履歴書

【履歴書を郵送するときの切手料金】封筒サイズと貼るときのマナー

切手の料金は正確に計算して正しい位置に貼る

スマホが普及して、LINEやSkypeなどで連絡ができる現在、切手を利用する機会は、少なくなりました。自分にとっては切手を利用しないのが普通でも、採用担当者にとっては、そうではありません。

切手の料金は「正確に計算し、正しい位置に貼る」のがポイントです。切手を貼る位置なんて、考えたこともないのではないでしょうか。封筒の形態によっては、切手を貼る位置も、貼り方も、違います。

せっかく時間をかけて丁寧に仕上げた履歴書でも、切手のミスで印象を下げてしまうのは残念なことです。これから、履歴書を郵送するときの切手の貼り方について、詳しく解説していきます。

履歴書を入れる封筒のサイズと重さ

履歴書の大きさによって、履歴書を入れる封筒のサイズと重さは変わってきます。それに連動して、もちろん切手の料金も変わってくるのですが、その都度重さを計るのは面倒です。そもそも重さを計る手段を持ち合わせていない、という方も多いかもしれません。

しかし、心配はいりません。簡単に切手の料金がわかる方法はあります。と、いうのも、履歴書のサイズ次第で、切手の値段が決まってくるのです。ここでは、普通郵便で郵送することを前提に、速達や書留など特別な場合を除いてご紹介していきます。

A4は角2・B5は角3封筒

志望先の企業によっては、履歴書の形式やサイズを指定してくることもあるかと思いますが、それを含めたとしても、一般的に流通している履歴書は、A4サイズかB5サイズのどちらかしかありません。

近年主流なのは、A4サイズの履歴書のようです。A3サイズの履歴書を二つ折りにして使用することもあります。A4サイズに最適なのは「角2封筒」です。

角3封筒にもギリギリ入るようですが、開封の際に履歴書を切ってしまう可能性もありますので、余裕を持って角2封筒を使用しましょう。それよりも小さい、B5サイズの履歴書だった場合には、「角3封筒」が適しています。

定形外郵便の料金は120円か140円

  • 角2封筒だと140円
  • 角3封筒(B5の履歴書のみ)だと120円
  • 50g以内なら120円、50g以上100g以内だと140円

日本郵便局のウェブサイトで確認すると、角3封筒、角2封筒、ともに定形外郵便物であることがわかります。角3封筒にB5サイズの履歴書だけを入れて郵送する場合は、50g以内におさまりますので、120円分の切手で十分です。

しかし、履歴書を郵送するときは、一般に送り状、エントリーシート等を添付し、水ぬれ・折れ曲がりを防ぐために、まとめてクリアファイルに入れたりします。その場合は角2封筒を用いるケースが多いのではないでしょうか。50gを超えない場合もありますが、念のため140円分の切手をおすすめします。

クリアファイル・履歴書・封筒の重さ

履歴書を郵送する際の重さを詳しく調べてみました。まず、封筒の重さは紙質にもよりますが10g前後、多く見積もって15gほどです。クリアファイル一枚の重さは15〜25gです。A4サイズのコピー用紙は、一枚4gほどです。

封筒10g、クリアファイル20gと仮定すると、あと20g分の余裕があります。20gということは、A4用紙5枚分です。履歴書には写真を貼りますし、コピー用紙とは異なる紙質を使っている場合もあります。

送り状やエントリーシートも添付することを考えると、あらかじめ140円分の切手を用意するのが無難です。逆に、140円で足りなくなる場合は、A4コピー用紙18枚以上になります。

履歴書を郵送する前に最終確認をしよう

履歴書を郵送する場合は、封筒に入れる前に内容を見直しましょう。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

切手には決められた正しい貼り方がある

最初に触れましたが、切手には正しい貼り方があります。実は「郵便約款」なるものがあり、明確に定められているのです。そのわけは、消印に関係しています。消印は、いわば郵便料金の領収証のようなものです。正しく郵送料を支払った証拠であり、同じ切手を使いまわすことはできなくなります。

郵便物は、集荷された後、郵便番号を識別する機械を通ります。そこで届け先ごとに振り分けられると同時に、消印が押されます。その機械が切手を認識できる範囲が限られており、そのため、切手を貼る位置が定められているというわけです。

正しい位置に最小枚数で貼ろう

封筒を縦置きにした場合の正しい位置は、左上です。横長に使う時は、右上に貼ります。さらに切手を貼ってもよい範囲は、封筒の左上(もしくは右上)から測って7cm×3.5cmの範囲内です。

少額の切手を何枚もつなげて貼ると、機械では対応しきれなくなります。7cm×3.5cmというスペースであれば、普通切手であればギリギリ3枚までは並べて貼ることができそうですが、それでも、貼り方によっては、弾かれてしまう可能性があります。

履歴書を郵送する際には、「140円普通切手(もしくは120円普通切手)」を用意するのがベストです。切手は、コンビニエンスストアやスーパーなど、どこでも入手できるようになっています。

「家にあった切手を寄せ集めた」よりも、「この履歴書のために切手を用意した」という印象を与える方が、面接官の印象は良いでしょう。

切手を貼るなら事務用スポンジがおすすめ

切手を封筒に貼る時には、正しい位置にきれいに貼るようにしましょう。切手の貼り方だけで、就職試験の合否が決まるわけではありませんが、ずれていたり、貼り方が雑だとあまり良い印象となりません。切手は、裏に糊がついているので、水分をつけて密着させますが、封筒に貼る際にスティックのりを使用したり、糊を舐めたりするのはおすすめしません。事務用のスポンジがありますので、それを使うときれいに貼ることができます。

郵便局には水を含んだ事務用スポンジが用意されていて、切手を貼る時に利用できるようになっていますので、活用しましょう。スポンジで、切手の糊を湿らせてから5秒ほど置いてから貼ると、接着力が増してはがれにくくなります。もし、大量に切手を貼る必要があるなら、自宅に事務用スポンジを購入するのもいいかもしれません。

記念切手やキャラクター切手を使用するのはNG

郵便局では、季節によって販売される記念切手や、キャラクターがプリントされている期間限定の切手が購入できます。綺麗な写真や、可愛らしいキャラクターがプリントしてあり、手紙を受け取る人にも好印象となります。しかし、就職活動で使用する書類を郵送する時には使わないようにしましょう。

キャラクターなどは特に、子供っぽいイメージを与えてしまいますし、どのような切手を選べばよいのか判断は難しいでしょう。選ぶものによっては、ビジネスシーンに不向きなものもあり、マイナスの印象も与えてしまう可能性もあるので、どんな時でも使える普通切手を使用するのが無難です。切手は、郵便局のほかにも、コンビニやインターネットでも購入できます。

切手に過不足があった場合

郵送する時には、切手の金額も確認しておきましょう。履歴書を企業に送る際、特に指定がなければ普通郵便での郵送になります。切手料金は、封筒の大きさや重さによって決まります。履歴書を送る時には、A4サイズの書類を折らずに入れられる「角2」と呼ばれるサイズを使用するのが一般的です。

角2のサイズは、郵便物の分類では「定形外郵便」となり、履歴書、職務経歴書、送付状、クリアファイルを入れると60グラム~70グラムなので140円で送れます。入れる書類の枚数や厚みによって料金が変わることもあるので、送る前には準備ができてから、重さや大きさを確認しておきましょう。金額が分からない場合には、送る封筒を郵便局に持っていけば料金がいくらになるのか教えてくれます。

料金が不足していると返送されるか受取人が支払いをする

切手は、郵送にかかる料金に合わせて貼りますが、もし不足している場合には、届く前に差し出し人へ返送されるか、受取人が不足分の料金を払うこととなります。返送されてしまうと、企業へ届くのが遅くなってしまい、決められた期日までに間に合わない可能性もあり、選考にも大きく不利となります。期日を過ぎてしまったら、それだけで候補から外されてしまう可能性が高いでしょう。

また、企業が不足料金を支払うことになれば、当然良い印象を与えません。事前に料金を確認していないということが分かり、しっかりしていない人物だと思わてしまいます。仕事を任せるのが不安だという、マイナスイメージを残すこととなるため、料金が不足することがないように気を付けましょう。

料金が超過していると大雑把な人だと思われる

郵送料金に対して切手の料金が超過している場合には、差出人へ返送されたり企業が支払ったりすることにはなりません。履歴書は期日までに企業へ送られるので選考に不利になることは無いかもしれませんが、確認すれば分かる切手の料金を事前に確かめていなかった大雑把な人であるという印象を与えてしまいます。

料金が不足していると心配だからと必要以上に切手を貼ることも、同じくマイナスイメージとなります。切手を複数貼るのも見栄えが悪く、ありあわせのもので済ませたように思われてしまう可能性が高いです。もし、1枚では足りないという場合も、2~3枚で収まるようにしましょう。140円の料金が必要だとしたら、140円の切手を1枚貼る、もしくは120円と20円の切手を貼るのがおすすめです。

悩んだら郵便局に直接行こう

これまで、履歴書を郵送する際の切手について、値段や正しいマナーなどを詳しく解説してきました。しかしそれでも、悩むケースは出てくるかもしれません。そんな時は、思い切って郵便局へ行きましょう。

一般的に郵便窓口が開いているのは、平日9~17時です。もちろんその時間外であっても、対応できるところがあります。郵便局をオススメする理由はどうしてでしょう。次でご紹介いたします。

料金・日数などが全てわかる

郵便局の窓口を利用すると、プロが重さとサイズを計測してくれるので、正確な料金がわかって安心です。その上、「何時の便で発送されるか」「何日後に届け先に到着するか」といった情報まで、すぐその場で教えてもらうことができます。

郵便局の窓口で切手料金を支払った時は、普通切手でも記念切手でもなく、シールのようなものを貼ってくれます。これは郵便証紙といって、切手と消印、両方の効力を持っています。これが貼ってあると、郵便窓口を利用したことがひと目で分かるので、確実な対応をしたことがわかり、企業側にも好印象を与えます。

締め切りが迫っていて、急いで間に合わせたい場合にも、窓口であれば速達を利用する、などの対応も取りやすいです。

ゆうゆう窓口なら休日・時間外も対応

もし、休日や夜間しか時間が取れない場合は、どうしたらよいでしょう。そんな忙しい方のために「ゆうゆう窓口」があります。もともとは時間外窓口と呼ばれていた通り、郵便窓口が閉まっている間に利用できるのが特徴です。土日祝日や夜間に郵便を利用できるのは、とても便利です。

ここで注意したいのは、ゆうゆう窓口は、郵便物の仕分けをする大きな局にだけ設置されているという点です。どこにでもあるわけではありません。また、営業時間が窓口によってバラバラだということも、忘れてはいけません。

24時間営業のゆうゆう窓口もありますが、それは都内など大都市に限られると言ってよいでしょう。一般的には、土日を含む8~21時の営業が多いようです。もし利用する際には、予め調べてから行かれることをオススメします。

速達や書留の利用は避けた方がよい

履歴書の郵送は、普通郵便を利用するのが一般的です。速達を使うこともできますが、期日にどうしても間に合わない緊急の時だけ利用するようにしましょう。速達なら早く着くという安心感がありますが、ギリギリまで準備できなかったルーズな人という印象を持たれる場合があります。速達を使っても間に合わないこともあるので、余裕を持って早めに送るようにしましょう。

郵便局の窓口に持ち込んで申し込むことで相手に手渡しで配達してくれる、書留郵便というサービスもあります。郵便局に書類を出したという記録と、相手に配達したという記録が残るので、個人情報が載っている履歴書などを確実に相手に届けてほしいという時には便利です。しかし、書留は受け取る側が受領印を押さなければならいため、企業にとって負担になります。履歴書を送る際には、利用を避けた方が良いでしょう。

郵便局から確実に履歴書を送ろう!

就職活動は、人生を左右する大勝負です。その中でも履歴書が重要な位置を占めていることは、言うまでもありません。郵送する際にも、履歴書を作成したときと同じくらいの気持ちを持てば、郵便局を活用するのが最善の手段だということは、おのずとわかります。たかが切手、されど切手です。郵便局へ足を運ぶだけで、好印象を与えられるなら、ぜひ活用して、就活に臨んでください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ