない、というのが基本です。なぜならば、その企業の開催しているインターンシップの募集要項を見るタイミングが、就活生によって違うからです。その企業の募集要項を知るタイミングが違えば、当然応募するのが早い人も遅い人も出てきます。

また、ESは丁寧に書こうと思えば思うほど時間がかかってしまうものです。そのため、募集が始まってすぐに書き始めたとしても、時間をかけて丁寧にクオリティの高いを作ろうとした就活生が、他の人よりも遅れて出す場合もあるでしょう。よって、締切間近に出したからといって、必ずしもマイナスのイメージに繋がってしまうというわけではありません。

企業によっては不利な場合もある

ただし、企業によっては締切ギリギリに出したESが不利になることもあります。それは届いたものから優先的に見ているケースが多いからです。企業は早く届いた順にESを読んでいきますので、提出の集中する締切ギリギリでは、ライバルとなる就活生のものに紛れてしまい、自分の書いたESがあまり注目されないことが考えられます。締切間近ではなく、ライバルの少ない早めのうちに郵送することで、自分のESをじっくりと読みこんでもらえる可能性が高くなるのです。

また、締切ギリギリで書いた文章は、推敲の時間が取りにくいです。誤字や脱字、表現の修正をする余裕を持って書いたほうが良いです。一度書き終わったと思っても、最初から読み上げて確認を怠らないようにしましょう。また、締切ギリギリで書いた文章は、推敲の時間が取りにくいです。誤字や脱字、表現の修正をする余裕を持って書いたほうが良いことが多いです。一度書き終わったと思っても、最初から読み上げて確認を怠らないようにしましょう。

志望度が高い場合はギリギリでも応募しよう

インターンシップに参加したい企業が、自分の志望している企業の中で優先度が高いのであれば、どんなにギリギリでも応募すべきです。現在の就職活動において、インターンシップは非常に大切なものだからです。インターンシップの形態によりますが、直接採用に関わるものもありますし、面接でインターンシップについて聞かれることも考えられます。

他にも、実際に働いてみてから、自分の持つ企業のイメージと実態の差異を掴んだり、企業の求める人材を自分の目で確認したりと、インターンシップに参加するメリットは挙げればきりがありません。そのような重要な意味合いを持つインターンシップですので、入社したいという気持ちが強いのであれば、どんなに締切近くであっても積極的にESを送って参加すべきです。

重要なのは書類の中身

余裕を持っての提出も大切ですが、最も重要なのは書類の中身です。どれだけ早くESを出したとしても、内容が悪ければ意味がありません。逆に言えば、締切間近に書かれたESでも、内容が素晴らしければ、それは大きく評価されるのです。ESを書くときには、企業の求める情報を、より分かりやすく端的に伝えるような文章を心掛けましょう。

特に志望動機は重きが置かれる部分です。企業の求める人材像をよく理解し、自分がそれに合った人間であることをアピールしたり、自分のアピールポイントやそれを裏付けるようなエピソードなど、具体的な例を挙げたりすることでより効果的なものを書き上げられれば、他の就活生よりも優位に立つことができるでしょう。

選考突破した就活生のESを参考にしよう

インターンは、本選考を有利に進めるためにも参加しておくべきといえます。しかし、人気企業のインターンは競争率が高く、参加できる就活生はごく一部といえるでしょう。インターンの選考においても、事前の対策をしておくことが大切です。しかし、なにから始めればいいのかわからないという就活生もいるでしょう

就活の未来では、インターン選考通過者が実際に提出したES集を公開しています。日本航空、日清製粉、伊藤忠丸紅鉄鋼など、大手企業のインターン選考を実際に突破したESを読むことができます。無料の資料となっていますので、エントリーシートの書き方が分からないという就活生はぜひ参考にしてみてください

関連記事

興味のある企業のインターンには積極的に応募しよう

ここまで書いてきた通り、インターンシップは就職活動だけでなく、今後の人生においても非常に有用なものです。企業にとってはあなたを知る機会に、あなたにとっては企業に自分を売り込んだり、会社員としてのいろはを学べたりする機会になります。両者が得をする貴重な機会を、わざわざ自分から見逃してしまうのはあまりに勿体ないです。

締切間近でもESを出そうと考えるほど真面目に就職活動に取り組んでいるのであれば、より一層積極的な姿勢でいくべきです。提出期限がギリギリであっても決して諦めず、日時を調べ、ESを書き上げて応募してみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ