自己PR

仕事に対する姿勢を答える方法【例文アリ】|避けるべき注意点もご紹介

「仕事に対する姿勢」についての答えを準備しておこう

就活の面接などでは、よく「仕事をする時に大切なことは何だと考えていますか」という仕事に対する姿勢についての質問があります。仕事に対する姿勢に関する質問には、雇用先の方が仕事に対する考えなどを知りたいという意図があるのです。また、仕事に対する考えや価値観などが会社の方針とあっているかどうかを知りたいという意図もあります。

仕事に対する姿勢については一般的に多い質問となりますが、どう答えればいいのかと悩む方も多いでしょう。質問を想定しておいて、事前に答える内容を準備しておくということが重要となります。回答内容としては、雇用先の会社が求める人物像などに合わせて考えておく必要もあり、内容が充実していると魅力的な人材と思ってもらえます。

事前に企業が求める人物像を把握しておく

面接において、仕事に対する姿勢を聞かれることは多くあります。「どのように答えればいいの?」と悩む就活生も多くいることでしょう。この質問に対してその場で考え、回答するのは困難です。事前に回答を準備しておくことが重要になるのです。その際、事前に企業が求める人物像を把握しておくことが効果的な回答をする際のポイントとなります。

企業が求める人物像を把握し、その人物像に沿って仕事に対する姿勢を述べることで、企業にとって魅力的な人材に映りやすいのです。1つ1つの質問を通じてしっかりと企業にアピールすることが出来るよう、この質問に対する準備も抜かりなく進めておきましょう。

企業の価値観や社風を理解する

仕事に対する姿勢についての質問に回答する際には、企業の価値観や社風を理解し、その上で回答することが重要になります。企業の価値観や社風は、企業によってさまざまです。年次に関わらず、主張していくことを評価する風土が根付いている企業であれば、「気付いたことはどんどん主張し、積極的に仕事に取り組んでいきたい」と伝えることで好印象を与えることが出来る可能性があります。

このように、企業の価値観や社風に合わせて回答することで、効果的に自身をアピールすることが可能になるのです。企業の価値観や社風を知るには、企業研究を入念におこなう必要があります。OB訪問なども活用しつつ企業研究を進め、その上で回答の準備をするようにしましょう。

志望する職種に必要な素質を把握するのも効果的

仕事に対する姿勢についての質問に回答する際には、志望する職種に必要な素質を把握し、その上で回答するのも効果的です。職種には一般事務、営業、企画、広報などさまざまな職種がありますが、それぞれ求められるスキルは異なります。事務の仕事であれば、スピードはもちろん、1つ1つの業務における正確さが重要になります。

そのため「慎重な姿勢」で仕事に取り組むことを述べることで、好印象を与えることが可能になるのです。また、それぞれの職種に必要なスキルをしっかりと調べていることで、業界・企業研究をしっかりとおこなえていることも伝えることができ、自身の志望度の高さも伝えられます。このような背景から、それぞれの職種で必要とされるスキルを意識し、それに沿って述べることが重要だといえるのです。

仕事に対する姿勢を効果的にアピールするコツ

仕事に対する姿勢を効果的にアピールするには、どのような伝え方をすればいいのでしょうか。ここからは、アピールするコツを2つご紹介していきます。

前向きに取り組むことを伝える

仕事に対する姿勢を答える際は、前向きな姿勢であることを伝えるようにしましょう。学生から社会人への環境の変化は非常に大きいものです。自分がこなす仕事には、学生時代のアルバイトとは比較にならない責任がついて回ります。そのため、社会人として仕事に臨むことに関して不安に思う点も多々あるかと思われますが、そのイメージのまま、ネガティブな思考で仕事に対する姿勢を話してもいいことはありません。

企業は自社に貢献してくれる人材を確保するために採用活動をおこなっているのであり、意欲的に仕事に取り組んでいく人材を探しているのです。OB・OG訪問などで社会人として働くことのやりがい、楽しさなどを事前に聞いておき、ポジティブな思考で仕事を捉え、働くことをイメージして面接に臨むようにしましょう。

協調性を大切にしていることを伝える

協調性を大切にしていることを伝えることも、仕事に対する姿勢をアピールすることにおいて重要なポイントです。企業で働くのであれば、どのような仕事も1人では完結することが出来ません。お客様に商品をセールスするにしても、セールスの際に利用する資料を作成する人、資料の使い方をレクチャーする人、セールスにより商品を獲得した場合、その後の事務処理をおこなう人など、様々な人が関わってきます。

企業で勤める際には、周りとの密な連携は不可欠なのです。自己PRをおこなう際、部活やサークルの経験などを話すのであれば、その中で周りと強調し、何かをやり遂げたエピソードを織り交ぜることで協調性を大切にしていることをしっかりとアピールするようにしましょう。

目標達成に向けて努力した姿勢を伝える

仕事に対する姿勢や目標を達成するために、どのように努力をしたかなどについて伝えると効果的です。アピールをする観点としては、目標の達成のためにどのようなことが必要かがわかっていることと、その目標に対してどのような努力をしたのかなどをまとめておいて伝えることです。例えば、学生時代のサ-クルなどで課題となっていたことをしっかりと把握して、その解決に向けて積極的に働きかけたというような内容です。

スポ-ツの大会で優勝することを目標として、そのための現在の部員の課題や解決のための練習方法などを提案して練習し成果を出したというような例です。目標の達成に向けてのPDCAサイクルを意識し実践したという具体的な例は、採用先の方に課題に向けての努力をするという高い向上心や自主性などをアピールすることができます。

そこで活用したいのが面接力診断です。自分の弱点を把握するとともに、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で確認できます。内定を獲得するためにも、バランスよく面接に必要なスキルを身につけておきましょう。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてください。

仕事に対する姿勢を聞かれた時の回答例

次に面接時に仕事に対する姿勢を聞かれた時の対処法をご紹介いたします。志の高さや企業理念に沿った考え、向上心の高さを示すことが大切です。大前提として、それらの要素があるということを覚えておくようにして下さい。

回答例①

私にとって仕事で大事なこととは、人の役に立ち社会の役に立つことだと考えております。なぜ、そのような考えになったのかと言うと、ボランティア活動を通じて、私の中で根付くことになったことがきっかけです。
一人一人が自分の仕事を精一杯務める事によって社会がより良くなり、住みやすい環境が作られることになります。私個人で出来る事は些細な事であったとしても、全員が自身の役割を考え、全うすることで社会に貢献できるのが仕事だと思います。

ボランティア活動という具体的な活動を仕事に結び付け回答する例文となります。社会貢献というテーマで仕事に対する姿勢をアピールするには奉仕活動が最も効果的なテーマとなりますので、ボランティア活動の経験がある方は参考にしてみて下さい。

回答例②

仕事をするということは顧客の求めていること、もの、サービスを提供しそれに応じて対価を得ることだと思います。私は居酒屋でアルバイトをしながら勉学に励んでまいりましたが、学校では教わることが出来ない需要と供給のやり取りを肌で感じてきました。
それぞれが色々な分野の仕事のプロとして、自分が提供できる商品やサービスを提供し合いながら、人が生きる社会を構築していくのが社会人であり、仕事をしていく中で最も大切なことだと考えております。

自身が働く上で他社との繫がりを強調したいという時に、用いる事ができる例文と言えますが、特にサービス業や接客業、営業職での就業を目的としている就活生の方には活用して頂ける内容となるのではないでしょうか。プロ意識の高さも垣間見せる事ができる回答例ですので、仕事への意識が高いと自己分析している方も効果的なアピールが出来ると思います。

回答例③

関わりを持つ全ての人が成長することができるという点が、仕事において最も重要な事だと考えております。私は家庭教師のアルバイトをして中学生の受験対策を行ってまいりましたが、人に教えることは自身の成長に繋がるという事を再認識する形になりました。
自分が成長できるのはもちろんのこと、私と一緒に仕事をする人にも同じように成長しているという実感を得て頂くことが、結果として企業としての成長に繋がると思います。

もう1つ回答例をご紹介いたしましたが、こちらは向上心や成長意欲をアピールする上で有効な回答例となります。自身の成長だけで回答を終わらせることなく、結果周囲を巻き込んで企業全体にいい影響を及ぼすことが出来るというところで着地させられるように意識して答えるようにして下さい。

避けるべき仕事に対する姿勢の伝え方

避けるべき仕事に対する姿勢の伝え方

あなたの仕事に取り組む心構えを質問して知ることで、仕事に対する考えや姿勢などを評価し会社への貢献度などをはかっています。そして、社員として迎え入れてもいいかどうかを決定します。質問に対して、勤務時間に触れて定時で帰れることの要求や仕事内容が簡単で楽であるかどうかなどいう意欲に欠けるような発言があるとどうでしょうか。

仕事に対する消極的な回答を聞くと雇用先の方に、仕事に対する心構えや人格的な面のことも疑問視されいい結果とはならないでしょう。また、コミュニケーションのとり方という点も重要なポイントですが、面接官の質問に対する真面目な返答の仕方をしているかどうかで仕事をしていく上でのコミュニケーションの取り方も評価されます。

主体性がない

物事を決められないことや多数派の意見に合わせがちであるという主体性のない返答の仕方は、今後の仕事に対する姿勢にも現れると評価されます。仕事でどのようなことがやりたいのか、会社の仕事で特に希望している内容などについて曖昧な回答をすると主体性のなさがわかり採用にはつながりません。

仕事に対する熱意などは、事前に会社の方針や仕事内容の把握、自己分析をしっかりとしてどのような仕事をしたいのかなどを分析して答えられるようにしないと難しいことです。自分自身のことであるという姿勢で行動することで、仕事自体のクオリティーも上がっていきます。質問に対して積極的に答える姿勢が、会社に対する貢献度などを評価してもらえる基準となるため注意してください。

仕事について知ったかぶりをする

一般的に知ったかぶりをするという心理は、自分のことをよりよく見せたいという気持ちや一目置かれたいという気持ちがもたらすものです。その背景にあるものとしては、自分自身に自信が持てないとか、単なる強がりということもあります。質問に対して誠実でない知ったかぶりをするような返答があると、面接官も人格的な問題と捉える場合があります。

知っているふりをすると話の内容も噛み合わないですし、誤った事柄を答えてしまうという可能性も高くなります。質問内容が分からない場合には、勝手に自分の経験などで物事を断定して答えることはやめましょう。仕事をしている会社の方達に対する敬意を忘れないように返答することで評価者の印象も変わります。

仕事に対する姿勢を明確にしておこう

仕事に対する姿勢に着目して、回答例から注意点など様々な角度から就活を優位に進める方法をご紹介いたしました。特別採用担当の目に留まるように工夫を凝らさなくては、就活で生き抜くことは出来ません。仕事に対する姿勢を自身の中で確立しておくだけで、自己PRと面接対策を同時におこなえるため、他者より有利に就活が運ぶのは間違いないでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ