自己PR

自己紹介カードの作成ポイント|書くべき項目3つや印象を残すテクニックをご紹介

自己紹介カードで自分を魅力的にアピールしよう


自己紹介カードを使えば、自分をより魅力的にアピールできます。自己紹介カードは自分の経歴や特徴、自分自身についてをまとめたものであり、自分のことを相手に伝えるためのものです。就活では企業に自分を売り込まなければなりませんし、いかに自分のことを知ってもらえるかが攻略のカギになります。

自己紹介カードを使うことで、自分を深くまで知ってもらうことができるため、選考も有利に進めやすくなります。就活では自分のことをアピールする場はさまざまありますが、自己紹介カードもそのうちのひとつです。上手に使えば自分のことを知ってもらえるだけではなく、好印象を与えることもできるので、自己紹介カードの上手な作り方を知っていきましょう。

自己紹介カードの目的とは

自己紹介カードとは、その名の通り自分のことを知ってもらうためのものです。企業説明会に参加したときなどに自己紹介カードを提出することで、自身の存在をアピールすることができます。自己紹介カードは企業に対する最初のアピールチャンスなので、ここで効果的なアピールができれば就活を有利に進めることができます。

また、自己紹介カードは就活生だけではなく、社会人になってからも必要なものです。自己紹介カードを持つことは社会人デビューの第一歩でもあります。自分を知ってもらい、アピールすることができる自己紹介カードを作成し、就活を有利に進めていきましょう。

会話のきっかけになる

就活では、企業の担当者と話す機会が多くあります。特に初対面である場合は、上手に話せないことが多いでしょう。例えば、企業説明会に参加したときに企業担当者と話すのは緊張するものです。しかし、自己紹介カードがあると、自分から声を掛けづらくても、担当者の方から質問してもらうことができます。

プロフィールを元に話を広げるためにも、興味を持ってもらえるような内容になるように工夫しましょう。自己紹介カードが自然な会話に繋がり、説明会の場では聞けないような情報を得られたり、OB訪問に繋げられたりした先輩も多くいます。自己紹介シートの作成には多少の手間が掛かりますが、自分を知ってもらうツールとして十分に活用してみましょう。

名刺とは違う

自分自身のことを知ってもらうためのツールとして名刺が挙げられますが、これは自己紹介カードとは違っています。名刺に記載されている内容はさまざまですが、基本的には名前や連絡先、所属している学校、大学など基本的な情報だけが記載されていることが多いです。

しかし自己紹介カードの場合は、それらの基本的な情報に加えて、さらにさまざまな内容が記されているため、より自分のことを知ってもらうことができます。名刺も自己紹介カードも自分を知ってもらうという意味では共通していますが、情報量に大きな違いがあることは覚えておきましょう。自分のことをより深くまで知ってもらいたいのであれば、名刺ではなく自己紹介カードを用意する必要があります。

絶対に必須のものではない

自己紹介カードを作ることで、自分のことを知ってもらうきっかけが作れますし、選考も有利に進めやすくなります。しかし、自己紹介カードは必須のものではないため、必ずしも作成しなければならないわけではありません。持っておくことで選考で有利になる可能性が高くなり、あれば便利ですが、作成するのには時間も手間もかかります。就活中は忙しいことも多いので、自己紹介カードを作る余裕さえない場合も多いです。

自己紹介カードがあれば選考でも有利ですが、それを作成したために選考の対策が疎かになり、結果に支障をきたしてしまっては意味がありません。自己紹介カードを作るかどうかは個人の自由ですので、選考に影響しない範囲で作成することが大切です。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

自己紹介カードに書く内容3つ

就活生の第一印象は、自己紹介カードに何を書くかによって決まります。長文である必要はありませんが、具体的に書きましょう。手書きの場合、誠実さが伝わるよう丁寧に書いてください。企業に少しでもいい印象をもってもらおうと、自分がしていないことやできないことを、書きたくなるかもしれません。

しかし、事実と異なることを書いても、話し方や、突っ込まれた質問をされた際、企業担当者に嘘がバレてしまいます。嘘をつくと自分の首を絞めてしまうので、事実を元に話を深めたり、視点を変えたりして、工夫して書いていきましょう。

①趣味・特技

趣味や特技を書く場合は、「ウォーキング」や「料理」などのように表面的に書くだけでなく、事実やエピソードを踏まえて具体的に書くことが大切です。「ウォーキング」について書く場合、「大学入学のときから毎朝20分間歩くことを日課にしています」や「思考を整理するために毎朝ウォーキングの時間をつくっています」と書くようにしてください。

企業担当者にとって、趣味や特技を聞くことは、就活生の普段の様子を知る手がかりになります。「自分には趣味も特技もない」と感じている人も問題ありません。空いた時間に何気なくしていることや、人よりも少しこだわってしまうことを思い返してみましょう。紙に書き出してみると、ヒントが見つかりやすくなります。

②長所

人間の特徴は、見方を変えることで長所にもなり、短所にもなります。例えば好奇心が強い人は、新しいことを始めることは得意ですが、優先順位をつけるのが難しかったり、始めたことが続かなったりすることがあるといえます。根気強い人は、ひとつのことを諦めずに頑張ることが得意です。

しかし、こだわると周りが見えなくなったり、諦められないことで機会を損失したりすることがあります。長所だけを書くのではなく、短所を自覚したうえで努力していることを書くといいでしょう。そこまで事前に準備しておくと、企業の担当者との会話をスムーズに進められます。自己紹介カードを元に繰り広げられる会話を想定しておきましょう。

③学生時代打ち込んだこと

学生時代に打ち込んだことを書く場合は、得たものだけではなく、「何を感じながら行動をしたのか」「今後に繋がるものとして何を得たのか」というエピソードを交えることが大切です。例えば「バレー大会で優勝しました」だけでは、ただの自慢で終わってしまいます。このようなときは、以下のようにまとめるといいでしょう。

大会で勝つためには練習時間の量と質の向上が必要だと感じ、メンバー間での話し合いによる改善を重ねた結果、大会で優勝することができました。行動を継続することで、徐々に賛同者が増えていったことが自信に繋がりました。

もちろん、特別な経験がなくても大丈夫です。ゼミ、研究室、サークル活動、部活、アルバイト、学生団体、資格勉強、趣味などの経験を振り返ってみてください。人と比べるのではなく、自分が頑張ったと思えることを書きましょう。

作り方や答え方をマスターしよう

学生時代に打ち込んだことは、就活の中でも大切なアピール要素です。自己PRとの違いと学生時代に打ち込んだことは、似ているようで異なります。学生時代に打ち込んだことを正しくアピールして、学生時代の経験やそれによって得た能力を伝えましょう。

学生時代に力を入れたことを考えるときに活用したいのが『人気企業内定者の「ガクチカ」まとめ』です。作り方や例文18選を収録しています。無料でダウンロードできるため、面接対策中の就活生にもおすすめです。

自己紹介カードを書く際の注意点

自己紹介カードを書く上で、いくつか注意することがあります。この注意点を知らずに自己紹介カードを作成してしまうと、かえってマイナス評価を受けることに繋がってしまうかもしれません。それでは、具体的にどのようなことに気をつけて、自己紹介カードを作成すればいいのでしょうか?これからその注意点を詳しく解説していきますので、自己紹介カードを作ろうとしている人は参考にしてみてください。

丁寧に書く

自己紹介カードを書く上で注意しておくべき最初のポイントは、丁寧に書くことです。この注意点は、自己紹介カードだけに限らず、企業に提出する書類全てに共通して言えることです。記入する内容もよく考えた上で、読む側が読みやすいように丁寧に書きましょう。

乱雑な文字で何を言いたいのかが分からない自己紹介カードを提出してしまうと、評価が下がってしまいます。マイナスイメージを与えてしまうのであれば、自己紹介カードを作った意味がありません。自己紹介カードは、あなたの人物像をアピールするのに有効的な手段です。自己紹介カードは丁寧に作成し、効果的に使いましょう。

最もアピールしたいことを明確にしておく

自己紹介カードは、集団面接で時間的な制約がある場合など、自分自身をアピールしきれないときのために、説明の補足をしてくれる効果があります。面接官は自己紹介カードを見ながら、その内容に沿って質問をしてきますが、答える際にカードに書かれている全ての内容を説明しきれないこともあるでしょう。

そのため、自己紹介カードに書いた内容の中で、自分自身が最もアピールしたいことを事前に明確にしておく必要があるのです。「これだけは面接官に伝えておきたい」という強みやアピールポイントさえ述べることができれば、面接で自分のカラーを出しきれずに終わってしまうことを防ぐことができます。

英語の答えも用意しておく

自己紹介カードは基本的には日本語で作成しますが、英語力に自信がある、あるいは英語力を活かして仕事がしたい人は英語の答えも用意しておきましょう。自己紹介カードを英語で提出することで、より幅広く自身の能力をアピールすることができます。

日本国内であっても企業によっては英語が必須の場合もあるため、それらの企業に対しては英語での自己紹介カードが有効です。自身の志望する業界や企業に合わせて自己紹介カードを英語で作成するようにしましょう。

外資系の会社訪問は必須

日本国内であっても英語が必須な企業は存在し、代表的なものとして外資系企業が挙げられます。外資系企業は英語ができることが前提条件である場合も多く、英語ができることでようやくスタートラインに立てることも少なくありません。

英語ができないとそれだけで評価を下げられてしまう可能性があるので、外資系企業に企業訪問する際には英語の自己紹介カードを用意しておきましょう。自己紹介カードを英語で作成することで、英語への抵抗がないことをアピールできます。

また、英語力に自信があり、資格などを取得している場合はそれらをアピールするようにしましょう。外資系企業は英語力が必須なところも多いですが、高い英語力は評価の対象になるので必ずアピールしてください。

積極的に自分からアピールする

自己紹介カードを英語で書く場合は、自ら積極的に売り込んでいかなければなりません。外資系企業の場合は採用基準なども海外に合わせている場合も多く、海外の就活では自分にどのような能力があるのかをしっかりと売り込む必要があります。海外では日本の就活とは違い、基本的には能力重視の即戦力採用です。

自分がいかに優れているか、企業で活躍できるかを積極的に売り込んでいかなければ評価の対象にすらなりません。自身を売り込むことは日本人の最も苦手とすることですが、英語の場合は待っているだけではなく目を引くように積極的にアピールしましょう。自分からアピールしない=志望度が低いと思われるため、存在をアピールしていくことが大切です。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

可愛い・面白いカードで個性的な企業を狙う

自己紹介カードの形式はさまざまあり、どれを使って自分をアピールするかは自由です。履歴書に近い形式のもので真面目に自己紹介をおこなってもよいですし、変わったデザインのものでインパクトを重視しても構いません。

堅い企業へのアピールならシンプルなデザインである必要がありますが、個性的な企業であれば変わったデザインでも受け入れられることもあります。可愛い・面白い自己紹介カードを用意すれば気に入ってもらえる可能性もあるので、企業に合わせて使い分けるようにしましょう。

業種によっては高評価

自己紹介カードは自分のことを知ってもらうためのものであり、その場で知ってもらうだけではなく覚えてもらわなければなりません。覚えてもらうためには自己紹介カード自体のデザインにもインパクトが必要ですが、企業によっては変わったデザインではマイナスの評価になる可能性があります。

しかし、クリエイティブな職業なら多少冒険してもOKです。変わったデザインの自己紹介カードであっても業種によっては高評価です。逆にクリエイティブな職業でシンプルで真面目な自己紹介カードを提出すると意欲が低い、遊び心がないと思われる可能性すらあります。企業によって使い分けが必要ですが、業種に合わせた自己紹介カードを用意することでより高い評価を受けることができるでしょう。

個性的すぎるのはNG

クリエイティブな職業であれば自己紹介カードのデザインを多少冒険しても構いませんが、それにも限度があります。あまりにも派手なデザインであればビジネスとしての真剣さが伝わらず、クリエイティブな職業であってもNGとなる場合があります。悪目立ちしてしまうほどの個性的なデザインは、避けるようにしましょう。

自己紹介カードはあくまで自分を知ってもらうためのもので、そこで全てのアピールをしなければならないものではないです。自己紹介カードはきっかけに過ぎませんので、そこまで凝ったデザインを考える必要はありません。相手の印象に残ってもそれが悪目立ちでは意味がありませんので、不真面目な印象を与えないようにほどほどのデザインを心がけましょう。

自己紹介カードも就活の一部

自己紹介カードは就活生にはそれほど馴染みのあるものではありませんが、作成しておけば就活を有利に進めることができます。また自己紹介カードは就活中だけではなく、就職してからも必要になりますので、就活中に作成方法を覚えておくと便利です。

自己紹介カードを作成することは就活の一部でもあるため、時間を見つけて一度作成してみましょう。就活では自身のことを知ってもらう必要があり、ライバルとなる他の就活生も多くいるため、相手の印象に残ることが大切です。

自己紹介カードを使えば自身を強く印象付けることができるので、就活でも有利です。自己紹介カードを作成することは社会人としての一歩となります。ステップアップの意味も込めて、自分なりの自己紹介カードを作成していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ