履歴書

【履歴書に誤字を見つけたら】小さな綻びであなたの就活は変わる|正しい修正の仕方から提出後に気付いた時の対処法までをご紹介

誤字による選考への影響度とは

履歴書は完成したら間違いがないか二度、三度と繰り返して見ることが大切と言われているほど、誤字や脱字には気をつけなければなりません。誤字脱字があれば選考で不利になるなどという情報も聞きますし、やはり何度も見直し、チェックをすることは大切です。履歴書はその人を1枚の紙にまとめたものなので、そこに不備があれば当然その人の情報や評価にも間違いがあるということになります。
しかし漢字の間違いや単なる書き間違いの場合でも、その人の情報が変わってしまうのでしょうか?誤字脱字は選考を直接左右するほどの大きな影響を及ぼすことはありませんが、少なからず評価に影響するのは確かです。たかが誤字されど誤字です。何度も見直し少しでも不安要素を取り除くようにしましょう。

誤字脱字が人事に与えるイメージ

誤字脱字がどのように選考に影響するかについて知るには、誤字脱字が人事にどのようなイメージを与えるのかを知っておく必要があります。履歴書を見るのは人事であって、極端に言えばどれだけ誤字脱字があっても、その企業の人たちには全く関係がありません。しかし就活では人事にどれだけ評価をしてもらえるかということが大切になります。就活における誤字脱字が少なからず今後にも影響するかもしれないということを、しっかりと覚えておきましょう。

志望度が低い

履歴書は書き上げてから何度もチェックするのが就活の鉄則です。書いている最中は分からなくても後で見直せば表現に間違いがあったり、誤字脱字を発見することが出来るからです。誤字脱字を発見すれば当然、修正をするので企業に届く履歴書は間違いのない正確なものになります。多くの学生の履歴書が完璧に仕上がっている中で、誤字脱字を発見すれば当然印象は悪くなります。誤字脱字があると入念にチェックしていない印象を受けるので、志望度が低いと思われる可能性があるので注意が必要です。
就活では何社も受けますので、志望度の低い企業はどうしても軽視しがちになってしまいます。企業はどれだけ優秀な学生であっても、入社見込みの少ない志望度の低い学生は後回しにするので、志望度が低いという印象を与えてしまうと選考ではかなり不利になってしまいます。

仕事でも同じ間違いをする

就活生は書き上げた履歴書を何度も見直しをしているはずだと、企業側も思っています。見直しはされている前提で履歴書を読んでいる人事も多いので、何度も見直しているはずなのに誤字脱字がなくなっていないのであれば、入社してからもビジネスシーンにおいて、メールや書面での誤字脱字をするのではないかと思われてしまう可能性も高いです。
ビジネスにおいて誤字脱字は相手に対して失礼というだけではなく、重要な書面で間違いがあれば企業の信用にも関わりますし、内容を間違えでもすれば非常に大変なことになってしまいます。それだけ誤字脱字は気をつけなければならないものなので、その失敗を犯す危険性のある人は当然マイナスの評価になってしまうでしょう。
またそれだけでなく、簡易的なミスをしてしまう印象を与える可能性もあります。細かい作業が苦手なのかもしれないとも思われますので、職種によってはかなり不利になることもあります。

だらしない印象

誤字脱字は何も難しいことではなく、丁寧に見直しさえしていれば必ず防ぐことが出来るものです。それが充分に行われていないのであれば、一つ一つの作業を丁寧に行わず、だらしない印象を与えてしまう可能性があります。丁寧な見直しをせず、さっと確認しただけで履歴書を完成させているのではないかというイメージを与え、履歴書の作成や選考自体を面倒に思っているのではないかという印象を与えてしまうこともありますので注意が必要です。
だらしない印象があると仕事でも同じようにだらしなく適当な仕事をしたり、その結果ミスを連発するのではないかというイメージを持たれる危険性もあります。またそれが企業に対する志望度の低さや仕事に対するモチベーションの低さにも繋がる可能性があり、新卒のフレッシュさや元気の良さが全く伝わらないこともあるでしょう。

誤字脱字が理由で落とされる事はない

誤字脱字が人事に与える影響についてかなりマイナスな印象になるということを述べましたが、誤字脱字があると必ず落とされるというわけではありません。誤字脱字をしていても、一番重要なのは内容なので、伝えたい事が伝わっていれば選考を通過する場合もあるので、それほど気にする必要はないでしょう。
もちろん誤字脱字はマイナス要素であることには変わりなく、内容も完璧で誤字脱字が全くないというのがベストな状態ではあるので、まずは内容をしっかりと練り、自分の良さや熱意が充分に伝わる履歴書を作成するということが大切になります。

提出後に気付いた場合

履歴書は就活中に何度も作成しますので、その度に全て一から考えていたのでは、いくら時間があっても足りません。業界や職種によって細かい箇所を変えなければなりませんが、それでも大枠については書く内容が決まっていて、原本を作成しているという学生も多いです。それに沿って書いていけば作成時間もかなり短縮することが出来ますので、非常に便利です。
しかしその原本自体を間違えているというケースもあります。何らかの原因で提出後に間違いがあったりと気づいた場合、どうすればいいのでしょうか。この場合は間違えた箇所などによって対処方法が変わってきます。

連絡先や住所の場合は連絡をする

誤字脱字はどの箇所を間違っていたかによって対処方法が変わってきます。自分の電話番号や住所の記載に誤りがあり、今後の連絡に支障をきたす場合は、電話やメールにて企業に正しい情報を伝え直すようにしましょう。書類選考で合格すればその電話番号などに直接連絡が来ます。また住所などは一見選考には直接関係しないようにも思いますが、住所が固定されているというのは実は非常に信用のおけることです。
何か連絡をしなければならない場合に、電話やメールに応答がなければ最終的には自宅にいくことになりますし、企業によっては住所によって配属先や勤務地が変わる場合もあります。実際には存在しない住所を書いていると住所不定ということになり、社会的に信用もなくなってしまうので、大事な情報については必ず訂正の連絡を入れるようにしましょう。

意味が伝わる場合はそのままでOK

志望動機や自己PRなど選考に関する連絡とは関係のない場所で間違いを発見した場合、よほどの間違いでなければそのままで構いません。判断基準としては意味が伝わればOKということになります。人事は書類選考の期間はとにかくたくさんの履歴書に目を通さなくてはならず、非常に多忙です。そんな中で内容の誤字に気がついたので訂正してほしいという連絡があればうんざりしてしまいます。句読点が抜けていたり、一文字間違えている程度であれば連絡をする方が迷惑な場合もあるので送ってしまったものは仕方がないと諦めましょう。
全ての人が誤字脱字を発見できるわけでもありませんし、仮に発見されても本選考で頑張れば問題はありません。小さなミスでモチベーションを下げてしまうのではなく、気持ちを切り替えて面接などへの気持ちを高めておきましょう。

提出前に誤字脱字に気付いた時は

提出後に履歴書の間違いに気がつくのは稀なケースで基本的には書き上げて見直しをしたときに誤字脱字を発見するということがほとんどです。せっかく苦労して書いたのに誤字脱字を見つけると落ち込んでしまいますが、どうにか誤魔化すことは出来ないかと工夫をしてみるものの、さらに間違いが広がってしまい取り返しのつかないことになるということもあります。
提出前に気がついたのであれば取るべき行動は二つあります。どうにか誤魔化そうとするのではなく、きちんと正攻法で対処するようにしましょう。

修正液はNG

履歴書は鉛筆ではなくボールペンで書きます。鉛筆であれば消しゴムをかければすぐに修正が可能ですがボールペンの場合はそうはいきません。ではボールペンで間違えたときにはどうやって修正をしようかと考えた場合、多くの人が修正液や修正テープを思い浮かべているのではないでしょうか。しかしそれらで修正するのはNGです。履歴書は正式な書類なので、修正液は使用できないということを覚えておきましょう。
しかし書き直している時間がない場合もあります。どうしても時間がない時は訂正印を押して修正するようにしましょう。これはビジネスの文書などでも用いられる方法です。しかしこれも誤字脱字があったということは相手に伝わりますし、あくまで緊急時のみですので、多用は厳禁ということを覚えておきましょう。

誤字のままではなく書き直しが鉄則

履歴書に限らず正式な書類の場合、誤字に気付いたら基本的には書き直しをするのが常識です。最後の最後で間違えてしまったという場合でも、手間がかかりますが必ず書き直すようにしましょう。苦労して書き上げて間違いを見つけてしまったら、どうにか誤魔化せないかと工夫をする人も多いですが、これはあまりよくありません。間違いをどう隠すかに時間を割くよりも、書き直した方が早く、さらに自分も自信を持って提出する事ができるので、必ず書き直すようにしましょう。
誤魔化したという想いはいつまでも自分の中に残りますので、落ちたときなどにそれが原因かもしれないと後悔することになります。少しでも不安要素を取り除くためには基本的には書き直すようにしましょう。

完成後は第三者にチェックを依頼する

履歴書は何度もチェックしたはずなのに誤字脱字があるという場合もあります。自分で書いた文章は頭の中で内容が練り上げられているので、何度読み返しても同じ箇所の間違いを見過ごしてしまいがちです。自分で書いた文章の間違いに気付く事は、実は難しいので一人で何度も確認をするのではなく、第三者に客観的にチェックしてもらうのが効果的です。
先入観のない第三者が見ることで誤字脱字を発見しやすいですし、内容の推敲も同時に行ってもらえます。履歴書に限らず就活は一人の視点だけで行うと行き詰ることが多いので、絶えず周囲とコミュニケーションを取りながら協同して就活に取り組むようにしましょう。

職種によっては悪い印象を与えてしまう

誤字脱字があることは決してプラスの印象にはありませんが、多くの場合ではそれほど選考に影響することはありません。一応のマイナス要素ではあるものの、他の学生と評価が均衡したときにそれらが影響してくるぐらいのことで、それ自体が直接合否に関係するということはほとんどありません。
ただ事務職など、文字を正確に書くスキルが求められる場合は選考に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。事務職などの場合は履歴書の内容だけではなく、誤字脱字がないかをチェックしている場合もありますので、それらがあるとやはり大きくマイナスになる可能性が高いです。提出前に何度も履歴書を確認するのはどの職種でも同じですが、事務職希望の人は特に念入りにチェックをするようにしましょう。

就活では書類もメールも丁寧に

就活での誤字脱字は履歴書だけではありません。ESやその他の書類、メールなどでも誤字脱字の危険性があります。履歴書については何度も見直す人も多いですが、その他のこととなるときちんと確認せずに、提出してしまう人も多いので注意が必要です。誤字脱字が直接合否に繋がることは少ないとは言え、少なからずマイナスのイメージは付きますので、チェックは怠らないようにしましょう。
誰しもミスはするものですが、それでもノーミスであれば丁寧な印象を与えることができ好印象です。就活は細部にまで気を配ることで有利に進めることができます。誤字脱字だけではなく、就活の全てに対して丁寧に取り組むことを心がけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ