自己PR

自己PRで気配りを伝えるには|例文3選や言い換えの表現もご紹介

自己PRで気配りを伝えたい就活生は多い

自己PRは、自分の強みを企業にアピールできる大きなチャンスです。その中でも「気配りができること」をアピールしたいと考えている就活生は多くいます。気配りができることは、周りの状況をよく見て判断できることともいえるでしょう。

社会に出れば、多くの人と一緒に仕事をする機会があります。仕事への貢献度の高い能力であるため、とてもいいアピールポイントだといえるでしょう。しかし、「気配りができること」の伝え方を間違えてしまうと、いい評価が得られない場合もあります。

特に、自己PRに書かれることの多い「気配り」は、伝え方を工夫しないと印象に残らないこともあるでしょう。この記事では、自己PRで気配りができることを効果的に伝える方法について紹介します。

自己PRで気配りをアピールするポイント

面接官は、1日に多くのエントリーシートに目を通します。分かりにくいエントリーシートがあったとしても、それを理解するために何度も読みなおすことはできません。そのため、エントリーシートはできる限りわかりやすく書く必要があります。

特に自己PRは、自分をアピールする大きなチャンスです。一度読めば「気配りができる人間だ」と判断してもらえるような自己PRを書くことが望ましいといえます。面接官から良い評価を得るために、次のポイントを押さえた上で、気配りについてアピールしていきましょう。

結論から伝える

自己PRで面接官に最も伝えたいことは、自分の強みです。気配りができることをアピールしたい場合は、最初に「自分の強みは気配りができること」だとアピールしておきましょう。最初に結論が提示されることで、文章全体で何を伝えたいのかをすぐに把握できます。それにより、ストレスなくスムーズに読み進めることができるのです。

逆に、最初に結論が書かれていなければ、長々とエピソードから読むことになります。わかりづらい文章はそれだけで減点対象であり、いい評価には繋がりません。少しでもわかりやすい文章にするために、まずは結論から書くようにしましょう。

具体的なエピソードを交える

自分の強みが気配りができることであれば、その強みを活かしたり、強みに気付いたりしたエピソードがあるはずです。そのエピソードを書くことで気配りができることの裏付けをおこない、信ぴょう性を高めましょう。ここで重要なのが、具体性を持たせるということです。

「気配りができます」と言うこと自体は誰にでもできます。信ぴょう性を持たせるためには、実際の経験や行動から気配りができる人間であるということをアピールしましょう。具体例を出すことによって、面接官はよりイメージをしやすくなります。「いつ」「どこで」「どんなことがあったのか」といったことまで掘り下げた具体的なエピソードを交えるようにしましょう。

企業での活かし方を伝える

ただ気配りができるということをアピールしただけでは、なかなか高評価を得ることはできません。気配りを仕事でどのように活かしていくかまでしっかり伝えることで、面接官の心に響く自己PRが出来上がります。

例えば「お客様のニーズを把握し、1人1人に合った適切な商品を紹介する」「メンバーのモチベーションを高め、仕事を円滑に進める」など、さまざまな活かし方が考えられるでしょう。この時、できるだけ内容を具体的に書くとより面接官の目に留まりやすい文章になります。「どの部署で」「どんな仕事で」「どう活かすのか」できる限り詳しく書き、イメージしやすい文章作りを心がけましょう。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

気配りと絡めて自己PRをするとき、内容が薄いと志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

気配りの自己PR例文3選

ここまで、気配りができることをアピールするポイントについて紹介しました。それらのポイントを押さえた上で自己PRを書くことができれば、面接官からいい評価を得ることができるでしょう。しかし、ポイントがわかったとしても、書く内容がなかなか思いつかない人もいるのではないでしょうか。そこでここからは、気配りができることをアピールした自己PRの例文をご紹介していきます。

例文①

私の強みは、相手の要望を把握し、適切な行動をとれることです。その強みを活かすことができたのは、洋服店でアルバイトをしていた時でした。お客様が服選びに困っていた時に声をかけて、ニーズに合った服を紹介しました。
また、プレゼントやコーディネートに悩んでいる方には積極的に声をかけ、案内をしました。貴社において、私の強みである気配りができることを活かし、お客様の満足度をより向上させていきたいと考えています。

「気配りができること」を「相手の要望を把握し、適切な行動をとれること」に言い換えています。このように、具体的に言い換えることによって、よりイメージしやすくわかりやすい文章となるでしょう。また、具体的に志望している部署がある場合には、その部署名も書くことでよりよい自己PRになります。

例文②

私の強みは、周囲の状況を確認し、行動できることです。私は学生時代に、バスケ部のマネージャーをしていました。1人1人の体調をチェックし、少しでもきつそうであれば声をかけ、水分を取っていない選手にはドリンクを渡すなど、常に部員の体調管理を行いました。
その結果、体調を崩す選手が減り勝率も上がるようになりました。部員に感謝され、とても嬉しかったのを覚えています。入社後は気配りができることを活かし、チームメンバーでの仕事効率を上げていきたいと考えています。

この例文では、「気配りができること」を「周囲の状況を確認して行動できること」と言い換えて表現しています。より具体性を持たせることにより、面接官もイメージしやすくなるでしょう。また、気配りは直接仕事に関係がなくとも、チームで働く職場では重宝される能力です。無理に仕事内容に繋げず、チームの力になれることをアピールするのもひとつの方法だといえるでしょう。

例文③

私の強みは、周りの状況をすぐに判断し、率先して行動できることです。この強みを特に活かせたのが、ボランティア活動の時でした。昨年、○○豪雨の被災地へ向かった際に、現場はとても忙しく指示待ちのボランティアの方が大勢いました。
そのような中、私は手が足りていなさそうな場所を判断し、メンバーへ指示を出しながら率先して行動しました。その結果、被災地の方々から、多くのお礼の言葉を頂きました。この強みを貴社でも活かし、チームメンバーのサポートを積極的に行いたいと思います。

この例文では、「気配りができること」を「率先して行動ができること」と言い換えています。被災地ボランティアでの状況を描写し、その上で自分の行動を書いているため、イメージがしやすくわかりやすい文章となっています。

「気配り」という言葉を直接使わない

 自己PRで気配りできることを伝える際は、「私は気配りできます」という風に気配りという言葉を使わないようにしましょう。「気配り」という言葉は抽象的であり、聞く人によって捉え方が異なります。どのように考え、行動できるのかということを伝えることで、自分のよさを発揮できる自己PRになるでしょう。

自己PRでは、面接官にイメージしてもらうことが大切です。企業で実際に働いている様子がイメージしやすいと、好感を持ってもらいやすくなります。「気配り」という抽象的な言葉を使うのは避け、相手に伝わりやすい言い方をしましょう。

【気配りの自己PR】NG例文2つ

気配りができることは、仕事にも直接繋がりやすいアピールポイントだといえるでしょう。適切に面接官へ伝えることで、いい印象を与えることも可能です。しかし、アピールの仕方を間違えてしまうとマイナスの印象を与えるおそれがあります。ここからは、自己PRで気配りができることをアピールする場合に、やってはいけないことをNG例文を交えて紹介します。

NG例文①

私の強みは気配りができることです。私は大学生の時に、ボランティアサークルに入り、活動していました。さまざまなボランティアをしてきましたが、気配りができることを活かし、地域の人々に貢献してきました。その結果、たくさんの「ありがとう」を貰うことができました。貴社でも気配りができることを活かし、お客様への配慮を忘れず、積極的にサービスを行いたいと思います。

この例文では、最初に「気配りができること」をアピールしていますが、全体的に具体性が足りないため、イメージしにくくなっています。特に気配りができることを裏付けるエピソードに具体性がないため、本当に気配りができるのかどうかもわからない状態です。「エピソード」「企業での活かし方」それぞれに具体性を持たせることで、もう少しわかりやすく、イメージしやすい文章となるでしょう。

NG例文②

私は、大学時代に居酒屋でアルバイトをしていました。そこまで大きな居酒屋ではないため、少し見渡せばお客様のお酒の進み具合がわかりました。もしもお酒が足りなさそうな席があった場合には、さりげなくそばに行き、注文しやすい雰囲気づくりをしました。
また、入店したお客様が席に着いて落ち着くのを見計らってから、温かいおしぼりを持っていくようにしました。さまざまな工夫を凝らしながら仕事をした結果、日に日にお客様から「ありがとう」と言われることが多くなりました。この経験から得た「周りを見て行動する能力」を貴社でも活かし、お客様のニーズに応えながら、お客様の満足度を上げていきたいと思います。

この例文では、結論である「気配りができること」が最初に述べられていません。もちろん、これでも文章として読むことはできますが、強みをすぐに把握することは難しく、何度も読み直す必要があります。面接官は限られた時間の中で、たくさんの就活生の自己PRを見ています。すぐに理解できるように、配慮した文章作りを心がけましょう。

自己PRで使える気配りの言い換え

自己PRで使える気配りの言い換え

「私の強みは気配りができることです」と直接伝えることは、あまりおすすめできません。その理由は「気配り」という言葉がとてもあいまいで抽象的だからです。「気配りができる」と聞いても、面接官はあまり具体的なイメージができないでしょう。

また、「気配り」だけだと、インパクトが弱く、企業の業務に役立つイメージを与えにくいです。

気配りができることをアピールする場合には、よりイメージしやすいように、具体性を持たせた言葉に言い換えることが重要です。下記の例を参考に、自分に合った言葉に言い換えて伝えるようにしましょう。

周囲の状況をよく見て臨機応変に対応できる

気配りができるということは、周囲の様子をしっかり確認した上で行動をしているということです。そのため「周囲の状況をよく見て臨機応変に対応できる」といった言い換えをおこなうこともできるでしょう。気配りができると直接的に表現するよりもイメージしやすく、面接官への印象もよくなります。

社会に出ると、多くの業種で人と関わり合いながら仕事をしていくことになります。自分1人で完結する仕事は少なく、周囲との付き合いが大切になるでしょう。その中で「周囲の状況をよく見て臨機応変に対応できる」ことは、仕事を円滑に進めるにあたり、とても重要な能力になります。特に、エピソードとして接客業のアルバイトを書く場合や、接客業を志望している場合におすすめな言い換えです。

相手の立場に立って考えられる

気配りができるというのは、相手のしてほしいことを把握した上で行動していることを指しています。そのため「相手の立場に立って考えられる」とも言い換えられるでしょう。仕事をする上で、人との関わりは避けては通れないものです。一緒に仕事をする仲間がいれば、取引先の方もいるでしょう。

仕事を円滑に進めるためには、相手の考えていることを知り、適切な行動をとることが必要不可欠です。自分の意見だけを言っていては、周りの人々との関係が悪化し、仕事をしづらくなってしまうでしょう。特に営業職を希望している場合は相手の立場に立って考えられることは必須の能力のため、いいアピールポイントとなるでしょう。

率先して行動ができる

自分から行動を起こし、率先して行動ができることも気配りができることだといえるでしょう。仕事の多くは、1人では進めることができません。基本的に人と助け合いながら進めていくことのほうが多いでしょう。その中で、周りの状況を判断して率先して行動できることは、とても大きな強みです。

もしも率先して行動できることがアピールできるエピソードがある場合には、おすすめな言い換えです。特に、自分から積極的に行動し結果を出すことを臨む企業に向いたアピールだといえるでしょう。

自分の強みは「気配り」なのか、自己分析ツールで確認しよう

『気配り』を自己PRする人の中には、自分の強みを勘違いしている人もいます。強みを勘違いしていると自己PRは上手くいきません。

自分の本当の強みを見極めるには、自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsで、あなたの強みが本当に『気配り』なのか確認してみましょう。もしかすると、思っていたものとは違う強みも発見できるかもしれません。

気配りの自己PRをして豊かな人間性をアピールしよう

気配りができることは、営業や接客業のように直接仕事に関係する場合以外にも、普段の仕事でも発揮できる大きな強みだといえます。仕事は基本的にチームでおこなうことが多いため、気配りができる人間を欲しがる企業は多いでしょう。ただ、気配りができることを伝えても、あまり心に響く自己PRにはなりません。気配りができることをアピールする場合は、具体性のあるエピソードなどを交えながら説得力のある文章作りを心がけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ