業界研究

【文学部の就職先】人気の業界や就職を有利に運ぶポイントをご紹介

学部によって就職率は変わるのか

就活生が気になるのが、自分の所属している学部の就職率ではないでしょうか。個人の能力が大事だと分かっていても、実際にどの程度自分の学習経験が判断されるのか心配になってしまいます。理数系の学部で学んだ学生は、専門的技術が武器となり採用を勝ち取るケースが多いです。

文学部であっても、学んだ経験があるからこそ出来る仕事、ポテンシャルが確実に存在するのです。この記事では文学部の就職率、公務員試験における有利・不利、就職を有利にするためのポイントまでを解説していきます。

文学部の就職率とは

主な文系学部(社会学部、経済学部、商学部など)と比べて、文学部の就職率はどの程度なのでしょうか。一般に文系学部の中では「英文科」「国文学科」「哲学科」など人文科学系の学部よりも、「社会学部」「法学部」「経済学部」などの社会科学系の学部の方が就職に強いと言われています。

文学部の就職率は、文系の他学部よりは少々劣ってしまうかもしれません。しかし文学部の生徒は大学院進学など専門を極める人も多いため、単純に数字だけで比較できないものであることも確かです。

文学部の学生に人気の業界

学部によって人気の業界は変わってくるのでしょうか。文学部の就活生は、専門的な職業に進む理系学生に比べて進路に悩むことも多いです。文学部であっても、就職先の選択肢は多くあります。そこでここでは、文学部の学生に人気の業界についてご紹介していきます。就職先に悩んでいる文学部の就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

金融業界

文学部の学生に人気の業界として、金融業界が挙げられます。金融業界はお金の流通に携わる仕事ですが、とても幅広いです。金融といえば銀行をイメージする学生が多いと思われますが、証券会社や保険会社も金融業界に含まれます。

また、消費者金融やクレジットサービス業も金融業界に含まれます。このように、金融業界といっても幅広く、職種によって仕事内容も大きく異なるのです。そのため、金融業界に興味を持った場合は、自分がどの業種に就職したいのかをきちんと考えて就活をする必要があります。

サービス・インフラ業界

サービス・インフラ業界は、文学部の学生に人気の就職先のひとつです。サービス業には、ホテルや旅館などの宿泊業や、飲食業などがあります。他にも、法律事務所や福祉、介護関係の仕事もサービス業に含まれます。

インフラ業には、電力・ガス・石油などのエネルギーを扱う業種や、鉄道や航空などの交通機関などが挙げられます。インフラ業界も業種によって仕事内容が異なります。「文学部では就職が難しそう」と思う企業であっても、部署によって学部や学科を問わない場合も多いです。気になる企業があるときは、募集要項を確認してみましょう。

小売業界

小売業界の中には、百貨店やスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどがあります。小売業界は、製品を仕入れて消費者に販売する業種です。小売業界は、基本的にはお客様とふれ合う仕事のため、人と接することが好きな人に向いている職業といえるでしょう。小売業界の就職を考える場合は、企業選択が大切です。

コンビニエンスストアひとつとっても複数の競合会社が軒を連ねるため、なぜその企業に就職したいのかという根拠を明確にする必要があります。業界・企業研究を念入りにおこない、自分が重視したい働き方やビジョンとすり合わせましょう。

製造業界

製造業は、原料に手を加えることによって商品を作り上げて販売する業種です。メーカーとも呼ばれ、自動車メーカー、食品メーカー、化粧品メーカーなどがあります。商品を作り上げ販売するというところは一致していますが、商品自体はまったく違うため、何のメーカーかによって仕事内容も違ってきます。

原料を加工して商品を作り上げる部分については、どちらかというと理系の仕事です。文学部の学生は、製造業の中でも事務や販売が主な仕事になるでしょう。日本の製造業は技術が高く、技術大国として世界に誇れる業界です。理系のように直接製品を作る職種でなくても、自分なりのスキルや能力を活かせることは何かを考えてみましょう。

そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひダウンロードしてみましょう。

文学部出身だと公務員試験は不利?


他業種と比較して収入や将来が比較的安定しているという理由から、公務員を希望する学生は未だ多い傾向にあります。公務員志望なら自然と就活の過程で「公務員試験」の受験を考慮に入れるでしょう。

難関試験の1つである公務員試験は、受験科目が非常に多いことでも有名です。受験に備え、しっかりと事前準備をする必要があります。果たして文学部出身だと公務員試験は不利と言えるのでしょうか?ここでは2つのポイントに絞って解説していくことにしましょう。

学部は関係ない

1つ目のポイントは、実は学部はあまり関係ないという事実です。公務員といっても、国家公務員、地方公務員、警察、教師など種類は様々です。大卒・高卒など学歴に基づいて試験の「程度」は分類されますが、文学部出身なら行政職(事務職)の区分で受験しなければならない等の制限はありません。

従って自分の経験を踏まえ、自身の能力が最も活かせる区分を自主的に見つける必要があります。出身の学部を必要以上に気にする必要はありません。

職種によっては資格が必要になる

  • 保育士
  • 栄養士
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 看護師
  • 獣医師
  • 司書

公務員の主な資格免許職は、上記の通りです。数多く存在する公務員の職種の中でも、職種によっては資格が必須のものもあるので、自分の希望する職種はどんな条件を元に募集しているのか、自分でよく調べましょう。

就職を有利にするポイント


ここまでご紹介した内容から、文学部出身が必ずしも就活において不利ではないということが分かっていただけたでしょう。しかし、安心して気を緩めてはいけません。就活を成功させるためには、常に努力を続けることが求められます。少しでも就職を有利にするために、出来る限りの可能性を探し、実際に行動してみましょう。ここでは、就活で好印象を持ってもらえる主な2点をご紹介します。

語学などの資格を取得

まず1つ目は、語学などの資格を取得することです。特に語学系の専門の学生は、語学の資格試験がアピールポイントになります。語学の資格試験で代表的なのはTOEICやTOEFLなど、英語の資格試験です。昨今はグローバルに活躍できる人材が求められているので、企業によってはTOEICの点数が出願資格に含められているところもあるほどです。

面接では時に「なぜTOEIC(またはTOEFL)の資格を取ったのか?」という質問が来ることがあります。その時に「就職に有利だから」という理由だけでは深みがなく、企業と自分の将来を真剣に見据えていないと判断されてしまうかもしれません。単純に資格試験で高い点数を取ればいいわけではなく、その試験を受けた「理由」「過程」などのバックグラウンドが重要ポイントになるということを覚えておきましょう。

アルバイトで経験する

2番目のポイントは、アルバイトで経験を積むという点です。就職を見据えてアルバイト先を選び経験を積めば、就活において実務経験と同等の価値と見なされ、大いに役立ちます。飲食業やアパレルなどの接客業、コールセンターなどの電話受付・対応、塾講師など教育系、さらに専門性を磨きたいならIT系エンジニアなど、自分の希望する職種に活きるアルバイト経験を企業側に示すことができれば、仕事に対する真剣さもアピールできておすすめです。

職種によりますが、アルバイトだけでなくインターンの経験を積むのも、就活において有利になって来るでしょう。インターン先の企業で結果を出し、最終的な就職に漕ぎ着けたというケースも数多くあるので、考慮に入れて損はありません。

文学部は就職に不利ではない!業界の視野を広げよう

文学部出身の学生にとっては、就活は「文学部で学んだこと」が活かせる就職先という視点でのアプローチから入ると狭き門と感じるかもしれません。しかし、学んだことを専門的能力として提示できるよう資格試験にチャレンジしたり、あるいは逆に専門がないことで柔軟性をアピールするなど、就活を有利に進める手は無数に存在します。

大学受験の際、文学部を選択した理由は人それぞれでしょう。この科目がどうしても勉強したくて文学部を選んだという人や、そこまで情熱を持って入学したわけではないため就活に少々尻込みしている人もいるかもしれません。

数多く存在する学科の中で、最終的に文学部を選んだのには、文学部に何か惹かれる理由があったからでしょう。まずその原点に戻り、就活を有利に進めていくプランを立てると、文学部が決して就職に不利ではないと実感できるはずです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ